yakei

ソープランドの歴史は古く、そのルーツは室町時代の「湯女(ゆな)」という職業に見ることができます。

そんなソープランドが現在のような形態になったのは、赤線地域(あかせん:戦前風俗営業が許されていた地域)が撤廃された終戦後でした。そこからさらに、現在に至るまでさまざまな変化がありましたが、人気が衰えることはありませんでした。

今現在、ソープランドは大まかに「高級店」「一般店」「大衆店(格安店)」の3つに分類することが可能です。これら3つは、価格帯によって分けられているのですが、それぞれの持つ性格も異なっています。

今回はこの中でも、最も目にする機会の多い一般店や格安店を見ていきたいと思います。サービスの質のわりに、リーズナブルで日常的にも行きやすいところがポイントです。

一般店の価格帯

一般店の値段相場は3万円ほどです。一般店といいつつも、やはりソープランドは風俗の王様です。そのため、他の風俗よりかは少々高い値段設定となっていることがほとんどです。

しかし、高級ソープランドともなると一回の料金総額は6万円ほどと、かなり値を張ります。中には、それすらをしのぐほどの高級店もあるほどです。

そのような価格相場を考えると、一般店の料金は極めて良心的な範囲に収められていることがわかります。

また、「総額」というのは入浴料と、サービス料の合計を指します。それぞれが別に表記されている店もあるので、念頭に置いておきましょう。

一般店のメリット・デメリット

一般店では、ソープランドでのベーシックなプレイを一通り体験することができます。一般店であれば、嬢のプロ意識も高いため、雑なプレイにはなりません。

一般店を用いるメリットは、このように無難なソープ体験ができるということです。風俗にいい思い出を残すためにも、初心者にはできるだけ高級ソープランドがお勧めです。しかし、金欠などの理由で一般店を利用したとしても、もちろんいい経験となるはずです。

また、これは場合にもよりますが、以前は高級店で働いていた嬢が何かしらかの理由で一般店に移籍するというケースも見られます。つまり、安い値段で高級サービスを受けられる可能性があるのです。

ただし、その逆もあり、一般店における嬢のルックスやテクニックは玉石混交の状態でもあります。かなり高レベルな嬢もいれば、入りたてで全くテクニックを持っていない嬢もいます。あまりにも高い理想をもって赴くと、失敗した際には落胆してしまいます。

しかし、実際に何度か通えば、いずれ好みの嬢を見つけることができるはずです。そういう時には、その嬢を指名すればいいのですから、このデメリットは回避可能です。

だからこそ、一般店は普段使いに適したソープランドといえるのです。

一般店で気を付けるべき点

一般店でのプレイ時間は、基本的に90分間です。ところが、この制限時間を目いっぱい使用してプレイを楽しめるわけではありません。

一般店では、嬢と対面して数分の間はいきなりプレイに入るわけではなく、軽い世間話などがあります。数分程度ならいいのですが、話が弾んでしまうとかなりのタイムロスです。

がっつきすぎるのもお勧めできませんが、頃合いを見計らって会話はやめましょう。

また、嬢の判断によっては生での本番行為が許可されることもあります。これを「NS(ノースキン)」と呼びます。

しかし、性病予防の観点から、コンドームの装着は徹底すべきです。

嬢は定期的に性病検診をすることとなっています。ただ、それで陰性だったからといって絶対安全というわけではありません。もしかすると、自分の直前の客に性病を移されている可能性も否めないからです。

一般店は、高級店や大衆店のちょうど中間に属するソープランドです。また、店舗の絶対数も多いため、全国に多くの愛好者を持っています。そのようなことから、これからも一般店は人気を博し続けていくでしょう。

大衆店(格安店)のソープランド

次に、「大衆店(格安店)」について紹介します。格安店は料金的にとても安価で、多くの方にとって遊びやすいのが大きなメリットです。ただ、サービスや女の子の質にどのような特徴があるのかについては把握しておくことをお勧めします。

大衆店の料金の相場は1〜2万円前後となっており、ソープランドの平均的な相場と比べるとかなりリーズナブルに遊ぶことができます。一般店では3~4万円、高級店では5~6万円が相場となっており、格安店がいかにお得かが分かります。

一般的な風俗店として人気の「ヘルス(フェラチオや手コキで射精をさせてくれる店)」は1万円前半~後半ほどの料金で遊べます。格安ソープランドではヘルスと同じくらいの料金で本番プレイを楽しむことができるのです。

ただ、本番はできますが、時間は短めであることが多いです。ソープランドのプレイ時間は一般的に、ほかの風俗店よりも長めに設定されています。90分や120分などが多いですが、格安店の場合は45分や60分などのコースが多いです。料金的にお得に遊べる分、時間については我慢が必要な面はあります。

しかし、「とにかくお得に本番がしたい」という方にとって、格安ソープランドは強い味方になってくれます。

さらに、午前7時など、早朝から営業しているソープランドもあります。朝はお客様が少なめのため、サービスとして「1万円以下」などの驚くべき料金で本番プレイを楽しめる店もあります。

在籍する女性は素人が多め

ソープランドを含めて風俗店は、料金が高いほどルックスが良く、プレイの際のサービスの質も期待できます。格安店は高級店や一般店に比べると、ルックスが見劣りする女性が在籍していたり、サービスが良くなったりする店が多いです。

ただ、中には格安店でも可愛い女性が在籍していることがあります。その理由としては、「女性にとって、質の高いサービスが求められる店は働きにくいことがあるため」です。風俗店やソープランドでの仕事の経験がなく、「しっかりしたサービスが求められる店はハードルを高く感じる」という女性が、格安店で仕事を始めるケースがあります。

こうした女性の場合、仕事に対して不安を持っていても、ルックスはとても可愛いという方は比較的います。格安店で遊ぶときには、複数の店のホームページをしっかり確認して、こうした可愛い女の子が在籍しているかどうかをチェックすることがとても大切です。

また、若い女性が多いのも格安店の特徴です。「ルックスで少し劣っていても、若さ重視」という男性にはとても良いサービスだといえます。さらに、こうした女性の若さを活かして「コスプレソープ」としてサービスを提供している店も多いです。

もちろん年齢が高めの女性でもコスプレが似合わないわけではありません。しかし、より似合いやすいのはやはり20代前半の若い女性です。セーラー服やメイド・チャイナ服など、男性の希望のコスプレでプレイを楽しむことができます。

マットプレイを楽しめない店が多い

ソープランドの醍醐味ともいえるプレイのひとつに、「マットプレイ」があります。ビニール製のマットにローションを塗り、マットの上でプレイを楽しむというものです。一般店や高級店ではマットとベッドが置かれており、90分や120分の時間でマットプレイとベッドプレイ両方を楽しむのが基本です。

しかし、格安店はプレイ時間の短めの店が多いため、1度の利用で何度もプレイをする時間がありません。そのためマットは置かれておらず、ベッドプレイのみの店が多いです。

さらに、ソープ嬢もソープランドならではのプレイ技術を身につけていないことが多く、ソープランドや風俗店で遊び慣れている方は物足りなさを感じる可能性があります。ただ、逆に「素人っぽさが良い」という方もおり、好みは人それぞれといえます。

このように格安店は在籍しているソープ嬢やサービスの質などを確認する必要はありますが、上手く活用するとかなりお得にプレイを楽しめます。お試しで遊びに行ってみるのもお勧めです。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認