josei-1

セックスは、男性が性器を女性器に挿入して行います。男性器の挿入は、さまざまな体勢で行うことができます。このようなセックスを行う体勢のことを「体位」と呼びます。

体位は現在までに、たくさんの種類が開発されています。ただしその中でも、「基本体位」と呼ばれる6つの体位があります。エッチ初心者は、まずは基本体位を行えるようにしておくことが大切です。

基本体位だけでもさまざまな形でセックスを行えるようになるため、より女性とのプレイが楽しくなります。ここでは、6つの基本体位について紹介します。

最も基本の体位である「正常位(せいじょうい)」

セックスをする上で最も基本的な体位が「正常位(せいじょうい)」です。女性が仰向けになって寝転び、男性が座った状態で女性器にペニスを挿入します。そしてこの状態で男性が腰を振り、ピストン運動(男性器を女性器の奥に入れたり、手前に引いたりする運動)を行います。

女性とのエッチに慣れていない人は、まずは正常位を覚えておくべきです

sejoi

正常位ではペニスを挿入したあとに、数秒間は腰を動かさないようにします。このように待ち時間を作ることで、ペニスと女性器のフィット感が増します。しっかりとペニスと女性器がフィットしてから男性が腰を動かすことで、ペニスによる刺激が女性に対してダイレクトに伝わるのです。

正常位は男性と女性が向き合うため、女性が「男性の愛情を感じやすい体位」です。親密度の高いプレイをしたいときにお勧めです。

女性がリードする騎乗位(きじょうい)

セックスは男性がリードして行うことが多いです。これに対して、女性がリードしやすい体位が「騎乗位(きじょうい)」です。男性が仰向けになり、女性がペニスを女性器に挿入しながら男性の上に座ります。そして女性が腰を上下に動かして、自分の性器を刺激します。

kijoi

男性は寝転んだままでも良いですが、女性の腰を支えてあげると、より女性が腰を動かしやすくなります。また、男性も腰を上下に動かすことで、「下から突き上げるような刺激」を女性に与えることができます。ただしこのとき、女性の上下運動と男性が腰を動かすリズムを合わせる必要があります。

また、男性は寝転びながら、女性の胸を触ることができます。そのため「女性の胸をたくさん触りたい」という人にはお勧めの体位です。また、胸を触ることで、女性器と胸に対して同時に刺激を与えることができます。

正常位とともに人気の体位である「後背位(こうはいい)」

後背位(こうはいい)は通称「バック」という呼び方で、多くのカップルが行っている体位です。女性に四つん這いになってもらい、男性は足の膝から先を曲げて座ります。そして男性が女性のお尻の方向からペニスを挿入して、腰を振って刺激します。

男性が腰を振る際には、女性のお尻や腰を手でつかみながら行うと安定します。また、女性の脚を開き気味にすると、ペニスが女性器の奥まで入りやすくなります。

kohaii

女性によっては「バックのほうが男性から強引に責められている気持ちになる」と感じる人がいます。いわゆる「Mな女性」はバックを好むことがあります。女性の様子を見ながら行うことをお勧めします。

正常位から移行しやすい「屈曲位(くっきょくい)」

屈曲位(くっきょくい)は正常位を変形させた体位です。正常位の状態から男性が前かがみになり、女性の足が男性の両肩に乗るような形になるのが屈曲位になります。

kukkyoku

前かがみになることで男性と女性の顔が近付きます。そのため、キスをしたり手で女性の胸を触ったりしながらセックスをすると良いです。女性器にピストン運動で刺激を加えながらキスをすると、より情熱的なプレイを楽しむことができます。

また、屈曲位では、ペニスが女性器の奥までしっかりと入ります。そのため正常位で女性の興奮が高まってきたら屈曲位に移行して、さらに刺激を与えるのも良いです。

お互いが座った状態で挿入する「座位(ざい)」

座位(ざい)は男女がお互いに座った状態で挿入する体位です。

座位を行うには、まずは男性と女性が向き合うようにして座ります。続いて、男性器を女性器に挿入します。そして男性が女性の腰を持ちながら、上下に腰を揺らして女性器を刺激します。

zai

座位ではお互いが正面を向いているため、親密度の高いエッチをすることができます。二人で抱き合ったり、キスをしたりすると良いでしょう。また、胸を揉みながら女性器を刺激することもできます。

また、座位の状態で女性が脚を大きく開くと、女性はいわゆる「M字開脚」と呼ばれる体勢になります。男性に対して女性器を見せつけるような姿勢になるため、エッチな雰囲気がより高まります。女性が感じる恥ずかしさと興奮から、さらにプレイが盛り上がりやすくなるため、取り入れてみるのはお勧めです。

横になって挿入を行う「側位(そくい)」

側位(そくい)は男女が横に寝ながらセックスをする体位です。

側位は正常位から移行して行うことが多いです。まずは正常位の状態で、男性が身体を女性に密着させるようにします。そして女性が男性に対して背中を向けるように身体を動かします。男性はペニスの女性器への挿入を保ったまま、女性の背中に身体の前面を向けるように寝転びます。

sokui

側位は男女がお互いに横になった状態でプレイするため、疲れにくいというメリットがあります。また、男性が女性のお尻や胸を触りやすいため、さまざまな部分を愛撫しながらセックスをすることができます。さらに、男性が女性を背後から責めるため、女性が「どのように責められるのだろう」というゾクゾク感を味わうことができます

ただ、即位では男性が寝転んだ状態で腰を振る必要があるため、動きにくいのがデメリットです。男性が腰を女性のお尻にしっかりと密着させるようにすると、動かしやすくなります。

以上がセックスにおける基本体位です。どの体位も基本的なものであるため、初心者でも慣れれば比較的簡単に行うことができます。まずはこれら6つの体位を習得して、多彩な体位で女性とのエッチを楽しみましょう。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには