夜遊びが盛んなリゾートは世界にたくさんあります。東南アジアで有名な場所だと、パタヤやバリ、セブなどはリゾートだけでなく女遊びも含めて楽しむことができます。

こうしたリゾート兼風俗はベトナムにも存在します。ベトナムでお夜遊びが盛んなリゾートとしてドーソンが知られています。リゾートの多くは田舎なので非常に安い値段で美女とセックスすることができます。これは、ドーソンでも同様だと考えてください。

しかし、どのようにしてドーソンへ行けばいいのか分かりません。また、女遊びをするためのシステムも不明です。

そこで、ここではドーソンへの行き方やホテルへの泊まり方、ベトナム美女とエッチするまでの流れを含めてすべてを解説していきます。

多くの人が訪れる幻の岬、ドーソン

世界には非常に安い値段で美女とセックスできる場所が存在します。有名なのはジャカルタ(インドネシア)であり、3,000円ほどで巨乳美女とエッチできます。

これと同じように、格安で女性との本番行為を楽しめる場所がドーソンです。優れた桃源郷が広がっているため、日本人に限らず中国人や韓国人など多くの人がドーソンへ訪れるようになるのです。実際のドーソンの様子が以下になります。

ドーソンにいるベトナム美女を抱くための値段は30万ドン(約1,500円)です。こうしたあり得ないほどの値段でかわいい女の子と一戦を交えることができるのです。

しかし、ドーソンで夜遊びをするにはいくつもの関門を越えなければいけません。これには、主に以下の問題があります。

  • 宿泊場所はどうするのか
  • 行き方はどうなるのか
  • 遊び方はどうなるのか

こうしたことを事前に理解したうえで出向かなければいけません。

ホテル予約が不要なドーソン岬:ニュギに泊まる

一般的に旅行をするとなると、事前に宿泊先のホテルを押さえておくのが基本です。事前に予約を済ませておくことで、スムーズに宿泊できます。

ただ、ドーソンの場合は違います。実際に調べてみれば分かりますが、ドーソン岬にあるホテルの中でインターネット上から予約できるホテルはほぼありません。1~2つくらいのホテルを予約できるだけになります。

そして実際のところ、ドーソンでの風俗遊びを考えている場合、こうしたホテルを予約せずに行くのが基本になります。

ドーソンの中でも、エッチのお相手をしてくれる女性たちがたくさんいる場所としてドーソン2区があります。ドーソンには1区や3区などもありますが、そこら辺に出向いても良い女性はいません。必ず2区へ行くようにしましょう。

あなたが出向くべきドーソン2区としては、以下のような場所・地図になります。

※ドーソン1区の置屋がある場所・地図も掲載しています。

この周辺には、ニャギと呼ばれるラブホテル兼安宿があります。ここへ出向き、その場で値段を聞いて宿泊するようにするのが基本になります。事前にホテルを予約することなく、いきなり出向けば問題ありません。要は、現地に行った後に何とかするのが基本です。

ドーソン2区の周辺にはいくつものニャギが存在します。この中で良さそうなニャギを選んで宿泊するようにしましょう。

おすすめのニャギは日本人宿のHOA CUC(ホアクック)

ただ、実際のところニャギは非常に多いためどこに宿泊すればいいのか迷う人が多いです。そうしたとき、HOA CUC(ホアクック)を選ぶようにしましょう。

ドーソン2区から少し北にあるニャギになります。私が出向いたときは25万ドン(約1,250円)が宿泊費であり、ここに1日2食がつきます。食事の時間は18:00と翌日の12:00です。食事は非常においしく、私がハノイ周辺での滞在中に食べた食事の中でも最もおいしいのではと感じました。

他の宿では、ここまでの食事を出してくれないことが多いです。HOA CUCは圧倒的に日本人の宿泊客が多いことで知られており、迷ったらここへ泊るといいです。HOA CUCの場所についても、先ほどの地図に記しています。

参考までに、部屋は以下のようになっています。

なお、HOA CUCは日本人宿にもなっています。ただ、正式な日本人宿ではなく単に日本人が非常に多く宿泊していることから、そのように呼ばれているだけです。そのため、実際には韓国人や中国人も非常にたくさんいます。

※ハイシーズンの時期は宿代が値上がりします。

・ドーソン1区はかなり寂れている

なお、男性であればドーソン2区だけでなく、ドーソン1区についても気になると思います。ただ、正直行く価値はありません。

ドーソン2区の場合、メインストリートは昼間であっても何人もの女性が行きかうようになります。これが21:00以降になると、合計100人を余裕で超える数の女性がいるようになります。

ただ、ドーソン1区にある置屋では「周囲に何もない真っ暗な場所にポツンと数件のニャギが存在するだけ」となっています。

また、指名できる女性についても非常に少ないです。私が出向いたとき、ある店舗で3人くらいの女性を見せてもらってパスしました。容姿が微妙だったからです。そこで他の店に出向いて女性を見せてもらおうとすると、先ほどの女性3人が再び現れて「さっき会ったよね?」と思いながら再びパスしました。

恐らく、ドーソン2区と同じように店が女性を管理しているわけではなく、どこかほかの場所にいる女性が宿にやってくる形式にしているのだと思います。

さらにいうと、周囲は車が一台も通らないような立地なのでタクシーを探すのが不可能になります。帰るのが非常に困るため、いろんな理由でドーソン1区へ出向くのはおすすめできません。当然、ドーソン3区も行く意味はありません。

・ドーソンで英語はまったく通じない

基本的にベトナム人は英語を理解してくれませんが、これがドーソンのような田舎になると宿のスタッフを含めて全員がほぼ100%の確率で英語を理解してくれないと考えましょう。

タクシーや宿のスタッフ、夜遊びスポットにいる風俗嬢を含めて、簡単な英語でさえ理解してくれません。そのため、翻訳アプリを事前にダウンロードしておくといいです。

ハノイからドーソンまでの行き方・移動方法

ホテルでの宿泊について理解した後は、ドーソンまでの行き方を学ばなければいけません。どのようにすれば、ドーソンへ行くことができるのでしょうか。

ドーソンへはハノイから出発します。このとき、まずはバスでハイフォンまで向かうようにしましょう。ハノイからドーソンへの直通バスはありません。ハノイからハイフォンまで行き、ハイフォンからドーソンまで行くようになるのです。

ハノイからハイフォンへ行くには、一般的にバスです。10万ドン(約500円)でハノイからハイフォンまで行くことができます。このとき、まずはハノイのザーラムバスステーション(Gia Lam Bus Station)へ出向くようにしましょう。地図は以下の通りです。

ここにはHAI AUというバス会社があるため、ここでチケットを購入しましょう。「ハイフォン!」といえば通じます。以下の場所で購入できます。

バスは30分おきに出発していたため、好きな時間を選びましょう。私の場合、この周辺で昼飯を食べることにしたため、わざと一つ遅い便を予約することにしました。

そうして、以下のバスに揺られて2時間ほどでハイフォンへ到着します。

注意点として、ハイフォンでは特定のバスターミナルで解散するわけではなく、いくつものバス停で停車し、そのつど乗客が下りていきます。

このとき、ずっとバスに乗っているとハイフォン市内の奥深くへ行くようになり、ドーソンからどんどん遠くなっていきます。そのため、ハイフォンに入ってバスが高速道路を降りた場合、最初の停留所で降りるようにしましょう。下手にバスに長く乗り続けるほどドーソンからどんどん離れていくようになります。

その後、今度はハイフォンからドーソンへ行かなければいけません。このとき、ハイフォンからドーソンへ行くバスはあるものの、どのバスに乗ればいいのか分からず非常に乗り換えレベルが高いです。そのため、おとなしくタクシーを使うのが賢明です。

タクシーであれば、ハイフォンからドーソンまで40万ドン(約2,000円)ほどで行ってくれます。参考までに、私の場合はハイフォンからドーソン岬まで38万ドンでした。タクシー運転手には「ドーソン! ブンブン!」といえば勝手に行ってくれます。

これが、ハノイからドーソンへの行き方になります。ハノイからハイフォンまでの移動はバスにして、ハイフォンからドーソンまではタクシー移動にするのがコツです。帰りはこれと逆を実践すれば大丈夫です。

※ドーソンからの帰りについては、タクシーでハイフォンの「CAU RAO Bus Terminal(ハイフォン)」まで出向き、そこからバスでハノイまで帰れば問題ありません。バス会社は行きと同じです。

ドーソンのニャギで女性とセックスするシステムや流れ

ドーソン2区や宿泊先であるHOA CUCの前にある道を歩いていると、必ずバイクの後ろにそれなりにキレイな格好をした女性が乗っています。彼女たちが売春婦になります。

ただ、当然ながらバイクはそれなりに早いスピードで通り過ぎることになりますし、走っているバイクの女性と交渉することはできません。

そこでどうするかというと、ニャギ(宿)の前で腰掛けるようにしましょう。そうすれば、宿の人が勝手に女性を連れてきてくれます。

HOA CUCに宿泊している場合、その前に腰を掛けていれば店の人が勝手に女性を連れてきてくれます。

ただ、おすすめとしてはドーソン2区まで出向くことがあげられます。単純にそれだけ女性を乗せたバイクの交通量が多く、たくさんの女性を確認することができるからです。

ドーソン2区を歩いていると、必ずニャギのスタッフが声をかけてきます。その後、店のスタッフがバイクを呼び止めるなどして店に女性を連れてきてくれます。

このとき、気に入った女性がいれば指名してそのままニャギで女性との性行為を楽しむことになります。

非常に安い値段で風俗遊びが可能

なお、ドーソンで風俗遊びをするときに大きな特徴として、圧倒的に値段が安いことが挙げられます。どれくらいの料金相場かというと、前述の通り30万ドン(約1,500円)です。これだけの破格の値段でベトナム女性との本番行為を実現できます。

時期によっては、35万ドンなど値上がりしていることがあります。ただ、いずれにしても価格は非常に安いと考えて問題ありません。

ハノイで女性とエッチするとなると、2万円以上になるのが普通です。ただ、少し足を延ばしてドーソンへ行くだけで、料金相場は10分の1以下になるのです。

ドーソンが幻の岬と呼ばれるのは、こうした理由があります。圧倒的に安い値段でベトナム美女とのセックスを実現できるのです。

・朝でも昼でも女性とセックスできる

なお、一般的には風俗は夜から活発になります。これはドーソンでも同じですが、ドーソンの場合は朝でも昼でも女性がバイクの後ろに乗ってウロウロしており、その中から良い子がいれば問題なく指名できます。

値段が非常に安いことから、1日に何度も女遊びをする男性は多いです。ドーソンへ出向いたとき、1日に何回戦かチャレンジしてみるといいです。

女性たちの愛想は良くない

なお、ドーソンでの夜遊びは注意しなければいけないことがあります。それは、女性たちの愛想が非常に悪いということです。

どれだけ風俗遊びで満足できるのかは女性によります。このとき、ただセックスするだけでなく恋人のような濃厚なエッチをしたいと考えるのはどの男性でも共通しています。

しかし、残念ながらドーソンにいる女性では単にセックスだけして終わりのケースが多いです。

特に海外風俗に慣れていない人の場合、なかなか良い女性を引き当てるのは難しいです。私を含め、海外風俗に慣れている人であっても愛想の良くない女性に当たることがよくあるため、これについてはそういうものだと考えて諦めるようにしましょう。

・容姿はそこまで高くない

同じ夜遊びであっても、ハノイの高級ホテルでエッチできる女性は圧倒的な美女がたくさん在籍しています。ただ、ドーソンにいる女性はそこまで美人ではありません。一般的に風俗遊びは値段が安くなるほど容姿レベルが落ちることになり、これはドーソンでも同様なのです。

ハノイなら一回のセックスで2万円以上ですが、ドーソンでは性行為をして1,500円ほどなので、これについては我慢するしかありません。

愛想があまり良くなく、それでいて美人率が高いわけではないため、選ぶときはそれなりに苦労します。ただ、良い女性を引き当てることができれば、格安でエッチを楽しめるようになります。

・夜遊びの時間は21:00以降がおすすめ

なお、実際にドーソンで遊ぶことを考えている場合、朝や昼、夕方でも問題ありませんがおすすめは21:00以降です。この時間に女性の数が非常に多くなり、道ではたくさんのバイクが行きかうようになるからです。

19:00くらいに出向いてもいいですが、女性たちは食事中です。そのため、人数は少ないです。また、遅めの時間に働き始める女性もいます。そのため、21:00以降にピークを迎えるのです。

このとき、深夜26:00など遅くでも問題なく遊ぶことはできますが、女性の人数は徐々に少なくなっていくことは理解しましょう。

初日は地雷嬢に当たり、悔しい思いをする

ベトナム・ハノイに出向く機会があったため、このとき私はドーソンまで行くことにしました。ハノイだけにとどまっていては男としてダメです。ドーソンまで行かなければいけません。

そのため、ドーソン2区まで出向いてニャギに宿泊し、格安で女遊びをすることを考えたのです。

この日はハノイから2時間ほどバスに揺られてハイフォンへ出向き、そこからタクシー30分ほどでドーソンへ到着しました。全行程2時間半ほどです。意外と近いのがドーソンです。

そうしてニャギに宿を取り、18:00に夕食を取って女性を選ぶことにしました。宿泊先のホテルのイスに座っていると、目の前をバイクに乗った女性たちがいくつも通り過ぎていきます。そのうちのいくつかは私の前で止まり、運転役の男性が「この子はどうだ!」とアピールしてきます。

ただ、女性の愛想がすこぶる悪いです。こっちと顔を合わせようとしない女性は多いですし、明らかに態度の悪い子もいます。

そうして2時間ほど見学することにしました。どうやら、容姿レベルはそこまで高くはないことが判明しました。また、女性を見るにしても短い時間だけであり、判断できるのは長くても10秒ほどです。そのため、直感で決めるしかありません。

このとき、「まあまあ選べるかな」という子が目の前に現れました。すかさず、その子を指名します。その後はニャギの部屋へ行くことになりました。

ただ、部屋に入ってコミュニケーションを取ろうとしても冷たいです。英語はまったく分からず、翻訳アプリを使って会話しようとしても反応が微妙です。またシャワーを浴びるとき、「あそこで浴びてね」という感じです。最初から私一人でシャワーを浴びることが決定のようです。

シャワーを浴びた後、すぐにセックスの開始となります。乳首をなめられ、コンドームを被せられた後、正常位でセックスとなります。

このときは「キスはダメ」「体位は変えられない」「セックス中に携帯電話をいじる」など、女性の態度は散々でした。オナホールを活用しているだけのような感じです。

一応は射精できましたが、何とも微妙なセックスでした。ただ、値段は1,500円ほどなので文句はいえません。そういうものだと割り切るのがドーソンでの夜遊びであり、良い子に当たればラッキーだといえます。

なお、射精後に女性はすぐにシャワーで自分を洗い、私は自分でコンドームを取り外すことになりました。何とも惨めな対応だったわけです。

2日目に良い愛想の良い女性を引き当てる

ただ、このまま終わるわけにはいきません。そこで、2日目にリベンジをすることにしました。この日は昼と夜の2回頑張ろうと考え、昼食後にドーソン2区へ出向いて女性を選ぶことにしました。

しかし、あまり好みの子がいません。また、前日の塩対応女性を引いたことを反省して、「この子は笑顔がまったくなく微妙」などのように、濃厚セックスが不可能な女性を排除することに注力しました。

ただ、このときは20人以上の女性を確認しましたがどれも微妙だったため、宿に帰って夜に備えることにしました。

そうして夕食後、22:00くらいになったので活動を再開します。今回は宿泊していてホテルではなく、ドーソン2区をフラフラと歩くことでいろんな店舗(ニャギ)を見て回ることにしました。このとき、必死に勧誘してきた男性スタッフがいたため、ひとまず宿の中に入ることにしました。

宿のイスに腰かけていると、先ほどの男性スタッフが女性を呼び止めて何人も紹介してきます。ただ、なぜか不機嫌な女性が多く、わりとかわいい女性でも愛想が悪くて指名できない状態が続きます。前日と同じ過ちを繰り返すわけにはいきません。

そうして30分ほど粘っていると、わりとキレイ目で少しだけ笑顔を向けてくれた子がいました。ドーソンの場合、判断できる時間は3~5秒ほどと非常に短いです。そこで、少しだけ考えてその子を指名することにしました。

ニャギの部屋に到着後、私のペニスを刺激してきます。素っ気ない態度はなく、明らかに昨日の子よりは愛想が良いです。

もちろん、女性は英語をまったく理解してくれません。ただ、宿の中はインターネットの電波がなぜか届かず、翻訳アプリも使い物になりませんでした。そのため、女性の年齢すら分かりません。

しかし、やることは一つだけなので問題ありません。服を脱いだ後、今回の女性については一緒にシャワーを浴びてくれました。ただ、女性は体を洗わず私だけ体を洗うことになりました。

そうして、最初からフェラチオです。前の残念なエッチとは違い、やはり愛想の良い女性だとペニスの感度が良くなります。ひとまずギンギンになった後、コンドームを被せられて正常位で本番行為をすることになりました。

しかし、キスだけは拒否されてしまいました。これについては少し残念です。

また、挿入時の刺激が少ないです。膣が大きいのか、正常位で腰を動かしても刺激が感じられません。昨日のような対応であれば、そのままフニャチンになるところです。ただ、ドーソンにいる女性の中では頑張ってくれているため、高速ピストンをすることによって勃起状態を保つことにしました。

体位を変えてもいいですが、「Change.(体位を変えよう)」という言葉すらこの子には通じません。また、正常位以外の体位では刺激が少なすぎてイケる気がしなかったため、そのまま正常位を続けることにしました。そうして10分ほど女性の中で出し入れを行い、そのまま射精感が高まって発射しました。

射精後、女性はすぐに着替え始めます。「この女性、シャワーをまったくしなくて大丈夫なのか?」と考えましたが、ひとまず大丈夫なのでしょう。私は一人でシャワーを浴び、服を着替えて一緒に出ることにしました。

店のスタッフに30万ドン(約1,500円)を手渡し、女性とはその場でお別れです。女性はバイクに乗り、再び次の客を探すために夜の街に消えていきました。

ドーソンでは格安でベトナム女性とエッチできる

ベトナムの中でも、ドーソンは幻の岬と呼ばれています。これは、ドーソン岬へ行くことで格安でベトナム女性とのセックスを実現できるからです。

リゾート地で知られるドーソンですが、海は汚くリゾート目的で訪れる人はいません。英語はまったく通じず、人の少ないド田舎がドーソンです。ただ、ドーソン2区には夜遊びを目的として多くの日本人や中国人、韓国人が訪れます。

非常に安い値段で風俗遊びをすることを考えると、ドーソンは最適です。女性の愛想が悪いという最大の欠点はありますが、良い子を頑張って探せば当たりを引くこともできます。

ハノイに出向いたとき、頑張ってハノイからドーソンまで訪れるようにしましょう。ドーソンへ向かえば、楽しい一夜を過ごせるはずです。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認