hukei-2

宇都宮市は栃木県の中心的存在としてにぎわう都市です。飲食店やショッピングセンターのほかに風俗店も建ち並んでいますが、その歴史は江戸時代(1603~1868年)から始まりました。

ここでは、栃木県・宇都宮における風俗街の歴史について紹介します。

江戸時代から宿場町(しゅくばまち)として発展

江戸時代の中心的な都市は江戸で、全国各地から江戸に訪れる人が多くいました。宇都宮は江戸に向かう途中に通過する人が多かったため、宿泊施設がたくさん営業されるようになりました。当時は宿泊施設を中心とする街を「宿場町(しゅくばまち)」と呼びました。

当時の宇都宮には、「日光街道(にっこうかいどう)」という大きな街道が通っていました。江戸時代には「五街道(ごかいどう)」と呼ばれた主要な道があり、日光街道はそのひとつでした。

日光街道は現在の東京都中央区日本橋である「江戸日本橋」という場所から、現在の栃木県日光市山内にあたる「日光坊中(にっこうぼうちゅう)」という場所を結んでいました。日光街道を通行する人は非常に多く、宇都宮の宿場町もこれにともなって発展しました。

宿場町では女性スタッフが食事を提供してくれました。当時は宿同士の競争が激しかったため、より良いサービスを提供するために、「宿の女性とセックスを行えるサービス」を提供する宿が出てきました。そしてそれが広まり、宿場町は風俗街として発展するようになりました。

当時、ほかの地域にも宿場町は存在しており、宇都宮と同様に風俗街として発展していました。宿で男性客とセックスをする女性スタッフは「飯盛女(めしもりおんな)」と呼ばれました。女性はセックスとともに食事の提供も行ったため、このように呼ばれたのです。

宇都宮の宿場町の飯盛女はほかの地域に比べて「服装が華やか」として男性客から人気となりました。ただ、その華やかさはときに「華美(かび:派手であること)」とされ、江戸幕府(えどばくふ:江戸時代の政府)から指摘を受けることがありました。

宇都宮は江戸時代、順調に発展しました。宇都宮のにぎわいは、「日光街道沿いにある街の中で、宇都宮は最も繁盛している」と称されるほどでした。

戦争を機に宇都宮は焼け野原になった

こうして発展した宇都宮ですが、江戸時代の末期に戊辰戦争(ぼしんせんそう)という戦争が勃発しました。1868年に行われた戦争で、江戸幕府と「新しい改革を起こそう」と考えた維新政府軍(いしんせいふぐん)による戦いです。

この際、江戸にあった江戸城では「無血開城(むけつかいじょう)」という出来事がありました。これは江戸城にいた江戸幕府軍が争いによって抵抗することなく、維新政府軍に江戸城を明け渡した出来事でした。旧幕府軍(江戸幕府軍)は江戸を脱出して、宇都宮の北東にあった日光に向かいました。

この道中で、旧幕府軍は維新政府軍と宇都宮城で争いを繰り広げました。そしてこの争いによって、宇都宮の宿場町は焼け野原となってしまいました

明治時代に入ると軍事都市として発展

明治時代(1868~1912年)に入ると、宇都宮では戊辰戦争によって焼失した街の復興が進められました。

宇都宮では日光街道を「大通り」と改称して、1885年(明治18年)に宇都宮駅が設立されました。交通の便が良いことから宇都宮は発展し、近代都市への変革が進められました。

明治38年には日本とロシアが争った日露戦争(にちろせんそう)がありました。このころから宇都宮は、交通の便が良いため物資の輸送をしやすく、「軍都(ぐんと:軍事施設が多くある都市)」として発展するようになりました。

これにともない宇都宮には「軍隊の兵士」がたくさん滞在するようになりました。こうした兵士の男性をターゲットとして、宇都宮には江戸時代のように繁華街が形成されました

宇都宮には現在でも残っている「二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)」というお宮があります。この神社の門の前には大きな繁華街があり、「バンバ」と呼ばれました。繁華街には飲食店のほかに風俗店が存在し、男性客でにぎわいました。

こうして宇都宮は北関東地方の軍事都市として大きく繁栄し、風俗店も活況となっていました。

戦争の空襲により宇都宮は壊滅、現在の風俗街に

軍事都市として発展した宇都宮ですが、1939年から1945年にかけて起きた第二次世界大戦で、大規模な空襲を受けました。宇都宮は軍事施設がたくさんあったため、空襲の標的にされてしまったのです。

これはのちに「宇都宮大空襲」と呼ばれ、市街地の約65%が焼失してしまいました。戦後はあらためて復興が行われ、風俗店も営業されるようになりました。ここから時代とともに風俗店の開業、閉店があり、現在の宇都宮の町並みとなっています。

現在の宇都宮では餃子が名物となり、全国各地から観光客が訪れるようになっています。これにともないJR宇都宮駅の東口周辺に広がる風俗街もにぎわい、ヘルスやピンサロ、キャバクラなど、さまざまな店が建ち並んでいます。

このように宇都宮は江戸時代に宿場町、明治時代は軍都として大きく繁栄した街でした。現在はほかの有名歓楽街と比べると落ち着いた印象となっていますが、宇都宮は歴史を経て現在の姿に至っているのです。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには