韓国に行ったとき、ソウルや釜山などで夜遊びを検討する男性は非常に多いです。そうしたとき、風俗店の一つにノレバンがあります。

ノレバンとは、いわゆるカラオケのことを指します。韓国語でノレは「歌」、バンは「部屋」という意味です。歌の部屋なので、つまりはカラオケです。

日本のカラオケと違うのは、カラオケルームに女性を呼べることがあります。韓国アガシ(女性)をカラオケルームに呼び、気に入ったら指名して一緒に飲むのです。要は、普通のカラオケ店がキャバクラに変貌すると考えてください。

それでは、どのようにして韓国のノレバンを利用すればいいのでしょうか。また、料金相場はどのようになっているのでしょうか。ここでは、ノレバン(カラオケ)を利用するときの方法について解説していきます。

手軽な風俗であるノレバンのシステム

ソウルや釜山をはじめ、非常に多くの場所にある風俗店がカラオケです。一般的なカラオケ店でもあるため、店に入って普通にカラオケを楽しんでも問題ありません。ただ、韓国のノレバンでは女性を派遣してもらうことができるのです。

女性は派遣されるため、カラオケ店に雇われているわけではありません。近くに待機所があり、そこから派遣されてくるのです。このとき女性が並ぶため、その中から気に入った子を選ぶようになります。そして指名後、隣につけて一緒に会話を楽しむことができます。

女性を選ぶことはできますが、少しだけ年齢層が高いことはあらかじめ理解しておくようにしましょう。20代前半ではなく、20代後半の女性になります。中には30代前半の女性もいます。

その代わり、ノレバンは誰でも気軽に始めることができるため、在籍している女性のほとんどは素人です。昼間は普通のOLをしていることも多く、そうした女性と一緒に飲むことができます。

また指名できるとなると、気に入った子がくるまでパスできるように考えてしまいます。基本的にはそうなのですが、ノレバンは女性を派遣するタイプなので、次の女性が来るまで15分以上かかるのが普通です。

そのため、チェンジするにしても1~2回までが基本であり、何度もチェンジせず多少は顔が好みではなくても選んでしまうのが一般的な遊び方です。チェンジは最低限に留め、できるだけチェンジは1回までにするようにしましょう。

・会話は英語になる

風俗店にいる女性だと、日本語を話せる子がわりといます。ただ、ノレバンにいる子で日本語を話せる人はほとんどいません。当然、私たち日本人は韓国語など分かりません。

そこで、英語で意思疎通を図ることになります。お互いにカタコトの英語になりますが、これによってコミュニケーションを取るようにしましょう。

女性とエッチはできないが連絡先交換は可能

ノレバンはあくまでも女性をカラオケ店に派遣してもらい、一緒に飲むスタイルになります。そのため、日本のキャバクラとシステムはほぼ同じであり、女性と連れ帰ってセックスできるわけではありません。

あくまでも、女性との会話を楽しむ場所がノレバンになります。

ただ、当然ながらその場で連絡先を交換し、後で自由恋愛を楽しんでも問題ありません。日本人女性とは異なり、韓国女性は普通に返信してくれます。そのため、プライベートで会ってホテルにお持ち帰りするのは大丈夫です。

ノレバンの中だけで完結し、エッチまで持っていくのは非常にレベルが高いです。ただ、プライベートで誘うなどその後のことまで考えているのであれば、問題なくノレバンを楽しむことができます。

なお、韓国にある普通のカラオケ店であるため、日本の歌はあるかもしれませんが基本はハングル文字になります。読むことはできません。キャバクラと同じシステムなので歌わずに会話をすれば問題ないのですが、もし日本の曲を歌いたい場合は隣に着いた韓国アガシに曲を入れてもらうといいです。

食べ物は好きに宅配するといい

ノレバンで出てくるものはアルコール(おs家)だけになります。食事は出てこないため、お酒ばかり飲むことになります。

ビールを含め、女性の分まで出てくるのでこれについては問題ありません。

ただ、食べ物については何か欲しい場合は宅配を頼むようにしましょう。カラオケ店の人に依頼すれば、問題なく食べ物を宅配してくれるようになります。

当然、食べ物料金は加算されるようになります。飲み物代はパックに含まれていることがあったとしても、食事代は別料金になると考えるといいです。

韓国に存在するノレバンの場所

ノレバンはどこにでもありますし、特に場所や地図を調べる意味はありません。繁華街や風俗街へ行けば、いたる場所にノレバンがあります。

例えば、ソウルには以下の駅に歓楽街が広がっています。

  • 江南駅(カンナム駅)
  • 水踰駅(スユ駅)
  • 新林駅(シンリム駅)

特に江南は非常に有名な繁華街であり、ここには乱交按摩や乱交カラオケ、フルサロン(酒とエッチを楽しめる場所)など、非常に多くの風俗店が存在します。ここを歩けば、そこら辺にノレバンの店が存在します。

通常、韓国の風俗店は看板を出していないのでどのような店か分かりません。ただ、ノレバンについては例外的に非常に簡単に判別できます。以下ような、「音符や歌っている女性の絵」のマークがある店がノレバンになります。

こうしたものを店の前に置いているノレバンは非常に多いです。実際、江南の街を歩いてもいたるところに音符マークのある店を見かけます。それらはすべてノレバンです。

ノレバン(カラオケ)で女性を派遣してもらいたい場合、こうした店へ積極的に入るようにしましょう。店が女性を抱えているわけではないため、どのノレバンに入っても女性の質が変わることはないため、ランダムに入店して問題ありません。

料金相場の安いノレバン

韓国で女性と一緒にカラオケを楽しむことを考える場合、フルサロンや乱交カラオケを含め、一人2万円以上になるのが基本です。そのため、割と値段は高いです。

それに比べると、女性が服を脱がないノレバンでは料金相場は安いです。一人4~5万ウォン(一人約4,000~5,000円)になります。これにアルコール代が加わると考えてください。

乱交カラオケでも女性とお酒を飲んだ後、連絡先を交換してプライベートで遊ぶことは十分可能です。乱交カラオケ自体は日本にないシステムなので、非常に面白いです。必ず経験するべき風俗店ですが、ノレバンの安さに比べると完敗です。

そのため、年齢層は高めですがコスパよく韓国アガシと知り合いになり、その後のプライベートでのお持ち帰りを含めて楽しみたい方にはノレバンが最適です。

・ノレバンの営業時間

なお、ノレバンはカラオケ店でもあるため、24時間営業であったり、昼でも問題なく開いていたりします。営業時間は非常に長いのです。

ただ、当然ながらノレバンが盛り上がってくる時間帯が存在します。私が実際にノレバンを利用し、女性に聞いたところ22:00~26:00がピークの時間のようです。つまり、最もノレバンが盛り上がるのは夜遅くの時間帯になります。

ノレバン自体は営業時間は店によって違っており、昼からでも店に入ることができます。ただ、特別な理由がない限りは22:00以降にノレバンを利用するようにしましょう。

ソウルでのノレバン体験談

韓国のソウルや釜山は風俗遊びできる都市として知られています。当然、ノレバンもあらゆる場所に存在します。そこで、私はソウルへ出向いたときにノレバンを体験することにしました。

その日は江南で豪遊していたのですが、最後にノレバンで休憩することにしました。どの場所にあるノレバンか不明ですが、目についたノレバンへ適当に入ることにしたのです。

ノレバンとはいっても、中身は普通のカラオケ店です。日本であれば、一つのビルが丸ごとカラオケですが、韓国のノレバンは規模が小さいです。一つの店に数個のカラオケボックスがあるだけになります。

値段を聞いてみると、お酒込みで一人65,000ウォン(約6,500円)のようです。アルコール代込みでこの価格なら妥当です。そのため、そのまま店内に入ることにしました。

カラオケルームに通されると、先にアルコールが出てきます。あとは、簡単なおつまみがある程度です。このときは男性3人で出向きましたが、女性が到着するまでビールで乾杯し、飲むことにしました。

女性との会話を楽しむ

そうして5分ほどすると、女性が到着しました。意外と早いです。このとき、三人の女性が並ぶことになりました。

このとき、友人二人がすかさず指名します。ただ、残った女性は非常に容姿が微妙です。そこで、私はパスすることにしました。友人たちは女性と楽しそうに会話していますが、私一人だけ取り残されることになります。ただ、こればかりは仕方ありません。

そうして15分後、再び女性が表れます。その数、二人です。

一人の女性については、ものすごい美人というわけではありませんが、指名できるレベルではあります。そこで、女性を指名して隣につけることにしました。

女性の年齢は28歳のようです。以前はアパレル関係の日系企業に働いていたと話してくれました。日本語は話すことができないため、英語での意思疎通になります。たまに翻訳アプリを利用しながら、コミュニケーションをとることにしました。

なお、いまは化粧品の広告に関する仕事をしているようです。

こうして、普通のキャバクラと同じように会話をしていきます。ただ、ノレバンは制限時間が1時間です。キャバクラへ行った方なら分かると思いますが、1時間はすぐです。そのため、女性から「ごめん。時間が来た!」と言われたとき、「もう1時間が経ったのか!」と感じてしまいました。

アガシの中では28歳と確かに年齢は高めでしたが、私が指名した子は美形だったですし、話も楽しかったので私はわりと満足することができました。

ちなみに、今回のノレバンでカラオケを歌った人は一人もいませんでした。全員、キャバクラとして女の子との会話を楽しんだ様子です。

安い値段で女性と飲みたい人におすすめのノレバン

その場で女性とセックスすることはできないものの、このようにキャバクラとしてカラオケ店を利用できる場所としてノレバンがあります。確かにすぐにエッチできず、お持ち帰りが前提ではありません。しかし、女性を見て選ぶことができますし、連絡先を交換して次につなげることも可能です。

1時間の利用になるので、すぐに時間は経過します。もちろん気に入れば、延長することは可能です。

ノレバンには昼間に働いている普通のOLが副業で行っています。そうした素人女性と仲良くなりたい場合、ノレバンは最適です。

年齢層は他の風俗店に比べて少し高めであり、20代後半の子になります。ただ、わりとキレイ目な子はいたので問題なく指名できると思います。ソウルや釜山へ出向いたとき、風俗街で「音符や歌を歌っている女性の絵」を見つけた場合、積極的に店内に足を運び入れるようにしましょう。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認