オーストラリアは売春が合法であり、風俗店で女性とセックスしたとしても罰せられることはありません。オープンな国柄であり、買春も売春もまったく問題ないのです。

シドニーはオーストラリアの中でも一番の都市であることから、当然のように夜遊びも盛んです。

オーストラリアで夜遊びする場合、シドニーかメルボルンがメインになります。このとき、シドニーではアジア系の売春宿(置屋)が多いという特徴があります。金髪の白人女性に限らず、日本人や韓国人、中国人などのアジア女性とセックスできるのです。

そこで、どのようにしてシドニーでアジア女性が在籍している店舗を探し、エッチするのかについて確認していきます。私もシドニーへ出向いたとき、アジア系の店舗で女性とセックスしたことがあるため、このときの体験談を踏まえて解説していきます。

どこにアジア系の売春宿(置屋)が存在するのか

オーストラリアでは、日本の風俗街のようにある一角に風俗店が乱立しているわけではありません。

シドニーにはキングスクロスという繁華街が存在するものの、規模が小さく非常にショボイです。数店舗のストリップやナイトクラブがあるだけです。新宿・歌舞伎町のような雰囲気を想像しているとガッカリします。

また、キングスクロスが繁華街だとはいっても売春宿の数が多いというわけではありません。そのため、夜遊びする場合はキングスクロス以外を含めて練り歩く必要があります。

それでは、どこに風俗店が存在するのかというと、シドニーでは市内に点在しています。しかも、ビジネス街や一般住宅街の中に存在するため、ピンクのネオンや看板を掲げているわけではありません。普通の民家と同じ感じであり、下手したら看板すらないことがあります。

何も考えずに歩いていると通り過ぎてしまうため、風俗店がどこにあるのか事前に確認する必要があります。

風俗店の探し方

それでは、どのようにして売春宿を見つければいいのかというと、Googleマップを活用します。シドニーの街をGoogleマップで開き、「brothel」と検索します。brothelは売春宿という意味であり、これによって風俗店を検索することができます。

シドニーであれば、以下のような検索結果になります。

このうち、アジア系の店舗であるかどうかについては、店のホームページを見れば分かります。日本人や韓国人、中国人などがメインで掲載されている店はアジア系売春宿です。

例えば、アジア系風俗店のホームページに出向いて風俗嬢の紹介画面をみると以下のような感じになります。アジア女性ばかりであり、国籍も書かれているので間違いなくアジア系風俗店です。

また、この記事でもシドニーに存在するアジア系風俗店を紹介していますが、まとめると以下のようになります。

店名 最寄り駅 入場料
Five Star St James または Kings Cross 必要なし
Kyoto 206 Central 必要なし
Sakura Palace Central 必要なし
Ginza Club Central 必要なし

他にも風俗店は存在するため、もちろんそれらに出向いても問題ありません。

店舗は意外と分かりにくい

なお、日本の風俗店とは大きく異なり、店舗は非常にわかりにくいです。前述の通り、店にピンクの看板があったり、ネオンが輝いていたりするわけではないからです。

こうしたことから、店がどこにあるのか注意深く観察する必要があります。

例えば、以下は「Ginza Club」というアジア系売春宿です。一見すると普通の民家と同じですが、入り口のチャイムを押して店内に入ると、そこには風俗嬢が待機しています。

風俗店が密集しているわけではなく、外観から売春宿(置屋)であると分かりにくいことから、どこに店舗があるのか事前に調べたり、現地でネット検索しながら探したりする必要があります。

なお、白人女性が在籍している店舗に比べると、アジア系風俗店は値段が安いです。例えば、白人女性の店舗であると、30分220ドル(約18,700円)くらいです。

時間によって値段が変わりますが、アジア系風俗店ではザックリと30分140ドル(約11,900円)、45分200ドル(約17,000円)、60分240(約20,400円)ドルだと考えてください。もちろん、女性のレベルや店舗などこれより高い店も存在します。

白人系売春宿に比べると非常に安いです。値段だけを考えると、アジア系風俗店の方が手軽です。

アジア系売春宿への交通手段

それでは、どのようにして移動すればいいのでしょうか。夜遊びをする場合、どのような人であっても自力で行く必要があります。旅行ツアーに参加している場合であればホテルに帰った後、夜遊びをするにしても添乗員が付いてくるわけではないため、自ら出向く必要があるのです。

オーストラリアではどのようにするかというと、シドニーは地下鉄での移動がメインです。このとき、OPALカードを活用するといいです。

日本のSUICAやPASMOと同じようなプリペイド式カードがOPALカードです。シドニー近郊でしか使えませんが、電車を活用するときは非常に重宝します。

注意点として、お金が余っても返金されないので高額のお金をチャージしないようにする必要があります。

また、シドニーでは日本のように地下鉄が発達していません。地下鉄の駅と売春宿は微妙に距離が離れていることが多いため、駅から少し歩く必要があります。

なお、公共交通機関を使うのが面倒な場合、タクシーを活用して出向いても問題ありません。白人系やアジア系を含め、オーストラリア・シドニーへ出向いたときは必ずこれらの風俗店を経験してみてください。

アジア系風俗店で遊ぶときの手順

それでは、実際にオーストラリアの風俗店に出向いたときはどのようにして夜遊びをすればいいのでしょうか。

シドニーにあるアジア系風俗店の場合、昼に出向いてもいいし夜に店を訪れても問題ありません。ただ、白人よりもアジア系女性の方が濃厚サービスを提供してくれることが多く、さらには料金も手ごろのため、シドニーのアジア系風俗店は非常に人気です。

そのため、当日の女性の在籍数が多かったとしても、予約状況やタイミングによっては選べる風俗嬢の数が少ないことは想定しておく必要があります。

また、行きたい店は適当に決めて行けば問題ありません。予約する場合なら確実に遊べますが、オーストラリアで電話予約するとなると英語になるので非常にハードルが高いです。また、パネルを見て選ぶことになるため、これでは日本の風俗店と同じです。

そこで私の場合、「実物を見て選びたい」「自分の英語力が乏しいので、そもそも予約ができない」という理由から、シドニーに行ったときは予約なしで店を回りました。ただ、これでも問題なく楽しむことができました。

たとえ店を決めていったとしても、たまたま選べる女性の数が少なかったり、好みの女性がいなかったりすることはよくあります。そのため、あまり深く考えずに店をランダムに選んで入ってみるといいです。

女性が顔見せしてくるため、気になる子がいれば指名する

店には必ずドアが閉められています。そのため、ドアの前にあるベルを鳴らさなければいけません。チャイムを鳴らせば、店のスタッフが迎えてくれます。

ほとんどの店で最初に「Booking?(予約はしていますか)」と聞かれます。私の場合、飛び込みでしか入っていないのでどの店でも「No.」と答えました。ただ、そうした店であっても問題なく女性を見せてくれました。

店内に入った後、部屋の一室に連れていかれます。ここで女性が顔見せをしてくれます。白人系売春宿の場合、わりと至近距離まで近づいてくれて自己紹介やアピールをしてくれます。ただ、なぜかアジア系風俗店ではそのようなことがなく、一人ずつ軽く顔見せをして去っていく形式です。

微妙に遠くから顔を眺めるだけであり、女性の国籍や名前などはスタッフが教えてくれることが多いです。白人系売春宿とは顔見せのシステムが若干異なります。

在籍している女性の顔見せが終わったら、最後にスタッフが「どの子を選ぶ?」と聞いてきます。このとき、気になった子がいれば名前を告げれば問題ありません。

または、出てきた順番を告げてもいいです。「Second girl. Chinese girl.(二番目に出てきた中国人女性がいい)」などのように言うのです。ひとまず、どの女性を指名したいのか伝われば問題ありません。

もし、気になった子がいなければ退出しましょう。「Sorry. No thank you.(ごめんなさい。選びません)」と伝えれば何も問題なく出口まで連れて行ってくれます。女性を見るだけは無料であり、このときに入場料を取られることはありません。

これを繰り返し、何店舗も練り歩くことでようやく好みのアジア女性を見つけられるようになります。

指名後はセックスをして楽しむ

女性を指名した後はエッチを楽しむだけです。女性に先導してもらい、部屋まで行ってセックスするようにしましょう。

前述の通り、シドニーでは白人系売春宿よりも、アジア系風俗店に在籍している人の方が濃厚サービスを提供してくれます。要は、恋人のように接してくれるのです。

そうしたこともあり、オーストラリア・シドニーではアジア系の売春宿(置屋)が栄えています。

オーストラリアに出向いたとき、売春宿は早朝5:00まで空いているなど、非常に遅くまで営業している店舗が多いため深夜であっても問題なく行くことができます。

シドニーで宿を取っている場合、たとえツアーでの旅行でホテルに帰るのが夜遅くになったとしても、そこから風俗店に行けば問題ありません。シドニーで働いているアジア女性があなたと出迎えてくれるはずです。

シドニーのアジア系売春宿でエッチした体験談

私がオーストラリア・シドニーに出向いたとき、アジア系風俗店に行ったことがあります。このときは中国人の女性とエッチしました。

オーストラリアに行って、白人女性とセックスせずに何をしているのだと思われそうですが、それまで白人女性とは売春宿で何度もエッチしていました。そのため、調査を含めアジア系風俗店へ行くことにしたのです。

このときは昼にCentral駅へ行き、そこから徒歩で売春宿へ行くことにしました。最初に出向いたのは「Sakura Palace」というアジア系風俗店です。

ドア近くにあるベルを鳴らすと、アジア系の女性スタッフが出迎えてくれました。

白人系風俗店の場合、受付の人はほぼ白人です。ただ、アジア系風俗店の場合、受付の人は同じアジア系の人になります。

店内に入ると、「Booking?(予約していますか)」と聞かれます。アジア系風俗店では、予約があるかどうかほとんどで聞かれます。「No.」と答え、入り口のすぐ隣にあるイスに座らせてもらいました。

ただ、「Only two girl. Very busy.(いまは忙しく、女性を二人しか見せれない)」といわれました。平日の昼間というのに、どうやらかなり繁盛しているようです。実際、私が入店したすぐ後に韓国系の男性客が一人入ってきました。

そこで、二人だけでもいいので女性を見せてもらうことにしました。

最初の子は中国人であり、二番目の子はタイ人です。女の子は少し顔を出した後、すぐに後ろを向いて帰っていきます。国籍や名前はスタッフの人が教えてくれました。

ただ、今回は微妙だったのでパスします。そのまま、店を出ることにしました。

「Kyoto 206」「Ginza Club」などを回る

店を出た後は他の店に行くことにしました。このとき、地図を見ながらKyoto 206という店を目指しました。先ほどの店から徒歩10分ほどで到着します。

店舗に入ると、同じようにアジア系のスタッフに出迎えられます。予約していないことを伝え、部屋に通されてイスに座ります。

このときは3人の女性が軽くあいさつをしに来ました。

ただ、ここでも微妙だったので退店し、他の店を目指します。10~15分ほど歩き、Ginza Clubという店に行きました。

この店舗は看板がなく、普通の一軒家のような雰囲気なので住所を含めよく確認しないと分からない店でした。

ベルを鳴らしてもスタッフが来ることはありません。その代わり、「ビー」という音が鳴るのでそのタイミングに合わせてドアを押すと、店の中に入ることができました。

風俗店ということもあり、建物の中はピンク色をしています。

廊下を歩いて受付にいくと、アジア系の男性スタッフがコンビニ弁当を食べている途中でした。予約していないことを告げると、「One Korean available.(一人の韓国女性なら可能だよ)」といいます。

ただ、見せるにはもう少し時間がかかるといわれたので、「一人しかいまは見れないし、他に行こう」と考え、そのまま店を出ることにしました。

Five Starへ向かい、中国人美女と遭遇する

Ginza Clubを出た後、移動するためにCentral駅へ向かうことにしました。ここから電車に乗り、他の駅へ行きます。

St James駅で降り、同じようにアジア系売春宿として運営されているFive Starを目指します。駅から微妙に離れた場所にあるため、10~15分ほど歩く必要があります。

そうすると、木に囲まれた非常にわかりづらい場所にFive Starの店舗がありました。木でドアが隠されているため、店舗の前に立ったとしても外からは見えづらくなっています。

ドアのベルを鳴らすと、中国人の男性スタッフが出迎えてくれました。入ったとき、中国人と勘違いされて男性スタッフに中国語で話しかけられましたが、私が中国人でないとわかると、すぐに英語に切り替えてくれました。

他の店舗と同じように、部屋の一室に通されてイスに座ります。そうして待っていると、女性が顔見せをしに順に来てくれました。

この日は昼に風俗店を見て回ったわけですが、Five Starは他の店よりも多く7人の女性があいさつしてくれました。

「2番目にあいさつした女性」と「最後にあいさつした女性」が非常に美人だったため、私はそのどちらかにしようと決めました。

ただ、スタッフは「最初の女性は台湾出身で年齢も若く非常にいい。期間限定の勤務だ。最後の子はいつでもいるので、最初の台湾女性はどうだ」とプッシュしてきます。しかし、最初の子はあまり私の好みではなかったため、二番目の子か最後の子にすることにしました。このときは30分でのプレイです。

すると、「Second girl, 160 dollar. Last girl, 170 dollar.(二番目の子は160ドルで、最後の子は170ドルだ)」と言ってきました。風俗嬢によって多少、値段が異なるようです。

そこで、最も顔がタイプだった最後にあいさつした中国人女性を指名することにしました。男性スタッフに総額170ドル(約14,450円)をここで支払うことになります。

中国美女とベッドで濃密な時間を過ごす

お金を支払った後、指名した女性が現れたので一緒に手をつないでベッドルームへ行きます。

その後、シャワーを浴びることになるのですが、このとき裸になった後は一緒にシャワーを浴びることになりました。

白人系の店舗では、基本的に別々にシャワーを浴びます。ただ、今回の中国美女はこちらから何も言っていないのに手をつないでシャワー室まで導いてくれ、私の脇やペニスを隅々まで洗ってくれました。また、積極的に抱きついてくれるため、それだけでチンコに大量の血液が集まりそうになります。

セックスする前から恋人のように接してくれるため、非常に期待が高まります。

シャワーが終わりお互いに体を拭いた後、ベッドに寝転がります。まずは裸のまま、お互いにイチャイチャします。乳首をなめたり、キスをしたりして気分を高めます。指入れをしてマンコの状態を確かめることも忘れません。

その後、フェラチオになります。このときは生フェラでした。白人系の店を利用すれば、フェラチオはどれもゴムフェラです。ただ、中国美女は生フェラで私のチンコを刺激してくれました。

オーストラリアで初の生フェラをされた私のペニスは非常に硬くなります。その状態のまま、ゴム(コンドーム)を装着して騎乗位でセックスすることになりました。

単なる騎乗位とは異なり、微妙に腰を浮かして気持ちいい刺激をしてきます。すぐにイキそうになってしまったため、騎乗位だけで果てないように精神統一するようにしました。

その後、正常位に移ります。騎乗位のときに既に興奮が高まっていたため、正常位で付いているとほどなくして射精することになりました。

恋人のように接してくれるため、射精した後も一緒に余韻を楽しんでくれます。

ただ、この女性は英語をまったく話せません。「How long do you live in Sydney.(どれくらいシドニーに住んでいるの?)」などの英語も理解してくれません。

しかし、愛想は非常に良いです。また、「中国語を英語に翻訳してくれるアプリ」を活用し、「この4月に日本に行って、桜を見てキレイだった」と私に伝えてくれるなどコミュニケーションを取ろうとしてくれました。

また、シャワーを浴びるために立ち上がったとき、後ろから抱きついてくれるなど非常にかわいらいしい行動をしてくれる女性です。

私は中学英語しか扱えませんが、それ以上に女性側の英語力が乏しかったため、なぜシドニーで働いているのかなど詳しいことを聞き出すことはできませんでした。ただ、セックス自体は非常に満足できるものでした。

その後、服を着るのも女性に手伝ってもらい、手をつないでドアまで移動することになります。そうして、最後のお別れをして店を出ることになります。

このようにして、オーストラリア・シドニーでアジア系売春宿を体験し、満足することができました。

シドニーへ来たのであれば、まずは白人の金髪美女とエッチすることをお勧めします。ただ、シドニーにはアジア系の風俗店も多く、白人系売春宿よりも値段が安く、濃密なプレイをしてくれます。

「オーストラリア旅行で連日白人系の売春宿へ出向き、金髪女性とのセックスに飽きた」「オーストラリアの風俗店で働くアジア人の調査をしたい」などの理由により、アジア系売春宿に興味をもった場合は出向いてみてください。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには