九州地方の中で最大の歓楽街として、福岡にある中州は有名です。福岡市博多区にある中州ですが、二つの川に挟まれた中州(中の島)にあります。

中州はソープランドやヘルス、キャバクラなどの風俗店から、居酒屋を含めて多くの店が乱立しています。福岡はご飯がおいしい街ですが、風俗遊びをしなかったとしても、中州においしい料理を食べに来る人もいるくらいです。

そのため、風俗遊びだけでなく「女性が屋台で食事するために訪れる街」でもあります。特にキャッチの人がうるさいわけではなく、治安は良いです。

こうした特徴のある歓楽街ですが、どのように中州で遊べばいいのか確認していきます。

中州にある風俗店の種類:トクヨクとは何か

博多・中州にある風俗店の種類としては、他の歓楽街と同じです。セックスを基本サービスとする店から、単なるキャバクラまでさまざまな風俗店がそろっています。

主なものとしては、以下のようなものがあります。

・ソープランド

女性とセックスできる風俗店を指します。日本の風俗では、本番行為が禁止されています。ただ、ソープランドでは男女がたまたまお風呂で自由恋愛に落ちたという建前のもと、セックスが黙認されています。

女性とセックスしたい場合、ソープランドがおすすめです。中州にはソープランドが固まって存在しています。

・トクヨク(ファッションヘルス)

福岡・中州では聞きなれない言葉を耳にすることがあります。その中で代表的なものがトクヨクです。トクヨクとは何なのでしょうか。

トクヨクとは、要はファッションヘルスのことを指します。最も一般的な風俗形態であり、女性との性的行為を楽しむことができます。ただ、ソープランドとは違ってセックス(本番行為)はできません。

特殊浴場という言葉からトクヨクがきています。通常、特殊浴場はソープランドを指します。ただ、中州ではファッションヘルスになるのです。

・キャバクラ、ガールズバー

中州には非常に多くのキャバクラが存在します。中州には「ソープランドが密集する地域」があれば、「キャバクラが存在する地域」もあります。狭い地域の中でも区画があるのです。

中州には非常に多くの無料案内所があるため、キャバクラやガールズバーを利用したい場合はそれらの店を利用すると案内してくれます。

・その他の店

九州最大の歓楽街であるため、当然ながら中州にはその他の形態の店もあります。デリヘルやピンクサロン、SMなどです。

こうした店舗を利用しても問題ありません。

無料案内所を活用するといい

いつも利用している店がある場合、そこへ出向くといいです。ただ、福岡・中州であまり遊んだ経験がない場合、無料相談所を利用してみましょう。

風俗街によって遊び方が異なります。例えば、東京・吉原では事前にホームページで確認して予約するのが基本です。新宿・歌舞伎町はぼったくり店が多く、無料案内所も油断できません。

それに対して、福岡・中州では事前の予約をするというよりも、実際に風俗街へ出向いた後に遊ぶ店を決めるのが普通です。このとき、無料案内所を利用しましょう。歌舞伎町のようにぼったくられることはなく、安全に利用できます。

中州には非常に多くの風俗店があるため、どの店舗がいいのかわからない場合は無料案内所のお兄さんに「こういう子と遊びたい」などのような要望を出すといいです。それに合う店を紹介してくれます。

中州の場所や行き方

それでは、どのようにして中州に出向けばいいのでしょうか。中州は福岡市博多区にあります。博多駅から近く、問題なく徒歩で行くことができます。もちろん、地下鉄を利用しても問題ありません。

地下鉄で行く場合、中州の最寄り駅は「中州川端駅(なかすかわばたえき)」です。

中州は非常に狭い島ですが、ここに風俗店が密集しています。さらに、前述の通りエリアごとに店の形態が大きく違ってきます。

・ソープランド、トクヨクのエリア

セックスや性的行為を含め、いわゆる「抜きのサービス」を提供する店は中州の中でも南東に位置する部分に存在します。

道路を隔てて店の様子が大きく変わり、道路の南東側がソープランドやトクヨク(ファッションヘルス)が立ち並ぶエリアになります。

ソープランドなどの風俗店を利用したい場合、道路よりも南東側にある無料案内所を利用するといいです。キャバクラエリアの無料案内所を利用しても、残念ながら「対応していない」といわれるだけです。

・キャバクラ、ガールズバーのエリア

それに対して、キャバクラやガールズバーのエリアは道路を挟んだ反対側(北西側)になります。以下のような場所にキャバクラやガールズバーが点在しています。

人によって風俗店に求めるものが異なります。こうした位置関係を理解していれば、目的の風俗店にたどり着きやすいです。

中州には普通の店も多く、さらには飯がうまい

なお、キャバクラやガールズバーなどが点在しているエリアを歩くとわかりますが、風俗店に限らず普通の飲食店もたくさん存在します。ラーメン店や居酒屋を含め、非常に多くの飲食店が営業されているのです。

例えば、私が中州で遊んでいたときは目の前にあった以下の店に入りました。

店内には最初、誰も人がいなかったので「本当にこの店は大丈夫か」と不安になりました。しかし、実際に料理を注文してみると非常においしかったです。

基本的に福岡はご飯がおいしいことで知られています。これは中州も同様であり、屋台や居酒屋を含め適当に入ったとしても非常においしい料理を提供してくれる店に出会うことができます。

中州で夜の街を豪遊する

私が福岡に出向いたとき、当然ながら夜は中州へと足を運びます。昼は仕事を頑張り、夜は中州でも頑張るわけです。

最初、私は中州で遊ぶときのシステムがよくわかっていませんでした。駅から遠いわけではなく、多くの人が中州の街を歩きながら店を決めることだけは知っていたため、ひとまず夜に中州へ行くことにしました。まずは風俗街へ行けば問題なく遊べるだろうと考えたわけです。

まずは日ごろの悶々とした気持ちを晴らし、下半身をスッキリさせるためにソープランドを目指すことにしました。中州の街を歩き、目についた無料相談所に入ることにしたのです。

ただ、店内に掲載してある店はどこもキャバクラやガールズバーです。ソープランドやファッションヘルスなども店はありません。

そこで無料案内所の人に聞いてみたところ、「このエリアはキャバクラ店ばかりなので、あっちのエリアの無料案内所へ行ってみてください」といわれました。そのため、ソープランドエリアへ移動することになりました。

どの店がいいのかよくわからないので、移動後はひとまず無料案内所へ入るようにします。そこで、パネルを見ながら女性を確認することにします。

中州には多くのソープランドがあります。この中から選ぶのは困難なので、ひとまず人気ランキングで上位の女性が在籍している店を選んでいくことにしました。その子を指名できるかどうかは不明ですが、ひとまず行けば何とかなるだろうと考えたわけです。

そうして、無料案内所からクーポン券をもらいます。本来は24,000円の料金をクーポン券の活用によって17,000円まで値下げすることができます。

そうして、意気揚々と目的のソープ店に入ることになりました。

中州のソープランドでパネルマジックに引っかかる

店内に入ると女性を指名しなければいけません。日本の風俗店はどこも共通して写真指名です。パネルの女性はどれも美人であり、これは当然ながら写真加工をしているからです。

そのため、写真だけを見ても実物がどうなのかまったくわかりません。こればかりは運に任せるしかなく、直感で選ぶことにしました。

このときは友人一人と一緒に入ったため、提示された女性3人のうち2人をそれぞれ指名することになりました。

後から韓国人の男性客が入店してきたのですが、このときは私たちが指名してしまったため、残っている女性は1人だけです。そのため、韓国人男性は「これだけしかいないの?」と英語で言っていましたが、仕方なく残った女性を指名していました。

そうして待合室で10分ほど待っていると、準備ができたらしく呼ばれました。エレベーターの前で女性と会うことになります。このときが一番、ドキドキします。

カーテンを開けて女性と対面すると、そこにはちょいブスの女性が立っていました。この瞬間、「パネルマジックに引っかかってしまった」と思ったわけです。ただ、文句を言っても仕方ありません。ひとまず、その場を楽しむことだけに専念することにしました。

ひとまず会話をした後、服を脱ぐことになります。

服を脱ぎながらも会話しますが、女性はそれまで会社で働いていたらしく、いまはOLを辞めてソープランドだけに勤務しているようです。

また、パネルでは20歳と書かれていたが本当か聞いたところ、実年齢は24歳のようです。中州でも吉原年齢(年齢詐欺)は健在です。

ソープランドであるため、服を脱いだ後はお風呂に入ります。女性にとってお風呂の温度が熱かったらしく、水を入れながら入浴することになりました。お風呂の中で歯磨きをして、イソジンで口の中を消毒し、セックスの準備をしていきます。

40分とソープランドでは短いコースだったため、そのままベッドへ移動することになりました。

一応、ソープランドなのでマットは存在します。これまでマットプレイをしたことあるのか聞いてみたところ、1年半ほど勤務していて2回しかないようです。マットプレイを要求されたときも「ほとんど経験がないし、下手だけど問題ないか」と男性客に確認を取ったうえでのマットプレイのようです。

さて、そのままベッドで寝転がった後、エッチすることになります。女性のおっぱいにしゃぶりつき、前戯をスタートさせることにしました。

ファッションヘルスやデリヘルであると、セックス(本番行為)はできません。ただ、ソープランドでは「お風呂で男女が出会い、そのまま自由恋愛に落ちた」という建前のこと本番行為が黙認されています。

そのため前戯やフェラチオの後、コンドームを装着して正常位でセックスすることになりました。ちょいブサではありますが、中は気持ちいいです。その後、騎乗位やバックを楽しんだ後、射精することになりました。

休憩後、ガールズバーで豪遊する

そうしたスッキリした後、店の外に出ました。1分後に一緒に入った友人が出てきて、どうやら同じようにパネルマジックに引っかかったようです。ただ、17,000円とソープランドでは値段が安かったので仕方ないという結論に至りました。

下半身が軽くなった後、ひとまず居酒屋に入ります。目についた居酒屋に入り、非常においしいご飯を堪能した後、今度はキャバクラエリアで店を探すことにしました。同じように無料案内所へ入ります。

このとき、若い女の子がたくさんいるガールズバーを紹介されたため、ひとまず案内人のお兄さんを信じてガールズバーを目指すことにしました。

店に到着し、席に着いた後はドリンクを頼み、若い女性たちと話すことになりました。当たり前かもしれませんが、先ほどのソープ嬢に比べるとみんな若く、容姿レベルの高い女の子ばかりでした。

居酒屋で既にそれなりのお酒が入っていたため、どのような会話をしたのかは正直あまり覚えていないです。ただ、下ネタを含め女性たちと卑猥な話をしたのだけは確実です。

友人たちと一緒に目の前の女性を下ネタ攻撃して、深夜25:00あたりに店を出ることにしました。その後、締めのラーメンを食べてホテルに帰り、深い眠りに落ちたのです。

博多・中州は飯もうまい風俗街

一般的には、風俗街はキャバクラやデリヘル、ファッションヘルス、ソープランドを含め風俗遊びを楽しむ場所です。居酒屋が存在することはあるものの、どうしても夜遊びメインになってしまうのです。

ただ、福岡にある中州は風俗店だけでなく一般的な居酒屋やラーメン屋、さらには屋台までが乱立しており、どの店に入ってもご飯がおいしいです。

そして、夜遊びも楽しいです。今回のソープランドではパネルマジックに引っかかりましたが、これはどの風俗街でも同じであり、より高級店になればかわいい子を当てることができます。

また、キャバクラやガールズバーなどで遊んでも問題ありません。無料相談所を活用しながら、男性店員のお勧めを聞きながら夜遊びする店を選ぶようにしましょう。そうすれば、中州で楽しい一夜を過ごせるようになります。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには