オーストラリアでの夜遊び情報は非常に少ないですが、オーストラリアであっても問題なく風俗店が存在します。青い目をした金髪美女とセックスすることができるのです。

オーストラリアの風俗で最も盛んなのはシドニーです。オーストラリア一番の都市であるため、これはある意味当然だといえます。

それでは、どのようにしてシドニーで夜遊びをすればいいのでしょうか。ここでは、オーストラリア・シドニーで白人の金髪女性とエッチする方法について確認していきます。

繁華街・キングスクロスはかなりショボイ

シドニーではキングスクロスと呼ばれる繁華街が有名です。南半球最大の繁華街と呼ばれます。

ただ、実際にキングスクロスに行ってみると非常にガッカリします。新宿・歌舞伎町や東京・吉原などとは比較にならないほど規模が小さいです。

どちらかというと、日本のちょっとした商店街の方が栄えています。南半球最大という名前はあっても、実際のところ行く価値はあまりないかもしれません。以下が実際のキングスクロスの繁華街です。小さい商店街のような感じです。

ストリップの店はあるため、こうしたところで遊びたい人は行っても問題ありません。ただ、アダルト系の店舗が歌舞伎町のように密集しているわけではなく、何店舗かあるだけです。

繁華街では治安が悪くなるものの、規模が非常に小さいのでキングスクロスはまったく危なくありません。オーストラリアは先進国で非常に治安が良く、キングスクロスがショボイこともあり、治安は良好です。

白人美女とエッチするにはどうすればいいのか

繁華街であれば、女性とエッチできる店が乱立しているようなイメージを思い浮かべてしまいます。オーストラリアで売春は合法なので、街中に夜の店がたくさん出ていても問題ありません。

しかし、実際のところどうかというと、繁華街と呼ばれるキングスクロスで売春宿(置屋)が乱立しているわけではありません。

それでは、夜遊びをするためには必要な店の場所はどうやって調べればいいのでしょうか。

シドニーの風俗店は密集しているわけではなく、市内に散らばっています。普通のビジネス街や住宅街の一角にポツンと売春宿(置屋)があるというイメージです。

店がどこにあるのか調べる方法は簡単であり、Googleマップでシドニーの街を出した後に「brothel」と検索するだけです。brothelは「売春宿」という意味であり、シドニーに存在する風俗店が検索結果に出てきます。

見てわかる通り、風俗店が点在していることがわかります。シドニーで夜遊びする場合、これらの風俗店に出向く必要があります。

アジア系とヨーロッパ系の店舗が存在する

メルボルンの風俗店であれば、ほとんどが白人系(ヨーロッパ系)の店です。ここには、オーストラリア人(白人女性)が主に在籍しています。たまに黒人やラテン系など、白人以外の女性が在籍していることもあります。

オーストラリアは移民が多く、多種多様な人種が混在しています。そのため、さまざまな女性とエッチすることができるのです。

ただ、シドニーではアジア系の風俗店がたくさんあります。そのため、白人女性とエッチすることを目的している場合はあらかじめ店を選ばなければいけません。

見分け方としては、店のホームページを見るしかありません。アジア系の店舗であれば、日本人や韓国人、中国人などアジア女性ばかりが在籍しています。一方で白人系の売春宿(置屋)では、白人の写真ばかり掲載されているのでわかりやすいです。

例えば、以下はThe New Golden Appleのサイトです。白人の女性たちが掲載されており、名前も「Bell」「Lucy」などのような表記であることから、白人系の女性が在籍している風俗店であることがわかります。

また、今回のページでも白人系の店舗を紹介するのでそれを参考にしても問題ありません。シドニーの白人系売春宿をまとめると、以下のようになります。

店名 最寄り駅 入場料
The New Golden Apple Kings Kross 必要:最初に総額を支払う
Liaisons Edgecliff 必要なし
Tiffany’s Central 必要なし
Black Cat Central 必要なし

これらの他にも白人系の売春宿は多数存在するため、それらを活用しても問題ありません。

店舗は意外と分かりにくい

風俗店というと、ピンクのネオンが輝いているように思います。ただ、前述の通りシドニーの売春宿はビジネス街や普通の民家の中に存在するため、必ずしもピンクのネオンがあるわけではありません。

どちらかというと、普通の家のようなので一見すると風俗店だとわかりません。例えば、以下の写真は風俗店ですが、看板すらなく売春宿であるとまったく分からないと思います。

こうしたことから、事前に店の場所(住所)などをきちんと把握しておく必要があります。事前情報なしにオーストラリア・シドニーで夜遊びしてもいいですが、店舗の場所を把握しておくとよりスムーズに白人美女とのセックスを楽しむことができます。

なお、日本と同じように時間によって料金が分かれます。30分、45分、60分と時間が長くなるにつれて値段が高額になります。

ただ、日本のようにタイマーがあるわけではなく、一度射精したらそこで終了です。そのため、遅漏でない限りは30分で問題ありません。

シドニーの交通手段

それでは、シドニーの交通手段としては何があるのでしょうか。夜遊びをする場合、移動手段を理解しておくことは必須です。

旅行ツアーに参加している場合、バスや車に乗っていれば勝手に目的地へ連れて行ってくれます。ただ、風俗店へ行く場合は自らの力で出向く必要があります。まさか、ツアーの添乗員に対して「夜遊びしたいので風俗店まで連れていってほしい」とはいえません。そこで、交通手段を理解しておく必要があります。

オーストラリア・シドニーの場合は地下鉄での移動がメインになります。ただ、日本の地下鉄のように発達しているわけではなく、駅から風俗店へ行くときは微妙に歩く必要があることは理解しておく必要があります。

このとき使うべきものとして、OPALカードがあります。日本にはSUICAやPASMOなどの電子マネーがあり、これのシドニー版がOPALカードです。空港や地下鉄、コンビニなどあらゆる店舗で購入できます。

注意点として、OPALカードにチャージしたお金は返金できません。厳密にいえば可能ですが、オーストラリアに住所が必要だったり、郵送である必要があったりします。現実的に旅行者は返金することができないため、多くの金額をチャージしすぎないようにしましょう。

私の場合、日本へ帰国するときにOPALカードに13ドルも残っていました。これは非常にもったいないため、少額ずつチャージするといいです。

乗車駅や降車駅、乗り換えを調べる方法

それでは、どのようにして地下鉄での乗車駅や降車駅を調べればいいのでしょうか。当然ながら、何も情報がない状態であると、どの電車に乗ればいいのか分かりません。

そこで、ここでもGoogleマップを活用しましょう。目的地をタップした後、「経路」などのボタンを押せば問題なく行き方を指し示してくれます。

例えば、以下は私がキングスクロスにいたとき、そこからBlack Catという風俗店へ出向いたときの検索結果です。

これを見れば、「Kings Cross駅から1番線に乗り、Central駅で降車すればいい」ことがわかります。また、いまいる場所から15分で目的地に到着できることもわかります。ネットを活用すれば、問題なく現地の地下鉄を利用することができます。

もちろん、面倒であればタクシーを利用しても問題ありません。ただ、公共交通機関を利用して安く済ませたい場合は電車を利用するといいです。駅から降りた後、地図を頼りに風俗店まで歩いて行くのです。

風俗店で遊ぶときの流れ

ただ、実際に風俗店で遊ぶときはどのようになるのか不安です。そうしたとき、シドニーの風俗店ではどのような流れで白人女性を指名し、セックスできるようになるのか把握しておくといいです。

シドニーやメルボルンの風俗店であっても、基本的な流れは同じです。まず、風俗店のドアにチャイムがあるのでピンポンと鳴らします。ドアを開けてくれるため、そこから入るとスタッフが出迎えてくれた後、イスのある小さな部屋に通されます。

その後、待機している女性が順にあいさつをしに来ます。「キスを含め、最高のサービスをするわ」など、英語ですがいろいろアピールしてくれます。

女性からは「Where are you from?(どこの出身なの?)」と質問してくるなど、コミュニケーションを取ろうとしてくるので返答するようにしましょう。最後に「Any question?(何か質問はある?)」と聞いてくるため、何もなければ「No.」と返せばいいです。

このとき、必ず名前を言ってくれるので覚えておくようにしましょう。最後にスタッフの人が現れて「どの女性を選びたいか」と聞いてきます。このとき、女性の名前をスタッフに伝える必要があるからです。

ただ、私は記憶力があまりよくないため、女性の名前を忘れることがしばしばありました。そうしたとき、「I want to choose forth girl.(四番目の女性がいい)」などのように、出てきた順番で指名したことがあります。これであっても、問題なく指名できます。

また、気になった女性がいない場合は断れば問題ありません。「Sorry. No thank you.(ごめんなさい。今回は選びません)」と告げれば、出口まで案内してくれます。嫌そうな顔はされません。

基本的にはランダムに風俗店を訪れるといい

女性を見せてもらうのは基本的に無料です。また、あなたが気に入る女性が現れるかどうかは曜日や時間、予約状況によるので一概にはいえません。運による影響が大きいため、どの店舗で遊ぼうか事前に考えるのはあまり意味がありません。

それよりも、ある程度ランダムで売春宿を回るようにするといいです。良さそうな女性が現れたときは選べばいいし、微妙であれば退出して他の店舗へ行くようにするのです。

ただ、稀にではありますが入店するときに先払いする必要のある店舗が存在します。「The New Golden Apple」という白人系の店舗がこれに該当しますが、こうした店以外であれば女性を無料で見れるので気軽にチャイムを鳴らして店に入れば問題ありません。

また、入場料を支払うのが嫌な場合は店に入る前に断っても大丈夫です。

女性を指名した後、あとはセックスするだけです。ベッドルームまで行き、シャワーを浴びた後に白人女性とセックスすれば問題ありません。

シドニーの風俗店は遅くまで開いている

なお、夜遊びをするときに気になるのは店舗の営業時間です。出向いたにも関わらず、店舗が閉まっていては意味がありません。

メルボルンの売春宿とも共通していますが、シドニーの風俗店は朝5:00など非常に遅くまで空いていることが多いです。そのため、たとえシドニーでホテルに帰ってくる時間が遅かったとしても、そこから夜遊びのために風俗店まで出向けば問題ありません。

白人女性と一夜を共にできる機会は少ないです。男性である以上、オーストラリアに出向いて普通の観光だけを楽しんでいては意味がありません。

ビジネス出張であれ観光であれ、そのような内容の薄い海外での滞在をしている場合ではないのです。シドニーへ出向いたとき、夜遅くであっても風俗店が開いているので必ず出向くようにしてみてください。

なお、シドニーの風俗店は昼であっても問題なく女性が在籍しています。タイミングによっては在籍数が少ないことはあるものの、基本的には昼であっても風俗遊びが可能です。

売春宿で金髪の白人女性とのセックス体験談

私がオーストラリアに出向いたとき、当然ながらシドニー滞在中に夜遊びをしました。このときの体験談について述べていきます。

まず、前述の通りGoogleマップを開いて「brothel」と入力して検索します。その中から出てきた風俗店へ出向くようにしたのです。

私はキングスクロスの近くに宿を取っていました。ただ、繁華街としてキングスクロスが非常にショボイことに失望し、ストリップなどには行かず売春宿を目指すことにしました。もちろん、目的は金髪女性とエッチすることです。

このときはキングスクロスの隣にある駅(Edgecliff駅)に行き、「Liaisons」という売春宿を目指すことにしました。

駅を降りた後、Liaisonsへ行くためには少し歩く必要があります。そうして5~10分ほど歩いたら、普通の民家のような場所につきました。ピンクのネオンや看板などは何もなく、一見すると風俗店であるとまったく分かりません。

ただ、住所は間違いなくここで合っています。また、玄関には監視カメラがあるため、おそらくここだろうと考えて玄関のチャイムを鳴らすことにしました。

そうすると、女性スタッフが現れて中に通してくれます。「Go this way.(ここを行ってね)」と案内され、イスのある小さな部屋に通されます。「First time here.(ここは初めてだ)」と伝え、スタッフから料金の説明を受けました。

料金は30分220ドル(約18,700円)、45分300ドル(約25,500円)、60分350ドル(約29,750円)です。

おばちゃんスタッフが出て行ったあと、女性が順にドアから入ってきてあいさつをします。

このときは自己紹介をして私に質問をしてくる女性がいれば、「Hi. Nice to meet you.(はじめまして)」とだけ述べ、5秒ほどで帰っていく女性もいました。

この中でも、二番目に来た女性は非常に美人でした。ただ、わりとそっけない態度だったのが気になります。風俗遊びでは女性の態度も重要になるため、今回はパスすることにしました。最後に受付の女性スタッフに断りを入れ、退出することにしたのです。

キングスクロスに戻り、別の売春宿を目指す

ただ、夜遊びをせずにホテルへ帰るわけにはいきません。そこで、他の売春宿(置屋)へ行くことにしました。このときはキングスクロスの近くにある「The New Golden Apple」を目指すことにしました。

店は駅からわりと近く、キングスクロス駅を降りて歩いて5分以内に到着します。

店には看板があるものの、ピンクのネオンがギラギラと輝いているわけではないため、やはり分かりにくいです。何も考えずに歩いていると通り過ぎてしまうため、地図を見て確認しながら行く必要があります。

The New Golden Appleの場合、前述の通り「入場料が必要」という点が他の店と大きく異なります。

まず、店に入った後に受付でプレイ時間を選びます。受付に値段が書かれてあるため、それを見ながら選ぶことになります。私の場合、30分コースを選びましたが220ドル(約18,700円)でした。

受付で総額を支払う必要があったため、強制的にエッチする女性をこの店で選ぶことになりました。

このとき総額を支払った後、次回の割引券(50%OFF)」と「女性に渡すためのお金」を受付のおばちゃんから渡されました。割引券は有効期限(1ヵ月ほど)があり、日本へ帰国する関係で利用することはないですが、シドニー在住の人は重宝するアイテムとなります。

なお、最初にお金を支払うシステムであるためか、イスに座って女性が順にドアを開けてあいさつに来るパターンではありません。店内には指名できる女性が座っており、その中から選ぶことができます。

イスには9人ほどの女性が座っており、女性たちに私は囲まれることになります。女性に飲み物を聞かれたため、ひとまずビールをお願いすることにしました。女性の一人が席を立ち、私のためにビール瓶をもってきてくれました。

女性たちは順に名前を言って私にあいさつしてきます。あいさつが終わった後、好きなように話をすることができます。

ただ、私の英語力は乏しいので自由自在に女性と話せるわけではありません。中学英語しか無理です。

そこで、隣の美女に店のシステムを聞いたところ、「指名したら上の階に上がってセックスするだけよ」といわれました。

その説明をしてくれた女性は美形であり、若そうな金髪美女です。そこで、「Choose you.(君を選びたい)」と述べ、そのまま女性を指名することにしました。

指名後、金髪美女とセックスをする

女性を指名した後、女性はエッチするために席を立ちました。数分後、準備を終えて変装した格好で現れます。そうして、私は女性と一緒に上の階に上がることになりました。

階段を上り、三階まで移動します。先進国・オーストラリアなので案内される部屋はどれもキレイです。

部屋に入ると、まずは服を脱いでシャワーを浴びることになります。このとき、女性が先にシャワーの水を出して温かいお湯にしてくれていたため、そのままシャワーを浴びることになりました。

私がシャワーから出たとき、白人女性は裸のままベッドで横たわっていました。「Come here.(ここに来て)」といわれたため、私はタオルを剥ぎ取って吸い寄せられるように金髪女性の横へ行くことになります。

このとき軽く会話をしたところ、22歳のようです。学生ではなく、いまは働いています。看護師のようであり、病院に勤務していると話してくれました。メルボルン出身だが、いまはシドニーに2年間ほど住んでいるようです。

この日は休みだったのかどうか分かりませんが、ひとまずエロ看護師であることだけは分かりました。今回はオーストラリア人の中でも、現役看護師にエッチしてもらうことになりました。

女性とコミュニケーションを取った後は本格的なエッチに移ります。Dカップはあるであろう、それなりに大きな胸を女性は私の顔に押し付けてきます。窒息しそうになりながらも、私は乳首を吸い上げるなどして応戦することにしました。

指入れを含め前戯をした後、フェラチオに移ります。このときは女性がゴム(コンドーム)を口にくわえ、ゴムフェラでスタートすることになりました。

フェラチオによってペニスがギンギンになった後、騎乗位で女性が乗っかってきました。腰を振りながら、私のそそり立ったチンコを刺激してきます。

その後は正常位に移ります。金髪女性の顔を見ながら、またキスをしながら腰を振ることになりました。

また、正常位の後は「You like doggy?(バックはどう?)」と聞いてくるため、バックに移ります。英語でバックのことをdoggy(ドギー)と呼び、犬のような形でのセックスなのでこのように呼ばれます。

バックの体勢でいると、私の射精感が高まってきます。そうして、女性の中で果てることになりました。

セックスが終わった後、再びシャワーを浴びることになります。私が先にシャワーを浴び、その後に女性がシャワーを浴びました。オーストラリアの風俗では、基本的に一回射精したらそこで終了です。

このようにしてエッチが終わった後、女性と手をつないで店のドアまで送ってもらいます。ドアまで来たら、バイバイしてお別れました。

昼であっても問題なく遊ぶことができる

このようにして、The New Golden Appleでの夜遊びが終わりました。この店では、最初に総額を支払う必要があります。ただ、別の日に他の店を回りましたが基本的にどの店も女性を見るだけなら無料であり、女性が微妙な場合は断っても問題ありませんでした。

また、シドニーの風俗は昼であっても遊ぶことができます。もちろん時間やタイミングによっては女性の数が少ないものの、何店舗か回れば好みの女性を見つけることができます。

例えば、私は昼に「Tiffany’s」という白人系の店に出向きましたが、このときは7人くらいの女性があいさつしてくれました。女性を見るだけなら無料であり、あいさつしてくれた女性の中には黒人もいました。

ただ、在籍していた女性の顔や年齢が微妙だったのでこのときはパスしました。

また、ついでに近くにあるBlack Catという店があったため、ここでも女性を見ることにしました。女性を見るだけなら無料の店舗です。

ただ、店のチャイムを鳴らしてスタッフが現れたとき、「There are two bigger girl. Do you like bigger girl?(いまは太った女性しかいない。太めの女性は好きですか)」と聞かれました。

私は太ったデブ女性に興味がなかったため、「No.」と答えました。そのため、店に入るまでもなくドアで帰されました。タイミングによっては、このようなこともあります。

いずれにしても、昼であっても夜であってもシドニーでは風俗遊びを楽しむことができます。

シドニーに出向いたとき、オペラハウスなどの観光スポットを見学した後は売春宿(置屋)へ出向いてみてください。夜遊びまで楽しむことで、ようやくオーストラリアを満喫したといえます。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには