北海道の中で歓楽街として有名な場所に「すすきの」があります。札幌市に位置しており、東京の歌舞伎町、福岡の中州と合わせて「日本の3大歓楽街」として高い人気を誇っています。

「札幌で風俗遊びをするならすすきの」と考える男性は多いです。すすきのにはかつて「薄野遊郭(すすきのゆうかく)」という風俗街がありました。

ここでは北海道・札幌のすすきのについて紹介します。

北海道開拓のために設置された薄野遊郭(すすきのゆうかく)

すすきのの歴史は明治時代(1868~1912年)にさかのぼります。すすきのの前身(ぜんしん:前の形態)である「薄野遊郭」は1871年に設立されました。当時の薄野遊郭の場所は、現在の札幌市中央区の「南4・5条」、「西3・4丁目」という場所でした。

薄野遊郭が設置された目的は「北海道開拓のため」でした。当時、北海道は未開拓の土地がたくさんありました。こうした土地を開拓するために「開拓使(かいたくし)」と呼ばれる労働者が北海道に派遣されました。

しかし北海道は気温が低く、生活しにくい環境でした。開拓使は厳しい生活を強いられており、中には北海道での労働をやめてしまう人がいました。

こうした開拓使たちをつなぎ止めるために設立されたのが薄野遊郭です。女性とセックスを行える風俗街があることで、開拓使の男性たちは北海道に残る気持ちを保つことができたのです。

1871年に薄野遊郭の設置が決まり、翌年の1872年には遊郭設置の工事が進められました。東京の歴史ある遊郭に「吉原」がありますが、薄野遊郭は吉原のつくりに似ていました。

薄野遊郭には大門(おおもん)と呼ばれる大きな交差点に加え、遊郭の周囲を囲む高さ1mほどの塀が設けられました。吉原の入り口に設置されていた門も大門という名称でした。また、吉原もかつては高い塀で囲まれていました。

順調に成長した薄野遊郭でしたが、周辺には小学校や女性が通う職業学校がありました。そのため風紀上の問題から、1901年に現在の札幌市白石区菊水地区に移転されました。

移転後の薄野遊郭にも多くの男性客が訪れてにぎわっていました。しかし、昭和33年(1958年)に施行された売春防止法によって薄野遊郭の名称はなくなり、現在の「すすきの」になりました。

トルコ風呂が多数営業される歓楽街に

売春防止法が施行されたことで、風俗店でのセックスは禁止されました。しかし、本番サービス(セックス)を提供する風俗店はすすきのからなくならず、違法ながらも営業されていました。

当時、特に多く建ち並んでいたのが現代のソープランドにあたる「トルコ風呂」です。トルコ風呂が初めて日本でオープンしたのは東京で、昭和26年(1951年)でした。すすきのにはその翌年の昭和27年(1952年)に「ススキノ・トルコセンター」というトルコ風呂が初めてオープンしました。

その後、すすきののトルコ風呂は店舗数が増え、昭和40年代には約20店舗が営業されるようになりました。

さらに追い風となったのが昭和47年(1972年)に札幌で行われた「札幌オリンピック」です。全国各地から多くの人が訪れ、これをきっかけにすすきののトルコ風呂は評判となりました。そしてトルコ風呂はさらに店舗数を増やし、昭和50年代後半には90店舗を超えるまでになりました。

現在のすすきのは風俗店だけでなく、飲食店も多くある

現在のすすきのは日本の3大歓楽街として高い人気を誇っています。風俗店が多い街として知られていますが、すすきのには一般的な飲食店やホテルなども数多くあります。そのため、現在のすすきのは「総合的な巨大歓楽街」として全国に知られています。

ただ、すすきのは「地図上の地名」ではなく「通称」です。現在のすすきのは「南北は札幌市中央区の南3条~4条、東西は西2丁目~西6丁目」の範囲の歓楽街のことを指します。

このように北海道の札幌にあるすすきのは、遊郭の時代から今に至るまで多くの人に親しまれてきました。ほかの地域の風俗街は風俗店のみが建ち並ぶ中、すすきのには飲食店などもあり、独自の進化を遂げてきたのです。

すすきのを実際に訪れてみた際の様子

私は札幌に旅行した際に、すすきのへ足を運んでみました。すすきのはやはり、北海道随一の歓楽街として賑わいが感じられました。そのときの様子を紹介します。

すすきのへのアクセス

すすきのは札幌市営地下鉄「すすきの駅」が最寄駅です。北海道以外の地域からアクセスする場合、新千歳空港からJRで札幌駅へ向かい、札幌市営地下鉄「さっぽろ駅」へ徒歩で行きます。そして、さっぽろ駅からすすきの駅まで地下鉄に乗ります。新千歳空港からすすきの駅までの所要時間は、約1時間ほどです。

北海道の気候は非常に寒いことで有名ですが、5~9月は過ごしやすいです。そのためすすきので夜遊びを楽しむのであれば、この期間中に訪れることをお勧めします。10月~翌年4月は雪がたくさん降ったり、降った雪が積もったりしているため、街全体が散策しにくくなっています。

すすきのはたくさんの人で賑わう

前述のようにすすきのは札幌市内だけでなく、北海道最大の歓楽街として知られています。私が足を運んだ日は土曜日と日曜日で、特に土曜日はたくさんの人で賑わっていました。

北海道に住む人たちを「道民」と呼びます。すすきのには道民だけでなく、日本の各地や世界各地から観光に訪れている人がいました。私が訪れたときには日本人だけでなく中国人や白人も多く、すすきのが日本の一大観光地となっていることをあらためて感じました。ちなみに道民の方は本州に住む人たちを「内地(ないち)の人」と呼ぶことがあります。

すすきのには、さまざまな飲食店や風俗店が混在しています。

すすきの駅から外に出ると、すぐにたくさんの店が目に入るはずです。大通り沿いで営業している店はレストランや居酒屋、バーが中心で、路地に入るとソープランドなどの風俗店が営業されています。

他の地域であれば多くの場合、ソープランドなどの「風俗店」とレストラン、居酒屋などの「飲食店」は、明確に場所が分かれています。特に他地域の場合、ソープランドは「ソープ街」として、特定地域に密集して営業していることが多いです。

これに対してすすきのを歩いていると、一般的なレストランや居酒屋などを目にすることもあれば、急にソープランドを見かけることもあります。さまざまな店が混在して営業している様子は、すすきのならではの雰囲気といえます。

ただ、このように飲食店と風俗店が合わせて営業しているため、すすきのには風俗街やソープ街に漂いがちな「怪しい雰囲気」があまり感じられません。水商売の店や風俗店を目当てにすすきのを訪れる人は多いですが、買い物や友人との飲み会ですすきのを訪れる人も多いです。もちろん男性だけでなく、女性もすすきのでの時間を楽しんでいるのです。

そのためすすきのは、「ワイワイと賑わっている、楽しい雰囲気」があります。人によってはすすきのに対して、「怪しいイメージ」をもっているかもしれません。しかしすすきのは実際のところ「気軽に楽しめる街」です。札幌を訪れた際には、足を運んでみると良いでしょう。

ちなみにすすきのへ到着して気付くことに「道路が広い」という点が挙げられます。北海道は敷地が広大であるため、すすきのを通っている道路は非常に広くなっています。

すすきのには、たくさんの飲食店や風俗店があります。また、複数の店が入居する高層ビルもたくさん立ち並んでいます。しかしこのようにたくさんの建物が存在していても、すすきのには窮屈な雰囲気がありません。

すすきので営業している夜遊びの店

すすきので最も多い夜遊びの店は、ニュークラ・キャバクラ・ガールズバーなど「水商売」の店です。

このうち「ニュークラ(ニュークラブ)」は、すすきのならではの呼び方といえます。ニュークラは東京や大阪などの本州都市部でいう「キャバクラ」にあたる店です。

ニュークラにおいて、男性客は「ボックス席」と呼ばれる区切られた座席に座ります。そして男性は、お酒を飲みながら女性との会話を楽しむことができます。女性は男性のすぐ隣に座ってくれます。

ニュークラは本州でいうキャバクラと、まったく変わりません。呼び名だけが違うのです。

すすきので「キャバクラ」と呼ばれる店は、本州でいうキャバクラとは異なります。すすきののキャバクラは、いわゆる「おっパブ(おっぱいパブ)」「セクキャバ」などを指します。要は「接客してくれる女性に、ボディタッチをすることができる店」を指します。

つまりすすきのでは「女性に触れることができるかどうかで、店をランク分けしている」といえます。

すすきののキャバクラが提供するサービスは、店によって多種多様です。例として「女性のおっぱいに触ることができる店」「女性のおっぱいを舐めることができる店」「女性に手マン(手で女性の陰部に触れること)が可能な店」などがあります。

本州にあるキャバクラで女性へのボディタッチを試みると、キャバ嬢(キャバクラで働く女性スタッフ)に嫌がられることが多いです。しかし可愛い女性や美人を目の前にすると、「女性に直接触りたい」と考えてしまう男性は多いはずです。すすきののキャバクラは、このような男性のニーズに応えるサービスを提供しているのです。

ただ、すすきののキャバクラでは、いわゆる「ヌキのサービス(女性スタッフが男性を射精に導いてくれるサービス)」はありません。女性のおっぱいや陰部に触れると、ムラムラと性欲が高まる男性は多いはずです。そのためすすきののキャバクラを利用すると、続けて風俗店へ行きたくなることが多いです。あらかじめ念頭に置いておきましょう。

また、すすきのには「ガールズバー」もあります。ガールズバーは「カウンターやテーブル越しに、女性バーテンダーが男性と会話を交わしてくれるバー」を指します。ガールズバーはニュークラやキャバクラよりも、手軽なサービスといえます。

本州のガールズバーでは多くの場合、男性客に「担当の女性スタッフ」がついてくれます。これに対してすすきのにおけるガールズバーの場合、店によっては担当の女性スタッフがつきません。そのため男性客はカウンターでお酒を作る女性スタッフに、直接話しかけることになります。

担当の女性スタッフがつかないことに、不満を感じる人がいるかもしれません。しかしすすきののガールズバーではさまざまな男性が女性に話しかけており、ワイワイと賑やかな雰囲気があります。そのためすすきののガールズバーは、本州のガールズバーとは違った雰囲気で楽しむことができます。

また、ガールズバーやニュークラでは、女性スタッフにドリンクをご馳走することがあります。女性に振る舞うドリンク代は、1杯あたり1,000円が相場です。

ただ、すすきのでは、店によっては女性のドリンク代が無料である場合があります。この場合、より安く女性とお酒を楽しむことができます。入店前に「女性へのドリンク代がいくらなのか」について、確認しておきましょう。

料金の相場は、ガールズバーで60分2,500~3,000円、ニュークラで60分4,000~5,000円、キャバクラで6,000~7,000円です。目的や予算に応じて、店を選んでください。

すすきのにある風俗店

すすきのには、風俗店もたくさんあります。風俗嬢(風俗店で勤務する女性スタッフ)が手コキやフェラチオなどを行なってくれる「ヘルス」や「ピンサロ」以外に、女性とセックスを楽しめる「ソープランド」もたくさんあります。上記の写真は少し分かりにくいですが、ピンク色の看板を掲げている店がソープランドです。

ヘルスやピンサロの相場は、60分で10,000円ほど、ソープランドの相場は60分で15,000円ほどです。本州ではヘルス・ピンサロで15,000円、ソープランドで2~4万円かかることが多いため、すすきのにある風俗店の相場は安いといえます。

料金を抑えて風俗を楽しむのであれば、60分10,000円ほどで楽しめる格安ソープランドもあります。ただ、ソープ嬢(ソープランドで勤務する女性スタッフ)の年齢層は高めであり、いわゆる「おばさん」とセックスをすることになる可能性があります。

可愛い女性や美人な女性とエッチをしたいのであれば、格安店はお勧めしません。料金が60分あたり20,000円以上のソープランドであれば、質の良い女性とプレイできるはずです。

なお、格安料金で容姿の良い女性とセックスできる「裏風俗店」は、すすきのにはほとんどありません。すすきのに住んでいる知人に聞いたところ、「すすきのに裏風俗店はほとんどない。タクシーの運転手にも聞いて探しているけれど、見つけることができていない」とのことでした。

すすきので女性とのエッチを楽しみたいのであれば、ソープランドの利用をお勧めします。

すすきのの「客引き」と「無料案内所」に気をつける

すすきのを歩いていると、水商売の店や風俗店を紹介してくれる「客引き(キャッチ)の男性」に声をかけられることがあります。客引きは地域によって、良心的かどうかが異なります。例えば東京・歌舞伎町のキャッチにはついていくべきではありませんが、沖縄のキャッチは良心的であるため、店を紹介してもらうと良いです。

すすきののキャッチについては、ついていくべきではありません。キャッチは「安くお酒を楽しめますよ」のように店を紹介してくれるものの、実際に店を利用してみるとボッタクリであることが多いのです。

キャッチはつい興味をもってしまうような利用料金で、店を紹介してくれます。しかし「もう帰るところです」のように伝えて、キャッチを無視するよう注意してください。

また、すすきのには「無料案内所」が至るところにあります。無料案内所は「水商売の店や風俗店を、無料で紹介してくれる店」を指します。無料案内所に入店すると、男性スタッフがさまざまな店の情報を教えてくれます。

客引きからの情報については、信じるべきではありません。一方、無料案内所にいるスタッフからは、人気店を知ることができます。そのため無料案内所にいるスタッフからの情報については、参考にすると良いです。

ただし無料案内所のスタッフに店を紹介してもらったとしても、料金が安くなるわけではありません。そのため「少し考えてまた来ます」と言って無料案内所を後にして、自分で目当ての店に直接足を運ぶほうが良いです。また、無料案内所は、何店か回ってみると良いでしょう。それぞれの案内所で、スタッフから異なる情報を聞くことができます。

また、ガールズバーやニュークラ、キャバクラが入居しているビルには「夜遊び情報のフリーペーパー」が設置されています。たくさんの店が料金と共に掲載されているため、こちらも参考にしてみると良いでしょう。

すすきのの観光情報

すすきのは夜遊びだけでなく、食事やお酒についても本州とは違うものを楽しめます。以下では参考として、すすきのの観光情報について紹介します。

すすきののシンボル「ニッカの大看板」

地下鉄のすすきの駅を出ると、大きな交差点があります。交差点にあるすすきのビルには、すすきののシンボル的な存在である「ニッカウィスキーの大看板」があります。

大看板の斜め向かいに立つと、上手く写真を撮影することができます。友人などへ「すすきのへ行ってきた」と自慢できるため、興味があれば記念撮影をしてみてください。

また、すすきのビルには「ニッカバー」という、昔から親しまれているニッカウィスキーを楽しめるバーがあります。ニッカバーは雰囲気が良く、すすきのでウィスキーを楽しむために最適です。

サッポロビールを楽しむ

新千歳空港からすすきのへ向かう際には、「サッポロビール」の看板や広告を至るところで目にします。この様子から、「札幌市がサッポロビールを名物として強く打ち出していること」が伝わってきます。

すすきのの近くには、「サッポロビール園」と「サッポロビール博物館」があります。これらの施設では、サッポロビールの歴史について知ることができ、サッポロビールを実際に飲むことができます。上記2つの施設は、隣接しています。

サッポロビールは○年から製造され始めて、現在へ至るまでに喉ごしやコクが改良されています。サッポロビール博物館では、「歴代の味を再現したビール」を飲むことができます。昔と現在の味を飲み比べると楽しいです。

また、北海道では「サッポロクラシック」という、地域限定のサッポロビールを飲むことができます。本州のサッポロビールとは違った味わいを楽しめるため、ビール好きな場合は飲んでみてください。

私がすすきのを訪れたときには、サッポロビール博物館の前で野外イベントが開催されていました。屋外でビールを楽しむと、開放的な気分になることができます。春夏の札幌市では、このようなイベントがたくさん開催されています。夜遊びの前に、昼間のイベントを楽しんでみると良いでしょう。

名物の焼肉料理「ジンギスカン」

ジンギスカンとは「羊肉(ラム肉)の焼肉」を指します。ラム肉を焼くと、特有のにおいが生じます。人によってはこのにおいを苦手とする人がいますが、中には好む人もいます。

私の場合、ジンギスカンのにおいは特に気になりませんでした。むしろ私はジンギスカンを非常に美味しいと感じたため、「すすきのを訪れたときには、また食べたい」と思いました。

ジンギスカンを楽しめる店はたくさんありますが、すすきのに複数店舗ある「だるま」という店は特に人気です。私が足を運んだ際には、どの店舗にも行列ができていました。

ただ、ジンギスカンを食べてから風俗店などへ向かうと、女性から「くさいね」と嫌がられてしまう可能性があります。また、服にジンギスカンのにおいがついてしまうこともあります。

そのためニュークラやキャバクラ、風俗店へ向かう前に、ジンギスカンを食べることはお勧めしません。もしくは風俗店などへ向かう時間とジンギスカンを食べる時間に、十分な間を空けてください。

野菜や海鮮が美味しい

すすきのでは、野菜や海鮮も楽しむことができます。

北海道は自然に溢れています。私は一般的な居酒屋で野菜の天ぷらやフライドポテトを食べましたが、甘みがあって美味しかったです。

また、すすきのには、魚介類を楽しめる居酒屋がたくさんあります。このような店で食べることができるお刺身は、非常に美味しいです。すすきのの海鮮は本州の都市部にある居酒屋で食べるものよりも、新鮮さが感じられます。

なお、すすきのがある札幌市には、「回転寿司屋」もあります。

多くの人は回転寿司屋に対して、「値段が安くて、そこそこ美味しい」というイメージをもつはずです。これに対してすすきのの回転寿司屋は、本州の店よりも魚介類が新鮮に感じます。

もちろん札幌の回転寿司屋であっても、多くのネタを1皿100円で食べることができます。

特徴的な飲み物「ナポリンサワー」

「ナポリンサワー」というお酒も、札幌で人気です。ナポリンサワーは「リボンナポリン」という北海道限定の炭酸飲料で作ったサワーです。リボンナポリンはオレンジ色で、ビタミンドリンクのような味わいがあります。そのためナポリンサワーは、甘い味のお酒となっています。

好みが分かれやすいお酒ですが、北海道を訪れた際にはナポリンサワーを試しに飲んでみると良いでしょう。私はナポリンサワーを美味しく感じたものの、「ジンギスカンや海鮮には合わない」と感じました。

すすきのでは以上のように、夜遊びやお酒、食事を存分に楽しむことができます。目的に応じたさまざまな店が立ち並んでいるため、興味があればすすきのを訪れてみることはお勧めです。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには