タイにはパタヤと呼ばれる非常に有名な風俗の街があります。パタヤでは街全体が風俗街という非常に珍しい都市です。

その中でも、パタヤで夜が最もにぎわうのがウォーキングストリートです。ウォーキングストリートには非常に多くのゴーゴーバーやバービアが存在します。パタヤを訪れるとき、風俗遊びで必ず出向く場所の一つがウォーキングストリートです。

それでは、どのようにしてウォーキングストリートで夜遊びをして、タイ美女とセックスすればいいのでしょうか。ここでは、タイ・パタヤのウォーキングストリートで夜遊びするときの場所や値段を含めて解説していきます。

ウォーキングストリートはどのような場所か

パタヤは街自体が一つの歓楽街ですが、その中でも最も風俗店が密集している地域としてウォーキングストリートがあります。

以下の動画でその様子を確認できます。

ウォーキングストリートには何十件ものゴーゴーバーがあるだけでなく、バービアやクラブ(ディスコ)、普通のレストランを含めあらゆる店が存在します。

バービア(Bar Beer)は、日本的な言い回しをすれば「ビアバー(Beer Bar)」に相当します。

ただ、その中でもメインはどうしてもゴーゴーバーになります。夕ご飯はどこか他の場所で食べ、そのままウォーキングストリートで豪遊するのが正しい流れです。

ウォーキングストリートには男女を含め多くの人が行きかっています。ゴーゴーバーの中には女性が入っても問題ありません。ただ、基本は男性が楽しむ場所なので客は男性がほとんどです。

ゴーゴーバーの前には店の女性たちが勧誘してきます。腕を引っ張られることもよくあるため、問題ないならそのまま店内に入るといいです。

店内に入ると、そこにはお立ち台があって女性たちがクネクネと踊っています。

店の中を見るだけなら無料です。店に入ってみて、女性が微妙そうであればそのまますぐに退店すれば問題ありません。よさそうな店があれば、そのまま席に座って飲み物を注文しましょう。

ドリンク代は一本100~250バーツ(約300~750円)ほどです。ビールなら150バーツ(約450円)ほどになると考えてください。

ウォーキングストリートの地図

それでは、パタヤの中でもウォーキングストリートはどのような場所に位置しているのでしょうか。地図上で把握していなければ夜遊びできません。

ウォーキングストリートの地図は以下のようになります。

ウォーキングストリートはパタヤ市街地の中でも南西に位置します。パタヤへ到着したら、夜になったらこの場所を目指すといいです。

なお、ウォーキングストリートのメイン通りから裏路地に入ったところにも多くの風俗店が存在するため、それらを含めて探検するといいです。

事前に理解するべき遊ぶ時間

昼と夜では、ウォーキングストリートの様子がまったく異なります。昼では車が走っており、普通のレストラン街です。ただ、夜になるとウォーキングストリートは風俗街へと姿を変えます。

ウォーキングストリートへ出向くのは、早くても19:00にしましょう。それより前に行ってもいいですが、多くのゴーゴーバーは開店していません。店が開く時間はそれぞれ違っており、19:00に開く店があれば、20:00に開店する店もあります。

ただ、いずれにしても早めに出向いてもあまり意味はありません。

夜については、24:00以降であっても問題なくゴーゴーバーは開いています。ただ、26:00以降になると閉まる店が非常に多くなってきて、クラブくらいしか行く場所がなくなります。

そのため、19:00~26:00でウォーキングストリートでの夜遊びを楽しむといいです。特に焦る必要はなく、24:00以降でも美人女性がたくさん残っているので、落ち着いて一夜を共にする女性を選ぶといいです。

その他の店でも遊べる

なお、ウォーキングストリートにあるのはゴーゴーバーだけではありません。前述のように、日本でいうガースルバーのような「バービア」があります。ガースルバーとはいっても、バービアでは女性をお持ち帰りすることが可能です。

バービアで女性と一緒に会話するなど、楽しみ方は無限大です。

また、ロシア女性が在籍する風俗店があるなど、さまざまな形態があります。ゴーゴーバーだけではないのがウォーキングストリートです。

ゴーゴーバーで遊ぶための値段

それでは、風俗店であるゴーゴーバーで夜遊びするためには、どれだけの費用が必要なのでしょうか。前述の通り、店に入って席に座るとドリンクを注文しなければいけません。このときは100~250バーツほどです。

ゴーゴーバーの中には、裸で女性が踊っている店もたくさんあります。こうした女性たちを鑑賞しながら、何時間いても値段はドリンク代だけです。

そのため、ストリップと比較すると圧倒的に値段は安いです。

・セクキャバ利用でも非常に安く済ませることが可能

また、単に女性を見ているだけではつまらないと思います。そこで、踊っている女性の中から、好みの女性を指名して隣につけましょう。

このときは女性にドリンクを奢る必要があります。レディースドリンクといいますが、通常は200~300バーツ(約600~900円)です。これだけの値段で女性を隣につけて一緒に飲むことができます。

もちろん、隣につけた女性に対してはセクハラが可能です。どれだけ女性がセクハラを許してくれるのかについては、女性次第です。ただ、基本的にはおっぱいを揉んだりキスをしたりしても問題ありません。

私もパタヤに友人と出向いたとき、全員が女性を指名して膝の上に女性を乗せ、胸を露出させて揉みはじめていました。

何時間いても問題ないため、通常のドリンク代と女性へのセクハラを含めても非常に安い費用だといえます。

ただ、あなたはドリンクを注文するペースを自分で調節できるものの、女性についてはドリンクを飲んだ後に「もう一杯、飲んでもいいか?」と聞いてきます。もう少し女性と長くいたいのであれば注文させましょう。もし、他の店へ行きたかったり、女性が微妙だったりする場合はドリンクを断って放流するといいです。

もちろん、女性はペイバー(バーファイン:連れ出しすること)を期待しているため、女性を隣につけるとはいっても「ドリンクを奢らずに長時間隣につける」ことはしないようにしましょう。

女性をお持ち帰りするときの料金相場

セクキャバとして利用できるゴーゴーバーですが、単にセクハラをするだけではダメです。愛想がよくて容姿もあなた好みであるなら、そのままあなたのホテルへお持ち帰りするようにしましょう。

ゴーゴーバーから女性を連れ出すことをペイバーといいます。ペイバーは別名でバーファインともいいです。

ゴーゴーバーから連れ出すとき、店にペイバー代を支払わなければいけません。ウォーキングストリートでのペイバー(バーファイン)は1,500バーツ(約4,500円)が相場です。

ペイバーの代金については、深夜になると安くなることがあります。店によって「23:00から安くなる」「値下げは24:00から」など異なりますが、ペイバー料金が1,500バーツから1,000バーツ(約3,000円)にまで下がるのです。

これに加えて、女性へのセックス代が加わります。エッチ代は2種類あり、ショートとロングです。

ショートとは、あなたのホテルで女性とセックスするための値段になります。女性とエッチした後、女性はすぐに帰ります。ショートの費用は3,000バーツ(約9,000円)です。

もちろん、ショートで女性と一緒に店を出た後、バーで食事を取るなど好きに過ごして問題ありません。ただ、セックスした後に女性はすぐ部屋を出てしまうようになることは理解しましょう。

それに対して、ロングでは5,000バーツ(約15,000円)です。ロングは「朝までコース」であり、女性が朝までいてくれます。朝になれば女性は帰りますが、「起床後に女性とセックスして帰す」ことも可能です。

ショートにするかロングにするかはあなた次第です。睡眠を重視するならショートがいいですし、より女性と濃密な時間を過ごしたい場合はロングで問題ありません。

呼び込み女性も指名できる

なお、風俗初心者では勘違いする人が多いですが、ゴーゴーバーでは店頭に立っている呼び込み女性も問題なく指名することができます。実際、私は呼び込み女性を指名したことが何度もあります。

店の前に立っている美人女性がいて、その子を気に入ったのであればそのままバーファインしても何も問題ないのです。

ゴーゴーバーで踊っている子は日によってシフトが異なり、店内で踊っていることがあれば、店の外で呼び込みをしていることもあります。その日、たまたま呼び込みの日だっただけであり、ゴーゴー嬢として店内で踊っていることもあるのです。

こうしたことを理解し、店の前にいる女性を気に入ったのであれば積極的に声をかけましょう。「Let’t drink with me!(私と一緒に飲もうよ!)」と伝え、そのまま店内で飲んだ後、よさそうであればペイバーすれば問題ありません。

ゴーゴーバーの有名店

ウォーキングストリートへ出向いたのであれば、実際に通りを端から端まで歩いてみましょう。おおよその感覚をつかむことができます。

その後、ゴーゴーバーへ入店しましょう。最初は見学だけで、入店してすぐに出ても問題ありません。または、適当に店に入ってドリンクを注文しても大丈夫です。いずれにしても、まずはどこかのゴーゴーバーへ入店するといいです。

ただ、そうはいってもどの店に入ればいいのか迷ってしまいます。そこで、ウォーキングストリートでの有名店についていくつか紹介します。

・Baccara(バカラ)

タイ・バンコクのソイカウボーイにはBaccaraという、ソイカウボーイで最も有名な店があります。それと同じように、パタヤのウォーキングストリートにもBaccara(バカラ)が存在します。

パタヤにあるバカラは「ソイカウボーイのバカラ」と店の構造が同じです。店は一階だけでなく、二階もあります。そして、一階から二階で踊っている女性を見上げることが可能になっています。

人気店であるため、一階や二階を含め多くの客が店にいます。

・Sensations(センセーションズ)

ここも同じくウォーキングストリートの中でも人気店の一つです。

店内はそれなりの大きさがあり、美人女性がたくさん在籍しています。お立ち台で踊っている女性は当然指名できますが、店内には周囲にも多くの女性が待機しています。

時間によって踊り子が交代していきますが、周囲に待機している女性を指名しても問題ありません。むしろ、女性の方からウインクでアピールしてきます。

気になる子がいれば、積極的に呼び寄せて隣の席につけるようにしましょう。呼び寄せる方法は手招きするだけなので、目が合ったときに女性を呼ぶといいです。

入店する店を決める意味はない

このように人気店を少しだけ記しましたが、慣れていない段階ではこのような人気店を選ぶするようにしましょう。まずは席に座り、ドリンクを注文し、女性を鑑賞するという一連の流れを覚えるといいです。

その後、気になる女性がいれば呼び寄せましょう。退店する場合、スタッフに伝えてお金を支払って出るだけです。

一応、人気店については記しましたが、ゴーゴーバーであらかじめ入店する店を決めておく意味はありません。つまり、どのような店があるのか予習しておくのは無意味なのです。上記の店に好みの子がいればそのまま指名すればいいですが、せっかくの夜遊びなのでゴーゴーバーに慣れた後は多くの店をまわるようにしてください。

実際、私はパタヤのウォーキングストリートで何度も女性をペイバーしましたが、バカラやセンセーションズ以外の店を利用したことの方が圧倒的に多いです。実際に入店して店内をグルッと見て回り、あなたの好みの女性がいたり、店で全裸の女性が踊っているなどシステムが面白そうだったりした場合に席に着くといいです。

ウォーキングストリートでバーファイン体験談

私がパタヤへ出向いたとき、何度もウォーキングストリートでゴーゴーバーを練り歩き、タイ美女をペイバー(バーファイン)してエッチしました。

もちろんバーファインだけでなく、セクキャバとしても利用するなど、さまざまな用途でゴーゴーバーを利用したものです。その中の一つについて記していきます。

このときは他の友人と一緒にパタヤへ出向いたのですが、晩ごはんを食べた後に20:30くらいからゴーゴーバーを練り歩くことになりました。夜遊びの開始時間としては早すぎず、遅すぎず問題ありません。

ウォーキングストリートは非常ににぎわっています。通りでは大道芸をする人もいます。

周囲にはゴーゴーバーやバービアが軒を連ねており、どの店舗に入ればいいのか迷ってしまうほどです。

このとき、いくつかのゴーゴーバーへ入ってドリンクを頼むことにしました。ドリンク代は180バーツ(約540円)ほどです。

そのうち、友人が女性を指名して隣につけました。彼は英語をまったく話せませんが、女性の胸をモミモミするなど、非常に楽しそうでした。

そうして、料金を支払って他の店にいきます。いろんな店に入っては出てを繰り返していましたが、あるゴーゴーバーの目の前に来たとき、呼び込みの女性に腕を掴まれて店内に入るように促されました。

私を勧誘したこの呼び込みの子、非常にかわいいです。セックスするなら、この子で問題ありません。そのため、席についたときに私は「Sit down.(ここに座りなよ)」と言い、案内女性を隣につけることにしました。

話のノリもよく、非常に楽しいです。胸を触っても怒られません。顔も私のタイプなので、言うことありません。

値段を聞いたところ、ペイバーが1,500バーツ(約4,500円)です。それに加えて、ショート3,000バーツ(約9,000円)、ロング5,000(約15,000)円です。ゴーゴーバーでは妥当な価格相場です。

ただ、時間はまだ22:00ほどです。いろんな店を見て回りたいです。そのため、名残惜しいですが女の子にバイバイして店を出ることにしました。

そうして店をめぐっていると、巨乳のゴーゴー嬢たちがおっぱい丸出しで踊っている店を発見しました。そのため、私たちは引き寄せられるように席についたわけです。

この店では踊っている女性たちがお立ち台から近づいてきてくれるため、席に座った状態のまま胸におさわりできます。ただ、それだけでは飽きたらないため、結局全員がそれぞれ気に入った女性を呼び寄せることになりました。

隣の席に座らせるのではなく、自分の膝の上に女性をのせます。この方が風俗嬢たちにセクハラしやすいです。

そうして、タイ女性の豊満な胸を堪能することにしました。ちなみに、私が指名した女性は遠く(ゴーゴーバーのお立ち台で踊っている状態)から見ると非常に美人でしたが、至近距離では顔に細かいシワがありました。年齢を聞くと29歳だったので、妙に納得してしまいました。

女性を見て指名できるとはいっても、近くでみるとイメージとは異なることがよくあります。そのため、巨乳であることには満足しましたが、そのまま店を出ることにしました。ちなみに、友人たちは今回の店で女性をバーファインしました。

ゴーゴーバーでペイバーを完了する

ひとまず、私も今夜の相手をしてもらう女性を決めなければいけません。そこで、先ほど外で私を勧誘してくれた子に会うために、ちょっと前の店に戻ることにしました。その子が既にペイバーされていないことを祈りながら歩きます。

そうして店の前までいくと、先ほどの子が問題なく店頭に立っていました。私を発見すると、当然のように再び熱烈な勧誘をしてきます。

そこで、他の友人(友人がペイバーした女性を含む)を引き連れて数時間前に入った店をリピートすることになりました。

当然、そのまま案内してくれた子を隣につけます。ひとまずドリンクを奢り、会話を再開しました。

女性は23歳で肌はピチピチです。バンコク出身ですが、なぜかパタヤで働いています。そうして、ホテルへ行くための交渉をしました。「Go hotel with me?(一緒にホテルへ行かないか?)」と聞くだけなので簡単です。

値段は先に示した通りですが、時間がわりと遅めだからかバーファイン代が1,500バーツから1,000バーツ(約3,000円)に値下げされました。ちなみに、このときの時間は23:30です。

このときはロングでお願いし、今夜は目の前の子と濃厚セックスすると決めます。ロング5,000バーツ(約15,000円)が加算されるため、合計6,000バーツ(約18,000円)を店のおばちゃんに払いました。なお、おばちゃんがチップを要求してきたので、100バーツ(約300円)を渡しました。

4P交渉のあと、ホテルへお持ち帰り

友人とは同じホテルだったものの、部屋は別です。

ただ、ホテルはシングルベッドがそれぞれ2つある部屋だったので、4Pが可能です。そこで、女性たちには「自分たちは同じ部屋に宿泊しているけどいいか?」と言い、4P交渉をすることになりました。ひとまず、OKをもらったので問題なく4Pを実現できます。

次に、女性たちに「部屋で飲もうよ」と提案します。これも承諾してもらったので、ウォーキングストリートにあるコンビニでビールや食べ物を購入し、パタヤの街を走っている乗り物に乗り込んでホテルまで帰ることになりました。

ホテルの部屋に入ると、そのまま宴会が始まります。女性を店の外に連れ出して遊べるのは、こうした国だからこそ可能です。毎回思いますが、非常に素晴らしい国です。

私たちはコンビニで購入したアルコールや食べ物をつまみながら、さらに親睦を深めることになりました。

そうした大人の遊びを楽しんだあと、シャワーを浴びることになります。それぞれ、指名した女性と一緒にシャワーを浴びて体をきれいにするのです。

タイ美女と夜も朝もセックスする

それにしても、タイの女性は美人です。今回の女性もロリ顔であり、これだけの美女とエッチできると想像しただけで股間が膨らんでしまいます。

そうした妄想をしながら、一緒にシャワーを浴びました。石鹸でゴーゴー嬢に背中からぺニスの先までキレイにしてもらいます。

私が先にシャワーを浴びたあと、友人が浴びます。そうして、4Pが始まりました。

ただ、先に私がシャワーを終えていたので、ロリ美女のタオルをはぎ取ってフライングでエッチを開始してしまいました。

タイ女性は私の乳首を責めてきます。私もそれに負けないよう、ソフトタッチによって応戦します。キスも指入れも受け入れてくれる、非常に良い子です。そうして生フェラのあと、コンドームを装着して上に乗られて騎乗位でセックスがはじまりました。

それにしても今回のロリ美女はエッチがうまいです。少しだけ腰を浮かせ、緩急をつけながらちんこを刺激してきます。

それだけでイキそうになったのですが、我慢して正常位に移りました。なお、隣でも友人が指名した女性がアンアンと声が響いています。

さて、女性はベッドカバーをかけたままで正常位をします。おそらく、隣から観られたくないのでしょう。そこで、「Open the door.」といいながら、シーツをはぎ取って隣の友人に見せつけようとしたのですが、ロリ美女は私の手を押さえてきて、「ちょっと!」という顔をしました。

怒った顔もまた、かわいいです。仕方ないので、そのまま女性の唇を奪ったあと、正常位のまま腰を打ち付けることにします。そうしていると限界が近づき、そのまま射精してしまいました。このとき、友人は隣でまだセックス中でした。

射精後は再びシャワーを浴びます。今回はロングで朝までコースだったので、そのまま同じベッドでロリ美女と一緒に寝ることになりました。

なお、次の日も朝に起きた後、同じように女性とエッチして帰しました。ロリ美女にはチップとして200バーツ(約600円)を渡し、キスをした後にサヨナラしました。

パタヤで必須の場所がウォーキングストリート

タイ・パタヤで夜遊びをするときに必ず行くべき場所がウォーキングストリートです。パタヤの風俗巡りでは、ウォーキングストリートのゴーゴーバーがメインになるからです。

ウォーキングストリートにはゴーゴーバーやバービア、クラブ(ディスコ)を含めたくさんの遊び方が存在します。

パタヤのゴーゴーバーには非常に美人な女性が何人もいます。必ず、あなたにとってドストライクのタイ美女が待っています。

ゴーゴーバーでは女性を隣につけ、セクハラをした後、そのままペイバーしてホテルにお持ち帰りしましょう。セックスまで楽しんでこそ、ようやくウォーキングストリートで遊んだといえます。

【バンコク風俗ガイドの案内】

最高の夜遊びを実現するため、バンコクに住む現地の日本人ガイドを紹介します。ガイドを利用することで、最高の夜遊びを実現できます。

バンコクガイドの募集ページ

風俗ガイドの案内ページ

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認