ミャンマーでの夜遊びといえばヤンゴンですが、ヤンゴンにはKTVがあります。風俗店の一つがKTVであり、ここには非常に美人なミャンマー女性がたくさん在籍しています。

ヤンゴンの風俗といえば、ナイトクラブが有名です。そのため多くの人がディスコへ出向き、女性をお持ち帰りします。ただ、ヤンゴンの夜遊びはクラブだけではありません。その他にも複数の風俗店が存在し、この代表としてKTVがあるのです。

しかし、ミャンマーではどこにKTVがあるのか見当が付きません。また、そのシステムも不明です。

そこで、ヤンゴンへ出向いたときにどのような店舗へ出向き、KTVでの女遊びを実現すればいいのかについて解説していきます。

ヤンゴンにあるKTVのシステム

KTVとはカラオケTVのことであり、店でカラオケを楽しむことができます。ただ、カラオケとはいっても中身はキャバクラだと考えてください。隣にかわいい女性を付けてお酒を飲むことができる店になります。

このとき、女性は実物指名できます。実際に女性を見て指名できるため、100%の確率であなた好みの女性を隣に付けることができます。そのため満足度は高く、日本のキャバクラのようにブスが付くことはありません。

また女性を見るだけなら無料です。いい女性がいなければ、そのまま退店しても問題ありません。いろんな店舗を回り、優れた女性がいたときだけ入店すれば問題ないのです。

このとき、店内に入ると部屋に通されます。女性がズラッと並ぶので良い子がいれば指名しましょう。

指名後は一緒にイチャイチャして遊ぶだけです。英語にはなりますが、女性との会話を楽しむといいです。

なお、どれだけセクハラを許してくれるのかは女性次第です。女性によっては過度のセクハラを嫌がることがありますし、問題なく受け入れてくれることもあります。指名するとき、女性の容姿だけでなく愛想なども考慮しながら指名するのが基本です。

ホテルに持ち帰りしてのエッチは前提でない

ただ、ヤンゴンにある風俗店の中でKTV特有のものがあります。それは、女性をあなたのホテルへお持ち帰りしてエッチすることが前提になっていないことです。

ミャンマーにある風俗店では、基本的に女性と本番行為をすることができます。ナイトクラブやファッションショーレストラン、置屋を含めて美人女性とのセックスが可能なのです。

ただ、ヤンゴンのKTVについてはそのようになっていません。あくまでも、女性を指名して一緒に飲むのが基本だと考えるようにしましょう。

・退店後の連れ出しや後日デートは可能

女性とのエッチが前提ではない以上、基本的にはセックスは諦めなければいけません。ただ、女性次第ではありますが、問題なく指名した女性とセックスできることがあります。これについては、以下の方法があります。

  • 女性が退店した後に落ち合ってホテルへ行く
  • 後日にデートし、エッチする

女性によってはどう頑張ってもセックスできないことがあれば、感触が良ければその日のうちにホテルへ来てくれることもあります。後日にデートしてエッチできることもあります。女性には拒否権があり、すべては女性次第です。

また、どの女性で本番可能なのかは実際に指名して話をしなければ分かりません。そのため、KTVは一回だけ行くのではなく気軽に何度も出向くのが一般的な遊び方です。「エッチできれば運が良かった」くらいに考えて行くようにしましょう。

カラオケ風俗店で女遊びするときの料金相場

それでは、実際にカラオケで女遊びをするときはいくらの金額になるのでしょうか。事前に価格について理解しておかなければいけません。

ヤンゴンのKTVでは、以下の料金に分かれます。

  • 部屋代:1時間単位で加算される
  • 女性の指名代:女性を選ぶと料金がかかる
  • 飲み物代、食事代

ヤンゴンでは部屋代が必要になります。このときの部屋代は1時間ごとの計算であり、長くいるほど料金がかかるようになります。ただ、部屋代なので「一人ごとにいくら」ではありません。そのため、何人かの男性で来た方が人数割できてお得です。

部屋代がいくらになるのかについては、KTVごとにバラバラです。1時間1万チャット(約800円)のKTVがあれば、高級店だと1時間3万チャット(約2,400円)になることもあります。

さらに、女性の指名代が必要になります。一般的には、3万チャット(約2,400円)くらいの指名料になると考えましょう。

なお、アルコールなどの飲み物代や食事代は別料金になります。ただ、ドリンク代や食事代はそこまで高くないので心配しなくても問題ありません。アルコール代は、ヤンゴン市内にあるオシャレ目なローカルレストランと同じくらいの料金相場だと考えればいいです。

KTVのある場所・地図(マップ)を把握する

ただ、ヤンゴンのどこにKTVがあるのか理解しなければいけません。どのような場所にカラオケ店があるのかを知ったうえで出向くようにしましょう。

このとき、主なKTVとしては以下のようなものがあります。

  • エンペラー近くのKTV
  • SKY KTV
  • World Wide KTV
  • The One KTV
  • VIP KTV

KTVの場所はそれぞれバラバラです。そのため、どの場所にあるのか事前に地図(マップ)を把握するといいです。カラオケ店のある場所は以下のようになります。

実際はもっとたくさんのKTVが存在します。ただ、旅行者であればこれくらいのカラオケ店を理解しておけば問題ありません。それぞれの特徴としては以下のようになります。

・大衆店:エンペラー近くのKTV

ヤンゴンで最も有名な風俗店としてエンペラーがあります。エンペラーの周辺には他にもいくつか風俗店が存在しており、格安のKTVが存在します。

格安店であるため、女性の質は特に優れているわけではありません。ただ、実際に指名しなければお金を支払う必要はないため、まずは中に入ってみても問題ありません。

参考までに、私が入った店は部屋代1時間13,000チャット(約1,000円)でした。これに女性の指名料として23,000チャット(約1,840円)が必要になります。

・中級店~高級店:SKY KTV、World Wide KTV、The One KTV、VIP KTV

それ以外の店舗であると、それなりに高級店となります。この中でもSKY KTVは中国系のカラオケ店であり、どちらかというと中級店に当たります。1部屋はスモールルームで1時間2万チャット(約1,600円)であり、女性の指名料は3万チャット(約2,400円)です。

また、World Wide KTV、The One KTV、VIP KTVは高級店になります。参考までに、私がWorld Wide KTVへ出向いたときの部屋代は1時間で3万チャット(約2,400円)であり、女性への指名料(チップ)も3万チャットでした。

美人の女性がたくさんいる店舗を考えるのであれば、World Wide KTV、The One KTV、VIP KTVへ出向くのが適切です。

ヤンゴンのカラオケ店に出向いてきた

アジアで一般的な風俗店がカラオケになります。ミャンマーではKTVがメインの夜遊びではないですが、女性へのセクハラを楽しむことを考えたときカラオケ店は最適です。

このとき、最初に大衆店へ出向くことにしました。まずは下のレベルから見ることにしてみたのです。エンペラー近くまでタクシーで出向き、その周辺を歩いていると「KTV」と書かれてある看板が目に付きます。そこで、建物近くに行って男性スタッフの勧誘のもと店内に入ることにしました。

店の内装は当然ながら優れているわけではありません。ひとまずカラオケのシステムや料金を聞き、女性を見せてもらうことにしました。

合計で8人の女性が並びます。正直、あまりかわいい子はいません。やはり、大衆店だと女性のレベルはそれなりのようです。そのため、女性を指名せずにそのまま店を出ることにしました。

今度は別のKTVを目指します。そのままタクシーでSKY KTVへ行くことにしました。時間はまだ21:00くらいなので問題なく開いているはずです。SKY KTVはM.G.M Hotelの3階にあるため、このホテルを目指します。

店内は先ほどと比べてかなり豪華です。店のグレードという点ではかなり違います。

ひとまず部屋に通されて待機します。10分とわりと長く待たされた後、女性が部屋に入ってくるようになりました。先ほどの大衆店に比べると、女性のレベルは上がります。

ただ、最初に並んだ6人の中には好みの子がいません。そこでパスをして、次のショーアップ(ズラッと女性が並ぶこと)に期待することにしました。このとき、背が高めのロリ美女がいたのですかさず指名することにしました。

隣の席に着かせて会話をします。ただ話をしたところ、この子は16歳でした。「高校生!?」と思ったのですが、どうやら本物の高校生のようです。本来、18歳未満がこうした店で働いてはダメなのですが、ミャンマーの風俗店では若すぎる子が混じっていることがあるのです。

ただ、指名した後なので年齢のことは忘れて話に集中することにしました。働いてまだ1週間のようであり、肌はピチピチです。同じ店舗で働いている20歳の姉がいるようであり、姉に誘われて働き始めたと教えてくれました。

ちなみに店での勤務は完全成果報酬であり、指名されなかったら報酬ゼロのようです。客を取れなかった場合、タクシー代だけ渡されて帰るそうです。

この子についてはキスをしても問題なく受け入れてくれます。ただ、外に連れ出してのエッチは無理なようです。やはりまだ16歳であり、働いて一週間なので「ホテルで男性と二人だけになるのはまだ怖い」と話していました。

そうして会話をしたりカラオケをしたりしていると、1時間40分ほど経過していました。基本的にこちらから退店を申し出ないとずっと部屋代がかかるようになるため、この日はここで切り上げることにしました。

このときは男性何人かで出向いたのですが、部屋代は2時間で4万チャット(約3,200円)であり、これに一人ずつ女性の指名料3万チャット(約2,400円)となりました。人数で割ると、一人4,000円以下と非常に格安の料金となりました。

World Wide KTVへたくさんの美女に驚く

そして次の日、今度は別のKTVへ出向くことにしました。このとき行ったのはWorld Wide KTVです。21:00ごろにWorld Wide KTVへ出向いたのですが、非常に混んでいます。高級店なのに、地元の金持ちたちが毎晩やってくる店のようです。

そうして、部屋に通されます。高級店ということもあり、部屋はそれなりに豪華です。また、廊下に女性たちがたくさんいて、それだけでテンションが上がります。

今回も男性数人で出向き、女性たちを待つことにしました。ショーアップにより、目の前に女性たちがズラッと並びます。

女性のレベルはかなり高いです。10人くらいの子が並び、3人ほどは問題なく指名できるレベルです。また、他にも女性たちがいることを考えると、やはり高級店は女性の質が違うと実感しました。

そうして、細身で美人な子を指名します。会話をしたところ年齢は22歳であり、大学4年生です。

大学卒業後は普通の会社に就職するのかと思ったのですが、就職はせずにこの店で働き続けるようです。ミャンマーでは昼の仕事をしても日給が5,000チャット(約400円)ほどと非常に安く、まったく割に合わないので大学卒業後もKTVでの仕事を続けるようです。

KTVであるため、お持ち帰りはできません。ただ、この子については絶対に連れ出しがダメなわけではないようです。そこで参考までにこっそり値段を聞いてみたところ、エッチ代は20万チャット(約16,000円)です。ヤンゴン風俗の中でも最も高い価格です。

ただ、元々がお持ち帰りすることのできない店であり、女性には男性を選ぶ権利があります。誰でも体を許すわけではありません。

また目の前にいる女性はやはり、かなりの美女です。ただ、この日はどうしても無理なようなので、次の日に会うことにしました。

なお、カラオケ店には2時間ほど過ごして解散することになります。このときは男性4人で出向き、ビールや食事を注文して約12万4,000チャット(約10,000円)ほどでした。

ただ、World Wide KTVの場合はこの中に女性の指名料がなく、チップを手渡しすることになります。女性へのチップの相場は3万チャット(約2,400円)なのでこれを渡すことになりました。しかし、それでも2時間いて総額は一人5,000円以下でした。

次の日に女性と再会し、セックスする

そうして次の日、女性と会いました。会ったといっても、特に外で食事をしたわけではなく、普通にホテルに来てもらいました。その日は22:00くらいに私のホテルに来てもらうようにしたわけです。

部屋がノックされ、開けると昨日の美人女性がいました。部屋に招き入れ、昨日と同じように会話を楽しむことにします。

ただ、男女が同じ部屋にいると行うことは限られてきます。そのため、シャワーを浴びることにしました。

当然、私は一緒にシャワーを浴びることを主張します。しかし、ミャンマー女性は一緒にシャワーを浴びることを拒否する子が多く、この子もそのパターンです。そこで頑張ってみましたが、一緒のシャワーは無理でした。

そこで仕方なく、別々にシャワーを浴びることにしました。

その後はベッドを暗くしてエッチすることになります。女性は陥没乳首であり、胸のふくらみはあるものの乳首がどこにあるのか分かりません。そのため、暗い中で確認しながらおっぱいにしゃぶりつくことになりました。

また、なぜか女性はキスをしたがりません。しかし、キスなしのセックスは嫌です。そのため、顔を近づけていってフレンチキスをしながら、少しずつキスにも慣れさせるようにしていきました。

こうして、徐々に感度を高めていきます。前戯をしていき、時間をかけていくと女性の膣は湿り気を帯びてきました。ミャンマー美女も感度は抜群です。

コンドームを装着して、正常位でゆっくりと挿入します。相変わらずキスは避けようとしますが、それまでフレンチキスを何度もしてきたので最初よりは問題なく受け入れてくれます。胸を揉みながら、女性の中を堪能しつつ腰を振っていきます。

そうして体位を変えつつエッチしていると限界が高まり、そのまま射精することになりました。

シャワーを浴びた後、女性はロング(朝までコース)で滞在することになります。この女性のエッチ代は20万チャット(約16,000円)ですが、これは朝までの値段なわけです。そうした寝た次の日の朝にもセックスをすることになりました。

最後、女性には20万チャットを手渡します。部屋で女性とお別れして、ドアまで見送ることになりました。

必ずエッチできるわけではないが、おすすめのKTV

ミャンマーにある風俗店の一つにカラオケがあります。こうしたKTVはヤンゴン市内にいくつか点在しており、安い店から高い店まであります。ただ、高いとはいってもミャンマーでの価格であり、日本のキャバクラに比べると圧倒的に安いです。

どのKTVでも共通しているのは、女性のお持ち帰りはできないという点です。ただ、これについては女性次第であり、女性によっては退店後にホテルへ来てくれることがあります。また、2~3回ほど通ったら体を許してくれることもあります。どう頑張っても無理な女性もいます。

これについては女性次第です。また、本番が前提でないからこそセックス代の値段相場は高くなりがちです。

しかし、高級KTVであれば圧倒的な美女があなたを待っています。女性と話をするだけでも楽しいため、気軽に出向けばいいのではと思います。

安い値段で女性と一緒に飲み、会話を楽しめる風俗店がKTVです。女性によっては連れ出しできることもありますが、こうしたことも含めてチャレンジしてみてください。

【ヤンゴン風俗ガイドの案内】

ヤンゴンでの夜遊びでは、ナイトクラブで自ら声をかける必要があるなど初心者ではレベルが高いです。また、置屋は場所が分からず、KTVは予約によって快適に遊べるという特徴があります。海外風俗ガイドがいれば、こうした問題をすべて解決できます

ヤンゴンガイドの募集ページ

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

【案内可能な都市】
  • タイ・バンコク
  • フィリピン・マニラ
  • 韓国・ソウル
  • ミャンマー・ヤンゴン
  • カンボジア・プノンペン(シェムリアップ)
  • メキシコ・ティファナ
  • ブラジル・サンパウロ

Twitterで最新エロ情報を確認