カンボジアの首都として、プノンペンが知られています。カンボジアへ行くとき、大概はプノンペン国際空港へ向かうようになります。多くの人がプノンペンへ降り立つのです。

東南アジアの中でも、プノンペンは風俗遊びが盛んな都市の一つです。貧しい国なので、女性たちは風俗をすることで大金を得ることができるのです。

そうした風俗遊びの中でも、メインとなる夜遊び方法の一つにKTV(カラオケTV)があります。プノンペンでクメール美女と一緒にカラオケを楽しみ、その後にセックスまで楽しむのです。プノンペンの夜遊びで最も高級な夜遊びがKTVになります。

そこで、どのようにしてプノンペンのKTVで風俗店巡りをして女性とエッチすればいいのかについて、地図や値段相場を踏まえて解説していきます。

カンボジアで最も高級な夜遊びであるKTV

その国によって、風俗店の王様と呼ばれる形態が異なります。例えば日本であれば風俗の最高峰がソープランドです。ソープランドは本番ありであり、最も値段が高いです。これがタイやフィリピンであればゴーゴーバーになるし、マカオならサウナが最高峰になります。

カンボジアではどうかというと、KTVが最高峰の夜遊びになります。KTVは「カラオケTV」の略であり、キャバクラと同じだと考えてください。女性との会話を楽しみ、個室でカラオケも楽しむことができます。

ただ、KTVで遊ぶときはかなり値段が高いです。カンボジアは非常に物価が安いにも関わらず、KTVで遊ぶとなると料金相場は異常に高騰し、かなりのお金が必要になることは理解しなければいけません。

しかし、KTVにはランクがあります。比較的安く遊べる店があれば、「なんでこんなに高額なの!」と思えるような店までさまざまです。

このとき、店のランクと女性の質は比例します。格安店であると、基本的に女性は英語すら話せません。クメール語でのやり取りになります。さらには、店のスタッフでさえ簡単な英語を話せないことがあります。

一方で高級店になるほど女性の容姿は良くなり、コミュニケーションに困らなくなります。ただ、愛想がいいかどうか(一緒にいて楽しいかどうか)は女性次第なので、これについては何ともいえません。

KTVで夜遊びするときの流れ

それでは、実際にKTVで遊ぶときはどのようなシステムになっているのでしょうか。プノンペン特有のシステムがあるため、これについて理解しておかなければいけません。

プノンペンのKTVの場合、最初に女性を指名します。高級店であると、店によっては先に席に着いてドリンクを注文しなければいけないことがあります。ただ、基本は女性を指名した後に席に座ることになります。

女性は店先に座っているため、気に入った子がいれば指名しましょう。高級店でも先に女性を並ばせて、指名後に一緒に飲むことになります。

このとき、ドリンクをケースで頼むことになります。「部屋代=ドリンクケース代」だと考えてください。通常、ドリンクは一本ずつ注文します。ただ、プノンペンのKTVではそうではなく「24本1ケースのドリンクで合計50ドル(約5,000円)」のような形になります。

一部屋を借りることになるため、1人で来たとしても、4人の団体であったとしても1ケースのドリンクを注文すればそこに何時間でも居座ることができます。

私もKTVへ出向いたとき、最初にビールの銘柄を指名したら以下のように何本ものビールが並ぶことになりました。

その後、キャバクラと同じシステムなので女性との会話やカラオケを楽しむようにしましょう。もちろん、セクハラをしたりキスをしたりしても問題ありません。女性が許してくれる範囲でセクハラが可能です。

そうして女性が気に入れば連れ出しましょう。連れ出すことをペイバー(別名、バーファイン)といいます。女性をペイバーした後はセックスすることになります。すぐ近くにあるプレイルーム(ヤリ部屋)を借りてもいいし、あなたのホテルへ行っても問題ありません。バーファイン後は自由に過ごすことができます。

このとき、バーファインには2種類あります。一つはショートであり、一回だけのセックスです。そしてもう一つがロングであり、「朝までコース」です。ロングの場合、KTVの近くにあるホテルではなく、あなたが宿泊しているホテルまでお持ち帰りするようにしましょう。

ショートであれば、バーファインしてホテルまで連れて帰り、セックスした後に女性はすぐ帰ります。一方でロングであれば、そのまま一緒のベッドで寝ることになります。元気があれば、朝起きたときに女性とセックスしても問題ありません。

カラオケをせずに連れ出しも可能

なお、KTVでは必ずしもカラオケをしなければいけないことはありません。店先にいる女性を指名し、そのままペイバーすることもできます。この場合、店にはペイバー代を支払ったり、ママさんへのチップが必要だったりしますが、店にとってみればカラオケなしでも問題ないのです。

そのため、カラオケの席料がもったいないと考えるのであれば、女性を指名してそのままホテルへ連れ帰っても大丈夫です。

・女性を指名後、セクハラだけして帰ってもいい

なお、女性を指名してカラオケをする場合、絶対に女性を連れ出さなければいけないというルールはないです。女性が微妙そうであれば、ペイバーせずに帰っても大丈夫です。

バーファインするかどうかはあなたの自由です。指名した女性のノリがあまりよくないことは頻繁にあるため、その場合はペイバーせずに帰るようにしましょう。要は、セクキャバとして利用してもいいのです。

KTVでは「キャバクラ(セクキャバ)としての利用」「女性と会話後、セックスまで行う」「カラオケなしで連れ出し、ホテルでエッチする」など、あなたの好きなように遊ぶことができます。

プノンペンにあるKTVの種類と料金相場

このようなKTVですが、プノンペンにはKTVの種類があります。それぞれの店で女性の質や価格相場は大きく異なります。そのため、どのようなKTVがあるのか事前に理解しておくようにしましょう。

これらKTVとしては、以下のようなものがあります。

格安店(大衆店)のKTV

カンボジアの現地人が出向くローカルKTVとして、格安店(大衆店)があります。

格安店はどの場所に存在するのかというと、プノンペン国際空港の近くにあります。通常、夜遊びをするときは市街地が基本です。ただ、格安店はプノンペン国際空港の周辺まで出向く必要があるため、市街地から1時間ほどかけて空港近くまで出向かなければいけません。

格安店(大衆店)の場所については、以下のようになります。

2004通り(Street 2004)に大衆店が固まっています。空港の沿ったL字の通りに格安店が何十軒も存在しており、「上の地図の場所(ポイント)から西に行き、突き当りを北まで行ったわりと広い範囲」に格安店があります。

格安店では、以下のように店先に女性が座っています。

格安店なので仕方ないですが、基本的に女性はブスばかりです。太っているおばちゃんであったり、容姿が優れていなかったりします。もちろん、店の数は非常に多いので頑張って探せば中には選べる子もいます。

しかし、こうした店に行くのはあまりお勧めしません。理由は単純であり、言葉が通じないからです。女性は英語を話せないのはもちろん、店のスタッフもクメール語しか通じないことがあります。店のシステムがわからないため、現地に住んでいる人と一緒に出向かないと苦労します。

もちろん、そんなことは関係なしに夜遊びを楽しみたいと考える人もいると思います。そうしたたくましい考えをもっている人なら問題ないですが、単なる短期旅行者にはお勧めしません。

料金については、ビール1ケース(部屋代)が30~70ドル(約3,000~7,000円)です。店によって値段が大きく異なります。30ドルだけを聞くと少し高いように思いますが、1ケース24缶なので実はかなり安い値段になっています。

なお、ビール1ケースもいらない場合、半ケースでの注文も可能です。この場合、部屋代10ドル(約1,000円)を取られることがあります。

女性とのセックス代については、ショート20~50ドル(約2,000~5,000円)くらいです。女性の言い値なので、値段は変動します。ロングは50~100ドル(約5,000~10,000円)です。これに加えて、ママや女性にチップをそれぞれ5ドルほどあげましょう。

・エッチは近くのホテルかあなたのホテル

女性を連れ出してセックスする場合、「近くにあるヤリ部屋を借りる」「あなたのホテルに連れて帰る」の二つがあります。

2004通りの周辺には、KTVだけでなくプレイルーム(ホテル)がたくさん存在します。

ここに女性を連れていっても問題ありません。最寄りのラブホテルについては、女性が場所を熟知しています。

中級店のKTV

格安店(大衆店)に比べると、少しグレードが高くなるのが中級店です。中級店になると在籍している女性の数が多くなり、それなりの女性も多少は選べるようになります。

ただ、カンボジア人はそこまで美人というわけではないため、それでも頑張って好みの子を探す必要があります。

中級店のKTVがある場所ですが、先ほど紹介したプノンペン国際空港近くの2004通りに存在します。要は、格安店と同じ場所に中級店がいくつも存在します。2004通りには格安KTV、中級KTV、置屋(エロマッサージ)の3つが混在することになります。

格安店との見分け方ですが、「建物がしっかりしているかどうか」で簡単に見分けられます。以下は中級店ですが、格安店に比べるとトタン屋根のような感じではなくなり、建物が大きく、ネオンもきらびやかになっていることがわかります。

また、格安店に比べると女性の数が多くなっています。格安店よりも年齢層が若く選びやすくなっているため、団体で出向いても問題ありません。

しかし、中級店についても短期旅行者が出向くのはあまりお勧めしません。この理由は格安店と同じように、言葉がほぼ通じないからです。現地のことを熟知している人と一緒でないと、このような大衆店で遊ぶのはハードルが非常に高いです。

店のスタッフについては、中級店になると英語が通じるようになり始めます。ただ、それでも基本は現地のカンボジア男性が利用する店になります。

入店するためには、同じように部屋代を支払うことになります。ビールを大量に注文するわけですが、値段は60ドル(約6,000円)や80ドル(約8,000円)など店によって異なります。基本は60ドル以上になります。

女性を指名してセックスする場合、値段はショート30~50ドル(約3,000~5,000円)です。ロングでは50~100ドル(約5,000~10,000円)になります。エッチ代については、格安店とそこまで変わらないと考えてください。

これに加えて、ママさんや相手してくれた女性にチップ5ドルを支払うといいです。お世話係の女性がいた場合、3ドルがチップの相場になります。

高級店のKTV

カンボジアの中でも、非常に美人の女性が多く存在し、建物もキレイな場所が高級KTVです。ただ、キレイとはいってもカンボジア女性の容姿は前述の通りそこまで高くなく、高級店のKTVでも女性を選ぶのに苦労することがあるのは理解しておきましょう。

高級店であれば、店のスタッフは当然のように英語を話すことができます。また、女性についても英語によってコミュニケーションを図れる確率が非常に高くなります。もちろん、高級店であっても女性によってはクメール語しか話すことができないケースはあります。

ただ、格安店や中級店に比べると明らかに容姿レベルは高くなり、女性の着ている服や身に着けているもの(バッグやアクセサリーなど)が豪華になります。

容姿レベルが高くなるとはいっても、写真の通り美女ぞろいというわけではないため、そこまで期待はせずに出向くようにしましょう。

ただ、高級店であると建物のキレイ度合や部屋の大きさは一級品です。以下のように、非常に広い部屋に通されます。むしろ部屋が広すぎて落ち着かないほどです。

部屋代(飲み物代)については、75ドル(約7,500円)以上になります。店によっては100ドル(約10,000円)など、システムは異なります。

女性とのエッチ代については、ショート100~200ドル(約10,000~20,000円)です。ロングは200~300ドル(約20,000~30,000円)になります。これに加えて、チップとしてママさんと相手をしてくれた女性にそれぞれ10ドルを支払いましょう。お世話係の女性には、一人2.5ドルがチップの最低の価格相場です。

高級店で遊ぶとなると、非常に高くなります。このことを理解したうえで出向くといいです。

高級KTVの場所ですが、格安店や中級店のように一か所に固まっているわけではありません。また、プノンペン市街地に存在します。高級店のKTVとしては、数は少ないですがお勧めはPrince KTVです。

Prince KTVの地図は以下になります。

ちなみに、私もPrince KTVで夜遊びをしました。

ナガワールドホテル、カサホテルの高級KTVは異常に高額

ここまで紹介したKTVはローカル向けのKTVになります。要は、現地のカンボジア人が出向くのです。KTVでは、こうしたローカルKTVを活用するのがお勧めです。

それに対して、ローカル男性が行かない観光客向けのKTVも存在します。そうした場所として、ナガワールドホテルやカサホテルがあります。

カンボジアでは、ひとつのホテル内にKTVやディスコなどいくつもの夜遊びスポットを保有している場所があります。これが、ナガワールドホテルやカサホテルなのです。非常に施設は豪華であり、あらゆるKTVの中でも在籍している女性はトップクラスです。

以下はナガワールドホテルのカラオケ部屋ですが、最も小さい部屋に通されてこの規模です。

また、部屋に女性を呼んでもらったのですが、これまで見たKTVの中では最も美人が多かったです。非常に豪華な最高級KTVであるため、ある意味当然ではあります。

しかし、値段は異常に高いです。例えばナガワールドホテルに併設されているKTVの場合、値段を聞いたところ席代は150ドル(約15,000円)でした。

また、女性を連れ出してエッチする場合、ショートで350ドル(約35,000円)です。ロングでは400ドル(約40,000円)になります。このようにあり得ないほど高額であるため、正直コストパフォーマンスは圧倒的に悪いです。

少なくとも、ナガワールドホテルやカサホテルのKTVに行く意味はありません。ナガワールドホテルやカサホテルにはディスコがあり、こっちの方が圧倒的に安く女性とセックスできるため、こうしたホテルではKTVを利用するのではなく、ディスコ(ナイトクラブ)で女性を持ち帰るために行くようにするといいです。

KTVで遊ぶときの注意点

高級KTVによっては、店によっては現役の芸能人が在籍していることもあります。そうした子であると、エッチ代は500ドル(約50,000円)などの料金相場になります。店や女性によって価格相場は大きく異なるため、これらを理解したうえで夜遊びをするといいです。

KTVで遊ぶとき、部屋代などについてはあらかじめ料金が決められています。そのため、わりと明瞭会計です。

しかし、チップの額については相手の言い値です。ここではチップの相場価格についても記載しましたが、これらを参考に渡せば問題ありません。

ただ、日本人であると必ず高い金額をふっかけられます。例えば、高級店でママさんやホステスにチップとして10ドルを渡したにも関わらず、「これでは少ない。30ドル欲しい!」などのように言われることはよくあります。

チップは心づけであるため、あなたが心から満足したのであればそうした金額を支払うといいです。ただ、カンボジアの平均月収は150ドル(約15,000円)です。そのため、チップ10ドルでも実は非常にいいお金だということは理解しておきましょう。

・18:00以降に出向くといい

KTVによっては、昼から開いている店もあります。営業時間は幅広いです。ただ、昼にKTVへ出向いても女性はほとんどいないため、必ず夕方以降に出向くようにしましょう。

18:00以降に行くことでようやく多くの女性が在籍することになります。

プノンペンのKTVで女性をホテルにお持ち帰りしてきた

私がカンボジア・プノンペンで行ったとき、夜遊びをするのは男の義務です。そこで、プノンペンのKTVめぐりをすることにしました。

まずは格安店から見ることにしました。格安店(大衆店)は空港の近くにあるため、市街地にある宿泊先のホテルから1時間ほどかけて出向きます。すると、そこにはネオン輝く怪しい店がいくつも存在し、店先には女性が座っていました。

空港の周辺には、格安店と中級店がいくつも存在します。ただ、残念ながら店先にいる女性たちはやる気がありません。本当なら手を振ってくれたり、ニコッと笑ってくれたりしてアピールしてほしいのですが、そうしたことがまったくないのです。

女性の愛想がよくないのは、カンボジアのKTVに共通しています。プノンペンでは高級店を含め、基本的にどの店も顔を合わせてくれなかったり、携帯電話をいじったりなど、自分の好きなようにしています。

ただ、それにしても格安店はブスが多いです。中には良さそうな子がいるものの、顔に笑顔がないので「この子を指名しても大丈夫なのか?」という不安が湧きあがり、指名するには至りませんでした。

なお、空港近くにあるKTV密集地にはキャバクラレストランもあります。KTVのようにカラオケを楽しむのではなく、レストランの店頭に女性がたくさんいる形式になります。

レストランの値段は非常に安く良心的です。ここはローカル男性が非常に多くいて、かなり賑わっていました。KTVのように席代がかからないのも一つの理由だと思います。女性を指名せずレストランとして利用してもいいし、店頭にいる女性を指名して一緒に食事をしても問題ありません。

店内には多くの客がいて、少ないながらも女性は美人がいました。ただ、そうした美女は既に指名されており、店頭にいる女性は微妙だったので店内に入るのはやめました。

高級店へ出向き、クメール美女を指名する

今回はあまり良さそうな女性がいなかったため、空港から市街地へ移動することにしました。市街地には中級店や高級店のKTVがあります。その中でも、高級KTVを目指すことにしたのです。

このとき出向いたのは、先ほど紹介したPrince KTVです。

高級店となると、内容はかなり豪華です。ろうかや部屋を含め、非常にキレイな内装になっています。

特に最初、非常に広い部屋に通されました。今回は男2人で出向いたため、部屋が広すぎても落ち着きがありません。そのため、小さい部屋を案内してもらいました。ただ、小さい部屋とはいっても、それでもかなりの大きさがあります。

部屋のシステムを説明されましたが、飲み物や食事などで100ドル(約10,000円)以上を頼むと、部屋代は免除されるようです。ただ、100ドルに満たなければ1時間につき50ドル(約5,000円)がチャージされます。要は、ほぼ確実に部屋代が100ドル以上になると考えてください。

また、女性とのセックス代はショート150ドル(約15,000円)、ロング200ドル(約20,000円)と説明されました。事前に部屋代やエッチ代が決まっているため、この部分については明瞭会計です。

そうしてビールを注文しましたが、部屋には2人の部屋係の女性がつき、ビールをつぐなどのお世話をしてくれます。

その後、部屋に女性が来てズラッと並ぶことになりました。ショーアップといいますが、ここから女性を指名することになります。

良さそうな女性がいない場合、「No, thank you.」と言って断れば問題ありません。実際、私は何度も断りました。

ただ、高級KTVであっても良さそうな女性がなかなか現れません。顔はそれなりの良い子であっても、目を合わせてくれないことが多いです。また、他の女性の陰に隠れている子もいます。この子たちは本気で指名されたいと思っているのか微妙です。

しかし、プノンペンのKTVはどこもそのような感じなので、これについては仕方ありません。

通常、愛想の良い子を選ぶのが普通です。ただ、このようにどの女性も笑顔が見られない場合、単純に顔の好みだけで選ぶしかありません。その子が良いかどうかは運次第になるものの、ひとまず好みの女性を選ぶことにしました。

セクハラ攻撃からのお持ち帰り

女性を指名後、隣につきます。お世話係の女性がビールをつぎ、乾杯することになりました。

ひとまず会話をしていると、カラオケをしようということになります。ここは一応、カラオケ店なのでこれは自然の流れです。女性はクメール語の曲を歌っているため、どのような内容なのかわかりません。ただ、KTVでは現地の有名な曲を知ることができます。

カラオケの後、ゲームをすることになりました。サイコロを使った簡単なゲームであり、「サイコロを振って出た目の数が少ない方が飲む」という内容です。

部屋にはケースで注文された大量の瓶ビールがあります。これをすべて消費するのは不可能のように思いましたが、サイコロゲームなので非常に進むテンポが速く、猛スピードでビール瓶が空になっていきました。

それと同時にセクハラ攻撃も忘れません。私が選んだ子も同行者の選んだ子も、あまり愛想は良くなかったでしたが、話をしているうちに少し打ち解けてきました。そこで、服の上から女性の胸を触ります。

ただ、キスはなかなか受け入れてくれません。まずは頬へキスをして、そこから徐々に唇を攻めていきます。これを何回も繰り返していくと、ようやく唇とのフレンチキスまでたどり着きました。クメール美女の唇を奪還した瞬間でした。

なお、店からもらうお金について女性に聞いたところ、店に在籍はしているものの「男性客から指名されたとしても、店側からの給料はまったくない」と教えてくれました。男性からもらうエッチ代が非常に高額であり、一回のセックスで平均月収分を稼げるからのようです。

さて、何時間でも居座ることはできるわけですが、既に1時間半くらい経過したので店を出ることにします。飲み物代は合計107ドル(約10,700円)でした。この料金を支払い、ママさんに10ドル、お世話係の女性に5ドル(二人で5ドルのため、一人2.5ドル)を手渡し、店を出ることにしました。

今回指名した女性はショートで宿泊先のホテルにお持ち帰りします。

タクシーでホテルまで帰った後、ひとまずシャワーを浴びることになります。私は一緒にシャワーを浴びたい人間なので、「Take a shower with me!」と伝え、承諾してくれたので一緒にシャワーを浴びることになりました。

シャワーでペニスの先まで洗ってもらい、その後はベッドインです。一緒にホテルのベッドに寝転がることになりました。

そうして、前戯を始めます。全身を触っていき、ソフトタッチを繰り広げることになりました。5~10分ほどすると、徐々に女性の陰部が濡れてきます。私のペニスを受け入れる準備はできてきました。また、カラオケではキスを避けられていましたが、ベッドの上ではわりと受け入れてくれます。

その後、コンドームを装着してセックスです。既に濡れ濡れのビショビショのため、スムーズに私のちんこは挿入されました。

正常位からバック、そして立ちバックという具体に体位が変わっていきます。立ちバックの状態で女性を後ろからパンパンと突いていると、私の限界が近づいてきます。そして女性の胸をつかんだまま、フィニッシュしました。

シャワーを浴びた後、今回はショートなので女性を帰します。服を着替え、女性に150ドル(約15,000円)を手渡してさよならしました。

KTVはプノンペンの高級な夜遊びになる

カンボジア・プノンペンで風俗遊びをするとき、KTVは非常に高級な夜遊びになります。実際、飲み代やエッチ代を考えると非常に高くなります。

カンボジアの物価から考えるとあり得ない値段であり、日本人でも躊躇する金額です。そのため、プノンペンでの夜遊びを考えるとき、KTVを利用するかどうかはあなたの予算次第です。

ただ、プノンペンで夜遊びするときに最高峰の風俗店であるため、一度は経験してもいいのではと思います。さすがにナガワールドのような「ショート350ドル(約35,000円)の最高級店」のに行く必要はないものの、格安店や中級店、高級店などで良い子がいれば指名するといいです。

高級店になるほど店の内装は豪華になり、女性の容姿も良くなります。ただ、高級店だからといって特に女性の態度が良かったり、サービスが向上したりすることはありません。どれだけ奉仕してくれるのかは完全に女性次第であり、特に店から教育されているわけではないのです。

安く遊ぶのなら格安店(大衆店)や中級店ですが、現地の人の案内がないとうまく遊べないなどハードルは高いです。一方で高級店であれば問題なく遊べます。ただ、高級店はここで体験談を載せたように高額なので、こうしたことを考慮したうえでKTVを利用するようにしましょう。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新情報を確認