アジアの風俗遊びで有名なものとしてカラオケがあります。カラオケというのは、日本でいうキャバクラだと考えてください。歌うだけでなく、カラオケルームでは隣に女性が付いてくれるので個室で会話を楽しむことができるのです。

ベトナム・ハノイにもカラオケが存在します。カラオケはKTVとも呼ばれますが、女性を指名してセクハラを楽しむことができるのです。

ただ、ハノイでは風俗遊びが寂れていることで有名です。そのためカラオケについても、どのようにして夜遊びすればいいのか理解しなければいけません。

そこで、ハノイの日本人カラオケで夜遊びするための方法や値段、場所・地図を含めて解説していきます。

ハノイにあるKTV(カラオケ)で女遊びをする

東南アジアの夜遊びとして代表的なものがKTV(カラオケ)です。基本、どの国に行っても日本発祥のカラオケが存在します。

ただ、日本のカラオケと大きく異なる点があります。それは、アジアのカラオケでは女遊びが可能ということです。

カラオケにも種類があり、日本人カラオケ(日系カラオケ)や韓国カラオケがあります。ただ、ハノイのカラオケで韓国カラオケに行く意味はほとんどないため、日系カラオケを選択すれば問題ありません。そこには、日本語を勉強したいベトナム美女が接待してくれます。

また、日本のキャバクラのように勝手にブスの女性がつくことはなく、女性を見て指名することができます。もちろん女性を見るだけなら無料であり、女性を指名せずに外に出て他の店を回っても問題ありません。

非常に愛想の良い女性たちが興味をもって接してくれて、しかも実物指名なので100%の確率であなた好みの女性を隣に付けることができます。そのため、楽しい時間を過ごせるようになります。

・女性たちは英語と日本語が可能

日系カラオケにいる女性たちについては、英語と日本語ができます。もちろん、人によって日本語がどれだけできるのかは異なります。

また、たとえ日本語がそこまで堪能ではなかったとしても英語であれば問題なく話せます。

ベトナム人は基本的に英語をまったく理解できない人がほとんどです。簡単な英語すらも分かってくれません。ただ、日本人カラオケで働いている女性たちは、英語または日本語が可能な才女がほとんどなので心配する必要はありません。

・一人で行くのは問題ない

KTVで遊ぶとき、基本は複数で出向きます。ただ、一人で行くことについては問題ありません。その場合であっても問題なく女性を指名することができます。

特にガールズバー形式の店舗だと、カウンターで飲むことができるのでたとえ一人であったとしても恥ずかしいことは何もありません。

お触り可能だが、お持ち帰りによるセックスは基本できない

キャバクラであるため、隣についた女性に対してセクハラをするのは問題ありません。要は、おさわりできるのです。

ただ、これについては女性次第です。お触り可能とはいっても、抱き寄せるのであれば問題なくても、胸を揉むことについては嫌がる女性が多いです。キスについても、女性によります。ちなみに、私が指名した女性についてはキスが問題なかったものの、胸は揉ませてくれませんでした。

また、東南アジアのカラオケではお持ち帰り可能なケースとそうでないケースがあります。ハノイについては、基本的にカラオケの女性をあなたのホテルにお持ち帰りして本番行為を楽しむことができません。連れ出しNGであるケースがほとんどです。

もちろん連絡先を聞いて後日に連絡し、自由恋愛のもとにプライベートでカラオケの女性とデートし、その後にエッチするのは問題ありません。ただ、その場で金額交渉をしてホテルに連れ出すことはできないのです。

しかし、これについては店の方針次第です。店舗や女性によっては、稀に連れ出し可能なケースがあります。その場合はお持ち帰り&店外デート可能であり、値段(エッチ代)は女性次第になります。

例えば、ハノイで長く運営されているカサブランカ(Casablanca)というKTVでは連れ帰り可能な女性が何人も在籍しています。

店舗や女性によって、どこまでのサービスが可能なのかは大きく異なります。これについては、入店時にシステムを聞くようにしましょう。

営業時間と風俗遊びのシステムを理解する

多くの店は19:00くらいに開店し始めます。昼に開店している店はほとんどありません。そのため、この時間に出向くといいです。20:00までに行くのが狙い目であり、この時間であれば指名されていない美人のベトナム女性がたくさん余っています。

ただ、閉店時間は24:00などになります。ハノイでは取り締まりが厳しいため、この営業時間までに出向かなければいけません。

しかし、24:00までに店に入って女性を指名すれば、何時間いても問題ありません。24:00閉店というのは、24:00になって追い出されるわけではありません。「その時間までに入店し、女性を指名して席に付かなければいけない」という意味になります。

実際、私が出向いたときはカラオケ店のどの店も指名さえすれば朝まで問題ないといわれました。料金は定額なのに、何時間いてもいいという優れたシステムになっています。

ただ、中にはガールズバー形式の店舗も存在します。キャバクラのような個室ではなく、日本のガールズバーのようにカウンター越しに女性が接待してくれる形式になります。

こうした店舗の場合、閉店時間になれば追い出されるようになります。KTVとはいっても、キャバクラ形式とガールズバー形式があるのです。好きな形態に合わせて、ハノイでの夜遊びを楽しむようにしましょう。

旧市街よりキンマー地区が最適:カラオケの場所・地図

それでは、ハノイのカラオケへ出向いて美人のベトナム女性との夜遊びを実現するにはどこに行けばいいのでしょうか。カラオケ店の場所や地図(マップ)を知らなければ女遊びができません。

ハノイのカラオケについては、旧市街またはキンマー(Kim Ma)にあります。このうち、特に有名なカラオケ密集地域がキンマー地区になります。

キンマーには日本人街があり、ベトナム・ハノイに住む多くの日本人がいます。ここには日本人向けのレストランや居酒屋が存在し、それと同時に日系カラオケも密集しているのです。旧市街に比べると、キンマーの方がカラオケ店舗は多いです。そのため、特に理由がない限りはキンマーへ出向けば問題ありません。

このとき、KTVが密集しているキンマー通りの地図は以下のようになります。

この場所にKTVがたくさんあるため、日系カラオケで遊ぶことを考えている場合はここに出向くようにしましょう。

なお、このときは事前に「人気のカラオケ店はどこか」を調べようとする人が大多数です。ただカラオケで遊ぶとき、事前におすすめの人気カラオケ店を調べるのはあまり意味がありません。どれだけ人気店を事前に調べたとしても、店舗に在籍している女性はものすごく多いわけではないため、好みの女性がいない確率が高いからです。

ハノイの日系カラオケでも同様であり、おすすめは「キンマーのカラオケ密集地区に出向き、ランダムに店舗へ入店して女性を見せてもらい、好みの女性がいれば店に入る」ことです。

ハノイのカラオケは女性を持ち帰ってエッチする場所ではなく、あくまでもキャバクラ利用です。性サービス目的で行くわけではないため、どれだけ美人で愛想の良い女性と楽しい時間を過ごせるのかが重要になります。そうしたとき、ランダムに店に入って女の子を確認するのが基本になるのです。

カラオケで遊ぶときの料金・値段

それでは、KTVで遊ぶときはどれくらいの金額になるのでしょうか。これについては、飲み放題で90万ドン(約4,500円)だと考えてください。

飲み放題とはいっても、どのようなアルコールでも問題ないわけではありません。「焼酎とウイスキーだけ」などのように限定されます。ただ、これだけの値段で何時間でも店内で遊べることを考えると非常にコストパフォーマンスはいいです。

ただ、女性のドリンク代については別であることが多いです。参考までに、以下は私が男2人でハノイのカラオケに出向いたときに支払った金額です。

このように、220万ドン(約11,000円)ほどの料金になりました。一人110万ドン(約5,500円)くらいの支払いです。これは、女性のドリンク代が加わったからです。ただ、いずれにしても非常に安い料金であることには変わりがありません。

日本だと、2時間ほどキャバクラにいれば一人2~3万円以上になります。しかも、問答無用でブスが隣に付くことが多いです。これに比べると、圧倒的に安い値段で楽しい夜遊びを実現できます。

・クレジットカード支払いは可能

このとき、カード払いしても問題ありません。注意点として、カード払いのときはチャージ料が加算されることがあります。

参考までに、私が出向いた店については「クレジットカード払いの場合は5%の料金上乗せがあるけど大丈夫か?」と指名した女の子にいわれました。

ハノイのカラオケで夜遊びしてきた

女遊びという点では非常に残念なハノイですが、まったく残念なわけではありません。KTVへ出向けば、美人のベトナム女性があなたの相手をしてくれるからです。しかも、相手女性は生の日本語を学ぶために興味深くあなたとの会話を楽しんでくれます。

私がハノイに出向いたとき、当然のように日系カラオケへ出向くことにしました。このときは日本人カラオケが密集しているキンマー地区へ出向き、夜遊びすることにしたのです。

性サービスは期待できないことを理解して出向き、その代わりとしてセクハラすることを考えたのです。

まずはタクシーでKTV密集地区に行きます。この通りを歩けば、そこら辺にいくらでもカラオケ店を見つけることができます。

そこで、いくつかの店に入っては出るを繰り返してみました。一つの店舗に8~10人ほど在籍していることが多いです。店舗によっては20人くらいのときがあれば、既に何人か女性が指名されて4人しかいないこともありました。

この日は出向いたのが22:30と遅めであったため、もっと早く出向けばより多くの女性がいたのだと思います。

道を歩いていると、女性たちが声をかけて誘ってくることが頻繁にあります。ただ、意外とかわいい子はいます。性サービスを提供するわけではないため、それに伴って質の高い美女がたくさん働いているのです。

そうしたカラオケ店の中で目が大きいベトナム美女を発見しました。わりと私のタイプです。

顔を向けてみたところ、笑顔も素敵です。女性たちは「指名しましょう!」と日本語で私たちに言ってくるため、すかさず私は目の大きい美人女性を指名することにしました。

すると、女性は両手を挙げて喜んでくれました。今回のカラオケ店では、非常に良い子を指名できたようです。

KTVで美人のベトナム女性へセクハラする

女性を指名したらカラオケルームへ移動することになります。ただ、このときはなぜか店を出て、他の店舗まで歩くことになりました。女性を指名した店舗ではなく、別の建物にカラオケルームがあるようです。徒歩10秒ほどですが、そこへ出向きます。

そうして、階段を上って部屋へ行くことになりました。なぜか4階のカラオケルームであり、エレベーターがないので部屋に到着するだけでも足が疲れました。

移動後は女性との会話です。私が指名した子は20歳の大学生であり、いま在学中のようです。SNSに広告が出ていたので応募してみたところ、応募後に日本人カラオケであることが分かったと話してくれました。

働いて半年ほどであり、そこまで日本語は上手ではありません。そのため、私は中学英語でコミュニケーションを取ることにしました。

それにしても、この女性は素晴らしいです。何も言わなくても密着してくれますし、顔を近づけるとキスも許してくれます。さすがに胸に手を近づけると笑顔で怒られましたが、愛想がよく会話をしていて楽しいです。

また、「ハノイにいい観光地はないの?」「一人暮らしなの?」などを聞きながら、セクハラを楽しむことになりました。このとき女性からは「何で私を選んだの?」と聞かれましたが、「Because, you are beautiful.(君がかわいいからだよ)」と答えたら女性は恥ずかしそうにしていました。

日本語だと言えませんが、なぜか英語なら、くさい言葉をいくらでも言えます。

ただ、女性は明日の朝6:00に起きないといけないようです。特別な授業が朝7:30からあるためのようです。私たちも連日の夜遊びをしており、さらに次の日はフライトだったのでこの日は朝まで粘るのではなく深夜25:00くらいに切り上げることにしました。

非常に感触がいいため、現地に住んでいたり、滞在日数が長かったりすれば連絡先を交換して問題なく後日に店外デートをすることができる女性です。ただ、このときは物理的に時間がないため、後日のデートは諦めることにしました。

ちなみに、指名した女性からは「毎月、ハノイに来て!」と言われました。

外に出ると、雨が降っていて非常に寒くなっていました。この日は11月であり、ハノイにとって寒い時期に当たります。そのため、最初に女性を指名した店に避難してタクシーが来るのを待つことにしました。

そうしてタクシーが来た後、女性とお別れのキスをしてその場を後にすることにしました。

ハノイのキャバクラ、ガールズバーで風俗遊びを楽しむ

ベトナム・ハノイでの夜遊びを楽しむことを考えた場合、カラオケが選択肢に浮かんできます。お持ち帰りが基本ではないため、女性とのセックスは難しいです。エッチまでを考えているのであれば、他の方法を選択しなければいけません。

ただ、安い値段で美人のベトナム女性と一緒に飲み、会話を楽しむことができます。KTVで好みの女性を指名し、場合によっては後日にデートすることもできます。

いずれにしても、ハノイのカラオケは純粋に女性へのセクハラを楽しむ場所になります。

しかし、英語や日本語を話せる才女と楽しく会話することができ、さらには軽いお触りまで可能なことがあります。そうした風俗遊びを実現したい場合、ハノイに出向いたときはカラオケを利用するようにしましょう。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認