タイ・パタヤは夜遊びが非常に盛んな地域として知られています。街全体が風俗街であり、街を歩けば風俗店に行きつきます。

そうした風俗店の中でも、パタヤの夜遊びに欠かせないものとしてマッサージパーラー(MP)があります。マッサージパーラーとは、日本でいうソープランドのような場所だと考えてください。お風呂で男女が出会い、自由恋愛のもとセックスをする場所になります。

日本のソープランドとタイのマッサージパーラーが大きく異なるのは、実際に女性を見て確認したうえで指名できることにあります。また、女性の在籍人数も非常に多く、それでいて値段は安いです。

それでは、パタヤのマッサージパーラーはどのようなシステムになっているのでしょうか。また、どのようにして風俗嬢とセックスし、夜遊びを楽しめばいいのでしょうか。ここでは、パタヤのマッサージパーラーの場所や料金相場を含めて確認していきます。

タイ・パタヤのマッサージパーラー(MP)はかなりお勧め

タイにはマッサージパーラーというお風呂屋が存在します。お風呂屋とはいっても、ひな壇に女性が座っていて指名できるようになっており、指名した女性と個室で一緒にお風呂に入った後、エッチすることになります。

以下の動画でその様子を確認できます。

タイでマッサージパーラーというと、バンコクが有名です。ただ、個人的にはパタヤのマッサージパーラーの方が女性の人数が多く、優れているように思います。知名度だけでいえばバンコクのマッサージパーラーが圧倒的に強いですが、パタヤでは女性の数が非常に多いのです。

以下のように、非常に多くの女性がひな壇に座っています。

私はバンコクでもパタヤでもマッサージパーラーに出向きましたが、女性の数でいえばバンコクよりもパタヤの方が圧勝です。

また、これだけの女性がいるので美人なタイ人もたくさんいます。さらに、パタヤではマッサージパーラー同士が近くに密集しているため、好みの女性がいなかったとしてもタクシーなどは使わず徒歩で他の店に出向くことができるのも利点です。

そういう視点で考えると、パタヤのマッサージパーラーは非常に優れているといえます。男性客の数に比べて女性の人数が圧倒的に多いため、ひな壇には非常にたくさんの女性が座っているのです。

指名後の流れ

マッサージパーラー(MP)では女性によって値段が異なります。店舗によって値段のつけ方が違うため、店の人に「How much?(いくらですか)」と聞き、指名料金を尋ねるようにしましょう。

女性の胸には番号の書かれたバッジがついています。女性によってバッジの色が違います。例えば、「青色バッジは3000バーツ、黄色バッジは3500バーツ」などのように分けられているのです。

バッジの色については、店の人が決めます。モデルランクの女性であっても、必ずしも美人というわけではありません。ランクが低くてもあなた好みの女性はいるため、そうした女性を指名すれば問題ありません。

なお、一般的な料金相場は3,000バーツ(約9,000円)です。バンコクのマッサージパーラーと同程度の値段であり、バンコクに比べて安いわけではありません。ただ、日本のソープランドよりは非常にコスパがいいです。

そうして女性を指名後、プレイルーム(ヤリ部屋)へ移動します。マッサージパーラーのプレイルームはどこもキレイです。そのため、セックス自体は快適に行うことができます。

ゴーゴーバーなどに併設されているヤリ部屋であると、狭くてあまりキレイでないことが多いです。ただ、マッサージパーラーではそうした心配がありません。

部屋に入った後、女性と一緒にお風呂に入ります。これについては、日本のソープランドと同じシステムです。女性のおっぱいによって全身を洗ってもらいながら、きれいにしてもらいます。

その後、指名した女性とエッチします。コンドームは女性がすべて用意してくれて、装着してくれます。

また、一応はマッサージ店なので女性がマッサージをしてくれます。人によっては、セックス前にマッサージしてくれることがあります。ただ、いずれにしてもあなたが拒否しない限りはマッサージのサービスがあると考えてください。

つまり、マッサージパーラーでは以下のような流れになります。

  1. ひな壇に座っている女性を指名し、受付でお金を支払う
  2. 部屋に入り、お風呂に入った後に女性とセックスする
  3. マッサージを受けた後、服を着て退店する

何も難しいことはないため、女性にリードされるままサービスを受けるようにしましょう。

店によっては欧米人向けの店舗になる

なお、パタヤはもともと米軍のために発展した街であるためか、「欧米人や中東系の人が好むような女性が集まっている店」があります。

つまり厚化粧であったり、ぽっちゃり(デブ)であったりする女性ばかりが在籍する店が存在するのです。

そうした人が好きなのであれば、それでも問題ありません。ただ、アジア男性の多くは厚化粧やデブの女性は好きではなく、スレンダーで若いナチュラルメイクの女性が好みだと思います。そのため、パタヤの中でも日本人好みの女性を揃えているマッサージパーラー(MP)に出向くようにしましょう。

欧米人や中東の人をターゲットにした店では、どうしても女性は微妙になります。また、パタヤには非常に多くの人種の男性が訪れるので、こればかりは避けられないと考えてください。

・マッサージパーラーの営業時間

通常、風俗店は夜から営業を開始します。ただ、マッサージパーラーの場合は昼から開いています。基本的に昼12:00から開店すると考えてください。そのため、昼から遊べる貴重な店となります。

閉店時間は店によって異なりますが、24:00の店があれば、26:00に閉店するマッサージパーラーもあります。

マッサージパーラー(MP)の場所

それでは、パタヤのマッサージパーラーはどこにあるのでしょうか。地図を含め、まずは場所について知らないと行くことができません。

パタヤ市街地の中でも、夜遊びの主戦場になるのはサウスパタヤ(パタヤ市街地の南側)です。南側にはウォーキングストリートやLKメトロ、ゲイロードを含め、ゴーゴーバーやバービア(ガールズバーのような店)などの歓楽街が密集しています。

ただ、マッサージパーラーについてはノースパタヤ(パタヤ市街地の北側)にあります。パタヤ北側も多くの風俗店が存在するものの、南側に比べると劣ってしまいます。ただ、マッサージパーラーについては北に存在すると考えてください。

このとき、有名店に出向くようにしましょう。ノースパタヤにある有名なマッサージパーラーとしては、以下の店があります。

  • ラスプーチン(Rasputin)
  • サバイルーム(Sabai Room)
  • ハニー2(Honey2)
  • サバイディー(Sabai Dee)

それぞれの店舗の地図としては、以下のようになります。

これらの店舗は非常に近くに存在するため、徒歩で巡ることができます。

最初はラスプーチンに出向き、女性が微妙そうなら「ラスプーチン → サバイルーム → ハニー2 → サバイディー」という順番で回るといいです。もちろん、逆の順番でも問題ありません。

・時間は90分だが、射精したら終わり

なお、どのマッサージパーラーでも「時間は90分」といわれます。ただ、残念ながら90分を過ごすことはほとんどありません。

海外ではどこも共通していますが、射精したらその時点でプレイが終了になります。たとえ90分が経っていなかったとしても、射精した時点でシャワーを浴び直し、服を着替えて部屋を出ることになります。時間というのは、あくまでも目安だと考えてください。

ラスプーチン(Rasputin)の料金

パタヤにあるマッサージパーラーの中でも、おそらく最もおすすめできる店はラスプーチン(Rasputin)です。女性の数が多く、それでいて質は非常に良いです。

右を見ても左を見ても、ひな壇には多くの女性が座っています。ひな壇はかなり長いため、女性を見るには向こう側まで歩かなければいけません。

ラスプーチンで最も安い女性は2,500バーツ(約7,500円)です。一つ高いランクになると、値段が上がって3,000バーツ(約9,000円)になります。

ひな壇の中でも、ラスプーチンでは離れた場所にもう一つのひな壇があります。そこに座っている女性はさらに値段が跳ね上がり、4,000~5,000バーツ(約12,000~15,000円)になります。

モデルクラスの女性になりますが、正直なところそこまでの値段を出してまでエッチしたい女性かというと、それは疑問でした。3,000バーツの女性でも十分に美人なので、モデルクラスのひな壇に座っている女性を選ぶ必要はないと感じたのです。

値段が高いほど、日本人好みのロリ女性や美人顔というわけではないため、女性と値段のバランスを把握したうえで指名するといいです。

サバイルーム(Sabai Room)の料金

ラスプーチンから歩いて10分ほどの場所にあるのがサバイルーム(Sabai Room)です。

私が出向いたとき、パタヤにある他のマッサージパーラーに比べると女性の人数は少なめでした。ただ、それでも30~40人ほどの女性が在籍していました。

サバイルームでは値段が安くなります。最も安い女性では2,000バーツ(約6,000円)です。また、もう一つ上でのレベルになると、2,400バーツ(約7,200円)です。

マッサージパーラーの中では、かなり安い値段でタイ女性とセックスできます。

ハニー2(Honey2)の料金

建物の中に非常に多くの女性が在籍している店として、ハニー2(Honey2)があります。ハニー2では60~80人以上の女性がズラッと並んでいます。

ハニー2の女性は美人が多いです。日本人好みの女性がたくさん在籍しているため、必ずどれかの女性は選ぶことができるはずです。

ハニー2でも女性によって値段が異なります。最も安い女性は値段が2,000バーツ(約6,000円)です。その次が2,600バーツ(約7,800バーツ)、一番上で3,200バーツ(約9,600円)でした。

さすがに2,000バーツでは太った女性が多いものの、2,600バーツの女性でも十分美人です。

サバイディー(Sabai Dee)の料金

ラスプーチンやハニー2に比べると女性が少なくなるものの、美人女性が30人くらい在籍しているマッサージパーラー(MP)としてサバイディー(Sabai Dee)があります。

サバイディーでもナチュラルメイクの女性は多く、問題なく指名することができるはずです。

女性の値段は最も安いと2,000バーツ(約6,000円)でした。次のランクが2,500バーツ(約7,500円)、最高ランクが3,000バーツ(約9,000円)です。

タイ美女がたくさん在籍しているため、この中から好みの女性を指名するといいです。

サウスパタヤにあるハニー1(Honey1)

番外編として、サウスパタヤにもマッサージパーラーがあります。その一つがハニー1(Honey1)です。ハニー2系列の店ですが、ハニー2と同じように非常に多くの女性が店内に在籍しています。

ハニー2の方が美人女性が多かった印象ですが、女性の数が多いのでハニー1でも問題なく女性を指名できるはずです。

ただ、ハニー2のようにすぐ近くにマッサージパーラーがあるわけではないため、ハニー1へ行く場合は「ハニー1のマッサージパーラーで女性を選ぶ」「社会科見学のため、見るだけのために出向く」などのときに訪れるようにしましょう。

女性の料金は分かれており、安い女性は2,000バーツ(約6,000円)です。その次が2,500バーツ(約7,500円)、その次が3,000バーツ(約9,000円)、そして最高ランクが3,300バーツ(約9,900円)でした。

なお、ハニー1(Honey1)の地図は以下になります。

パタヤには他にもマッサージパーラーが存在します。ただ、その他のマッサージパーラーは欧米や中東の男性が好きな高齢女性やおばちゃん、厚化粧の女性ばかりのため行く意味はあまりありません。行くにしても、ここで紹介したマッサージパーラーにとどめるようにしましょう。

ラスプーチンでタイ女性とセックスしてきた

パタヤの夜遊びは非常に楽しいものの、昼は特にすることがありません。パタヤはビーチリゾートとはいっても、基本的に海はそこまでキレイなわけではないので、海で遊んでいる人は正直少ないです。

女性観光客はそれなりに多いものの、女性がなぜこの街に観光に来るのか不思議で仕方ありません。それくらい、昼はすることがありません。

ただ、昼や夕方でも遊べる数少ない風俗スポットがマッサージパーラー(MP)です。そこで、私は16:00くらいにマッサージパーラーへ出向いて女性とエッチすることを考えました。その日、早めのセックスを考えたのです。

思い立ったらすぐ行動です。上記のマッサージパーラーは他の日に既にいろいろ見学していたのですが、その日は「宿泊していたホテルから最も近い」という理由だけでラスプーチンへ行くことにしました。

夕方の時間ですが、ラスプーチンには非常に多くの女性がいます。ひな壇にズラっと女性が並んでいる様子は圧巻です。

ひとまず、この中から女性を選ぶことになります。女性が多すぎて、むしろこっちが迷ってしまいます。

ただ、やはり最安値の2,500バーツ(約7,500円)に良い女性はあまりいません。今回は最安値の女性をパスすることにしました。ただ、モデルクラスとなると高すぎるので、3,000バーツ(約9,000円)の女性から選びように決めます。3,000バーツでも非常に美人だからです。

その中でも、ロリ顔ではないが非常に美形のタイ女性に目が留まりました。顔を向けると、私に微笑みかけてきます。その笑顔にやられ、私はそのまま女性を指名してしまいました。

部屋に移動し、ソーププレイを楽しむ

女性を選んだあと、女の子はひな壇を降ります。その後、すぐ近くにある受付でお金を支払います。受付で3,000バーツを支払い、女性と一緒に上の階へいくことになりました。これから、プレイルームへ移動するのです。

ラスプーチンの内装は豪華です。これは、部屋に続く道も同じです。そうして、プレイルームへ到着しました。

部屋に入ると荷物を置きます。そうしてすぐ、給仕の人が飲み物を聞いてきました。どうやら有料のようです。ひとまず私が水を頼むと、指名した女性はコーラを注文しました。

ドリンク代はその場で支払うシステムのようであり、300バーツ(約900円)ほどを支払いました。水とソフトドリンクにも関わらず、異常に値段が高いです。ドリンクを断ればよかったと後悔しました。

さて、ひとまずエッチの準備に移ります。マッサージパーラーであるため、最初はお風呂に入ります。これについては、日本のソープランドと同じシステムです。お風呂にはお湯が入っていないため、女性が用意を始めました。

準備ができたら、互いに裸になってお風呂に入ります。お風呂では、女性が私の体を洗ってくれます。このとき、単に洗うだけでなくマッサージ(指圧)をしてもらいながらの洗体です。

最初は手から始まり、足を洗ってもらいます。そうして体の前を洗ってもらった後、最も重要なペニスは女性の胸で洗ってもらいました。女性は巨乳で推定Eカップですが、巨乳にボディーソープが塗られ、その胸で私のちんこをこすられるのです。なんともたまらない感覚に襲われます。

そうして後ろ向きになり、当然のようにボディーソープ付きの巨乳でペニスと同じように洗体してもらいました。

昼の汗をマッサージパーラーで落とした後、先にタオルで体を拭いて外に出ます。女性も体を洗うため、私はベッドで待機することになりました。

女性も体をキレイにしたあと、ようやくお待ちかねのエッチに移ります。

セックス後、マッサージで体をほぐしてもらう

お風呂から出た後であるため、お互いタオルだけの状態です。私は先にお風呂から出ていたため、ベッドに寝転がっていました。そうしていると、女性が私のタオルをはぎ取り、エッチを開始することになりました。

マッサージパーラーでは、男性はマグロの状態でも問題ありません。相手はプロであるため、女性に任せておけばすべて行ってくれます。もちろん、こちらから攻めても問題ありません。私も攻められっぱなしは嫌なので、何とか女性の巨乳をなめまわして応戦することにしました。

ただ、そうした攻撃もむなしくプロのテクニックにやられて、私のペニスはギンギンです。そうして、コンドームを被せられてフェラチオをされます。生フェラではなく、ゴムフェラです。マッサージパーラーでは衛生面を考えてのゴムフェラなのでしょう。

そうして、騎乗位のままセックスが開始されました。少し腰を浮かしての騎乗位であり、ほどよい刺激を加えてきます。

しばらく騎乗位を続けた後、正常位に移ります。騎乗位のまま、女性は後ろにゴロンと寝転がり、そのまま正常位をすることになりました。

目の前にキレイな顔があるため、当然キスをしようとします。ただ、キスを拒否されてしまいました。これについては非常に残念です。

ゴーゴーバーやバービア、ジェントルマンズクラブを含め、パタヤでは多くの遊びがあるものの、基本的には女性とセックスをする前に胸を揉んだりキスをしたりして、女性との相性を確かめます。そのため、こうした風俗店ではきちんと女性を選べばキスを拒まれることはありません。

しかし、マッサージパーラーでは単にひな壇に座っている女性を指名するだけなので、キスができるかどうかは女性次第なのです。つまり、運に任せるしかありません。顔は非常にタイプであり、巨乳の胸は弾力があり、さらにはそれまでのサービスが良かったこともあり、これについては大きなマイナスです。

ただ、悔やんでも仕方ありません。キスを拒まれた心の傷をいやすため、それからは正常位のまま高速でピストン運動を開始しました。私のペニスを女性の膣に強く打ち付け、自分だけ気持ちよくなることを考えたのです。

強く腰を打ち付けていると、当然ながら限界が近づきます。そうして、そのまま射精することになりました。

コンドームを取った後、ティッシュでペニスをきれいしたら「ベッドに寝転がって!」と言われました。そのまま、女性からマッサージを受けることになります。一応はマッサージ店であるため、セックス後にマッサージがあるのです。

健全マッサージのように、ゴリゴリと押される感じではありません。わりとソフトな感じにはなりますが、15~20分ほど体の表と裏の両方を全身マッサージしてくれました。ぼちぼち、気持ちよかったです。

その後は再びお風呂に入ります。そうして体をキレイにした後、服を着ることになります。

着替えた後は部屋を出ることになりました。女性に出口まで連れていってもらい、そのままお別れです。

そうして、夕方に一発抜いた私は夕食を食べた後、パタヤを満喫するために再び夜の街へと繰り出していったのでした。

マッサージパーラーは風俗遊びの基本

タイ・バンコクではマッサージパーラーが非常に有名です。一方のパタヤでは、バンコクほど有名ではないものの、店の規模や女性の質という点ではパタヤもかなり優れています。

ただ、パタヤのマッサージパーラーが安いかというと、必ずしもそういうわけではありません。バンコクのマッサージパーラー(大衆店)と同じくらいの値段だと考えてください。

マッサージパーラーのメリットは昼からでも問題なく遊べることにあります。また、在籍している女性の数が非常に多いため、その中からあなたの好みの女性を選ぶことが可能です。

デメリットは女性との相性がわからないことです。女性に対して事前にセクハラ行為ができず、単純に女性の顔だけで選ぶことになります。そのため、今回の女性のように「キスはダメ!」といわれることはよくあります。

また、マッサージパーラーではセックスが終わった後にすぐひな壇へ戻るため、化粧直しの手間を省くためにキスNGにしている女性が比較的多いです。昼から遊べることは非常に優れていますが、こうしたデメリットがあることを理解したうえでパタヤのマッサージパーラーを利用するようにしましょう。

【バンコク風俗ガイドの案内】

最高の夜遊びを実現するため、バンコクに住む現地の日本人ガイドを紹介します。ガイドを利用することで、最高の夜遊びを実現できます。

バンコクガイドの募集ページ

風俗ガイドの案内ページ

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認