出会い系サイトで女性と出会うには、メールの書き方・送り方が重要


出会い系サイトを利用する際には、女性と「メール(メッセージ)」を交わす必要があります。女性と出会うためには、メールでしっかりとコミュニケーションをとることが大切です。

男性によっては「早く女性と出会って、エッチをしたい」と考えることがあります。しかしこのような感情からメールを交わしてしまうと、女性から抵抗感をもたれる可能性が高くなります。女性と直接出会うためにまず行うべきことは、「女性との関係を深めること」なのです。

ただ、人によっては「どのようなメールを送れば、女性と仲良くなれるか分からない」と悩んでしまうことがあります。そこでここでは、「出会い系サイトにおける、女性に対するメールの送り方」について紹介します。

たくさんの女性にメールを送るべき

出会い系サイトを利用する際には前提として、「たくさんの女性にメールを送ること」を意識しましょう。

出会い系サイトを利用して「女性と出会えない」という感想をもつ男性がいる一方で、「たくさんの女性と出会い、エッチを楽しんでいる人」がいます。出会い系サイトを通じて女性と出会っている男性は、非常にたくさんの女性にメールを送っています

男性によっては出会い系サイトで女性3人や5人にメールを送った時点で、出会いを諦めてしまうことがあります。しかし女性と出会う男性は、数十人や100人を超える女性にメールを送っているのです。女性はたくさんの男性からアプローチされているため、男性もできる限り多くの女性にメールを送り、出会える可能性を高める必要があるのです。

10人、20人とメールを送っても、なかなか女性と出会えないことがあります。しかしここで、諦めないことが大切です。50~100人ほどの女性にメールを送れば、その中の何人かはあなたに興味をもってくれる可能性が高いです。

ときには女性からメールを無視されることにより、「自分には魅力がないのか…」と自信を失ってしまうことがあるかもしれません。しかし多くの女性と出会っている男性も、女性にたくさん無視されたり断られたりしています。「出会い系サイトでは、女性に無視されることが当たり前」と認識しておきましょう。

出会い系サイトで出会うためには、「アプローチする女性の人数を増やすこと」と「メールの内容を女性から反応がくるように改善すること」が重要です。メールの書き方については以下で述べますが、メールをたくさん送ることも意識してください。

なお、出会い系サイトで女性に送るメールには、種類があります。大きく分けて3種類あり、「女性に送る1通目のメール」「2通目以降に送る、女性と関係を深めるためのメール」「女性との連絡先の交換や、直接の出会いに誘うメール」です。

これらそれぞれで、気を付けるべき点があります。以下では3種類のメールについて、書き方・送り方を解説します。

最初に送るメールの書き方

「出会い系サイトに登録している女性に送る、最初のメール」をファーストメールといいます。ファーストメールは非常に大切で、日常生活に例えると「直接会ったときの第一印象」と似ています。

ファーストメールで女性があなたに好印象をもてば、その後のメールが続きやすくなります。しかしファーストメールで女性からの印象が悪ければ、それ以降に女性とメールを交わせなくなる可能性が高いです。

このように、ファーストメールは非常に大切な意味をもちます。以下の点に気をつけて、ファーストメールを送りましょう。

「まずは関係を深める」という意識をもつ

出会い系サイトを利用する男性は冒頭で述べたように、「早く出会いたい」という気持ちをもっています。そしてその気持ちから、「早く会いたいな」のようなメールを女性に送ることがあります。

しかしこのようなメールは、女性からの連絡が途絶える原因になることが多いです。その理由はメールを受信した女性が、「気持ち悪い」と感じるためです。

出会い系サイトはインターネット上のサービスで、お互いに顔が見えない中でメールのやり取りを行います。プロフィール画像に自分の顔写真を登録することはできますが、自分の「表情」や「身体の動き」は相手に見えません。しかしネット上のコミュニケーションであっても、「直接会っているときと同じようにコミュニケーションをとること」が大切です

一般的に初対面の女性と直接会っているときに、「早く2人きりになりたいな」のようなことを言う男性はほとんどいません。男性が突然このように伝えてしまうと、女性は男性に対して不信感を抱いてしまいます。

女性は男性と違い「男性との関係を、少しずつ深めたい」と考えることが多いです。女性は男性のように「見知らぬ人と、すぐにエッチしたい」と思うことは少ないのです。

売春(お金と引き換えにセックスをサービスとして提供すること)目的で出会い系サイトを利用する女性であれば、すぐエッチするようなことを考えます。ただ、一般的な女性は「まずは相手の男性をよく知りたい」と思うのです。

女性は出会い系サイトを利用する際に「出会った男性に清潔感がなく、挙動不審な人だったらどうしよう」「出会った男性に、レイプされてしまったらどうしよう」などの不安を抱えています。

そのためまずはセックスしたい衝動を抑えて、「女性に信頼してもらい、関係を築く」という意識をもってメールを交わしましょう

出会い系サイトを利用する男性の多くは、このような女性の不安を理解していません。逆に言えば「誠実さ」をもって女性とコミュニケーションをとるだけで、他のライバルとなる男性をリードすることができるのです。

定型文を送らない

女性にメールを送る際には、文章を「自分の言葉」で書くことが大切です。

出会い系サイトでは、メールを送ることでたくさんの女性にアプローチすることができます。そのため人によっては「定型文を用意して、たくさんの女性にまとめてメールを送ろう」と考えることがあります。

しかしこのようなファーストメールを送ったとしても、女性から返信がくる可能性は低いです。その理由は「女性が定型文であることに気付くため」です。

定型文を送ろうと考える場合、「たくさんの女性にも応用でき、違和感を覚えさせない文面」を作成する必要があります。しかしこのようなことを意識してメールを作ると、メッセージを読んだ女性は「このメールは私の具体的なプロフィールについて、何も触れられていない。この男性は、定型文をたくさんの女性に送っているのではないか」と気付いてしまうのです。

定型文は一度にたくさんの女性にメールを送りやすいため、一見すると効率が良いように思えます。ただ、ほとんどの女性に興味をもってもらえない可能性が高いです。

逆に女性1人1人のプロフィールを確認して、それぞれの人によってメールの文面を変えるほうが、女性からの反応は高くなります。少し手間に感じるかもしれませんが、「パソコンやスマホ画面の向こうには、1人の女性がいる」ということを意識して、丁寧にメールを送りましょう。

女性が「カフェに行ったり、美味しいものを食べたりすることが好き」と書いていたら、「僕も食べ歩きは好きですよ。最近あなたが食べて、美味しかったものはありますか?」のようにメールを送ります。要は「女性が興味をもちやすい、具体的な話題」についてメッセージを交わすように気を付けると、女性が返信してくれやすいです。

長文を送らない

出会い系サイトで女性と交わすメールの文字量は、「女性が送ってくるメールと同程度、もしくは少し短め」が良いです。

男性によっては女性に対する好意から、長文のメールを送ってしまうことがあります。しかし長文のメールは、女性が敬遠しやすいです。女性は男性からの長文メールに対して、いわゆる「重たい印象」をもちます。長文メールを送ると、「女性のあなたに対するイメージ」が低下しやすいです。

そのため伝えたいことがたくさんあってもなるべく短くまとめて、「気軽さ」を演出したメールを作りましょう。女性から「この男性からのメールは、気軽さが感じられて楽しい」と思われるようになれば、自然と直接的な出会いにも繋がるはずです。

女性に「共感」や「理解」を示すメールを送る

出会い系サイトの女性に興味をもってもらうためには、女性から「この男性は私と気が合うかもしれない」と思ってもらう必要があります。そのためには「共感」と「理解」という2点を意識してメールを送ることが大切です。

例えば、あなたが女性に対して「趣味は何かあるの?」と聞いたときに、女性が「本を読むことが好きで、特に推理小説が好きです」と返信してきたとします。あなたはこれに対して、「僕は本を読まないから、推理小説についてもよく分からないな。ところで好きな食べ物はある?」のように返信したとします。

この時点で、女性は「この男性とメールを交わすことは止めよう」と考えやすいです。

女性も男性と同じように、出会い系サイトでさまざまな男性と出会うことができます。「あなたは女性から、常に他の男性と比べられている」と考えてください。女性の好きなことに対して理解や共感を示さないと、女性は「もっと気の合う別の男性を探そう」と考えるのです。

そのため上記の例であれば、「僕も本をよく読みます! 本は面白いですよね。僕はビジネス書をよく読むのですが、推理小説も読んでみようかな。お勧めの小説はありますか?」のように返信すると良いです。

このような内容であれば、あなたが推理小説を好きでなくても、読書には共感しており、推理小説の面白さにも理解を示しています。そのため女性が、「この男性とは気が合うかもしれない」と思ってくれやすいのです。

自分のことを端的に伝える

ファーストメールは前述のように、「第一印象」を決める大切なメールです。女性に興味をもってもらうためには、「自分がどのような人なのか」「なぜその女性に興味をもったのか」を伝える必要があります。例えば、次のようなファーストメールを送ると良いです。

「こんにちは! 大阪に住んでいるサトシと言います。プロフィールを見て、気が合いそうだったのでメールしました。カフェや食べ歩きが好きなのですね。僕も最近、いろんなものを食べ歩いてます。良かったらこれからもメールできると嬉しいです。よろしくお願いします!」

上記のメールは、女性に合わせた具体的な内容」「自分がどのような人か分かるように書く」「丁寧さや誠実さを意識する」「相手への共感・理解を示す」というポイントを意識しています。このメールは短めですが、「自分について端的に述べた内容」なのです。

このようなメールをもらった女性は、あなたについて、ある程度理解することができます。そして「この男性は私と気が合うかもしれない。文章が丁寧で、好感がもてる。返信してみよう」と考えやすいです。

逆に「こんにちは! 可愛いね! よろしく!」のようなメールでは、女性から返信されにくいです。この例では「あなたについての情報」が全く入っておらず、女性は「男性がどのような人なのか分からず、不安だな」と感じるのです。また、前述したように長過ぎる文章は女性から敬遠されてしまうため、上で述べた例くらいの文字量に抑えるほうが良いです。

容姿を褒めない

ファーストメールを送るときには、「女性が掲載しているプロフィール画像の容姿」を褒めないように気を付けてください。

特に「早く女性と会って、エッチをしたい」と強く考えていると、「写真が可愛いね」「おっぱいが大きいね」のようなメールを送ってしまいがちです。

出会い系サイトにはいわゆる「割り切り(割り切った付き合い。売春のこと)」目的の女性がいます。このような女性は上記のような容姿を褒めたメールでも、返信してくれることが多いです。

しかし一般の女性がいきなり容姿について褒められると、「この男性は下心が感じられて気持ち悪い」と考えやすいです。まずは下心を抑えて「女性との共通点」や「趣味」などについて、メールを交わしましょう。

また、女性を褒める場合は、「性格」や「行動」について指摘すると良いです。

具体的には「こんにちは。プロフィールを読んで、雰囲気が優しそうだったのでメールしました」「ヨガに通ってるのですね。頑張っていてすごいですね!」のように褒めます。前者の例は「優しそう」と指摘することで、性格を褒めています。後者は「ヨガスクールに通っていること」を褒めています。

このように容姿ではなく、性格や行動を褒められると、女性は嬉しくなります。女性は「私のことを、しっかり理解してくれている」と感じるのです。

適度に「記号」や「顔文字」を加える

女性にメールを送る際には、「記号」や「顔文字」を適度に含めると良いです。

例として、以下の文章を見比べてみてください。前者は記号や顔文字を使わず、後者はこれらを適度に加えています。

「こんにちは。プロフィールを見てメールしました。料理が趣味なのですね。料理が上手な女性は、すごいと思います。良かったらこれからもメールできたら嬉しいです。よろしくお願いします」

「こんにちは! プロフィールを見てメールしました。料理が趣味なのですね。料理が上手な女性は、すごいと思います(笑) 良かったらこれからもメールできたら嬉しいです。よろしくお願いします^^」

2つのメール文面を見比べると、前者は「固い印象」があり、後者は「気軽な印象」が感じられると思います。女性は後者のように、記号や顔文字が入っている文章を好みます。そのため、適度に加えると良いです。

ここで「適度に加える」という点が大切です。記号や顔文字をたくさん使ってしまうと、「くどい印象」になってしまったり、「男らしさ」が感じられなくなったりしてしまいます。記号などは「気軽さ」や「楽しい雰囲気」を演出するために効果的ですが、使いすぎると逆効果になってしまうのです。

そのためひとつの文で顔文字などを使ったら、次の1、2文は「。(句点)」を使って終えるようにしましょう。もちろん絶対にこれを守らないといけないわけではありませんが、目安として考えてください。

ちなみに、記号は「!」「?」「(笑)」「(汗)」などを使うことが一般的です。

また、顔文字については、「可愛すぎる顔文字」を使うことは避けるほうが良いです。

「^^」「^^;」

上記のように、シンプルな顔文字に留めておくほうが、女性からの印象が良いです。

「ヾ(@⌒ー⌒@)ノ」「(゚▽゚*)」

上記のような可愛い顔文字は、男性が使っていると女性から「女々しい」と感じられやすいです。「記号や顔文字は適度に使うと効果的であり、過度な使い方は逆効果」ということを認識しておきましょう。

一人称は「僕」か「俺」が良い

出会い系サイトでの一人称は「僕」か「俺」を使うと良いです。自分が普段「僕」を使っているのであれば、出会い系サイトでも「僕」を使うと良いです。

普段自分のことを「俺」と言っている場合は、出会い系サイトの女性によって使い分けます。そのためには、「女性のプロフィール」を確認します。

女性のプロフィール文面から、いわゆる「ノリ(元気)が良さそうな雰囲気」を感じられるのであれば、「俺」を使うと良いです。このような女性は男性にもノリの良さを求めるため、気軽さが感じられる「俺」のほうが好印象につながりやすいです。

これに対して「真面目」「丁寧」な印象が女性のプロフィールから伝わってくるのであれば、「僕」を使います。「僕」を使うことで丁寧さを演出することができ、女性と雰囲気を合わせやすくなります。

ちなみに年齢が高い男性によっては、メールを送る際に「私」を使うことがあります。しかし「私」は、出会い系サイトでは固すぎる印象になってしまうため、使うべきではありません。男性が「私」という一人称を使っていると、仕事のような印象を女性に与えてしまいます。

最初は「敬語」でやり取りを交わす

ファーストメールに関しては、「敬語(ですます調)」で文面を作ると良いです。

出会い系サイトでのメールは前述のように、「お互いに顔の見えないやり取り」です。そのため、「相手の表情」や「メールを読んでいるときの気持ち」などを確認することができません。ファーストメールからいわゆる「タメ口(ためぐち)」でメールを送ってしまうと、女性は抵抗感を抱くことがあります。

女性によってはタメ口で良い場合がありますが、最初の段階では敬語のほうが「無難」です。より多くの女性に興味をもってもらえる可能性が高いため、まずは敬語でやり取りを交わすよう意識しましょう。そして女性と打ち解けてきて「タメ口を使っても問題ない」と判断したら、敬語を使わない文に切り替えましょう。

ファーストメールを送る時間帯

ファーストメールは「平日の夕方から夜」「土曜日・日曜日の正午ごろ」に送ると良いです。

平日の夕方から夜は、大学生であれば授業やバイトが終わる時間帯です。また、仕事をしている女性は、帰宅する時間帯です。学校の授業やバイト、仕事などで忙しいと、女性は出会い系サイトのメールを確認しないことが多いです。

また、女性はたくさんの男性からメールをもらっています。このような場合、女性が「直近で届いたメール」だけを確認することがあります。すると平日の昼間にファーストメールを送っても、女性にメールを見てもらえない可能性があるのです。

また、土曜日・日曜日は女性が休みの場合が多いです。女性によっては休日に、10時や11時まで寝ていることがあります。そして午後からは、友人などと遊びに出かける人が多いです。つまり土日の「午前中」や「午後」は、女性からの返信率が低くなりやすいのです。これに対して「正午」であれば、女性が家でのんびりと過ごしており、出会い系サイトを確認する可能性が高いです。

有料出会い系サイトで女性にメールを送る場合は、お金がかかります。お金を無駄にしないためにも、できるだけ女性が返信しやすい時間帯を狙ってメールを送るべきです。

2通目以降に送るメールの書き方

ファーストメールについては、以上の点に気をつけて送信すると良いです。2通目以降のメールについては、ファーストメールで気をつけたことを継続しながら、以下の点についても注意しましょう。

できるだけポジティブで楽しい内容を心掛ける

女性は男性との出会いに、「楽しい時間」を期待しています。女性とのメールで「この男性と一緒に過ごしたら楽しそう」と感じてもらうためには、女性と交わすメールをできるだけ「ポジティブで楽しい内容」で書くよう意識してください。

男性によっては女性にメールを送る際、「職場で良い出会いがなくてさ。出会い系サイトなら気の合う女性が見つかると思って登録したよ」「会社の上司がひどい人なのだよ」のようにネガティブな内容を書くことがあります。

しかしこのようなメールを送ると、女性はあなたに対してマイナス印象をもちます。女性は上記のメール内容から「職場で良い出会いがない原因は、男性自身の行動や性格に問題があるのではないか」「この人は、陰で人の悪口を言う人なのか」と感じるのです。そのため、「ポジティブで楽しい内容のメール」を送るよう心掛けましょう。

女性に対する「質問」で終わる

2通目以降に送るメールでは、文章の最後で女性に「質問」を投げかけると良いです。

「食べ歩きに行くのですね。楽しそうで良いですね! どこかお勧めのお店はありますか?」のように質問形式でメールを終えると、女性が返信しやすくなります。

人には「質問されると、答えを考える」という性質があります。男性が質問を投げかけることで、女性はそれに答えたくなるのです。

また、このときの質問は「簡単に答えられるもの」が良いです。「趣味」や「女性が最近興味のあること」について聞くと、女性が積極的に返信してくれやすいです。

メールを交わし始めた段階では、住所や勤務地などの「個人情報」は聞かないほうが、女性からの返信率が高まります。女性はこのような情報を男性に伝えるとき、「住所を知られるリスク」を心配します。そのためこのような話題は、女性と仲良くなってから交わすと良いです。

さらに質問をする際には、「自然な流れ」を意識しましょう。上で述べた食べ歩きのメール例は、自然な流れで質問をしています。食べ歩きが好きな女性に対して、お勧めの店を尋ねることは当然のことだからです。

これに対して「食べ歩きに行くのですね。ところでゆうこさんは、漫画は好きですか?」のように話題を大きく変えるように質問すると、女性の気持ちは下がりやすいです。「この男性は食べ歩きに興味がないのだろうか」のように、突然話題を変えられることで女性は動揺してしまうのです。

また、毎回のメールが質問で終わってしまうと、女性に「単調な印象」を与えてしまいます。さらに、「この男性は質問することで、私に返信してほしいのだろうか」と抵抗感を抱いてしまいます。そのためときには「質問せずにメールを終えること」も大切です。楽しくメールのやり取りができていれば、質問を投げかけなくても女性が返信してくれる可能性は高いです。

「女性の興味を引く内容」を意識する

質問ではない形で、女性の返信率を高めるメールの送り方もあります。それは「女性の興味を引く文面」を意識することです。

例えば「僕は最近ジムに行っています。今まで運動していなかったので、週1回行くだけでも少し大変ですね(笑) でも頑張っています!」のようなメールを女性に送ったとします。

このメール文面は、4つのポイントを意識して作成しています。「スポーツジムという、女性が興味をもちやすい話題について触れている」「ジムに行くことが大変という、女性も共感しやすい内容を加えている」「(笑)や!を入れて、女性が返信したくなる気軽さを演出している」「ジムは大変だけれど、頑張っているという、前向きな姿勢を伝えている」の4点です。

このように「女性が興味をもってくれるだろう」と考えられるポイントを、メールの文面に含めます。女性が上記のメールを読むと、「私もジムに行きたいな」「ジムは大変なのだな。でもこの人、頑張ってるな」「楽しい雰囲気の人みたいだ。返信してみようかな」のように感じてくれやすいです。そして返信してくれやすくなります。

女性に対して「プロフィール画像が可愛いね」のようなメールを送る場合、「あなたが女性に惹かれている状態」です。これでは、女性があなたに対して興味をもってくれる可能性は低いです。出会い系サイトでは「可愛いね」のようなメールを送る男性はたくさんいるため、女性はうんざりしてしまうのです。

これに対して例に挙げたスポーツジムのメールは、「あなたが女性の興味を引こう」と考えて作成しています。そのため必然的に、女性からの返信率が高まるのです。

ちなみに、メールで「好きな食べ物」や「お酒が好きかどうか」など、「食事に関する話題」を交わしておくことはお勧めです。このような話題について話しておくことで、後で女性を「ご飯を食べに行こうよ」と誘いやすくなるためです。

女性の「名前」を含める

2回目以降のメールでは、女性の名前やニックネームが分かっているはずです。名前をメールに含めるように意識すると、より女性との関係を深めやすくなります。

人は名前を呼ばれると、相手に対して親近感をもつ性質があります。日常生活の中で、名前を呼ぶ人は「身近な人」であることが多いです。そのため名前を呼ばれると、親近感が湧きやすいのです。

これを応用して、出会い系サイトを利用するときにも女性の名前を呼ぶように意識しましょう。ただ、毎回の返信で名前を含めると、女性が違和感をもってしまいやすいです。そのため「2〜3通のメールに1回」など、適度に女性の名前を加えると良いです。

3~5回は女性とメールを往復するよう意識する

女性とメールを交わすときには、3~5回はメールを往復するように意識しましょう。男性は「女性とエッチをしたい」という気持ちから、すぐに直接の出会いに誘ってしまいがちです。

しかしある程度メールを交わして女性と仲良くなるほうが、女性との関係が深まります。女性と仲良くなるスピードは、「あなたと女性との相性」や「女性の気分」「女性が返信するペース」などによって変わります。ただ、「メール3~5往復」もしくは「1週間」を目安として女性とコミュニケーションをとると、関係を深められる可能性が高いです。

このようにメールを送り合うことで仲を深めてから連絡先交換や直接の出会いに誘うほうが、成功率が高くなります。

メール往復の中で、敬語を使わないよう切り替える

出会い系サイトは「気軽に異性とコミュニケーションをとりたい」と考えている人が多いです。そのためメールを交わすことで女性と打ち解けてきたら、「タメ口」に切り替えると良いです。

女性によってはファーストメールへの返信から、タメ口を使うことがあります。

「こんにちは(*⌒▽⌒*) アヤと言います。メールありがとう☆ 趣味で料理をガンバってるよ(^^) 仲良くしてね」

例として、女性は上のような返信メールを送ることがあります。このようにタメ口を使っている場合は、男性もタメ口のメールを送って問題ありません。上記の例では「よろしく! 俺は料理が苦手だから、すごいと思うよ^^ アヤちゃんは得意な料理はある?」のように返信すると良いです。

女性がタメ口でメールを送っているにもかかわらず男性が敬語を使っていると、女性は「この男性はずっと敬語を使っている。私とは相性が合わないかもしれない」と感じてしまいます。文体を女性に合わせるよう気をつけてください

連続でメールを送らない

男性によっては女性からの返信がないことに不安を感じて、連続でメールを送ってしまうことがあります。このようなメールを「追いメール」と呼ぶことがあります。しかし追いメールを送っても、女性からの返信はこない場合がほとんどです。

返信がない場合、その女性はあなたに興味をもっていないことが多いです。連続でメールを送っても、女性の気持ちが変わることはあまりありません。そのため、あなたも他の女性にアプローチするほうが良いです。

追いメールを送ることは、女性から「しつこい」「続けてメールを送ってくる男性は、気持ち悪い」と思われてしまう原因になります。1度メールを送ったら、焦らず女性からの返信を待ちましょう。

2回目以降は、女性によって返信のタイミングを変える

2回目以降のメールを送るタイミングは、ファーストメールの場合と異なります。2回目以降に女性とメールを交わす場合は、「女性が返信するタイミング」に合わせると良いです。

出会い系サイトであなたが女性にメールを送り、5時間後に返信がきたとします。この場合、女性と同じく5時間以上の間を空けて送信しましょう。ただ、24時間以上の間を空けて女性に返信すると、女性が「返信メールが遅い」という印象をもってしまいます。そのため遅くても、24時間以内に返信するほうが良いです。

女性に合わせて返信するタイミングを変える理由は、女性に「焦っている」という印象を与えないためです。

あなたのメールに対して女性が5時間後に返信している状況で、あなたが1時間後にメールを送るとします。この場合女性は、「この男性は私からのメールを期待しているようだ。何だか下心がありそうで不安だな」と感じてしまいます。

女性があなたのメールから5時間後に返信してくる場合、その女性は「5時間ほど空けてメールを送るくらいが、ちょうど良いコミュニケーションのペース」と考えていることが多いです。そのため5時間以上の間を空けてふたたび女性に返信すれば、抵抗感を抱かれにくいのです。

女性から返信がくると男性は嬉しくなり、ついすぐに返信してしまいがちです。しかしすぐに返信するほど、いわゆる「がっついている」と女性に思われやすいため、気を付けましょう。

ただ、女性と関係が深まると、あなたが送ったメールに対して、女性がすぐに返信をしてくれることがあります。この場合は女性があなたからの返信を期待しているため、あなたもすぐに返信して問題ありません。

また、「返信が早い女性」については、男性もすぐに返信したほうが良いです。早くメールを返さないと、女性が「よりこまめに返信する他の男性」に興味をもってしまうことがあるためです。

このように2通目以降のメールでは、女性によって返信のタイミングを変える必要があります。

関係が深まってきたら、連絡先交換・直接の出会いに誘う

ファーストメールで女性に好印象をもってもらい、その後楽しくメールを交わすことができると、女性との関係が深まります。この段階に達したら、女性と連絡先を交換するか、直接の出会いに誘いましょう。

女性との連絡先交換や直接会うことを提案する際は、次の点に気を付けましょう。

必ず「理由」をつけて誘う

連絡先交換や直接の出会いに誘う際には、「必ず理由を伝えてから誘う」ことに気を付けてください。

女性は男性の行動に対して、「理由」を考えることが多いです

例えば女性が男性から「今度一緒に食事に行こうよ」のように誘われたとします。このとき誘われた女性は、「なぜこの男性は、私を食事に誘ったのだろう。私に好意をもっているのだろうか」と考えることが多いです。

女性には本能的に「下心のある男性を警戒する性質」があります。男性が理由を伝えずに誘うと、女性が「下心があるのではないか」と警戒しやすく、誘いを断られる可能性が高くなるのです。

そのため、「サイト上のやり取りだと確認が遅れやすいから、連絡先を交換しない?」「君の趣味は食べ歩きのようだから、良かったら食事に行こうよ」のように、必ず「◯◯だから、△△しよう」の形式で誘うと良いです。

このように誘えば、女性が自分で理由を考えないように促すことができます。上で挙げた食事の例であれば、女性は「この男性は、下心があるわけではない。私の趣味が食べ歩きだから、食事に誘ってくれているのだ」と考えます。そして警戒心を抱かずに、あなたの誘いに応じてくれるのです。

連絡先交換は、女性の心理的ハードルが低い

連絡先交換と直接の出会いどちらに誘うかは、メールを交わしている女性との関係によって変わります。

「もう少し仲良くなってからのほうが、直接誘いやすそうだ」「できるだけ安全に、女性との関係を深めたい」という場合は、連絡先交換がお勧めです。

女性にとって知らない男性と直接会うことは、不安を感じる場合が多いです。これに対して連絡先交換であれば直接会うわけではないため、女性の心理的なハードルが下がります

最近はスマホ(スマートフォン)のコミュニケーションアプリである「LINE」を使っている女性が多いです。また、人によっては「Skype(スカイプ)」や「カカオトーク」のようなアプリを利用していることもあります。

出会い系サイトを楽しむ女性は、メインの連絡手段としてLINEを使っており、サブとしてSkypeやカカオトークを利用している人が多いです。そのため「Skypeやカカオトークは使ってるの? 良かったら(これらの)IDを交換しようよ」と誘うと、女性がさらに応じてくれやすいです。

女性は「知らない人にLINEのIDを教えることは嫌だけれど、SkypeやカカオトークのIDなら教えて大丈夫だ」と考えるのです。

出会い系サイト初心者の場合、まずは「女性との連絡先交換」を目標に設定すると良いです。女性と連絡先を交換できれば、その後関係をより深めることで直接会える可能性は高いです。

直接の出会いに誘う際は、堂々と提案する

女性を直接の出会いに誘う際には、もう一度「下心」を抑えるように意識しましょう。

女性を食事やデートに誘うメールを送るとき、男性は「女性に誘いを断られたら嫌だな…」と緊張することが多いです。このような精神状態でメールを送ると、「男らしくない、女々しいメール」「女性に媚びたメール」を送ってしまいやすいです。

「良かったら、食事をご一緒して頂けませんか? 食事代は僕が払いますので」「良かったら、ホテルに行きませんか? もちろん嫌なら、行かなくても大丈夫です」のようなメールは、女性に対して下手(したて)に出過ぎています。

「良かったら」と軽く下手に出てから直接の出会いに誘うことは大切です。ただ、上記のように「自分が食事代を支払う」「嫌なら行かなくて良い」のようなことまで伝える必要はありません。女性を誘うときにはできるだけストレートに、「良かったら、食事に行きませんか?」のような形で誘うように気を付けましょう。

出会い系サイトのメールは、以上のような点に気をつけてください。出会い系サイトで女性と交わすメールは、比較的短い場合が多いです。しかし短い中でも気を付けるべき点はたくさんあります。そして、それぞれのポイントに気を付けることで、「女性からの返信率」や「あなたへの興味」が高まります。

ぜひ上記の注意点をしっかり意識してメールを送り、出会い系サイトで女性との出会いを楽しんでください。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。