kumi

女性とセックスをするときの体位にはさまざまな種類があります。そのひとつとして広く行われている方法のひとつに「座位(ざい)」があります。座位は「男女が座った体勢で行うセックス」を指します。

座位は男女が向かい合ってプレイする「対面座位」と、女性が男性に背中を向けて座り、プレイを行う「背面座位」があります。ここでは2種類のうち、「対面座位」の特徴や行い方について解説します。

対面座位のメリット

対面座位は男女がお互いに向き合う体勢でエッチを行います。そのため、「親密な雰囲気」になりやすいのが大きなメリットです。

特に女性はセックスで「男性の愛情を感じたい」と考えています。対面座位であれば、女性は男性の表情を見ながらエッチを楽しむことができて、愛情を感じやすいです。そのため女性は、対面座位を好むことが多いです。

また、身体の距離がお互いに近いため、手を使ってさまざまな部位を刺激しやすいこともメリットです。男性はセックスをしながら女性の胸や性器など、身体の前側にある部分を触ることができます。さらに身体の後ろ側に手を回して、背中やお尻を愛撫することもできます。これは男性だけでなく、女性も同じことを行うことができます。

もうひとつ、セックスの際に膣の奥まで刺激しやすいのも特徴です。対面座位はセックス中に抱き合いやすいため、ペニスを膣の奥まで挿入しやすいです。そのため、男性が女性を刺激しやすい体位といえます。

対面座位はこのように、親密な雰囲気とさまざまな愛撫を楽しむことができます。お互いの愛を確かめ合うようにして、対面座位を行いましょう。

対面座位の基本体勢

対面座位の基本的な体勢は、まずは男性が座ります。このとき脚は、伸ばすかあぐらをかくようにしましょう。脚を伸ばす場合は左右に開いて、女性が座りやすいように空間を作ります。そして男性と向かい合うように女性が座り、脚を男性の太ももに交差させるようにします。

このとき男性はペニスを女性器に挿入します。自分でペニスを手に持って、角度を調節して女性器に挿入しましょう。女性器にペニスが入り始めたら、女性が体重をかけるとペニスがスムーズに膣奥に入っていきます。

taimen

対面座位では女性が男性の上に乗る体勢になります。しかし女性が身体を動かすだけでは、男女ともにあまり気持ち良く感じません。基本的には男性が腰を動かして女性を刺激します。そして女性は体勢を調節して、より気持ち良く感じられる状態を保つことが大切です。

ソファに座ると行いやすい

対面座位はソファに座ると行いやすいです。男性がソファに座り、その上から女性が座るようにします。

ソファに座ると男性が背もたれに体重をかけることができるため、男性の負担が軽くなります。また、ラブホテルではソファに座りながらプレイすると、ベッドとはまた違ったエッチな雰囲気でプレイすることができます。

ソファで対面座位を行う場合は、女性は脚を膝から曲げてソファに乗るようにします。なるべく座面が広いソファのほうが行いやすいです。ラブホテルのソファは対面座位を行いやすいことが多いです。

対面座位でのセックス方法

対面座位でセックスを行うときには、さまざまな方法で女性を刺激することができます。ここからは、女性の刺激方法について紹介します。

さまざまなキスを楽しむ

対面座位はお互いが向き合って座るため、顔が近い距離にあります。そのためキスをしやすいです。2人で見つめ合い、表情を確認しながらキスを行いましょう。

キスには唇を軽くつける「フレンチキス」や、しっかりと舌を絡ませながら行う「ディープキス」など、さまざまな種類があります。こうしたキスを使い分けて、対面座位でのキスを楽しみましょう。

セックスを行い始めた最初の段階では、フレンチキスのような軽いキスがお勧めです。女性の興奮は少しずつ高まるため、いきなり深くキスをするのではなく、まずは軽めに唇をつけて女性と親密な雰囲気を作りましょう。

そしてセックスを始めてお互いの興奮が高ぶってきたところで、ディープキスをするようにします。このときには女性が興奮しているため、女性のほうから深いキスを求めてくる場合があります。お互いにむさぼるようなキスを行い、セックスでの快感をさらに高めましょう。

また、プレイ中に少し休みたいときキスをするのも良いです。男性はセックスのために腰を振っていると、疲れてくることがあります。このときに腰を動かすのをやめる代わりにキスをすると、女性の興奮が冷めません。

女性の背中を愛撫する

対面座位でセックスをする際には、後ろに手を回して女性の背中を愛撫すると良いです。

背中が性感帯(性的に感じやすい身体の部位)である女性は多いです。指を使って優しく触れるようにして、背中をなでて刺激しましょう。このような優しい刺激に女性は敏感です。

また、背中を刺激するときには、「指の使い方」にも気をつけると良いです。5本の指先を女性の背中に対して「縦」と「横」の2方向に動かして刺激すると効果的です。

背中に対して縦に動かす場合は、腰から肩に向けて、背中を指でなでるようにすると効果的です。基本的には指の腹でなでるように刺激するのが良いです。

ただ、女性によっては少し引っかかれるような刺激を好むことがあります。そのため女性の様子を見ながら、爪で引っかくような感じで刺激するのもお勧めです。この場合、爪の手入れをきちんと行っておきましょう。

また、横方向に指を動かして刺激する場合は、左右の肩甲骨の表面をなでるようにして刺激します。背中にある肩甲骨の中心から脇に向かってなでるようなイメージで行うと良いです。

このように縦と横の2方向に指を動かして背中を刺激すると、女性はこれだけで十分に感じてくれます。

女性の肩を舐めたり、噛んだりする

対面座位で女性と向き合っていると、女性の肩を刺激しやすいです。そのため肩を舐めたり、噛んだりするのも効果的です。肩は皮膚が厚いため、噛んでも女性が痛みを感じにくいです。

女性はいわゆる「M」な気質の人が多いです。肩に噛み付くと、女性は男性から「強く責められている」と感じやすいです。そして、より興奮しやすくなります。

また、肩を噛むときには「これから噛もうとしている」という仕草を演出しましょう。このようにすることで女性はドキドキして、噛まれるときにさらなる快感を覚えます。

女性と抱き合って親密さを深める

対面座位では女性と抱き合いやすいです。そのためときどき抱きしめてあげると、女性が喜びます。

男性が抱きしめると、女性は男性の優しさや愛情をしっかりと感じることができます。そして満足そうな微笑みを浮かべることが多いです。

女性を抱きしめるときには、強さを調節してみましょう。プレイの序盤では優しく抱くようにして、セックスが盛り上がってきたときには強く抱きしめると良いです。「ぎゅっ」と強く抱きしめるようにしても、女性はそれほど傷みを感じません。逆に「もっと強く抱いてほしい」と言ってくることがあります。

抱きしめながら、先に紹介した背中への愛撫を行うのもお勧めです。女性に愛情を伝えながら背中を責めて興奮させることで、さらに女性が快感を覚えやすくなります。

胸への愛撫を積極的に行う

女性の胸を触りやすいのも対面座位のメリットです。乳首や乳房を積極的に愛撫しましょう。乳房を優しく揉んであげたり、乳首をなでたりすると、女性は感じやすいです。

また、胸への愛撫を積極的に行うと、女性の膣の締まりが強くなります。するとペニスに加わる刺激が強くなるため、男性もさらに気持ち良いセックスを楽しむことができます。

対面座位では、腰を動かして女性を刺激することはもちろん大切です。しかし同時に、女性の胸を愛撫するのも非常に効果的です。

男性は女性の胸を好む人が多いです。対面座位では女性の胸をしっかりと見つめながらセックスをすることができます。そのため視覚的にもエッチを楽しみやすい体位といえます。

腰を振って、ペニスで突き上げるようにして刺激する

本格的にセックスをする段階になったら男性が腰を振り、女性器に対して下から突き上げるようにして刺激します。

アダルトビデオ(AV)では、男優が女性を勢い良く突き上げる場面を見ることがあります。しかし無理やり突いても、女性は気持ち良く感じることができません。それよりも親密な雰囲気を保ち、優しく刺激するほうが女性は感じやすいのです。

また、女性と抱き合うことによって、ペニスを膣の奥まで入れやすくなります。女性に脚を開いてもらうと、さらに奥まで挿入しやすくなります。

膣の奥までペニスを入れると、女性の「Gスポット」や「ポルチオ」と呼ばれる部分を刺激することができます。Gスポットは女性器の裏側あたりにあり、ポルチオは膣の奥にあります。これらは両方とも、刺激されると女性が非常に感じやすいです。

対面座位で膣奥までペニスを挿入することで、Gスポットとポルチオをしっかりと刺激することができます。女性によっては「ペニスがすごく奥まで当たってる!」という声を上げることがあります。このようなあえぎ声を聞くことができれば、女性が感じている証拠です。さらに積極的に責めて、女性を興奮させましょう。

また男性にとって対面座位は、正常位や後背位(バック)よりもペニスに加わる刺激が弱いです。そのため長くエッチを楽しみやすい体位です。そのため対面座位は、射精しやすい「早漏(そうろう)」の男性にも適しているといえます。

アナルを触るのも効果的

対面座位でエッチを行うと、女性のお尻がベッドから少し浮いた状態になります。そのため女性のアナル(お尻の穴)を責めやすくなります。

お尻の下から手を入れて、アナルを刺激しましょう。アナルは敏感な部位のため、まずは周辺からなでるようにして刺激します。女性がアナル周辺の責めに慣れてきたところで、アナルを直接刺激します。

ペニスを女性器の穴に挿入しながらアナルを責めると、女性がもつ2つの穴を同時に責めることになります。このように刺激できる体位は少なく、対面座位ならではの方法といえます。女性によっては大きな快感を覚えることがあるため、ぜひ試してみてください。

ただ、アナルは細菌などが手についてしまう可能性があります。そのためセックスを行う前には、女性にお風呂に入ってもらいましょう。また男性もエッチの前に手を洗い、清潔にしておくことが大切です。

射精するときには、女性を押し倒すのも良い

対面座位でセックスを続けて射精したくなったら、そのままの体勢で射精するのではなく体位を変えると良いです。

お互いが向き合って座っている体勢から女性を押し倒して、正常位に移行します。このように体位を変えることで、より男性が射精をしやすくなります。

女性との対面座位は以上のようにして行います。さまざまな方法で女性を刺激することができるため、ぜひ試してみてください。セックスをさらに楽しむことができるようになるはずです。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認