インドネシアは風俗遊びが盛んな国の一つです。インドネシアの中でも、首都ジャカルタの南部にはブロックM(Blok M)というエリアが存在します。

ブロックMは日本人街になっており、日本食レストランなどがたくさんある地域となっています。そうしたブロックMに存在する風俗店としてカラオケ(KTV)があります。

KTVではインドネシア人の美女と一緒に飲むことができます。要は、キャバクラと同じです。個室で女性と楽しく会話することができます。それだけでなく、女性と飲んだ後はホテルに持ち帰ってセックスすることまで可能です。

ただ、何も知らない状態でブロックMに出向いても楽しく遊ぶことはできません。ジャカルタ風俗の中でも、カラオケは非常に敷居が高いです。事前に知識を仕入れておかなければ楽しい夜遊びは実現できません。

そこで、どのようにしてジャカルタのKTVで女遊びをすればいいのか確認していきます。

カラオケで遊ぶときの料金やシステム

私はジャカルタ・ブロックMにあるカラオケで何度も夜遊びをすることになったのですが、女性たちが言うには「旅行客はほとんど来ることはなく、多くは駐在員が遊びに来る」と教えてくれました。

確かに、他の国に比べるとジャカルタのカラオケはシステムが複雑です。また、値段も高めに設定されています。そのため、短期旅行者が夜遊びでKTVを選択するのはレベルが高いといえます。

ただ、きちんとシステムを理解したうえで出向き、店の人にシステムをきちんと説明してもらって理解したうえで遊ぶのであれば問題ありません。基本的に説明は英語になるので初心者が出向くのはハードルが高いものの、海外風俗に慣れている人であったり、現地の人と一緒に出向いたりする場合であれば問題なく遊ぶことができます。

また一人で出向いてもいいですが、キャバクラなので一般的には一人で来る場所ではありません。そういう意味でも、現地の人を含め一人ではなく二人以上で来るのが適切な場所になります。もちろん度胸がある場合は一人でも楽しめますが、風俗初心者向けではありません。

なお、KTVには日系カラオケ韓国系カラオケがあります。客はどちらも日本人がほとんどですが、オーナーが日本人か韓国人かという違いがあります。

日系と韓国系でカラオケのシステムが大きく異なります。そのため、事前にどのように遊べるのか理解しなければいけません。

日系カラオケ(KTV)の特徴

ゆっくり落ち着いて飲みたい場合、日系カラオケが適切です。あまり騒ぐ感じではありません。女性を指名後、個室で会話やカラオケを楽しむようになります。

女性と飲むことを考える場合、日系カラオケが適切です。女性の教養レベルが高くなり、値段も安いからです。いろんな店で料金システムを聞きましたが、多くは2時間制で一人75~80万ルピア(約6,000~6,400円)ほどで飲むことができます。

自分のドリンク代だけでなく、これには女性へのドリンク代(レディースドリンク)も含まれています。そのため、無意味に値段が高額になることはありません。

日本のキャバクラに比べると非常に安く、さらには実物指名できるので非常に優れたシステムだといえます。

ただ、一緒に飲んだ女性とエッチすることまで考えること場合、非常に高額になります。女性の連れ出し料について、店側に支払うお金が発生します。ジャカルタのカラオケで連れ出すことをBO(ベーオー)といいますが、いわゆるバーファイン(ペイバー)がベーオーです。

ベーオー代は店によって異なりますが、100~140万ルピア(約8,000~11,200円)です。これに加えて、女性に直接支払うチップ(エッチ代)が加わります。女性へのセックス代は自由恋愛になるので双方の話し合いになりますが、一般的には120~150万ルピア(約9,600~12,000円)になります。

そのため、以下のようになります。

【飲むだけの場合】

  • 飲み代:一人75~80万ルピア(約6,000~6,400円)

【ホテルまで連れ出す場合】

  • 飲み代:一人75~80万ルピア(約6,000~6,400円)
  • 連れ出し代(ベーオー):100~140万ルピア(約8,000~11,200円)
  • 女性へのチップ(エッチ代):120~150万ルピア(約9,600~12,000円)

連れ出しまで考える場合、他の経費を含め最終的に350~400万ルピア(約28,000~32,000円)ほどになります。そのためコストパフォーマンスは悪いです。

・スーパーバイザーだと飲み代が高くなる

ちなみに日系カラオケ(KTV)だとスーパーバイザーと呼ばれる女性がいます。ほとんどの女性は一般的な値段で飲むことができます。ただ、より美人の女性であるとスーパーバイザーとなり、飲み代が高くなります。

いろんな店で値段を聞きましたが、一般女性が2時間で一人75~80万ルピア(約6,000~6,400円)なのに対して、スーパーバイザーだと飲み代は2時間で一人100万ルピア(約8,000円)ほどになります。

日系カラオケで女性とエッチするときの考え方

日系カラオケは非常に落ち着いた雰囲気であり、女性は英語や日本語ができるなど頭の回転が優れていることが多いです。飲むだけなら何も考えずに出向けばいいですが、女性とのセックスまで考える場合、どのように行動すればいいのか理解しなければいけません。

まず、日系カラオケでは全員の女性を連れ出しできるわけではありません。「お持ち帰りOKな女性」「絶対に連れ出し不可な女性」というように、明確に2つに分けられています。

そのため、キャバクラとして楽しんだ後にセックス(本番行為)まで考えているのであれば、連れ出し可能な女性を指名するようにしましょう。女性のコンテスト(女性がズラッと並ぶこと:別名ショーアップ)を依頼するとき、連れ出しできる女性とそうでない女性を分けて立たせるようにお願いするといいです。

・閉店後のアフターなら本番代が安くなる

より上級者の場合、「女性と連絡先を交換して閉店後に会う」という方法もあります。要は、アフターを狙います。

ホテルへのお持ち帰りが可能な女性の場合、閉店後に連絡を取り合うことで会ってくれます。女性と個人的に会うことになるため、店側に支払うベーオー代(約8,000~11,200円)の支払いがなくなります。支払うのは女性へのチップ代(セックス代)だけであるため、かなり安くなります。

実際、私はこの方法でベーオー代を浮かせながら日系カラオケの女性とセックスしました。海外風俗に慣れていない人では難易度が高いものの、こうした裏技も可能です。

韓国系カラオケ(KTV)の特徴

日系のカラオケに対して、過激なサービスを売りにしているKTVが韓国系カラオケです。同じカラオケではありますが、システムは大きく異なります。

飲むのが基本の日系カラオケに対して、韓国系カラオケは女性とエッチするのが基本になります。

飲み代だけを考えれば韓国系カラオケは高いです。ただ、エッチまで考える場合は韓国系カラオケの方が圧倒的に安くなります。

また、店内にいる女性たちは全員、お持ち帰りが可能です。むしろ、指名した場合は女性の方から積極的にエッチのお誘いをしてきます。

そのため、女性と飲んだ後に本番までしたいと考えている場合は韓国系カラオケに出向くようにしましょう。日系カラオケに比べると、日本語を話せる女性はいなくなり、「こっちの話をあまり聞かず小学生のような感じ」と教養レベルは劣ってしまいますが、日系カラオケより安くセックスを楽しめます。

飲み物代や部屋料などを含めると、韓国系カラオケで飲む場合は一人3時間で110~140万ルピア(約8,800~11,200円)ほどの費用になります。飲むだけなら高額です。ただ、エッチまで含めると韓国系カラオケは日系のKTVより安いです。具体的には、以下のようになります。

【店内でエッチする場合】

  • 飲み代:一人110~140万ルピア(約8,800~11,200円)
  • 女性へのチップ(エッチ代):100~150万ルピア(約8,000~12,000円)

【連れ出す場合】

  • 飲み代:一人110~140万ルピア(約8,800~11,200円)
  • 連れ出し代(ベーオー):30~50万ルピア(約2,400~4,000円)
  • 女性へのチップ(エッチ代):100~150万ルピア(約8,000~12,000円)

飲み代で変動しますがセックスするにしても、店内なら200~250万ルピア(約16,000~20,000円)です。連れ出すにしても、250~300万ルピア(約20,000~24,000円)です。一般的なジャカルタ風俗に比べると高額ですが、日系のKTVよりは安くなります。

人気のおすすめカラオケ店と場所・地図

ブロックMの周辺にはいくつものKTVが存在します。店の前を通れば、呼び込みの人が必死に声をかけてきます。そうしたカラオケの中でも、ジャカルタ初心者だとどの店がいいのか分かりません。

ただ、ジャカルタにあるカラオケの中でも人気店が存在します。駐在員というわけではなく、ジャカルタ風俗を満喫するために短期で訪れている人は、こうした人気店を選べば問題ありません。これら人気のおすすめ店舗の地図としては、以下のような場所があります。

どの店舗もブロックMの近くにあるため、行きやすいです。女性を見るだけなら無料なので、良い女性に巡り合えるまで地図を頼りに店を渡り歩くといいです。

それでは、以下に人気のおすすめ店を紹介していきます。

スターライト、とんぼなど:日系カラオケ

一つの建物に4つの店が密集している日系カラオケが存在します。ビルに入ると、エレベーターや階段を使って店に行くようにしましょう。

この建物には、Star Light(スターライト)、CRUSH MACHINE(クラッシュマシーン)、Artist(アーティスト)、Tombo(とんぼ)という店が入っています。この中でもわりと有名なのはスターライト、とんぼです。

同じビルではあっても、値段は店ごとにバラバラですし在籍女性も異なります。そのため、いろんな店を見て回った後に遊ぶ店を決めるといいです。

在籍女性の中でも、飲むだけの女性が60%、連れ出せる子は40%の割合です。その後のセックスまで考えているのであれば、コンテスト(ショーアップ)を実施する段階で女性を分けてもらうようにしましょう。

前述の通り、飲むだけであれば韓国系カラオケよりも安いです。一人75~80万ルピア(約6,000~6,400円)ほどになります。

参考までに、以下はスターライトを利用し男3人で2時間飲み、実際にお金を支払ったときの領収書です。

3人で約230万ルピアであり、一人あたり約77万ルピア(約6,200円)となりました。連れ出し(ベーオー)はしていないため、こうした価格になります。これに連れ出しをする場合、さらに料金が加わるようになります。

なお、女性のレベルはものすごく高いわけではありません。ただ、高級風俗店にいてもおかしくないレベルの子は問題なく在籍しています。

六本木パパ:日系カラオケ

より高級なキャバクラとして、六本木パパがあります。店内は非常に豪華であり、キレイな個室で指名した女性とイチャイチャすることができます。

ただ、先ほどの日系カラオケに比べると値段は高めです。女性によって料金は異なりますが、一般的には以下になります。

  • 飲み代:一人53万ルピア(約4,240円)
  • ドリンク代:ボトル一本で150万ルピア(12,000円)以上
  • 税金25%

タイミングによっては、ドリンク代や女性の飲み物代を含めて、一人90万ルピア(約7,200円)のパック料金が提供されていることもあります。ただ、いずれにしてもそれなりの値段になります。

しかし、人気店ではあるものの六本木パパをあまりおすすめしません。理由は「女性があまりかわいくない」「飲むだけであり、連れ出しができない」という2つの理由があります。

私は二日間にわたって六本木パパに出向きましたが、残念ながら美人女性がほぼいませんでした。指名する気で入店したにも関わらず、連日入店することなく店から出ることになってしまいました。

また、女性の連れ出しシステムはありません。単純に飲むだけです。連絡先を交換してやり取りしてもいいですが、現地に住んでいる人以外は女性とのセックスを実現するのは非常に難しいです。

それだけでなく、聞いてみたところほとんどの女性は日本語を話せないどころか、英語も扱うことができませんでした。そのため、少なくとも私が出向いたとき、値段が高いだけで楽しく遊べる場所ではありませんでした。

カメレオン(Chamaeleon):韓国系カラオケ

激しいサービスが売りであり、ブロックMの中でもおそらく最も有名な店がカメレオンです。韓国系カラオケではありますが、ここで飲んだときに女性に聞いてみたところ、客の9割以上は日本人客のようです。

カメレオンで飲むとき、基本的にはエッチすることまで考えるといいです。実際に女性は積極的にセックスを誘ってきます。飲み代だけなら日系カラオケの方が安いですが、本番まで考えている場合は韓国系の方が安価です。

店内に入ると、まずは部屋に通されます。ここで女性を指名することになります。

女性の数は20人ほどです。この中から良さそうな女性がいれば指名し、微妙そうであればそのまま出ても問題ありません。

飲みについては、部屋代やアルコール代、女性へのドリンク代などを含めると一人で約110~130万ルピア(約8,800~10,400円)になります。女性を連れ出しても、連れ出さなくても飲み代の値段はほとんど変わりません。そのため、エッチ前提で行くことをおすすめします。

例えば、以下は私が実際にカメレオンで飲み、女性をホテルに連れ出したときの店からの請求額です。

男3人で出向き、一人当たり約115万ルピア(約9,200円)となりました。ちなみに、店内でエッチする場合はなぜか店へ支払うお金が値引きされ、一人100万ルピア(約8,000円)となります。

これに女性へのチップ(エッチ代)が加わります。ショート(一回だけのセックス)であれば、120万ルピア(約9,600円)です。ロング(朝までコース)だと、150万ルピア(約12,000円)です。

ただ、ホテルへお持ち帰りする場合、エッチ後にタクシー代としてさらなるチップを要求されます。そのため、女性へ手渡すお金は10~20万ルピア(約800~1,600円)ほど高くなると考えてください。タクシー代については、仕方ないと考えましょう。

ちなみに、カメレオンでは30万ルピア(約2,400円)を支払うことで女性が机の上で過激なダンスをしてくれます。女性もしきりにダンスを勧めてきます。私の場合はダンスよりもセックス代を取っておきたかったので断りましたが、興味があればお願いするといいです。

THT Best:韓国系カラオケ

韓国系カラオケであるため、同じように過激なサービスが売りのKTVとしてTHE Bestがあります。連日、多くの日本人がTHE Bestに出向いています。

ブロックMのショッピングモール内にTHE Bestが存在します。非常に広いショッピングモールなので場所は分かりにくいですが、そこら辺にいる店員に聞いてみれば「5 floor.(5階です)」と教えてくれます。

THE Bestの店内もキレイです。中に入ると、非常に多くの女性が在籍していることが分かります。かなり人数は多く、軽く50人以上です。

まずは部屋に通されますが、何も頼んでいないのに食べ物が運ばれてくることになります。そのため、もしTHE Bestで夜遊びすることが決まっておらず他の店に行く可能性も残っている場合、料理は下げさせて先に女性を見せてもらうように伝えましょう。

そうして、部屋の中でコンテスト(ショーアップ)になります。部屋の中は女性であふれかえるようになります。

韓国系カラオケに共通しますが、そこまで女性の容姿レベルが高いわけではありません。ただ、これだけ人数が多ければ、その中に一人くらいはいい女性が見つかります。実際、何度もチェンジしましたが2~3人は問題なく指名できる女性が紛れ込んでいました。

値段については、飲み代で一人140万ルピア(約11,200円)ほどになります。人数や内容によって変動しますが、この前後の価格になると考えてください。

これに加えて、女性とエッチする場合はチップが加わります。女性へのチップ(セックス代)は100万ルピア(約8,000円)です。女性をホテルに持ち帰る場合、30万ルピア(約2,400円)ほどの連れ出し料が発生します。

夜遊びするときの営業時間や注意点

ブロックMで夜遊びを検討するとき、店の営業時間について理解する必要があります。多くの店舗の場合、18:00~19:00に店が開きます。そのため、KTVで豪遊したいときは19:00あたりに行くといいです。夜遅くだと女性が既に指名されているため、19:00~20:00あたりが狙い目です。

閉店は25:00~27:00です。日系カラオケでアフターを狙い、女性とセックスすることを考えている場合はこの時間に女性と待ち合わせすることを考えましょう。

なお、ブロックMはジャカルタ南部にあります。ジャカルタ北部にコタ地域があり、この周辺にもカラオケがわずかながら存在します(1001ホテルの中)。

ただ、1001ホテルなどのKTVだと、ブロックMにあるカラオケに比べて非常に高額になります。そこまでの値段を出してまで行く必要はないため、コタ地域ではなくブロックMの周辺でKTVを楽しむようにしましょう。

・ラマダン(断食)の時期は微妙

イスラム教ではラマダン(断食)があります。この時期の風俗はほぼ壊滅するわけですが、これはカラオケでも同様です。

ラマダンであると、カラオケ店は営業停止をしていたり、時間短縮していたりします。別にイスラム教徒でなくても、あなたが街中で水を飲むだけでも変な目で見られるようになるため、この時期の渡航は避けるようにするといいです。

・クレジットカード払いは可能

カラオケでの夜遊びは高額になりますが、クレジットカード払いが可能です。基本はチャージなしで支払いが可能なので、積極的にクレジットカードを利用するといいです。

ジャカルタのKTVで豪遊した体験談

私がジャカルタに出向いたとき、当然ながらブロックMにも立ち寄ってKTVで夜遊びを楽しみました。もちろん一回だけではなく、何日もカラオケを楽しみ、ベーオー代(BO代)の支払いなしに女性とエッチしたり、ホテルの一室で6Pしたりしました。

まずはいろんな店に出向き、システムを聞きまくります。そうしておおよその仕組みを理解した後、日系カラオケに出向いて女性と遊ぶことにしました。

いくつもの店を回り、良さそうな女性がいるところで女性を指名します。日系カラオケのうち、今回はStar Light(スターライト)へ入店することになりました。

このとき、たまたま「連れ出し可能」な女性に私好みの美女がいたため、そのまま指名することにしました。男3人で出向き、他の男性は連れ出し不可のかわいいインドネシア人を指名していました。

その後、個室に入ります。基本的には英語での会話だと考えていましたが、予想以上に女性たちは日本語が上手です。どこで日本語を学んだのか聞いたところ、店だけのようです。私が指名した女性は2年ほど店で働いていましたが、非常に日本語がうまかったです。

韓国系カラオケでは、このようにはいきません。基本は英語でのやり取りになります。また、あまりこっちの会話を聞く感じではなく、韓国系カラオケではバカ騒ぎするようになります。一方で日系カラオケになると、知的な女性と落ち着いて話をすることになります。

キャバクラであるため、女性が嫌がらない範囲でセクハラをして問題ありません。腰に手をまわし、一緒にカラオケを楽しみながら時間が過ぎていくのを待つようになります。

ただ、キャバクラなので楽しい時間は意外とすぐに過ぎていきます。今回指名した女性たちは3人とも日本語が堪能であり、会話に困ることはありません。また、顔を見て指名しているので非常にタイプの女性であり、会話も弾みます。

ここでは、女性たちからいろいろ教えてもらいました。例えば、インドネシア人の平均月収は350万ルピア(約28,000円)ですが、ここで働く女性たちは平均で月1000万ルピア(約8万円)を稼ぐようです。日本の水準からすれば低いですが、現地の平均月収に比べるとかなりの給料です。

また私が指名した女性については、他の女性たちから「彼女はBO(ベーオー)してもらいたいって!」とはやし立ててきます。

そうして2時間が経過したとき、ドアが開いて「時間が来た」という連絡を受けます。ひとまず、その場で支払いをして店を出ることにしました。それと同時に、女性の連絡先を聞くことにしました。

日系カラオケでベーオー代を払わずにセックスする

カラオケを出た後のプランは決まっていませんでしたが、ひとまずバーにでも行くことにしました。ジャカルタには援交バーがあり、そこで女性をお持ち帰りすることができます。ジャカルタの援交バーは生演奏などもあり、いるだけでも楽しいです。

ただ、出向いた援交バーはB.A.T.S. Barという白人向けの店であり、女性はおばさんばかりです。白人男性は「何でこんな女性?」と首をかしげてしまうようなブス顔の女性が大好きです。アジア人とは好みが違うわけです。

そのため、このバーではただ酒を飲んで過ごします。ただ、先ほど連絡先を交換したカラオケの女性が気になります。そこで、日本語をローマ字で打ってメールすることにしました。閉店後に会えるかどうか、アポを取ってみることにしたのです。現地時間25:00あたりからアポ開始です。

要約すると、30分でアポイントを取ることに成功しました。カラオケの閉店は25:00なので、家にいたようです。そこから私が宿泊しているホテルに呼び出し、エッチするという流れです。

女性は私のホテルを間違えたようであり、会うのに少し時間がかかりました。ただ、問題なく私が宿泊していたホテルのロビーで落ち合うことができました。

エッチ代については特に決まっていないものの、「How much?」と聞くと、「あなたはいくらがいいの?」と聞かれてしまいました。そこで、適当に120万円ルピアを提示してみたところ、問題なく承諾してくれました。意外と安めの値段を言ってみるものです。

そうしてシャワーを浴び、セックスの開始です。21歳のピチピチの肌を堪能しながら、女性との本番を楽しむことになりました。なお、タクシー代としてチップを10万ルピア上乗せし、女性には130万ルピア(約10,400円)を支払いました。

店へのBO(ベーオー)代金がなくなり、日系カラオケの美女ともエッチできて非常に満足することができました。女性と仲良くなれば、好きなタイミングで連れ出したり、デートしたりできます。そのため、カラオケは高額ですが夜遊びの濃さは深まります。

ちなみに、なぜ女性に韓国系カラオケでは日系カラオケで働いているのか聞いてみたところ、「韓国系ではたくさん飲まないといけない」「店内でのエッチは汚くて嫌」という回答がありました。やはり、女性によって最適な店は異なるようです。

カメレオンで6Pを楽しむ

ちなみに、私は別の日でもブロックMで豪遊したことがあります。このときはカメレオンに出向き、女性を指名しました。日系カラオケに比べると、韓国系では女性の教養レベルが落ちます。これについては、そういうものだと理解しなければいけません。

同じインドネシア人ではあっても、少なくとも韓国系カラオケでは日本語で意思疎通を図ることはできません。

そうして飲んでいると、女性たちはしきりにダンスを勧めてきます。机の上で踊る過激ダンスですが、女性一人につき30万ルピアを払うのが嫌だったので私たちは断り続けるようにしました。

また、カラオケで歌うときになぜか立ち上がって腰をくねらせながら踊るようになります。女性たちのパフォーマンスをうけながら、たくさんのアルコールを流し込むことになりました。

ただ、女性たちはエッチに積極的です。セックスの提供が基本の店なので、これはある意味当然です。そこで6P交渉をすることにしました。女性たちはセックスをして稼ぎたいため、こちらは優位に立てます。そうして、6Pをする権利を勝ち取りました。

本来は3時間ですが、2時間ほどで店を出ることになってしまいました。ただ、女性たちはお腹が空いているらしく、近くの日本料理店で腹ごしらえをすることになります。

ただ、彼女たちは普通に豚肉入りの餃子を注文しています。イスラム教徒かどうか聞くと、イスラム教徒のようです。しかし、彼女たちはみんな豚肉入りでも問題ないと言います。

なんとも、ゆるいイスラム教徒です。それならイスラム教徒などやめてしまい、ラマダン(断食)やアルコールの禁止など、面倒なことをすべて廃止すればいいのにと思ってしまいます。

さて、腹を満たした後はホテルでの6Pです。今回は私の部屋に出向き、エッチすることになりました。

なお、私が指名した子は「体が寒くなるのでシャワーを浴びたくない」と言います。そこで他の人だけシャワーを浴び、私は先にベッドで女体を抱きながら待つことになりました。

ダブルベッドでそこまで大きいわけではないですが、このベッドで6Pが始まります。隣で女性がアンアンと喘ぐ声を聴きながら、正常位やバックなどを繰り広げていきます。そうして、ほぼ同時に男性たちは果てることになりました。

今回はショート120万ルピアにチップ20万ルピア(タクシー代込み)となり、140万ルピア(11,200円)を女性たちにそれぞれ手渡してお別れすることになります。

値段は高いが、遊びのバリエーションは多い

このようにして、ジャカルタのKTVで夜遊びを楽しむことができました。

他の風俗店であると、インドネシアでは非常に安い値段で女性とのセックスが可能です。ただ、料金は低いとはいっても、単に女性を指名して本番行為を楽しみ、射精するだけとなります。

それに対して、KTVでは女性と会話をして仲良くなった後にセックスすることができます。もちろん、連絡先を交換すれば昼間にデートすることができますし、BO代(ベーオー代)を払わずに個人的にやり取りすることもできます。

ここまで行かなくても、やはり仲良くなった後にセックスをする方が気持ちいいですし、満足度は高くなります。いろんな遊び方を実現できるため、価格相場は高額になりやすいですが、カラオケでの夜遊びも検討してみてください。

ブロックMの日系カラオケや韓国系カラオケに出向き、海外でしか実現できない大人の夜遊びを実現することを考えましょう。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認