東南アジアの中でも、インドネシア・ジャカルタは風俗遊びが非常に盛んな地域です。ジャカルタは何も観光する名所がないものの、多くの男性がエロを求めてジャカルタまで集まるほどです。

そうしたジャカルタの中でも、メインになるものの一つに援交バー(売春バー)があります。出会いバーとも呼ばれ、バーやクラブで出会った男女が意気投合した後、ホテルでエッチするようになるのです。

アジアで有名な援交バーとしては、「タイ(バンコク):テーメーカフェ」「フィリピン(マニラ):LAカフェ」が知られています。これらと同じ出会いバーがインドネシア・ジャカルタにも存在するのです。

ジャカルタには、2つの出会いバーが存在します。それが、CJ’s BarB.A.T.S. Barです。このうち、メインはCJ’s Barになります。そこで、どのようにしてこうした援交バーでインドネシア美女とエッチすればいいのかについて確認していきます。

ジャカルタでは素人の子と援助交際できる

日本では当然ながら、援助交際が禁止されています。不特定多数の男性に対して、女性が売春をすることは禁じられているのです。日本で援助交際をすると、話を持ち掛けた男性は警察に指導されます。

ただ、海外では売春が違法であったとしても、黙認されている場所がいくつもあります。こうした場所はジャカルタにも存在し、多くの女性が売春を行うためにバーに通っています。以下はジャカルタにある実際の援交バーの様子です。

ジャカルタにはパラダイススパやカラオケ、エロマッサージ、置屋など多くの風俗店が存在します。ただ、ここに在籍している女性はプロの人たちになります。男性とセックスをすることを仕事にしているわけです。

しかし、そうしたプロの女性ではなく素人の女性が援助交際する場が援交バーになります。

もちろん、援交バーとはいっても「連日のように援交バーに通っている、セミプロの女性」は存在します。こうした女性はフリーの風俗嬢であり、プロと考えて問題ありません。

ただ、こうした出会いバーには素人の子も多数紛れています。「昼間は仕事をしている女性」「その日、たまたま援交バーで稼ごうと考えた子」などがたくさんいるのです。

一般的な風俗店とは異なり、援交バーは夜22:00など遅くに出向くようになります。そのため、普通の仕事をしている女性がお小遣い稼ぎにフラッと来るのです。地元インドネシアにいる素人の美女を抱きたいと考える場合、援交バーは最適な場所だといえます。

初心者にとって売春バーは難易度が高い

素人女性とエッチできるとなると、非常に素晴らしいように思えるかもしれません。ただ、インドネシア風俗の中でも、ジャカルタの援交バーは海外風俗初心者にとってハードルが高いです。

同じ援助交際の中でも、「タイ(バンコク):テーメーカフェ」「フィリピン(マニラ):LAカフェ」は女性に対して非常に声をかけやすいです。特にバンコクのテーメーカフェであると、女性が壁にズラッと並んでいるため、一人ずつ女性の顔を確認しながら指名することができます。

それに対して、ジャカルタの援交バーは一流ホテルの中に存在します。一流ホテルのバーであるため、格式は高く一見すると普通のバーです。ただ、その中にフリーの風俗嬢がいることになるのです。

普通のバーのような雰囲気の中、歩き回って好みの女性を見つけ、自ら声をかけなければいけません。かわいい子は自らアプローチすることはないため、基本的には英語での声掛けが必要になります。また、雰囲気を作るために多少の会話を試みなければいけません。さらに値段交渉も必要です。

こうした過程があるため、海外風俗の初心者にとってハードルが高いのです。女性への声掛けに慣れている人なら問題ありませんが、そうでない場合は難しいです。

CJ’s BarやB.A.T.S. Barの料金相場

それでは、どれくらいの金額が必要になるのでしょうか。夜遊びで重要な要素の一つとして、女性とエッチするときの費用があります。

ジャカルタの夜遊びの中でも、援交バーは値段が高めです。女性とセックスするとき、100~150万ルピア(約8,000~12,000円)となります。しかし高いとはいっても、実際の女性を見て会話し、感触をつかんだ後に連れ出しすることができるため、日本の風俗に比べると圧倒的に低価格です。

最初、女性からは高めの値段を言われます。女性によって言い値は異なりますが、150~200万ルピア(約12,000~16,000円)を提示されることがほとんどです。

私が実際に出向いて調査したところ、年齢の高いおばさんや容姿レベルの低い女性であると、最初の言い値は150万ルピアです。ただ、美人女性になると200万ルピアを言ってくることが多いです。

このとき、基本的には「ババア、ブス:100万ルピア」「美人:150万ルピア」の価格で落ち着きます。ちなみに、どの女性であっても150万ルピアを提示すれば一発で交渉成立すると考えてください。援助交際であるため、きちんと交渉したうえで本番するための費用を決定させましょう。

店が女性を管理しているわけではないため、特にシステムがあるわけではありません。援助交際とはいっても、自由恋愛のような感じになるのです。

・チップ(タクシー代)は10万ルピア

女性によって異なりますが、日本人を含め外国人であるとエッチの後にチップを要求されます。このときのチップはタクシー代になります。

援助交際の商談が成立した後、女性をタクシーに乗せてあなたのホテルまで持ち帰ることになります。お持ち帰り後、セックスするわけですが女性は家まで帰らなければいけません。このときのタクシー代を要求されるのです。

これについては、そういうものだと考えましょう。タクシー代なので10万ルピア(約800円)をあげれば問題ありません。

・受付でドリンク代を支払う

なお、援交バーの中に入るためには最初にドリンク代を支払う必要があります。一流ホテルの中にあるバーであるため、CJ’s BarもB.A.T.S. Barも高額です。

他の国にある援交カフェがドリンク一杯300円ほどのところ、CJ’s BarやB.A.T.S. Barでは20万ルピア(1,600円)や14万ルピア(約1,120円)などのドリンク代を支払ったうえで入場することになります。以下のような受付でお金を支払います。

支払いはクレジットカードでも可能です。いずれにしてもドリンクを注文しなければ入店はできなくなっています。

・ドレスコードは注意すべき

高級ホテルのバーであるため、ドレスコードがあります。短パンであったり、サンダルであったりすると入店を拒否されます。

ジャカルタは南国であるため、つい服装のことなど気にせず風俗店に出向いてしまいます。しかし援交バーに行くときは必ず長ズボンを履き、普通の靴で出向くようにしましょう。

援交バー(売春バー)の場所・地図

ただ、どこに夜遊びスポットがあるのか理解していなければ遊ぶことができません。ジャカルタの援交バーはどの場所に存在するのでしょうか。

援助交際ができる場所として有名なCJ’s BarやB.A.T.S. Barはジャカルタ南部にあります。そのため、ジャカルタ南部まで出向く必要があります。

具体的な地図としては、以下のようになります。

それぞれのバーはわりと近く、タクシーで15分ほどで行くことができます。そのため、一方のバーで気になる子がいなければ、地図を参考にしてもう一方の援交バー(売春バー)に出向いても問題ありません。

これらのホテルに行くためには、タクシーかバイタク(バイクタクシー)となります。複数人で行くときはタクシーを使い、一人で出向く場合はバイタクで問題ありません。

・CJ’s Bar(Hotel Mulia Senayan)の様子

5つ星ホテルとして、Hotel Mulia Senayan(ホテル ムリィア セナヤン)が知られています。ホテル ムリィア セナヤンの中にCJ’s Barがあります。

ホテル ムリィア セナヤンは以下のような内装になっています。

階段を上って2階に行き、右側にCJ’s Barがあります。すぐにCJ’s Barを見つけることができるはずです。もちろん分からなければ、ホテル内にいる従業員に「CJ’s Bar?」と聞けば問題ありません。

・B.A.T.S. Bar(Shangri-La Hotel)の様子

同じく5つ星ホテルとして、Shangri-La Hotel(シャングリラホテル)があります。ジャカルタのシャングリラホテルの中に売春バーがあるのです。

シャングリラホテルの内装は次のようになっています。

エントランスを入って右側へ行けば、B.A.T.S. Barを見つけることができます。もし、場所が分からなければホテルスタッフを掴まえて「B.A.T.S. Bar?」と聞くようにしましょう。

CJ’s BarとB.A.T.S. Barの特徴

インドネシアでは、一般人はほとんど英語が通じません。英語で語りかけても、インドネシア語で返ってきます。風俗店であっても、高級店以外は英語を話せない女性はたくさんいます。

ただ、CJ’s BarやB.A.T.S. Barは例外的にほとんどの女性で英語が通じます。そのため、相手女性がインドネシア語だけとなり、まったく意思疎通ができないという場面は避けることができます。

インドネシアの中でも、援交バーは値段が高めです。そのためローカル男子が来ることはありません。ローカル男性は35万ルピア(約2,800円)などで遊べる置屋へ行きます。CJ’s BarやB.A.T.S. Barにはローカル男性はおらず、外国人ばかりになるのです。

外人相手であるため、英語を話すことのできる知的な素人女性がお小遣いを稼ぐために援交バーへ来ます。

基本的なシステムはCJ’s BarとB.A.T.S. Barでどちらも変わりません。最初にドリンク代を支払って入場し、後は店の中で飲むだけになります。良さそうな女性がいれば声をかけ、交渉して100~150万ルピアでホテルへ持ち帰るようにするといいです。

見るだけでも援交バーは楽しい

売春バーとはいっても、多くのバーでは女性を買うだけの場所になっています。ただ、CJ’s BarやB.A.T.S. Barは一流ホテルの中にあるバーでもあり、内装は非常にキレイなので落ち着いて飲むことができます。

また、店内にはソファーもあってくつろぐことが可能です。

さらに、CJ’s BarでもB.A.T.S. Barでも店内では生演奏が開催されています。そのため、見ているだけでも楽しいです。踊っている人も多く、一見すると援交バーとは思えません。

店内にいる女性の99%はお持ち帰り可能ですが、援助交際という目的以外でも時間を潰すことができるのです。

なお、店内には稀に一般女性が紛れ込んでいますが、白人女性なので持ち帰れない女性はすぐに見分けがつきます。インドネシア女性については、全員持ち帰りが可能です。

なお、中には日本語ができる女性もいます。日本語ができる時点でセミプロなのですが、日本人客を取るために彼女たちは日本語で話しかけてきます。気に入ったのであれば、持ち帰れば問題ありません。

特別な理由がなければCJ’s Barへ行くべき

ただ、CJ’s BarとB.A.T.S. Barでどちらに出向けばいいのでしょうか。これについては、特別な理由がない限りはB.A.T.S. Barを無視して、CJ’s Barへ出向くようにしましょう。B.A.T.S. Barは白人男性向きだからです。

理由は不明ですが、白人男性はブスの女性が好きです。要は、年齢が高いババアや、日本人男性では絶対に相手をしないような容姿レベルの低い女性を好むのです。

B.A.T.S. Barにいるのは、ほぼ白人男性です。日本人や韓国人、中国人などアジア男性は皆無です。言い換えれば、B.A.T.S. Barは「年齢層が高かったり、ブスを好んだりする女性を好む男性がたくさん集まる場所」といえます。

ブス女性が好きな白人男性が多くなると、当然ながらそこに集まる女性のレベルは非常に低くなります。値段は安いものの、容姿レベルが悪かったり、年齢が高かったりするため少なくとも日本人が出向いても良い女性と出会える確率は低いです。

私も実際にB.A.T.S. Barに出向きましたが、女性のレベルはかなり微妙でした。

そこで、CJ’s Barに行きましょう。B.A.T.S. Barに比べて、非常に多くの美女がCJ’s Barにいます。いくら値段が安くてもかわいい女性でないと交渉する気が起きません。美人女性とセックスしたいのであれば、CJ’s Barを選べば問題ありません。

狙い目の時間は23:00以降

CJ’s BarやB.A.T.S. Barの営業時間は以下のようになっています。

  • CJ’s Bar:21:00~翌3:00(金曜と土曜は21:00~翌4:00)
  • B.A.T.S. Bar:17:00~26:00(日曜は17:00~25:00)

売春カフェであるため、CJ’s BarやB.A.T.S. Barは遅めに出向くといいです。23:00から25:00が最も盛り上がるので狙い目ですが、21:00など少し早めに出向いて良さそうな子を早めに確保しておいても問題ありません。

ただ、あまりに来場するのが遅いと美人な子が他の男性に取られてしまいます。また、遅い時間だと店内で行われている演奏が終わり、非常に人数が少なくなります。中には男性客を取るのを諦めて帰る女性も出てきます。

そのため、23:00から出向いて良さそうな子がいれば話しかけてみるといいです。美人であり、愛想がいい女性を見つけた場合は料金の交渉をするといいです。

・遅めの時間なら値段が下がりやすい

なお、25:00を過ぎるなど遅めの時間になると価格交渉が容易になります。女性はお持ち帰りをされ、収入を得たいので「無収入で帰るよりも、多少は値下げをしてでもいいので援助交際したい」と考えるようになるのです。

遅い時間だと、良い女性は他の男性に取られている確率が高くなります。ただ、その分だけ費用相場は下がっていると考えてください。

出会いバーで素人女性の買春をしてきた

ジャカルタに出向いたとき、当然ながら地元インドネシアの美女とセックスしなければいけません。そのため、私がジャカルタに行ったときは出会いバーで素人女性を買春することを考えました。

ただ、援交バーは遅めの時間に盛り上がります。この点については、一般的なナイトクラブと同じです。そこで、カラオケ(キャバクラ)で遊んだ後に売春バーへ出向くことにしました。

最初に行ったのはB.A.T.S. Barです。タクシーでB.A.T.S. Barまで出向き、シャングリラホテルの中を散策しながら出向いたわけです。時間は22:30くらいです。

しかし、前述の通り女性の質は悪いです。おばさんであったり、容姿レベルが悪かったりするため、1時間ほどして移動することにしました。男性客も女性客もそれなりにいましたが、女性の質という意味では劣っていたのです。

そこで、CJ’s Barに移動します。この日、到着したのは24:00くらいです。

先ほどの援交バーに比べると、明らかに女性の質は高くなります。ただ、ものすごく女性のレベルが高いというわけではありません。普通におばさんもいます。一方で非常に美人の女性も中にはいます。

私の5mほど離れたところに美形の女性がいたのですが、ひとまず近くに座って一人で飲むことにしました。そうしていると、おばさんが話しかけてきます。少し会話をしたら、おばさんは「一緒にホテルに行こう」と誘ってきました。最初の言い値は150万ルピアです。

ただ、おばさんとホテルに行っても仕方ありません。そのため「一人で飲みたい」と伝えると、おばさんは友人をどこからともなく連れてきて「この子と一緒に3Pしよう!」と誘ってきました。

こうした面倒なやり取りをしているうちに、5mほど先にいた美女は他の男性に声をかけられてしまっていました。やはり、美人の子は早めに声をかけなければいけないようです。

ただ、CJ’s Barは座って飲んでいるだけでもわりと楽しいです。店内ではクラブミュージックが流れ、生演奏も開催されています。ステージの前では、踊り狂っている人たちもいます。

しかし、そうしていると意外に時間が経過してしまいました。既に25:00を回っています。店内にはそれなりにかわいい女性がいるものの、美人女性は既に男性に取られています。また、26:00など時間が遅くなると徐々に人の数も少なくなってきました。

そのため、私は「この日はいい子がいないのでホテルに帰ろう」と考え、CJ’s Barを後にしました。

ホテルロビーで美女を発見し、交渉する

CJ’s Barから出て、ホテルの階段を下りてロビーに降ります。ひとまず、タクシーを呼ばなければいけません。そうして玄関まで歩こうとすると、ロビーの席に座っている二人組の女性に目が留まりました。

一人の女性は微妙ですが、もう一方の女性は非常に美人です。

売春バーの中は薄暗いため、女性の顔を確認しづらいです。ただ、ここはホテルロビーで非常に明るいため、女性の顔はバッチリわかります。

また、女性の方も私に笑顔を送ってくれたため、「先ほどまでCJ’s Barにいた子たちのはず」という推測のもと声をかけてみることにしました。ここにインドネシア女性がいること自体、目的がCJ’s Bar以外に考えられないからです。

そうすると、やはり先ほどまでCJ’s Barにいたようです。いま、帰りのタクシー待っているようです。ひとまず、一人の女性が美人だったので、その子の隣に座ることにしました。一人は英語ペラペラですが、私が気に入ったもう一方の子は英語をほとんど話せません。そのため、英語を話せる子に通訳をしてもらいながらコミュニケーションを取ることになりました。

二人は今日、初めてバーの中で会ったようです。ただ、帰る方向が一緒なのでタクシーで帰ろうとしていました。

援交バーはくまなく歩いたつもりですが、この子たちを見かけた記憶はありません。たぶん、彼女たちはどこか別の場所にいたのでしょう。

私が気になった女性は笑顔が良く、さらには「昼間は普通の企業に働いており、CJ’s Barに来るのは初めて」という完全素人の子でした。そのため、私のホテルに連れて帰ることを打診してみました。電卓アプリを彼女に手渡し、金額交渉です。

最初、彼女は200万ルピアを提示しました。さすが、若くて美人なだけあります。そこで、ひとまず150万ルピア(約12,000円)を提示してみたところ、一発でオッケーをもらいました。時間は遅いですし、帰る直前なので、もしかしたらもっと低い額でも納得してくれたかもしれません。

そうしていると、女性たちが呼んだタクシーが到着します。ひとまず、英語を話せる子だけ先に帰り、私は別にタクシーを呼んで気に入った子を持ち帰ることにしました。ちなみに、仕事を聞くとこの子は「三菱ふそうトラックの日系企業に働いている」ことが判明しました。なぜか名刺も渡してくれました。

大学卒業後、日系企業で働き始めたようです。日系企業だが、周囲の同僚に日本人はおらずインドネシア人ばかりらしいです。

女性は英語を話すことができないため、翻訳アプリを使いながらの会話です。仕事でトラブルがあり、気持ちを発散させるために初めて出会いバーに来たと話してくれました。

さて、タクシーでホテルに到着した後は部屋に入ります。タクシーの中では、女性の方から手をつないだり、私にもたれかかってきたりして非常に愛想がよいです。今回、最後の最後にかなり良い素人女性を引き当てることができたわけです。

ひとまず、二人ともベッドに寝転がることになりました。当然、目の前に美女いるため、そのままキスを開始します。相手は私の唇を吸い上げ、かなりのディープキスをしてきました。

そうしてシャワーを浴びず、電気は明るいままでエッチが開始されました。ひとまず、女性の服を脱がしていきます。相手女性も私の服を脱がします。私が服を脱がせると、女性の小ぶりなおっぱいが目の前にポロンと出現しました。

インドネシア女性は巨乳が多いものの、この子の胸は普通サイズです。ただ、それでも問題ありません。女性の胸にしゃぶりつき、前戯を始めました。

素人女性は感度がいいです。徐々に甘い声を漏らし始め、膣も湿りを帯びてきました。そうして、セックスの開始です。相手女性が馬乗りになり、騎乗位で挿入を開始しました。女性を抱き寄せ、腰を振っていきます。

その後、正常位やバックなどでエッチを楽しんでいきます。最後、正常位にさせて女性の中で射精することになりました。

本番行為を楽しんだ後、女性との会話を楽しみます。ただ、既に深夜3:00を軽く過ぎていたため、眠気がすさまじいです。そこで、服を着替えて女性を帰すことにしました。約束の150万ルピアを渡した後、女性は「タクシー!」と言ってきます。そこで10万ルピアを追加で手渡し、お別れをすることにしました。

女性との自由な援助交際を楽しめる売春バー

出会いバーに出向けば、自由に援助交際を楽しむことができます。ジャカルタの場合、一流ホテルの中に売春カフェが存在します。ただ、内装は非常にキレイで女性は英語を話すことができ、生演奏などもあるので、バーにいるだけでも満足できます。

本番をするにしても、女性との会話や交渉も含めてホテルまで連れ帰るまでの過程を楽しむことができます。

連れ出し後は自由なので、ホテルにすぐ帰ってもいいし、一緒にレストランへ行った後にホテルでセックスしても問題ありません。もちろん、エッチ後に連絡先を聞いて、後日に会っても大丈夫です。すべては自由なのです。

セミプロのフリー売春婦はたくさんいるものの、それと同じくらい素人の女性もたくさん在籍しています。

自ら声かけすることができないと、美人の子とはエッチできないので、風俗初心者にとっては敷居が高く攻略は厳しいです。ただ、そうでないのであれば問題なく援助交際を楽しむことができます。

【ジャカルタ風俗ガイドの案内】

最高の夜遊びを実現するため、プノンペンに住む現地の日本人ガイドを紹介します(シェムリアップも可能)。ガイドを利用することで、最高の夜遊びを実現できます。

ジャカルタガイドの募集ページ

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認