ベトナムは風俗遊びが盛んな国の一つとして知られていますが、首都ハノイについては残念ながら夜遊びはまったくダメです。本番行為が可能な店がほぼ存在しないのです。

ただ、そうした中でハノイであっても問題なく美人のベトナム女性を持ち帰りできる場所が存在します。高級ホテルの中に風俗店が存在しており、政府公認で運営されているのです。

ベトナムで売春は違法ですが、政府公認であることからハノイで女性とセックスしたいと考えている場合、安全に夜遊びをすることができます。

そこで、どのようにしてハノイでベトナム女性を連れ出し、エッチをすればいいのかについて解説していきます。

ハノイには連れ出し可能なカラオケや風俗バーがある

風俗不毛地帯といわれているハノイであっても、問題なく女性を連れ出すことのできる場所があります。

ハノイのカラオケでは、女性をあなたのホテルに持ち帰ることができません。また、エロマッサージについても手コキだけであり、セックスまではできません。本番行為まではできないため、不満が残る人は多いです。

ただ、そうした中でも問題なく女性とセックスできる場所が少ないながらもあるのです。

これについては、4つ星ホテル(高級ホテル)に属するホテルの中にそうした風俗施設があります。これらのホテルとしては、以下の2つです。

  • フォーチュナホテル(Fortuna Hotel Hanoi)
  • ハノイホテル(Hanoi Hotel)

実際の場所・地図は以下の通りです。

連れ出すとはいっても、あなたが宿泊しているホテルへお持ち帰りするわけではありません。女性とエッチするときは、このホテルの一室を利用することになります。

注意点として、ホテルの部屋代が正規料金でかかります。宿泊しなくても、女性とセックスするために部屋を利用するとき、実際に宿泊したときと同じ値段を払わなければいけないのです。それなりに高いホテルなので、このときの部屋の料金は1万円以上になります。

こうした事情があるため、ハノイにあるホテルでベトナム女性とのエッチを考えている場合、最初から夜遊びをするホテルを決めておき、遊ぶ予定のホテルに泊まることを考えた方がいいです。そうすれば、無駄な部屋代を浮かせられるようになります。ホテル宿泊者については、部屋代が無料です。

女性の数は多く、非常に美人

実際に女遊びをするとき、気になるものとして在籍している女性の数や質があります。事前に遊び場所を決めておく必要があるため、どれだけの女性がいて、さらには美人かどうかが非常に重要なポイントになるのです。

これについては、フォーチュナホテルでもハノイホテルでも心配する必要はありません。どの店舗も女性の在籍人数は50人以上であり、さらには非常に美人揃いです。私は両方に出向きましたが、選べる女性は何人もいました。

ベトナム女性は基本、色白で美人が多いです。そのため、女性を選ぶのについてはそこまで苦労しないはずです。

・営業時間の開始早めに行くのがおすすめ

ただ、ハノイにあるこうしたホテル併設の風俗店へ出向くときはポイントがあります。それは、営業時間の開始となる早めの時間帯に出向くことです。

風俗店については、18:00や19:00から営業開始します。この時間は男性客がまだ少なく、女性の人数は非常に多いです。

ただ、女性が指名されていくと当然ながら、あなたが選べる美人女性の数は少なくなっていきます。また、店は24:00や25:00に閉まるので基本的に女性は指名されてエッチしたあと、店に戻らずそのまま帰ることが多いです。

店舗が朝まで運営されているわけではないため、19:00直後までに客を取れた女性くらいしか店に戻ってこないのです。そのため、可能なら20:00までには出向くようにしましょう。22:00などに出向いてもいいですが、どうしても女性の数は少なくなると考えましょう。

ただ、私は22:00より後にも出向きましたが普通に選べる子が何人もいました。そのため、少し出向く時間が遅くなったとしても深刻に考える必要はありません。

・ホテルの外で会うのは基本的に無理

なお、アジアの風俗では店外デートが普通です。女の子の連絡先を聞き、別日に女性とアポイントを取って会うのは当たり前のように行われています。

ただ、ハノイについてはそうこうことが非常に厳しくなっています。実際、ホテルに併設されている風俗店を利用して女性を持ち帰った後、連絡先を聞いても教えてくれないことすらあります。

女性次第にはなりますが、店外デートは基本的にはできないと考えて問題ありません。もし、店外デートがバレたら女性はクビになります。そのため、プライベートでも女性と仲良くなることについては考えないのが無難です。

利用のシステムや流れ、値段

それでは、実際にこうしたホテルへ出向いて風俗遊びをすることを考えたとき、どのようなシステムになるのでしょうか。

これについては、それぞれの店によって異なります。また、形態も違ってくるのでどのように夜遊びを実現すればいいのかについて、事前に理解しておかなければいけません。

それぞれのホテルについては、以下のようになります。

フォーチュナホテルのKTV(カラオケ):BOSS

ハノイで女性とのセックスを考えるとき、最も有名な場所がフォーチュナホテル(Fortuna Hotel Hanoi)です。フォーチュナホテルでは地下一階にTHE BOSS KTVがあります。ホテルに入った後、階段を下りればKTVにたどり着くことができます。

KTVとは、カラオケのことを指します。アジアでカラオケというとキャバクラを意味します。ハノイの一般的なカラオケは単なるキャバクラであり、連れ出し不可ですが、カラオケの中でもBOSS(ボス)については問題なく女性をホテル内の部屋へ連れ帰ることができるのです。

入店後の流れは難しくなく、スタッフがカラオケルームへ連れて行ってくれます。カラオケルームに行く途中には非常に多くの女性を見かけるため、それだけでテンションが上がります。

そうして部屋に到着後、女性がズラッと並ぶようになります。女性が微妙な場合、パスしても問題ありません。この中に好みの女性がいれば、そのまま指名するようにしましょう。

なお、同時にシステムや料金について聞けばその場で教えてくれます。基本的には物価上昇によって値段は上がりますし、行くタイミングによって料金相場は異なります。ただ、私が出向いたときは以下のような価格でした。

  • 部屋代+女性を隣につける:240万ドン(約12,000円)
  • ショート:280万ドン(約14,000円)
  • ロング:420万ドン(約21,000円)
  • ママへのチップ:60万ドン(約3,000円)

ショートはセックス一回だけであり、性行為が終わった後に女性は帰ります。一方でロングであると朝までコースになります。女性次第にはなりますが、朝に二回目のエッチをしても問題ありません。

例えばショートで女性との夜遊びを実現する場合、580万ドン(約29,000円)となります。このように、ハノイで本番行為を含めた女遊びを考えると非常に高額になってしまうことは理解しましょう。

また、フォーチュナホテルに宿泊していない場合、これに加えて1万円以上の部屋代がかかるようになります。非常にもったいないので、BOSS(ボス)で遊ぶことを考えている場合は必ず事前にフォーチュナホテルに宿泊するようにしましょう。宿泊客については、部屋代はかかりません。

カラオケで女性と仲良くなった後、部屋に行ってセックスする段階になったら部屋番号を女性に告げます。その後、あなたが先にホテルの部屋へ出向いて女性が来るのを待つことになります。

ハノイホテルのナイトクラブ:HANOI NIGHT CLUB

フォーチュナホテルのわりと近くに存在し、同じく高級ホテルで知られているのがハノイホテルです。ハノイホテルには、一階ロビーからナイトクラブへ上がるための階段があります。スタッフに案内されてこの階段をのぼるとHANOI NIGHT CLUB(ハノイナイトクラブ)に着きます。

ナイトクラブとはいっても、中はバーカウンターのようになっています。店内は非常にキレイであり、バーカウンターの中には数人の女性もいます。

入店後、まずはバーカウンターに通されます。ここで飲み物を注文し、ドリンクを飲むのが基本になります。BOSS KTVのように部屋代がかかるわけではなく、飲んだドリンク代だけが請求されるようになります。

ナイトクラブであり、バーカウンターで飲むことになるため、自ら女性を指名しなければ女の子と一緒に飲むことはできません。

バーカウンターのすぐ近くには多くの女性が座っている場所があるため、そこへ出向くようにしましょう。女性が笑顔を振り向いてくれるはずです。この中で良さそうな子がいれば、指名して隣につけるといいです。もちろん、男性数人に対して女性を一人だけつけても問題ありません。

私が出向いたのは22:00くらいと遅かったですが、それでも30~40人くらいの女性がいました。女の子たちは美人が多く、何人も選べる女性がいました。

料金システムについては、以下のように説明されました。

  • 女性を指名し、隣につける:90万ドン(約4,500円)
  • 飲みでの女性へのチップ:70万ドン(約3,500円)
  • ショート280万ドン(約14,000円)
  • ロング:420万ドン(約21,000円)

気に入った女の子を指名して席に付ける場合、一人につき「90万ドン(指名料)+70万ドン(女性へ支払うチップ代)」がかかるようになります。店外へ連れ出しをしない場合、これに飲み物代が加わって1万円くらいになると考えてください。

もちろん、たくさんドリンクを飲めばそれに伴って値段は高くなっていきます。

また、ここから女性をお持ち帰りする場合はショートやロングによって値段が加算されます。ただ、女性とエッチする場合は「女性に支払う70万ドン」は不要になります。エッチ代に女性へのチップが含まれるようになるのです。

店のシステムを聞いたとき、以下のように紙で教えてくれました(値段はドル表記ですが、この記事ではベトナムドンに直しています)。

そのため、例えば女性をショートで持ち帰ることを考える場合、以下のようになります。

  • 女性の指名料90万ドン + ショート280万ドン = 370万ドン(約18,500円)

これにドリンク代が加わります。また、ハノイナイトクラブにはカラオケルーム(個室)もあり、そこへ異動する場合は個室代が加わるようになります。

ただ、いずれにしてもフォーチュナーホテルよりもかなり安くなります。女性の容姿レベルも高いため、知名度では少し劣りますがそこまで気にしない場合はハノイホテルを狙うのもおすすめです。

ハノイのホテルで風俗遊びをしてきた

夜遊びが微妙な街として知られるハノイですが、値段が高いとはいっても美人のベトナム美女との性行為を楽しまなければ、何のためにハノイに行ったのか意味が分かりません。そのため男性であれば、女性を求めてエッチすることを考えるのは一般的です。

私がハノイに出向いたとき、当然ながら夜遊びを楽しむことにしました。このときはフォーチュナホテルとハノイホテルのどちらが適切なのか分からなかったため、ひとまず無難にフォーチュナホテルを予約してTHE BOSS KTVで夜遊びすることにしました。

ただ、既に示した通りHANOI NIGHT CLUB(ハノイナイトクラブ)も女性は非常に美人ですし、値段はこっちの方が圧倒的に安いため、それぞれを夜遊びした結果として「ハノイホテルに宿泊していればもっと安く美人女性とエッチできたのに!」と感じました。

しかし、フォーチュナホテルで超絶美人のロリベトナム嬢を連れ出すことができたため、夜遊び自体は非常に満足できました。そのときの体験談について記していきます。

入店後、2週目で絶世のロリ美女を発見する

宿泊先のホテルに併設されている風俗店を利用するため、特に移動はありません。前述の通り、夜遊びをするホテルへ事前に宿泊するのが基本になるからです。

ひとまず夕食を食べた後、部屋で歯磨きをして19:00くらいにホテルロビーに降り、階段を下りて地下へ行くことでTHE BOSS KTVを目指すことにしました。入り口に入る前、スタッフが迎えてくれます。そうして、女性たちがたくさんいる通路を通りながらカラオケルームへ案内されました。

このとき、ママさんから値段やシステムについて説明があります。料金説明についてはなぜか米ドルですが、「ベトナムドンではいくらになるのか」については聞けば教えてくれます。

その後、部屋に女性がズラッと並びます。店には多くの女性がいるため、全員が部屋に並ぶわけではありません。そのためパスをしても大丈夫です。このときは友人と一緒に出向いたのですが、全員が初回はパスしました。

わりと美形の女性が多かったですし、巨乳女性もたくさんいたので問題なく指名できたのですが、期待と股間を膨らませて次の女性たちに希望を託すことにしたのです。

参考までに、この日は100人ほどが出勤していたようです。基本的には、いつもこれくらの人数が在籍しているので何度もパスをするのは問題ありません。

そうして次の女性たちが部屋に入ってきました。すると、いました。私にとってど真ん中ストライクの超絶ロリ美女です。目線を向けると、うっすらと笑顔を振り向いてくれました。笑顔を見せてくれるということは、サービスの質についてもある程度は期待できます。

そこで、私はその子を指名しました。友人たちはパスしたため、その子がドリンクを準備しながら別の女性たちが部屋に入ってきます。

そうして、3週目には全員が女性を指名しました。

高級カラオケ店の才女たちへのセクハラを楽しむ

ベトナムでは基本的に英語は通じません。当然、日本語は無理です。しかし、ハノイにあるこうした風俗店には日本人をはじめとして、中国人や韓国人がたくさん訪れます。そのため、女性たちは英語を理解している確率が非常に高いですし、日本語を話せる子もたくさんいます。

海外では風俗嬢であるほど高学歴ですが、ハノイのこうした店で働く女性も同様です。実際、友人が指名した子は英語や日本語がペラペラでした。日本語学校に通って勉強しており、習い始めて4ヵ月というのに普通に日本語で会話できていました。

しかも、才女であるだけでなく容姿レベルも高いです。値段が高いこと以外は完璧の風俗店です。

ちなみに、私が指名した子は21歳のハノイ出身でした。店で働き始めて、まだ1ヵ月ほどのようです。この子については、あまり英語は得意ではありません。私自身も中学英語が基本になるのですが、翻訳アプリを駆使して会話をすることにしました。

特にカラオケを歌うことはなく、会話を楽しむことになります。そうすると、1時間ほどで「上に行こうよ!」と女性たちが言ってきました。ただ、あっさりした態度というわけではなく、それなりに密着してくれますし笑顔です。

本当はもっと話したかったのですが仕方ありません。ひとまず承諾し、ママさんを呼ぶことにしました。

部屋代については、クレジットカード払いが可能です。特にチャージ料なく、カード払いすることができます。参考までに、今回は2人で出向いたのですが以下の通り2人で約480万ドンでした。一人240万ドン(約24,000円)です。

女性に渡すエッチ代(ショートでの値段)については現金払いなのでカード決済はできません。ショートの280万ドンについては女性にその場で手渡しすることになりました。

ベトナム美女と部屋でセックスを楽しむ

料金を支払った後、カラオケ部屋を後にします。先にホテルの宿泊部屋に戻り、指名した女性が来るのを待つことにしました。このとき、カラオケ部屋で余ったビールについては宿泊部屋にもっていって飲むことにしました。

そうして部屋に到着後、10分ほどして部屋がノックされます。ドアを開けると、先ほどの美女がいました。ひとまず部屋に入れると、靴や上着を脱ぎ始めました。

このときは部屋で会話をする前に、女性の方から「シャワーを一緒に浴びる?」と聞いてきました。会話でなごみたかったですが、まずはシャワーを浴びることにします。互いに服を脱ぎ、全裸になります。

いつも同じホテルでのエッチであるため、シャワーの取り扱いについて女性は慣れています。すぐに温度調節してくれて、女性に肩から足まで入念に洗ってもらいました。ペニスについても入念にゴシゴシしてもらい、その時点で既に臨戦状態です。

体を拭いた後、ベッドへ移動します。この後は部屋を暗くして、行うことは一つしかありません。

一緒のベッドに横わたった後、女性は乳首舐めから始まり、フェラチオまでしっかりしてくれました。シャワールームの中から既に私のペニスはそそり立っていたわけですが、刺激を加えられることでさらに固くなったわけです。

そうしていると、ロリ美女にコンドームを被せられて上から乗られることになりました。騎乗位でのセックス開始です。ひとまずペニスを女性の小さい膣へ挿入し、そのまま抱き寄せて密着したまま騎乗位をすることになりました。

その後は正常位です。体位を変え、女性の中を堪能します。キスをしようとすると嫌がられましたが、「ノー」とは言いません。そこで、そのまま唇を奪うとロリ美女は観念したのか私のキス攻撃を受け入れるようになりました。

腰を振りながら、ロリ美女とキスをしながら、Bカップくらいの小ぶりの胸をもみながら、美人女性と繋がれる喜びを感じていきます。そうすると射精感が高まり、そのまま果てることになりました。

セックス後はシャワーを浴び、同じように女性に全身を洗ってもらいます。そうして、服を着替えました。

ショートのため、女性とはお別れの時間です。最後に女性とキスをして、さよならすることになりました。

ハノイで美女とエッチするならホテルの一択

ベトナム・ハノイは夜遊びがまったくダメな地域として知られています。飲むだけだったり、手コキだけで終わったりするのです。

そうしたハノイであっても、政府公認の風俗施設が存在します。それが、以下の2つです。

  • フォーチュナホテルのKTV(カラオケ):BOSS
  • ハノイホテルのナイトクラブ:HANOI NIGHT CLUB

値段はそれなりに高いですが、ハノイの夜遊びで唯一ベトナム美女とのセックスを楽しむことができる場所になります。

首都ハノイに出向いたとき、こうした高級ホテルでの夜遊びがメインの一つになります。東南アジアの中ではコストパフォーマンスが悪いものの、それでも日本の風俗に比べると圧倒的に優れています。

ベトナムに出向いたとき、こうした風俗施設に向かうことで夜の観光を楽しむようにしましょう。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認