カンボジアのリゾート地として知られるシアヌークビルは風俗が盛んな地域でもあります。風俗店がたくさんあるということは、置屋も存在することを意味しています。カンボジアには置屋がたくさんあり、シアヌークビルにも存在するのです。

シアヌークビルには置屋スポットが存在します。その中でも、最もお勧めできる場所がブルーマウンテンという場所にある置屋群です。

置屋であるため、非常に安い値段でカンボジア美女とセックスできます。ただ、料金相場や場所を含めて知らなければ遊ぶことができません。

そこで、シアヌークビルでの夜遊びに最適なブルーマウンテンについて確認していきます。

美女の多いブルーマウンテン

カンボジア人はそこまで美人なわけではありません。そのため、風俗店に行ってもかなり頑張って探さなければ好みの女性を見つけることはできません。

ただ、私の個人的な感想ですが、ブルーマウンテンにいる置屋の女性は美女が非常に多いです。プノンペンにいる、エッチ代150ドル(約15,000円)以上の高級KTV嬢よりも美人女性が多かったことは確かです。

カンボジアではカンボジア人とベトナム人を抱くことができ、そうした美女たちがブルーマウンテンの置屋に集合しているのです。

シアヌークビルではバービア(ガールズバーのようなもの)やKTV、サウナなどの風俗店があります。KTVやサウナは異常に値段が高いのであまりお勧めできません。そのためバービアと置屋が主になりますが、ブルーマウンテンの置屋の方が値段は安く、美人女性も多いので簡単に選べます。

チキンファーム置屋には行かなくていい

シアヌークビルのブルーマウンテンは置屋街として知られていますが、他にもチキンファーム(Chicken Farm)という置屋街もあります。チキンファームはチキンビレッジとも呼ばれます。チキンファーム(チキンビレッジ)にも置屋がいくつかあるものの、残念ながら女性の質は圧倒的に劣ります。

参考までに、チキンファームの場所は以下になります。

シアヌークビルの市街地から遠く、周辺は非常に薄暗いです。いつ襲われてもおかしくないような場所です。

また、基本はおばさんしかおらず、容姿レベルもかなり低いです。セックスの値段は10ドル(約1,000円)と非常に安いですが、さすがに妖怪レベルの女性を抱く気にはなれません。置屋の家も非常に汚いです。

行ってもいいですが、おそらく落胆だけして帰ることになります。そのため、チキンビレッジ置屋に行くことは考えず、置屋については素直にブルーマウンテン置屋だけに出向くようにしましょう。そうすれば、無駄な移動費や時間、労力をかけなくて済みます。

もちろん、ブス・ババアの女性が好きだったり、アジアの底辺置屋を見てみたかったりする場合はチキンファーム(チキンビレッジ)に出向いてもいいです。ただ、その場合は自己責任でお願いします。

置屋までの移動手段や地図、営業時間

シアヌークビルには公共交通機関がありません。それでいて、置屋は市街地から微妙に離れた場所にあります。徒歩で出向いてもいいですが、かなりの時間がかかります。

そのため、トゥクトゥクやバイタク(バイクタクシー)などで置屋まで行くのが普通です。レンタルバイクを借りてもいいですが、警察に逮捕される可能性があるのであまりお勧めしません。

どこにブルーマウンテンがあるのかというと、地図でいうと以下の場所になります。

シアヌークビルにはプサールーマーケット(Phsar Leu Market)という地元民が活用するマーケットが存在します。その近くに置屋街としてブルーマウンテンがあります。少し坂道を登った先に多くの置屋があります。

置屋のおすすめ営業時間についてですが、昼ではなく夜の方がいいです。昼では女性の数が非常に少ないため、行くのは夜をお勧めします。もちろん、昼から女遊びをしたい場合は昼から出向いても問題ありません。

また、置屋なので24:00以降など深夜であっても問題なく開いています。私が出向いたのも24:00くらいですが、問題なく明かりが灯って賑わっていました。

料金相場は非常に安い

一般的には、カンボジアの風俗は非常に高額です。KTVとなると、セックス代だけで100ドル(約10,000円)を軽く超えます。これにドリンク代などが加わると、それなりの金額になります。

一方で置屋であると、ドリンク代などはありません。単に女性を指名してエッチするだけです。セックス代しか支払いがありません。

また、女性とエッチするための費用も安いです。店によって若干の違いはありますが、一回のセックスで25~30ドル(約2,500~3,000円)です。店によって25ドルといわれることがあれば、30ドルのときもあります。ただ、5ドルの違いしかないので純粋の顔の好みで選ぶようにしましょう。

一回のセックスで3,000円ほどであり、他の風俗店に比べても美女が多いことを考えると、シアヌークビルに行ったときは必ず出向くべき場所の一つだといえます。他の風俗のように、外国人だとわかった瞬間に値段を吊り上げ、ぼったくってくることがないのも優れています。

チキンファーム(チキンビレッジ)の一発10ドルよりは高くなります。ただ、女性の美女率を考えると、シアヌークビルの置屋めぐりはブルーマウンテンの一択で大丈夫です。

置屋を利用するときの流れ

それでは、どのようにして置屋で女性とセックスすればいいのでしょうか。方法は簡単です。実際にシアヌークビルのブルーマウンテン置屋まで出向き、値段を聞いた後に女性を指名するだけです。

カンボジアの風俗店では、多くのケースで女性の愛想が悪いです。こちらが女性を見つめても、何も反応を返さないことが多いのです。店への勧誘も積極的ではありません。

一方でブルーマウンテンの置屋街であると、女性が若くてかわいくなるだけでなく、愛想がよくなります。ニコッと笑顔を振りまいてくれる女性が多くなるのです。笑顔のある女性であるほど濃厚セックスを期待できるため、女性を選びやすくなります。

女性を指名後、置屋の中に入りましょう。置屋では部屋がいくつか分かれています。部屋にはベッドが置かれてあるため、そこで服を脱いで女性とセックスをすることになります。

置屋であるため、特に長く前戯をしたり、恋人気分を味わったりすることはありません。服を脱いだ後、勃起させてコンドームを装着し、そのまま女性と本番行為をすることになります。なお、ブルーマウンテンでは服を脱ぐ前にお金を先払いしてエッチが開始されます。

特にチップは要求されないため、店頭で言われた金額だけで済みます。

ちなみに、シャワーはありません。単に服を脱ぎ、美女とのセックスを楽しむ場所だと考えてください。ブルーマウンテンは典型的な置屋スタイルの風俗街になります。

射精後、ティッシュペーパーでペニスを拭いた後に服を着替えます。その後、店を出て終了になります。

ブルーマウンテンの置屋でセックスをする

チキンファーム(チキンビレッジ)の置屋は非常に微妙なので行く価値がありません。そのため、今回のシアヌークビルではチキンファームを見学した後、美女と格安セックスが可能なブルーマウンテン置屋へ出向くことにしました。

ホテルの場所からは非常に遠いため、徒歩で行くわけにはいきません。そこで、トゥクゥクに乗って行くことにしました。

そこら辺にいる通常のトゥクトゥクを使うと確実にぼったくられます。今回、私が宿泊していたホテルからブルーマウンテンまでは、5ドルほどを要求される距離です。ただ、アプリを使って「ぼったくりのないトゥクトゥク」を使ったため、片道1.5ドルほどで出向くことができました。

坂道を上り、ブルーマウンテンの場所に到着します。少し周りは薄暗いですが、以下の場所の少し先にたくさんの置屋が広がることになりました。

道の両脇に置屋があります。おそらく、15~20件ほどの置屋があります。それぞれの店に在籍している女性の数は3~8人なので、このエリアにはわりと多くの女性がいます。

それでいて、女性の質は高めです。通りを一周しましたが、問題なく選べる子が5人くらいいました。料金にしても25~30ドルほどなので、気軽に指名することができます。

通りを歩いていると、わりと熱心に勧誘してくれます。女性の笑顔もいいです。こうしたことは、カンボジア風俗では意外と珍しいです。

そうした中で、私好みの女性がイスから必死に声掛けをしてくれました。「Ajinomoto. hahahaha.(あじのもと。はははは)」という感じで笑っています。海外では、こちらが日本人と分かると誰もが知っている単語を投げかけてくることがよくあります。

この子は肌の色が白めであり、ベトナム人のようです。カンボジア風俗では、カンボジア人がいればベトナム人もいます。値段を聞いたら30ドルだったので、そのまま私に笑顔を振りまいてくれたその美女を指名することにしました。

置屋のベッドで一発抜き、すっきりする

バービアやKTVなどで女性を連れ出す場合、その後に食事をしたり、ホテルの部屋でイチャイチャしたりと好きなように過ごすことができます。ロング(朝までコース)にすれば、朝までずっと一緒にいることができます。

ただ、ブルーマウンテンは置屋スタイルなのでそうしたことはできません。単に女性とのセックスと射精を楽しむ場になります。

女性を指名後、部屋の中に通されます。玄関で靴を脱ぎ、置屋に上がります。

部屋に入ると、女性はすぐにドアを閉めてカギをかけます。一応、他の人が間違えて入ってこないようにカギはあるようです。

その後、女性はすぐにパンツを含めて下半身の服を脱ぎ、ブラジャー一枚になりました。

その後、「Money!」と言ってきたので先に30ドルを支払います。女性は30ドルを自分のかばんにいれ、私が服を脱いで全裸になった後にセックスを開始することになりました。

どうやら、この女性は当たりのようです。店頭で勧誘してくれたときは笑顔が素敵であり、エッチが始まってからも非常に愛想が良いです。エロいしぐさをしてくれたり、私の乳首をなめてくれたりします。

ただ、置屋なので前戯はそこまでありません。女性の肌に触れていると、勝手にペニスが肥大化して勃起してしまったため、前戯はそこそこにしてコンドームを被せられました。その後、女性は後ろに倒れて正常位でセックス開始です。

このとき、女性はブラジャーをしたままでした。しかし私は女性の胸を揉みたいです。そこで女性のブラジャーを下にずらし、胸をわしづかみにしながら腰を振っていきました。

ただ、キスだけではダメでした。ほっぺにキスをするのはかろうじて許してくれましたが、唇は難しかったです。ただ、拒絶する感じではなく、「ノ~~、ノ~~」と甘える感じで言ってくれるため、断られてはいても非常に感じの良い子です。

そうしてバックに移ります。ただ、あまり滑りがよくありません。そうしていると、女性が大きな声で何かを言いました。その10秒後、部屋の上からローションが放り込まれました。店に在籍している他の女性がローションを投げてくれたのです。

バックの状態からペニスを抜き、ローションを塗られて正常位で再びセックスを開始します。私はキスによって唇を奪おうと頑張り、女性は顔を動かしながらそれを交わすという攻防戦を繰り広げながらの正常位です。

そこからは高速で腰を振っていくことにしました。ローションの効果もあり、女性の中は滑らかです。非常に愛想の良い女性なので満足でしたが、唯一女性の膣はあまり締まりがよくなく、刺激が少なかったので頑張って腰を振らないと射精までたどり着かなかったわけです。

そうして高速正常位をしながらも、どさくさに紛れてフレンチキスを何度もし、そのまま女性の中で果てることになりました。

射精後はコンドームを小さなビニール袋に入れます。ペニスをティッシュで拭き、そのティッシュもビニール袋に放り込み、服を着替えます。その後、部屋を出ることになりました。

私の方が後に部屋を出たのですが、女性は外で化粧直しをしていました。私がたくさんキスをしたため、それを直しているのでしょう。置屋の女性はその後も客を取るために自分を良く見せる必要があります。そのため、このように化粧直しが必要になるのです。

そうして女性に別れを告げ、そのまま退店することになりました。

シアヌークビルのブルーマウンテン置屋はお勧め

リゾート地で知られるシアヌークビルの中でも、ブルーマウンテン置屋は断然お勧めです。非常に価格が安いですし、あらゆる風俗店の中でも美女率が高いです。チキンビレッジ置屋は行かなくてもいいですが、ブルーマウンテン置屋には出向くようにしましょう。

置屋であるため、女性と親密な仲を築くことはできません。単にセックスと射精をするだけになります。

ただ、カンボジア人やベトナム人を含めてブルーマウンテン置屋にはかわいい子がいます。バービアやKTVに出向くのもいいですが、ブルーマウンテン置屋へ行けば気軽に女遊びを楽しむことが可能です。

夜遊びのできるリゾート地の一つがシアヌークビルです。シアヌークビルの優れた置屋街であるブルーマウンテンで濃密な一夜を過ごしましょう。

【プノンペン(シェムリアップ)風俗ガイドの案内】

最高の夜遊びを実現するため、プノンペンに住む現地の日本人ガイドを紹介します(シェムリアップも可能)。ガイドを利用することで、最高の夜遊びを実現できます。

プノンペン(シェムリアップ)ガイドの募集ページ

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認