cafe

セックスの際に用いられるアダルトグッズとして人気なのが「バイブレーター(通称バイブ)」です。バイブはスイッチを入れると振動し、振動している部分を女性のさまざまな部位にあてることで、刺激を与えることができます。

バイブは単純にいえば、振動するだけのものです。しかしバイブの使い方を知ることで、セックス中にさまざまなプレイを行うことができるようになります。

ここでは、バイブの効果的な使い方について紹介します。

最初の段階では、少しずつバイブをあてる

セックスはいきなり激しく行わず、徐々に激しいプレイへと変化させるのが基本です。これはバイブを使うときにも当てはまります。最初からバイブの振動を強く女性に与えるのではなく、最初は弱い振動を女性に与えるようにします

多くの男性は、バイブを「女性の性器や乳首にあてて使うもの」と考えがちです。しかし、「うなじ」や「耳元」にあてるのも効果的です。

うなじや耳元は女性が感じやすい部分で、バイブをあてると女性が気持ち良さそうにしてくれます。このときバイブを強く押し付けるのではなく、バイブの振動部が軽く触れる程度の強さで刺激します。

バイブによっては振動の強さを変えられるタイプがあります。こうしたタイプのバイブを使う場合、最初は弱めの振動で使うと良いです。

うなじや耳元を責めて、女性が気持ち良さそうに感じてきたら、「乳首」を責めていきます。乳首にバイブを優しくあてたり、少しあてて離したりすることで、「焦らし」の効果を与えることができます。女性は焦らされると、「もっと積極的に責めてほしい」と考えるようになり、性欲が高まるのです。

女性を寝かせて、積極的にバイブをあてる

セックスの前戯では、女性がベッドに座った状態で愛撫やバイブでの刺激を行うことが多いです。ただ、徐々に女性が気持ちよくなってきたら女性を寝かせて、より積極的にバイブをあてるようにします。

女性が仰向けになった状態で乳首にバイブを強めにあてたり、身体を這わすようにしてバイブを使ったりするのは効果的です。このときに女性の股を開かせるなど、女性が「恥ずかしい」と感じるような体勢で責めると、より女性の興奮度合いが高まります

バイブが「ディルド型」という男性器の形をしたタイプなら、バイブを女性に舐めさせてあげるのも効果的です。このとき、自分の男性器は女性に舐めさせてはいけません。本物のペニスではなくバイブを女性に舐めさせると、女性は「バイブも良いけれど、あなたのペニスを舐めたい」と思うようになります。

また、片方の手でバイブをあてながら、もう一方の手で女性の身体を愛撫するのも効果的です。バイブと手による「2種類の刺激」を女性に加えることができます。

さらにこのとき、「言葉責め」をするのもお勧めです。「すごい濡れてきてるね」、「アソコ(女性の陰部)が震えてるよ」、「まだ挿入はしないよ」のような言葉を女性にかけることで、女性はさらに興奮します。ただ、言葉責めを好まない女性もいるため、様子を見ながら声をかけましょう。

こうして女性が興奮してきたら、より本格的なプレイへ移行します。

女性器にバイブをあてて、さらに女性を刺激する

ここまでの段階では、女性器をバイブで刺激することはしません。女性の興奮が高まったところで初めて女性器への責めを始めます。

ただ、ここでも焦らしを入れることが大切です。いきなり女性器にバイブを入れるのではなく、「太もも」から責めるようにしましょう。太ももの足に近いところから、徐々に女性器にバイブを近づけるようにします。すると女性は「いよいよ女性器に近付いてきた」と、ドキドキした気持ちを感じるようになります。

女性器周辺の太ももは、丁寧に責めるようにしましょう。太ももの付け根の部分は、とくに女性が感じやすいです。太ももの付け根の筋に沿ってバイブをあてながら責めていきます。

こうして女性器の周辺部分を十分に責めたら、女性器の中にバイブを挿入します。バイブの振動に加えて、手でもバイブを出し入れしたり、クリトリスを指で責めたりすると、さらに効果的に刺激を与えることができます。

バイブを挿入しながら、女性にフェラチオをさせるのも良いです。シックスナインの体勢(女性器に男性の頭が、女性の頭に男性器がくるように男女が重なる体勢)になり、女性にフェラチオをしてもらいます。そして男性は、女性器をバイブで責めるようにします。

本物のペニスを欲しがっていた女性は、ここでさらに興奮してくれます。そして女性は、「早くセックスをしたい」と考えるようになります。

ここまでの段階で女性を十分に責めることができていれば、女性器から愛液(女性器から出る透明な液体)がたくさん出ているはずです。その後、自分のペニスを女性器に挿入して、熱いセックスを楽しみましょう。

なお、セックス中にバイブを使うのも良いです。セックスで腰を動かしていると、手を使った乳首などへの責めを忘れてしまいがちです。しかしバイブなら電動のため、女性の乳首にしっかりと刺激を与えることができます。

バイブは以上のようにして使います。バイブを有効活用することで、よりセックスの責め方が幅広いものになります。まだバイブを使ったことがない人も、普段同じセックスの方法しか行っていない人も、バイブを活用してセックスをさらに楽しんでください。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認