風俗街は全国各地にありますが、四国の香川県にも存在します。香川県・高松で最も人気の風俗街は「八重垣新地」という場所です。通称「城東」とも呼ばれています。

八重垣新地は現在の「香川県高松市城東町二丁目」にあたります。もともとは八重垣遊郭(やえがきゆうかく:遊郭は風俗街のこと)という風俗街が明治時代(1868~1912年)に設置されたのが起源となっています。

ここでは香川県の八重垣新地について紹介します。

明治時代に設置された八重垣遊郭

香川県高松市には明治時代、高松港という港が作られました。高松港は当時、貿易港として重要な役割を果たしました。高松港では多くの男性が労働者として働いていました。

高松港周辺は時代の経過とともに発展しましたが、同時に土地が狭くなっていきました。そのため埋め立てにより、土地が拡張されました。

埋め立てられた土地には高松港で働く男性をターゲットとして、風俗店が開業されるようになりました。そしてこれが遊郭となり、「八重垣遊郭」というひとつの風俗街として発展するようになりました。

八重垣遊郭はたくさんの男性客でにぎわい、順調に発展していきました。

しかし、昭和時代(1926~1989年)に起こった第二次世界大戦(1939~1945年)のときに、八重垣遊郭は空襲を受けて焼失してしまいました。ただ、八重垣遊郭は戦後に「赤線地帯(政府公認の風俗街)」となり、風俗店の営業を許可される地域となりました

赤線地帯となった八重垣遊郭は、昭和時代に再度発展していきました。そして1956年(昭和31年)に公布された売春防止法のタイミングで八重垣遊郭は廃止となり、現在の八重垣新地となりました。

八重垣新地(城東)には、戦後の時代が感じられる建物がある

現在の八重垣新地には風俗店が入居するビルがたくさん建ち並んでいます。また、昼間から男性客に声をかける客引きの男性スタッフの姿もあります。ただ、周辺地域は落ち着いており、「住宅街から八重垣遊郭が隔離されて存在する状態」となっています。

八重垣新地は高松港の小さな半島に存在しています。香川県では法律でソープランドやヘルスの営業が全域で禁止されています。しかし八重垣新地だけは例外的に許可されており、風俗店が集中する地域となっています。

八重垣新地には「戦後の時代に建てられたと思われる建物」も残されています。木造の古びた建物があり、その雰囲気は当時の風俗文化を感じさせてくれます。

過去の建物の中でも状態が良いものは、現在でも旅館や民家として使われているものがあります。歴史ある建物が現在でも使われているのは、驚くべきことといえます。

八重垣新地は夜になると高松港のライトと風俗店が入居するビルのネオンサイン、さらに古風な建物が並び、ほかの地域にはない独特の景観となっています。

また、八重垣新地ではときおり犬を見かけることがあります。八重垣新地で働く風俗嬢がさみしさからペットとして犬を飼う人がいました。犬がいるのは、「風俗嬢が店をやめる際に犬を捨ててしまったため」といわれています。

現在の八重垣新地(城東)の風俗店

現在の八重垣新地(城東)の風俗店としては、ソープランドが多くあります。約10軒のソープランドがあり、四国の中でも有数のソープ街となっています。

八重垣新地のソープランドの大きな特徴として、「建物の雰囲気」が挙げられます。八重垣新地のソープランドのデザインは城や宮殿のようなデザインが多く、高級感が感じられます。料金の相場は2~3万円で、比較的利用しやすい金額となっています。

八重垣新地は香川県に住んでいる男性が多く訪れていますが、中には岡山県などの周辺地域から訪れる人もいます。車や電車などで瀬戸大橋を渡り、八重垣新地を訪れるのです。

岡山県は政令指定都市に指定されているため、風俗遊びが難しいです。そのため、わざわざ橋を渡って夜遊びに来るのです。また、岡山県から高松・城東まで通勤している女性もいます。八重垣新地は四国周辺では大きな風俗街のため、風俗遊びをしたい男性や働きたい女性が各地からやってきます。

このように、香川県の八重垣新地(城東)は明治時代から風俗街として発展しました。そして現在に至るまで、周辺地域の男性に支持され続けています。

八重垣新地(城東)への行き方・遊び方

それでは、実際に香川県・高松へ行って八重垣新地(城東)で遊ぶにはどのようにすればいいのでしょうか。

県外から香川県・高松へ行く場合、基本的に岡山県から出向くことになります。このときは岡山駅から快速マリンライナーに乗り、1,500円ほどで高松まで行くことができます。

高松駅から城東エリアまでは近いです。ただ、近いとはいっても徒歩では20~30分ほどの時間がかかります。微妙に距離があるため、歩いていくのかタクシーで向かうのかは財布次第です。

既に利用する店舗が決まっている場合、送迎無料サービスをしてくれることがあります。特にソープランドの場合、高確率で無料送迎してくれるので電話予約するときに必ず聞くようにしましょう。

また、他の風俗街と大きく異なるものとして、多くの店舗で「専用の駐車場と契約している」ことがあります。つまり、車で向かっても問題ありません。

風俗街は繁華街に設置されていることが多いです。そのため、店舗用の駐車スペースが用意されていることは珍しいです。

ただ、城東エリアは繁華街というわけではなく、周囲に飲み屋は皆無です。純粋にファッションヘルスやソープランドなどの店舗があるだけであり、香川周辺の住民はほぼ全員が車をもって移動します。

そのため香川県民に限らず、岡山県民で車をもっている人は電車を使わず車で高松まで出向き、ソープランドへ行くことがよくあります。もちろん、四国の人たちが八重垣新地へ行くときは車になります。

車で行くとき、既に利用する店舗が決まっている場合は事前に駐車スペースの場所を電話で教えてもらいましょう。夜遊びする店が決まっていない場合、どこかに一時的にとめて無料相談所などで利用する店を決定した後、店の駐車場へ移動するといいです。

八重垣新地(城東)の様子

突き出た半島に風俗店が連なっており、対岸からであっても風俗店が密集していることが分かります。

半島に立ち入ると、「無料相談所」の旗が立っていました。一般的な街では見かけない光景であっても、風俗街ではこれが普通です。

街の中には、普通の運送会社が操業しています。そのため、大きなトラックが通ることはよくあります。そうした運輸業に関わる会社の事務所や倉庫などがある中、特定の区間に風俗店が密集するようになっています。

店の前には、基本的にスーツを着たボーイの男性が立っています。そのため、店の前を通るときは「お兄さん。もうお店はお決まりですか? もしよかったら、少し見ていきませんか」などのように声をかけてきます。

一般的な繁華街であれば、町中に風俗街が形成されているので多くの人が行き交います。ただ、城東エリアでは半島の中に足を踏み入れないといけないため、こころ歩いているということは誰がどう考えても遊び目的です。

人の数は少ないものの、ここを歩いている男性は高確率で風俗店へ用のある人だと推測できます。

ただ、平日の昼過ぎであるにも関わらず、駐車場には多くの車がとまっていました。街を歩いているときも、車で乗り付けて店の中へと消えていった男性をたくさん見ました。

なお、街には以下のように無料相談所が至るところにあります。ぼったくられることはないため、店が決まっていない場合は気軽に相談してみるといいです。

なお、無料相談所に駐車場を設けている店舗もあります。この場合であれば、駐車スペースを心配する必要なく夜遊びを楽しむことができます。

なお、裏路地を歩いているとキレイな女性が歩いていました。「なぜ、ここに女性がいるのだろう」と考えていると、店の中へと消えていきました。これから、出勤するのだと思います。

ソープランドが立ち並ぶ風俗街ですが、規模自体はそこまで大きくないです。小さい区画にファッションヘルスやソープランドなどが立ち並ぶようになっているため、城東エリア自体はすぐに回ることができます。

風俗街といえば、ラブホテルも同様に立ち並んでいるのが一般的です。ただ、八重垣新地にはそのようなラブホテルはほとんどなく、一つだけです。

ラブホテルを利用するとき、普通は飲食店で飲んだ後に一般女性を連れ込むのが一般的です。ただ、周囲に飲み屋などはなく、一般的な歓楽街とは異なる風俗店が密集しているだけのエリアであるため、ラブホテルは必要とされていないのでしょう。

ただ、このラブホテルは非常に安いです。安いときであれば1泊2食付きで7,000円以下で宿泊できると看板に書いており、そこら辺のホテルに泊まるよりも条件が良いのではと思います。

なお、風俗街の中には普通の民家も混ざっています。風俗店の隣に普通のマンションがあることもあります。周りには会社の事務所だけでなく、一般的な家も立ち並んでいるのです。

ソープランドが立ち並ぶエリアよりも先に進むと、工場のエリアになります。八重垣新地(城東)では、風俗エリアより先に進むと会社の作業場や倉庫が立ち並ぶようになります。

なお、城東エリアには「東浜恵美須神社(ひがしはまえびすじんじや)」があります。八重垣遊郭ができる前から存在する、由緒正しい神社です。

東浜恵美須神社の鳥居には、「萬民快楽」と書かれてあります。そのような四文字熟語は存在しないものの、言いたいことはよくわかります。

旧赤線地帯という性質上、ここでは多くの男性が快楽を求めて訪れてきます。うどんを食べるだけでなく、女性を食べることも楽しみの一つとして城東エリアに多くの人が集まっているため、「萬民快楽」という言葉は非常にしっくりきます。

ちなみに、東浜恵美須神社は商売繁盛(金運アップ)のご利益があります。東浜恵美須神社のおかげもあり、現在も八重垣新地はにぎわっています。

このように、香川県・高松にある城東エリアにはファッションヘルスやソープランドが密集しており、多くの男性客が連日のように訪れています。香川県に来たとき、うどんを食べることに飽きた場合は八重垣新地(城東)に立ち寄ってみてください。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認