タイは風俗遊びが非常に盛んな国として知られています。その中でも、パタヤは風俗遊びに特化したリゾート地になります。

リゾートとはいっても、海はそこまでキレイではありません。あくまでも風俗リゾートを考えている男性にとって最適な場所だといえます。

そうしたパタヤの中でも、非常に格安でタイ女性とセックスできる場所としてエロマッサージがあります。タイにはマッサージ店が乱立しているものの、その中でも女性との性行為を行える場所がエロマッサージ店なのです。

基本は多くの場所にエロマッサージ店があるものの、パタヤではエロマッサージ店が密集しているエリアがあります。そこに出向いた場合はスペシャルマッサージ(エロマッサージ)の交渉をして、女性とエッチするようにしましょう。

ここでは、タイ・パタヤでエロマッサージ店を利用するときの流れや場所、交渉術について解説していきます。

エロマッサージ店に存在するスペシャルマッサージ

タイには健全マッサージ店があれば、エロマッサージ店もあります。エロマッサージの店は昼から開いており、タイ美女とセックスすることができます。

マッサージの店に入ると、必ず全裸になることになります。健全マッサージの店であっても基本はすべての服を脱いだ後、布切れ一枚に着替えます。最初の流れについては、健全マッサージもエロマッサージも同じだと考えてください。

ただ、実際にマッサージが始まった後の流れが異なります。健全マッサージでは基本的におばちゃんがつきます。その後、腕や背中などをゴリゴリと押されます。通常のマッサージなので、かなり気持ちいいです。

一方でエロマッサージ店であると、同じように最初はマッサージを受けることになります。ただ、健全マッサージと大きく異なる点があります。それは、「女性を選べる」ことです。

もちろん、女性を選ばずに店内に入ることもできます。ただ、いずれにしても若い女性がつきます。エロマッサージで気持ち良いマッサージを受けることを期待してはいけません。そうではなく、どれだけあなた好みの美女とエッチできるかどうかが重要なので、女性を指名して入店するようにしましょう。

当然、マッサージはそこまでうまくありません。基本、マッサージというよりも押しているだけの感覚です。もちろん、中には頑張ってほぐしてくれる子もいるので、マッサージの上手さは運しだいです。

ただ、それでも問題ありません。メインはマッサージではなくエロだからです。

その後、スペシャルマッサージのお誘いがあるので、スペシャルマッサージを受けるようにしましょう。スペシャルマッサージは「テコキ」「フェラチオ」「セックス(本番行為)」から選ぶことができるので、この中から好きなものを選び、値段交渉をした後にエッチを楽しむといいです。

エロマッサージ店の場所や地図

それでは、パタヤのエロマッサージ店はどこに存在するのでしょうか。

ウォーキングストリートの裏など、いろんな場所に点在するエロマッサージですが、パタヤにはエロマッサージばかりが密集する地域があります。そうした通りがソイ・ハニー(Soi Honey)とソイ・チャイヤプーン(Soi Chaiyapoon)です。

ソイ・ハニーとソイ・チャイヤプーンはかなり近くにあり、歩いていくことができます。以下は、ソイ・ハニーの地図です。

ソイ・ハニーには、ハニー1(Honey1)という有名なマッサージパーラーがあります。それだけでなく、この通りにエロマッサージ店がいくつも存在します。

一方でソイ・チャイヤプーン(Soi Chaiyapoon)の場所は以下になります。

チャイヤプーンホテルの地図を記しましたが、この前の通りがソイ・チャイヤプーンです。ソイ・ハニー以上のエロマッサージが軒を連ねています。

ソイ・ハニーとソイ・チャイヤプーンの近くには、LKメトロがあります。LKメトロとは、ゴーゴーバーが密集する歓楽街のことを指します。パタヤに行くとき、LKメトロも必ず遊ぶべき場所の一つです。LKメトロへ出向くついでに、エロマッサージ店も見学するようにしてみてください。

なお、ソイ・ハニーよりもソイ・チャイヤプーンの方が多くのエロマッサージ店があります。通りには店頭に多くの女性が待機しており、どれもエロマッサージ(スペシャルマッサージ)を提供してくれます。

ここら辺にあるマッサージ店で健全マッサージを期待してはいけません。そもそも、この周辺に健全店は存在しません。必ずスペシャルマッサージのお誘いがあると考えてください。

・ソイ13/1やソイ13/2にもあるエロマッサージ

なお、パタヤには市街地の多くにエロマッサージが点在しているものの、他にもエロマッサージが固まっている場所があります。それが、ソイ13/1やソイ13/2のです。

地図でいえば、ソイ13/1は以下の場所になります。

ソイ13/2はソイ13/1のすぐ隣に道なのですぐに出向くことができます。外観は普通そうなマッサージ店が多いものの、中身はエロマッサージ店となります。

エロマッサージを見分けるのは簡単

海外風俗に詳しくないと、どのようにして健全マッサージとエロマッサージを見分けるのか心配になると思います。ただ、方法は簡単です。店の様子からして明らかに違うからです。

健全マッサージであれば、以下のように何の特徴もない普通の店構えになっています。また、店の前に女性がいたとしても、健全マッサージではおばちゃんばかりなので特にエロさは感じません。

それに対して、エロマッサージではどうなるかというと、以下のように若くてキレイな女性が店の前に座っているようになります。

または、マッサージ店にも関わらずピンクのネオンで輝いていることはよくあります。

要は、健全マッサージとは明らかに「何か」が違うのです。

他には、呼び込みをする女性の熱も異なります。健全マッサージであれば、呼び込みがあっても店の前から声をかけられるだけです。

一方でエロマッサージになると、呼び込みのおばちゃんが店から出てきて肩をガシッとつかんでくるのは普通です。また、「スペシャルマッサージ!」「本番!」と日本語によって耳元でつぶやいてくることもあります。そのため、どう考えてもエロマッサージであるとわかります。

このように、健全店とエロ店かの見極めは非常に簡単です。また、先に述べたソイ・ハニー(Soi Honey)やソイ・チャイヤプーン(Soi Chaiyapoon)に行けば、すべてエロマッサージなので女性とのエッチを楽しむことが可能です。

営業時間は非常に長い

エロマッサージの良い点は営業時間が非常に長いことです。健全マッサージとは異なり、エロが目的なので深夜であっても開いています。

マッサージであるため、昼は当然ながら開店しています。11:00や12:00などから店が開き始めます。そのため、昼から遊ぶことができます。

また、夜であっても深夜26:00(早朝2:00)や深夜27:00(早朝3:00)などであっても店には明かりがついており、問題なくあなたを迎えてくれます。

パタヤのゴーゴーバーは26:00くらいに閉まり始めます。ソイ6(バービア)でも25:00には店が閉まります。夜が深くなると、女性の連れ出しに失敗した男性も出てきます。そうしたときの救済として、エロマッサージを利用するのは問題ありません。

素朴な女性が多い

なお、パタヤのエロマッサージではどのような女性が多いのかというと、素朴な女性が多い印象でした。なんだか、あか抜けていないのです。

パタヤの夜遊びでメインとなるゴーゴーバーであれば、化粧をバッチリして客に対しても扱いなれている女性が多いです。どちらかというと、ゴーゴーバーはきらびやかな女性が多いです。

それに対して、エロマッサージではどうかというと、確かに化粧をしたギャルっぽい子もいます。ただ、それ以上にそこまで化粧をバッチリとしているわけではなく、きれいな服をビシッと着こなしているわけではなく、タイの田舎にいる現地女性のような雰囲気の子が多いです。

要は、素材の味をそのまま楽しむことができると考えてください。またピカピカとは輝いていないものの、磨けば光る原石のような女性がたくさん在籍しているのがパタヤのエロマッサージです。

そのため、ゴーゴーバーやバービア、マッサージパーラーなどにいる女性とは属性が大きく異なります。こうした風俗店の女性は目を合わせるとニコッと笑ってくれたり、アピールしてきたりします。

ただ、エロマッサージであれば目を合わせようとすると、かなり恥ずかしそうにする子もいます。エッチする店に在籍しているとはいっても、まだ慣れていないのです。そうした女性が多くいるのがエロマッサージであり、まだ風俗嬢として染まっていない子を発掘することができるという大きな魅力があります。

パタヤのエロマッサージの料金相場

夜遊びの中でも、エロマッサージは非常に安く女性とエッチすることができます。それでは、どれくらいの費用になるのでしょうか。

パタヤのエロマッサージであれば、かなり安く女性とエッチすることができます。このときの料金相場としては、以下のようになります。

  • 手コキ:300バーツ(約900円)
  • フェラチオ:500バーツ(約1,500円)
  • セックス(本番あり):1000バーツ(約3,000円)

他の風俗店であると、通常はセックスをすることになります。ただ、エロマッサージであればセックスに限らずテコキやフェラチオで終わらせることも可能です。

テコキの場合は300バーツ、フェラチオは500バーツとなり、セックス1,000バーツに比べて安くなります。ただ、セックスするにしても安いです。

これに加えて、マッサージ代金が加わります。マッサージは200バーツや300バーツなど店やサービス内容(ドライマッサージ、オイルマッサージ、フットマッサージなど)でも異なります。ただ、前述の通りマッサージの質には期待せず、あくまでも女性とのエッチを楽しむようにしましょう。

事前交渉は必ず行うべき

ソイ・ハニーやソイ・チャイヤプーンを歩けば、多くの女性から勧誘を受けます。このとき、ゆっくりと歩かなければ女性の顔はわかりません。店に近づき、ときには足を止めながら女性を鑑賞するようにしましょう。

このとき、マッサージ中で必ずスペシャルマッサージが待ち受けています。そのため、お勧めは店に入る前から交渉をすることです。

もちろん、女性を指名して店内に入った後、マッサージを受けながら交渉してもいいです。しかし、それなら最初から「テコキでイカせてくれる美人女性」「自分の好みの素朴な女性と適正価格でセックスできる女性を選ぶ」などを含め、先に交渉しておけば効率的です。

そのため良さそうな子がいた場合、スペシャルマッサージの値段も含めて事前交渉するといいです。マッサージの値段を聞けば言ってくるため、「How about special massage?(スペシャルマッサージはどうなのですか?)」と聞くのです。

そうすると、裏メニューであるスペシャルマッサージについて教えてくれます。「How much?」で値段も聞けます。なお、テコキは英語で「Hand job(ハンドジョブ)」、フェラチオは「Blow job(ブロージョブ)」なので覚えておきましょう。セックス(本番)については、そのまま「Sex(セックス)」で通じます。

交渉のコツは「値段だけでなく、サービス内容も事前に決めておく」ことです。特にお金の前払いを要求してくる場合は注意が必要です。サービス内容の交渉をしていないと、「1,000バーツという約束で入店してお金を前払いした場合、セックスできると考えていたものの、テコキしかしてくれなかった」という事態が起こります。

お金の前払いがあるときは「何かおかしい」と考えましょう。また、このときは事前にサービス内容を含めて交渉するようにしましょう。

パタヤのエロマッサージで田舎から来た美女を抱く

パタヤでの夜遊びとなると、ゴーゴーバーやバービアなど非常に多くの夜遊びスポットがあります。その中の一つがエロマッサージです。

エロマッサージは夜遊びのメインというわけではありません。ただ、非常に安い金額で遊ぶことができますし、ゴーゴーバーにはいない素朴な美女を抱くことができます。

ひとまずパタヤでいろいろ夜遊びを楽しんだため、今度はエロマッサージに行くことにしました。このときは昼ではなく、夜に出向くことになりました。

エロマッサージが密集している地域の中でも、ソイ・ハニー(Soi Honey)やソイ・チャイヤプーン(Soi Chaiyapoon)へ出向きます。ここには多くのエロマッサージがあり、呼び込みのおばちゃんや店頭にいる女性を含め、多くの女性が私を呼び込みます。

ゴーゴーバーのような華やかさはありません。ただ、東南アジアにある置屋のような雰囲気を残しており、本来ならこちらの方がアジアっぽいです。

事前交渉の後、店内に入る

そうして歩いていると、店からおばちゃんがやってきました。思った通り、私の肩をつかんできます。わりと力が強く、離してくれません。そのまま、店の目の前まで連行されました。

店の前まで来ると、店内にいた女性たちがひょこっと顔を出してきました。エロマッサージでは店内に女性が待機していることもよくあります。

おばちゃんは私に対して、一人の女性を指さします。どうやら、この子をお勧めしたいようです。化粧をほとんどしていない、まさに原石といえるような子です。ただ、顔はあまり私のタイプではありません。

ただ、その子の後ろに何人かいた女性のうち、一人に目が留まりました。同じように化粧っ気がなく、田舎から来たばかりのような女性でした。「この子ならかわいいし、セックスしてみたい」と考えていると、おばちゃんが察したのか今度はその子を私の目の前に連れ出してきました。

おばちゃんは「Massage! 200 baht!(マッサージ、200バーツ)」と言ってきます。ただ、単なるマッサージではないと知っていたため、「And special Massage?(そして、スペシャルマッサージか?)」と私はおばちゃんに聞きました。

すると、おばちゃんはニヤッとします。エロマッサージ店であるため、ニヤッとしたのでしょう。そうして、おばちゃんと値段交渉をします。最初から料金相場であるセックス代1,000バーツを提示したところ、おばちゃんはすぐにその値段に納得しました。今回、価格交渉は簡単に終わりました。

簡単なマッサージ後、エッチを開始する

値段がまとまった後、女性と一緒に店の奥に消えることになります。まだ風俗店には慣れていないのか、女性は恥ずかしそうにしていました。非常に初々しいです。おばちゃんの話によると、店に来てまだ3日目のようです。年齢は21歳です。

店の上にのぼった後、部屋の一室に入ります。部屋とはいっても、簡単な仕切りがある程度です。厳重に部屋が仕切られているわけではないため、声を出すと丸聞こえです。音をあまり立てないようにエッチするのは、パタヤのエロマッサージでも同じようのようです。

まずは全裸になります。一人で服を脱ぐのではなく、女性がいる中で服を脱ぎます。そうして、タオル一枚になりました。

そうしていると、女性も服を脱ぎ始めます。エロマッサージなので、女性もエッチの準備を開始するのです。そうすると、小ぶりな胸が出てきました。肌も若々しいです。目はクリッとしていて大きく、化粧をすればさらに美人だろうと感じました。

そうして、頭を下にしてマッサージが始まります。最初は通常のオイルマッサージです。オイルを垂らされ、この時点でそこそこ気持ちいいです。健全マッサージのようにゴリゴリと押される感じではないものの、わりとマッサージを頑張ってくれます。

そうして10分ほどで仰向けになり、頭を上にするように指示されます。当然ながら、通常のマッサージに比べると異常なほど速いペースでマッサージが進んでいきます。そうしてマッサージを受けていると、あるときからペニス周辺を念入りにマッサージされるようになります。

タオルは既にはぎ取られており、その状態では勃起したちんこが女性に丸わかりです。そのため、女性は私の勃起したペニスをシコシコとこすり、テコキを開始しました。オイルを塗った状態でのテコキなので、なんともいえない快感が全身を駆け巡ります。

そうしていると、コンドームを被せられます。これから、いよいよ素朴な女性とセックスの時間です。コンドームの装着に慣れていないのか、時間がかかります。私はちん毛を巻き上げ、「イテテッ」となりながら結局は私がコンドームを自ら装着することになりました。

その後、正常位でセックスを開始します。女性はエッチにあまり慣れていないため、こちらから膣の場所を探りながら挿入することになりました。非常に締まりはいいです。

わりとマッサージを頑張ってくれていましたが、キスについても問題なく行ってくれました。ディープキスは嫌々な感じでしたが、拒否することはありません。マッサージ店ではキスNGの女性がわりといるため、これについては良かったです。

ただ、セックスのときはマグロ気味です。これについても、あまり風俗店でのセックスになれていないので仕方ないのでしょう。ただ、田舎から出てきたばかりのほぼ素人の女性を抱いているという優越感から、意外とすぐに射精感がこみあげてきてしまいました。そのため、そのまま果ててしまいます。

ティッシュでキレイにしたあと、服を着替えます。やはり、女性の顔は整っており化粧をすればゴーゴーバーでも人気が出そうです。

そのようなことを考えているうちに、店を出るときがやってきました。そのため、その場で女性へマッサージ代とセックス代を合わせた1,200バーツ(約3,600円)を渡します。

セックスは少しマグロ気味だったものの、今回はほぼ素人の女性でマッサージを頑張ってくれましたし、チップとしてさらに100バーツ(約300)を女性に渡すことにしました。

女性に連れられて一階に降りた後、さよならをします。そうして下半身が軽くなった私は、さらに夜遊びを楽しむために夜の街を歩くことにしました。

エロマッサージはパタヤの夜遊びの一つ

パタヤで風俗遊びをするとき、エロマッサージも選択肢の一つに入れてみてください。パタヤは遊びの種類が多すぎて迷ってしまうと思いますが、エロマッサージは格安の風俗店なので非常にお勧めです。

もちろん、ゴーゴーバーやマッサージパーラーなどとは雰囲気が大きく異なります。化粧をしてキレイな服を着た女性というよりも、田舎から出てきてあまり化粧をしていない素朴な女性が比較的多いと考えてください。

ただ、風俗嬢として経験を積んだ女性よりも、あまり風俗の世界に触れていない女性とのセックスを実現したい場合、パタヤのエロマッサージは優れています。

タイではバンコクだけでなく、パタヤでもエロマッサージが盛んです。パタヤへ出向いたとき、エロマッサージ店でスペシャルマッサージを受けてみてください。

【バンコク風俗ガイドの案内】

最高の夜遊びを実現するため、バンコクに住む現地の日本人ガイドを紹介します。ガイドを利用することで、最高の夜遊びを実現できます。

バンコクガイドの募集ページ

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認