hukei-1

風俗店の中でも女性とセックスを行うことができる店として人気が高いのが「ソープランド」です。

ソープランドは「ソープ街」として、特定の地域に密集していることが多いです。ソープ街の中でも岐阜県の「金津園(かなづえん)」は、東京の人気ソープ街「吉原」に匹敵する街として知られています。

金津園には岐阜に住んでいる人だけでなく、近隣に位置している名古屋からも多くの男性が訪れており、人気となっています。ここでは、岐阜の金津園の歴史と現在の様子について紹介します。

明治時代から移転を繰り返し、現在の場所となった

金津園の歴史は明治時代(1868~1912年)から始まりました。金津園は1888年(明治21年)に「金津遊郭(かなづゆうかく)」として開業されました。遊郭は風俗街のことを指します。

当時の金津遊郭があった場所は、かつて存在した上加納村(かみかのうむら)というところでした。ただ、そこから移転されることになり、金津遊郭は現在の岐阜県岐阜市の柳ヶ瀬(やながせ)という場所に移りました。

当時は60軒ほどの風俗店があり、金津遊郭は周辺地域の男性に人気となりました。

昭和時代(1926~1989年)に入ると、日本では戦争が盛んに行われるようになりました。

1939年から1945年にかけて、「第二次世界大戦」という大規模な戦争がありました。金津遊郭があった柳ヶ瀬には軍事用の工場が建設されることになり、金津遊郭は再度移転されることになりました。

移転は1950年(昭和25年)に完了し、国鉄岐阜駅の南口周辺に風俗街が広がるようになりました。このときから金津遊郭は金津園となり、現在までこの場所でソープランドが営業されています。

このように金津園は度重なる移転を経て、現在の場所に至っています

当時は風俗店1軒あたりの敷地面積が63坪(19.8m2)と、正確に決められていました。現在でも金津園に存在するソープランドの敷地面積は、各店でほぼ同じとなっています。これは「かつての歴史の名残」といえるのです。

戦後はトルコ風呂(現在のソープランド)が人気となった

金津園は第二次世界大戦の終戦後、売春が許可された地域である「赤線地帯」となりました。当時はソープランドの前身(ぜんしん:前の形態)にあたる「トルコ風呂」が人気となっており、金津園にもトルコ風呂が多数展開されるようになりました。

1984年(昭和59年)には、トルコ風呂はトルコ人留学生の訴えによって「ソープランド」に改称しました。ただ、サービス内容自体は変更なく営業が続けられ、金津園は現在に至るまで、人気のソープ街として発展してきました。

現在の金津園のソープランド

現在の金津園は「日本有数のソープ街」として成長を遂げています。ソープ街として有名な街に東京の「吉原」がありますが、金津園は吉原と並べて称されるほどの人気となっています。

吉原へのアクセスは、最寄り駅から徒歩で20分ほどとなっています。これに対して金津園は岐阜駅から徒歩10分ほどとなっており、非常にアクセスしやすくなっています。

また、岐阜駅には名古屋駅から20分ほどで向かうことができます。そのため、名古屋周辺に住む男性からも金津園は「気軽にソープランドを楽しめる街」として好評を博しています。

金津園は岐阜駅から近いため、電車で向かう際に電車の窓や岐阜駅のホームからも、その風景を見ることができます。

岐阜市は岐阜県の県庁ですが、男性によっては「県庁所在地の主要駅のすぐ近くに、このような規模の大きな風俗街があって良いのか」という感想を持つ人さえいます。

金津園はトルコ風呂の人気が出始めたころからたくさんの店が建ち並んでいました。そのため「伝統あるソープ街」として、安心して楽しむことができるのが特徴です。

金津園では、過度なパネルマジック(風俗店のホームページに掲載する女性の写真を編集して、きれいに見えるよう加工すること)が行われている店はあまりありません。また、岐阜駅から無料でタクシーの送迎を行ってくれる店が多いです。こうした点からも、金津園のソープランドがしっかりと営業されていることが分かります。

昭和の時代が感じられる風景

金津園のソープ街に入ると、昭和の時代の雰囲気が感じられる古びた建物がたくさん建ち並んでいます。岐阜県の条例によって、ソープランドの店舗は改装や建て替えが禁止されています。そのため、昭和時代に建てられて現在まで利用され続けている建物が数多くあるのです。

建ち並ぶ建物の中には、ソープランドに改称される前の「トルコ」の文字が看板に薄く残っているものもあります。こうした点からも、金津園に存在するソープランドの歴史を感じることができます。

金津園では現在も約60店舗のソープランドが営業されており、ソープ街としては東京の吉原に次ぐ規模となっています。

また、金津園には吉原でソープ嬢(ソープランドで働く女性)として勤務していた女性が移ってくることがよくあります

吉原は日本のソープランドの中でも屈指の人気を誇っています。吉原の店に在籍する女性のレベルは高いため、人気に衰えが出始めた女性が、収入を維持するために金津園にやってくるのです。そのため金津園は、吉原で人気のあった女性とプレイを楽しめる場所でもあります。

このように岐阜の金津園は、ソープ街として古くから歴史があり、現在でも人気の歓楽街となっています。興味があれば訪れてみるのはお勧めです。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認