ura

風俗店を利用する男性客の中には、「風俗嬢と本番行為(セックス)プレイをしたい」と考えている方は多いです。日本では風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)という法律により、本番行為をサービスとして提供することは禁止されています。

しかし、違法と理解しながらサービスを提供している店があり、こうした店を「裏風俗」と呼びます。

本番サービスには希少価値がある

裏風俗店の経営者は、もちろん「本番サービスの提供が違法であること」を理解しています。しかし、それでも裏風俗店がなくならないことには2つの理由があります。ひとつは「男性客のセックスへの需要が高いこと」、もうひとつは「女性の雇用確保への貢献」です。

前者の男性側の需要について、「本番をしたい」と考えている男性は常に存在します。それをサービスとして提供している店は違法であることから当然少ないため、容易に利益を確保できるのです。

ソープランドでは、本番行為がサービスとして提供されています。しかし、ソープランドは「在籍している女性が自由恋愛の元で本番行為を行った」という建前で法律を逃れています。

裏風俗では違法であることから摘発されるリスクがありながら、「儲かるビジネスができる」という目先の想いから、営業を継続しているのです。

裏風俗は利益を簡単に確保することができ、「一度始めるとやめられなくなる」という、中毒性に近い特徴があります。

男性客は店を利用して満足すると、リピートしてくれるようになります。ただ、本番サービスを提供しなくなると、こうした常連客が一挙に離れていくことになります。そのため、店は本番を提供するという違法営業をやめることが困難になるのです。

風俗嬢の雇用確保にも貢献

セックスありの裏風俗は店で働く女性にとってもメリットがあります。それは、「本番行為ができるなら、仕事に困らなくなる」ということです。ほかの一般的な風俗店で雇ってもらえない女性でも、「本番行為を行える」と伝えれば、裏風俗店では仕事をすることができます。

風俗嬢は性病のリスクや見知らぬ多くの男性とセックスをすることへの抵抗感から、本番行為をしたがらない方は多いです。そのため、本番行為ができる女性には価値が生まれるのです。また、ルックスが良くて本番が可能な女性は多くの男性客から人気となり、高収入となることが多いです。

本番行為を提供したい意向の店と本番サービスが提供できる女性は、双方にメリットがある関係となっています。

裏風俗は、相次ぐ摘発で減少傾向にある

このように、裏風俗店は多くの男性が求めている本番サービスを違法ながらも提供することで人気を獲得してきました。そして、2000年代に入るまで店舗数が増え、売上を拡大してきました。

さらに、一般的な合法の風俗店は数が増えたために競争が激化し、無店舗型のデリヘルなどのサービスに移行するようになりました。こうした中で本番サービスを店舗型で提供する店は希少性が増し、風俗愛好家の中で大人気となりました。

しかし、2000年に入ると、裏風俗店の摘発が行われるようになりました。大阪の飛田新地は裏風俗店が多数建ち並ぶ地域として知られていましたが、「街の浄化」を目的として摘発が繰り返されるようになりました。

また、横浜の黄金町という地域にも裏風俗店が多数存在しており、地域全体の売上が1日で2億円を超す人気を誇っていました。しかしここにも摘発が入り、裏風俗店は姿を消すようになりました。

風営法のほかに風俗店の営業に関係する法律として、「売春防止法」があります。売春防止法では、「風俗店が摘発されても、風俗嬢は罰を受けることはない」というルールがあります。しかし、裏風俗のような違法の店舗で働いていた場合、「違法営業のほう助」という罪で風俗嬢は逮捕される可能性があります。

女性も2000年以前のように裏風俗店で働くのは難しい状況となっており、裏風俗店の減少スピードに拍車がかかっています。

ホテトルの特徴・料金形態

裏風俗は男性から求められるサービスではあります。しかしやはり違法であることには違いなく、利用することができる店はわずかとなっています。

なお、こうした違法に営業されている裏風俗の一つに「ホテトル」です。ホテトルは「ホテル・トルコ」の略です。トルコは「トルコ風呂」に由来しており、1970~1980年代当時、トルコという言葉は風俗の総称のようになっていました。またトルコ風呂とは、現在のソープランドの俗称でした。

ホテトルは女性をホテルや自宅にデリバリーできる「デリヘル」と仕組みが似ています。デリヘルと異なるのは女性を呼べる場所はホテルのみで、「本番行為(セックス)ができる」という点です。一般的な風俗店では本番サービスは禁止されていますが、ホテトルは密かに営業されており、違法ながらもそのサービスが提供されています。

ここではホテトルの特徴や料金について紹介します。

ホテトルの利用方法は特殊

ホテトルでは店舗がなく、「店の電話番号に連絡、もしくは店のスタッフと直接交渉すると女性を送ってもらうことができる仕組み」となっています。以前は街の公衆電話ボックスにホテトルのチラシが貼られており、そこに電話番号が記載されていました。しかし、現在は携帯電話の普及によって電話ボックスは大都市・地方都市を含め、現在ではほとんど見かけなくなりました。

代わりに利用できる方法として、「風俗街に立っている黒服のスタッフに声をかける」という方法があります。スタッフに「本番がしたい」と伝えると、ホテトルを紹介してもらえることがあります。紹介してもらえることになると、今度はホテトルの男性スタッフがお客様のところへ来てくれます。そして、指定のホテルやレンタルルーム・マンションの一室などに案内されることが多いです。

ホテトルはこのように手続きが煩雑で利用しにくくなっていますが、それはホテトルが違法なサービスであるためです。大々的に営業しているとすぐに摘発されてしまうため、このような特殊な利用方法となっているのです。

ホテトルの料金相場

ホテトルの料金は通常1~5万円ほどで、90分2万5千円という例があります。同じく本番行為が楽しめるサービスとしてソープランドがありますが、ホテトルと同程度である料金の店もあります。ただし、ホテトルの場合、ホテルの利用料が別途発生します。上記の料金はホテル代別であることが多いです。

ホテトルの料金は地方によって大きく差があります。1万円から楽しめるところがあれば、3万円のところもあります。基本的には料金が高いほど、女性のルックスは良い傾向になります。

また、女性は素人に近い人が多いです。ホテトルのスタッフが利用の際に女性の写真を見せてくれる店もあれば、「19歳の可愛い女の子です」とだけ伝えられる場合もあります。多くの場合、ホテトルの利用を決めると女性のチェンジ(派遣された女性が好みでない場合に変更すること)はできません。

このため、ホテトルでは「女性と対面したときに、好みのタイプではないことが分かった」というリスクがあります。しかし、本番行為ができるため好奇心から「利用したい」と考える男性は比較的多いです。

ホテトルでのプレイでは連絡先交換も可能

ホテトルでのプレイでは、女性と対面したら、まず会話から始めます。ソープランドでは最初から性的プレイに入ることが多いですが、ホテトルではコミュニケーションを取ってからプレイするのが一般的です。初めての方のプレイ前の会話は、女性とのプレイの良し悪しに大きく影響します。また、楽しい会話ができれば、女性との親密度も上がります。

ホテトルのメリットとして、本番行為ができる以外に、「一般の風俗店にある禁止事項が少ない」という点が挙げられます。

ホテトルの女性は店に勤務している実態がありません。そのため、多くの風俗店で禁止されている「女性との連絡先交換」を行うことができ、プライベートで会うことができる可能性があります。

もちろん女性が嫌がっていれば問題になる可能性が高いです。しかし、女性と良い雰囲気を作ることができれば、ホテトルでの出会いから本当の恋愛関係に発展する可能性を秘めています。

また、ホテトルではシャワーの時間をプレイ時間としてカウントしないことが多いです。そのため、プレイ時間にある程度融通が利くこともあります。ただ、あまり時間を超過しすぎてしまうと店から連絡がきて追加料金が取られてしまう場合があります。

このようにホテトルは、現在では見つけにくくなっているます。しかし、素人っぽい女性と本番行為が楽しめるサービスで利用する価値があるといえます。興味があれば利用してみるのをお勧めします。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認