飛田新地の風俗店には非常にルックスの良い女性が集まります。どの女性も男性客から人気が出そうな雰囲気を持っていますが、実際は女性によって人気の差が生まれます。

ここではハイレベルな戦いが繰り広げられる飛田新地の風俗店の中でも、飛び抜けて人気が出る女性の特徴を紹介します。また、人気の出ない女性の特徴についても紹介したいと思います。

笑顔が自然で魅力的

飛田新地の風俗嬢が男性客から指名をもらうために必須ともいえるスキルが「笑顔」です。ルックスがいくら良い女性でも、笑顔が不自然だと人気は出ません。

特に飛田新地の場合、店の入り口が開け放たれており、風俗嬢は店先にある玄関に座ります。そして女性は指名をもらうために、玄関から男性客に笑顔を振りまく必要があります。ヘルスやキャバクラなどで風俗の仕事経験があっても、飛田新地ほど笑顔が重要になる経験をしたことがない女性は多いのです。

飛田新地で人気が出る風俗嬢は、男性の顔をしっかりと見て、自然な笑顔でアピールします。これが男性客の心をつかむのです。

笑顔は誰にでもできそうですが、すぐにできるようになる女性と、何度やってもぎこちない笑い方になる人がいます。飛田新地では、笑顔はひとつのスキルといえるのです。

ちなみに、私は何度も飛田新地に出向いては夜遊びをしていますが、やはり笑顔のある女性を指名してしまいます。いくら美人であっても、無表情では指名しません。

笑顔の女性の方が会話やプレイ内容を含め、良いサービスを提供してくれるのではと考えるのです。そして、実際のところ笑顔の素敵な女性であるほどプレイ内容が良いです。風俗遊びをするとき、愛嬌をもって接してもらえるほど私としては満足度が高くなります。

こうしたことから、男性に対してどれだけ笑顔を向けることができるのかは非常に重要です。

男性客にリピートをさせる技術を持っている

飛田新地で人気が出る風俗嬢は、男性客をリピートさせる技術を持っています。多くの女性が男性とのプレイを淡々とこなす中、人気の女性はさまざまなところで工夫をしています。

例えば女性に指名がついて男性と店の2階に上がるときには、胸を男性客の肘に押し当てて、2階へ上りきったところで軽くキスなどをします。また、常に「ありがとう。嬉しい!」という甘い言葉を忘れず、プレイ前の料金説明などの際にも男性の横にくっつくように座ったり、耳元でささやくように話したりします。

さらに人気の女性は、プレイが終わって男性客が店を出るまでサービスの手を抜きません。プレイの部屋から出て階段を下りて店を出るまでにも、下りる途中でキスをしたり、玄関で正座をして男性を見送ったりするのです。

飛田新地では男性客は15分という短い時間でプレイすることが多いです。こうした短時間であっても、人気の女性はただプレイをこなすだけでなく、男性客に気に入ってもらうために多くの努力を行っているのです。

ちなみに男性客が初めて女性と遊ぶときは「一見(いちげん)さん」、2回目は「裏壁(うらかべ)」といいます。3回以上リピートする男性客は「馴染み」と呼ばれます。

女性が馴染みの男性客を増やせば、それだけ安定した収入を得られるようになるのです。

プロ意識が高い

飛田新地で働く女性の中には、アルバイト感覚で気軽に仕事をする女性がいれば、「プロ意識」を持って仕事をする人もいます。プロ意識を持って仕事に取り組む女性のほうが、人気が出る可能性は高いです。

飛田新地では、新人風俗嬢は初日に指名がつかないことはよくあります。しかしある女性は、新人として初日にも関わらず店で一番多い10人以上の指名を取りました。ルックスは非常に良い女性でしたが、同じくらいのルックスレベルの高い女性は他にもいました。

この女性が行ったことは「高校時代の同級生に連絡をする」ということでした。女性は高校時代に「マドンナ的な存在」として人気があったのです。

高校時代の同級生であった男性たちは、もちろん彼女のことを覚えています。同級生たちは「当時の憧れだった女性とセックスができる」と期待を膨らませ、店に駆けつけたのです。この女性は電話営業を続けて2ヶ月で300万円ほどを稼ぎ、店を辞めました。

本来なら知人に「飛田新地で働いている」と伝えるのは勇気が必要なことです。しかし、この女性は躊躇することなく男性に連絡していました。強いプロ意識を持って仕事をしていたのです。

このように、ルックス面ではハイレベルな戦いであっても、行うサービスの質は女性によって大きく異なります。人気が出る女性はルックスだけに甘んじることなく、「サービスの質をさらに高めよう」と努力をしているのです。

ルックスが良くても飛田新地で人気のない女性の特徴

飛田新地で働く風俗嬢はどの女性も非常にルックスのレベルが高いです。しかし、女性によって男性客からの人気には差が生じます。特に、容姿レベルは高くてもあまり指名を取れない女性が存在します。

それでは、なぜ良い容姿に恵まれているにも関わらず、男性からの指名を得ることができないのでしょうか。以下では、ルックスが良いにも関わらず人気が出ない女性の特徴を紹介します。

自分勝手な行動をする女性

どれだけ美人でも収入が伸びない女性はいます。その代表的な例として「自分勝手な行動をする女性」が挙げられます。

自分勝手な行動の典型的な例としては、「遅刻や無断欠勤」が挙げられます。飛田新地の風俗店は小規模な店が多いです。古い民家を店舗にしているところが多く、一度に勤務できる女性は3~4人と限りがあることが多いです。

経営者は前もってシフトを組むことで、在籍している女性がまんべんなく収入を得られるように計画しています。しかし、女性が遅刻や無断欠勤をしてしまうと、シフトが狂ってしまうのです。そして、ほかの女性に迷惑がかかるだけでなく、店の利益にも影響が出てしまいます。

平気で自分勝手な行動をする女性は、遅刻や無断欠勤をしても店に在籍しているほかの女性や経営者に謝ることはありません。また、次の日には悪びれずに出勤することも多く、「自分さえ良ければそれで良い」という考えを持っています。

自分勝手な女性のルーズな考えは、男性客へのサービスにも表れます。一度は指名がついたとしてもその後のリピートが少なく、売上の浮き沈みが激しくなります。そして、いつしかほかの店に移ってしまうのです。しかし、移った先の店でも収入が思うように伸びず、店を転々とします。

飛田新地の風俗店で行う仕事は、一般的な事務などの仕事と比べると特殊な仕事です。しかし、どんな仕事であっても自分の責任を果たす必要があり、その対価としてお金を頂くことができるのです。

お金だけを求める女性

飛田新地で仕事を始める女性はお金を求めていることが多いです。たしかに飛田新地の風俗店では月に100~200万円などの高収入を得られる可能性があります。ただ、お金だけを求めている女性は人気が出ないことが多いです。

お金だけを求める女性は、とにかくたくさんのプレイをこなそうと考えます。そして、人数をこなすことを優先してしまい、1人の男性客に対するサービスが薄くなってしまうのです。

女性が作業のようにプレイを行っていると、男性客は女性に対して疑似恋愛の感覚を持つことができません。自分勝手な女性と同じく男性客のリピートがつかないため、人気が伸びないのです。

風俗店の経営者や「やり手婆(やりてばばあ)」という店の呼び込み役の女性は、こうした女性に行動を正すようにアドバイスをしようとします。しかし、女性はいうことを聞き入れない場合が多いです。アドバイスをしても機嫌を悪くして店を辞めてしまう可能性があるため、経営者もやり手婆も女性に対して強く指摘できないのです。

ホストクラブに夢中になる女性

風俗嬢の中にはホストクラブに夢中になる女性がいます。飛田新地の女性も例外ではなく、4人に1人はホストクラブに通っているといわれています。

風俗嬢がホストクラブに夢中になる理由を「ホストが女性をお姫様のように扱うため」と考えている人は多いです。しかし、実際はその逆で「君は今のままで良いのか」と、ホストに叱ってもらうために通う女性が多いです。

以前の飛田新地の風俗店経営者には、女性に対して厳しく接する人が多くいました。しかし、最近は厳しい経営者が減っており、風俗嬢はホストに叱ってもらうようになっています。

ホストの言うことを聞くようになった女性は、店の経営者の言うことを聞かなくなります。売上を伸ばすためのアドバイスも聞き入れず、ホストクラブに夢中になってしまいます。これでは男性客からの指名は増えません。

このように、ルックスが良くても人気が伸びない女性には理由があります。美人であっても人気が出ず、思うような収入が得られない女性の中には、自分の行動を改める人もいます。しかしそのまま行動を改善せずに、飛田新地を去っていく女性もたくさんいるのです。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認