ベトナムの中でも最も風俗遊びが盛んな都市としてホーチミンが知られています。ホーチミンにはいくつもの置屋が存在します。風俗の中でも置屋で女性を指名し、セックスするのは代表的な夜遊びとなります。

ホーチミンの置屋には美人がたくさんいます。また、値段は安いです。

ただ、どのような場所に出向いて夜遊びをすればいいのか理解しておかなければいけません。そうでないと、適切な夜遊びを実現することができないからです。

そこで、ホーチミンの夜遊びで代表的なものの一つである置屋について、その遊び方や場所・地図を含めて解説していきます。

安い金額で女性とエッチできる置屋

海外の風俗にはいろんな種類があります。その中でも、純粋に女性とエッチを楽しむことのできる風俗店が置屋です。置屋には店舗ごとに何人もの女性を抱えています。置屋に入店後、好みの女性がいれば指名して性行為をする流れになります。

このとき、女性とセックスするときの値段が非常に安いのが置屋です。1万円以上になることがなく、基本は5,000~7,000円ほどで女性とエッチできる場所になります。

そのため、ホーチミンに出向いたときに多くの男性が置屋へ出向きます。

置屋へ入店すること自体は無料です。そのため、ひとまず店に入って女性を見せてもらい、気に入らなければ外に出れば問題ありません。店に入ったからといってお金を支払う必要はなく、好みの女性がいたときだけ指名できます。

実物指名であるため、100%の確率で好みの女性を選ぶことができます。当然、女性を見るときはそれなりに距離が近いですし、店内も明るいです。そのため、近くで見たときに「実はそこまでかわいくなかった」という状況についても回避できます。

・置屋には美人女性が多い

実際に置屋へ行くと分かりますが、美人の女性がそれなりに揃っています。かわいい女性たちがあなたを迎えてくれるのです。

もちろん、場所によって女性たちの質は異なります。そのため、置屋を目指すとはいってもどの場所を目指すのかを事前に理解したうえで出向くといいです。

・チップは必要ない

ベトナムではチップの文化がありません。これは置屋も同様であり、女性からチップを求められることはありません。店でお金を支払った金額のみとなります。

もし、女性からチップを求められたとしても特に支払う必要はありません。「再び来たときにチップを払うね」などと伝え、そのまま退店するといいです。

営業時間は昼から深夜まで

ホーチミンにある置屋の優れている点は昼から深夜まで営業していることです。

通常、風俗街は夜に活発になります。19:00などから徐々に営業を始めるようになるのです。そのため昼間はおとなしくすることになりますが、置屋の場合は昼でも問題なく開いているため、太陽が昇っている間から女遊びを楽しむことができます。

また、当然ながら夜遅めであっても遊べます。店舗によって異なりますが、深夜24:00までであれば確実に美人女性を指名してセックスすることができるようになっているのです。

ちなみに置屋の場合、特に夜遅くなると非常に混むため、指名できる女性が少なくなります。そのため、14:00~18:00くらいの中途半端な時間の方が狙い目であることは多いです。

・システムは非常に簡単

なお、実際に置屋で夜遊びをするときの方法は非常に簡単です。置屋に行き、好みの女性がいれば指名してお金を支払い、セックスするだけです。特に難しいことは何もありません。

女性を見るだけなら無料であり、指名できる女性がいなくて微妙であれば「Sorry.」と伝えて席を立てば問題ありません。旅行者を含め、誰でも簡単にベトナム美女を抱けるのが置屋なのです。

ベトナムでは売春が違法であるため、これらの店はマッサージやスパ(Spa)、床屋などとして表向きは営業されています。ただ、実際は女性と本番できる場所となっているのです。

ホーチミンにある置屋の場所・地図

ホーチミンにはいくつもの置屋が存在します。探せばいろんな範囲に点在しているのです。ただ、その中でも優れた置屋へ狙い撃ちして出向くのが適切です。

このとき、ホーチミンで行くべき置屋は当然ながら限られます。美人の女性がたくさんいる置屋としては、以下の3つがあります。

  • 7区の韓国置屋:クイーンビー(Queen Bee)
  • 空港置屋:Hoa Ha LanとHoa Bay

それぞれの地図(マップ)としては、以下のようになります。

ホーチミンで主要となる置屋はどこも市街地から離れた場所に存在します。そのため、タクシーまたはバイタク(バイクタクシー)で出向くのが基本になります。30分ほどかけて行けば、問題なく置屋街へ到着できます。

7区の韓国置屋:クイーンビー(Queen Bee)の料金・値段

置屋街の中でも、最も美人女性が揃えられている場所がホーチミン7区の韓国置屋です。ホーチミン7区には韓国人街が存在し、同時に置屋街にもなっているのです。

ここにはいくつもの置屋が存在しており、以下のような外観になっています。

表向きはマッサージ店となっており、外から見るだけでは置屋であるとは分かりません。呼び込みの男性がいるわけでもないため、自ら入店する必要があります。そのため、少しわかりにくいというデメリットはあります。

ただ、ここにあるマッサージ店は基本的にどこも風俗店です。そのため、「Massage」などの看板があれば中でセクシーな姿の女性が出迎えてくれるようになります。ここら辺に存在する置屋は120万ドン(約6,000円)です。これくらいの値段で女性とエッチできます。

こうした7区にある韓国人街の中でも、圧倒的に若い美人を揃えているおすすめの置屋がクイーンビー(Queen Bee)です。

ホーチミン7区の韓国人街には複数の置屋があるものの、クイーンビーだけなぜか女性の質が圧倒的に高く、在籍人数も多いです。結局のところクイーンビーで女性を決めることになる人がほとんどなので、最初からここへ行けば問題ありません。

料金については他の置屋よりも少しだけ高く、本番するときの値段は130万ドン(約6,500円)となっています。

なお、営業時間は24時間ですが朝に出向いても女性はそろっていません。昼以降に出向くようにしましょう。また、人気店なので夜の遅めの時間だと選べる女性が少なくなっています。それでも女性のレベルが非常に高いのは変わりないですが、深夜だと激混みによって指名できる女性が限られることは理解しましょう。

空港置屋:Hoa Ha LanとHoa Bayのシステム

また、空港近くにも置屋街が存在します。ホーチミンへ行くにはタンソンニャット国際空港を利用することになりますが、そのすぐ近くになぜか置屋が点在しているのです。

このとき、空港置屋の中でも行くべき場所は決まっています。それが、Hoa Ha LanHoa Bayです。どちらの置屋もおすすめであり、美人女性がそろっています。両店舗は微妙に距離があり、歩いて回るには15~20分ほどかかるため、2つの店舗を見て回りたい場合はバイタクなどで移動するといいです。

料金はどちらの店舗も同じであり、100万ドン(約5,000円)です。これだけ安い金額で美人のベトナム人と本番行為を楽しめるのは非常に優れているといえます。

たとえホーチミンに滞在する予定がなかったとしても、トランジット(乗り継ぎ)で何時間も余っている場合、すぐ近くにあるこれらの空港置屋へ出向いて性行為を楽しんでも問題ありません。

・Hoa Ha Lan

空港置屋の中で最も有名なのがHoa Ha Lanです。表向きは化粧品店として運営されていますが、実際は置屋となっています。

中に入ると2階の部屋に通されます。ここで、女性の顔見せがあります。気に入った女性がいれば、指名してセックスすることになります。

在籍女性は10~15人ほどであり、容姿レベルはそれなりに高めです。そのため、男性数人で出向いたとしても問題なく指名できると思います。

・Hoa Bay

同じく空港近くに存在する置屋がHoa Bayです。Hoa Bayでもかわいいベトナム女性を取り揃えていますが、私が出向いたとき女性の容姿レベルはHoa Ha Lanよりも少し劣るくらいでした。ただ、一人抜群にかわいい子が在籍していました。

人数は10人くらいです。大人数で行くのは微妙ですが、1~2人で出向くのであれば問題なく楽しめます。

Hoa Bayは床屋として運営されていますが、髪を切られることはありません。偽装床屋であるため、純粋に女性とのセックスを楽しむ場所になります。

女性を指名したら、後は美人のベトナム女性とエッチするだけです。

コリアンタウンで女性と本番エッチを果たす

男性にとって置屋は昼でも夜でも遊ぶことのできる優れたスポットになります。そのため、昼に女性とセックスして夜は別の風俗街に出向くなど、好きなように予定を立てることができます。

私がホーチミンへ出向いたとき、空港置屋にも行きましたし韓国人街の置屋にも出向いて女性とエッチすることになりました。その中でも、ホーチミン7区にあるコリアンタウンの置屋で女性と本番したときの様子について記します。

この日は他の場所で夜遊びをして、置屋へ行く時間が22:00くらいと遅くなってしまいました。本当はもっと早めに出向いた方がいいのですが、この時間から置屋巡りをします。

7区にある置屋へランダムに入っていったのですが、一つの置屋に3~7人くらいの女性がいました。容姿レベルは普通です。

ただ、あまりピンときません。そこで、韓国人街の置屋で最も有名なクイーンビーへ出向くことにしました。

入り口に近づくと、中にいる女性を見ることができます。そのとき理解したのは、この店にいる女性の容姿レベルが圧倒的に高いことです。ホーチミン風俗の中でも、非常に優れた女性たちがそろっているのです。

そうして部屋に入ると、奥の待合室に案内されました。ここで女性たちが並びます。

いまは非常に混んでおり、6人しか選ぶことができないといわれました。今日は40人の女性がいるものの、残りの女性たちはいまセックス中のようです。女性のレベルが高いことから、非常に混雑している店です。

ただ、6人の中で3人は問題なく指名できるレベルとなっています。それだけ、美人が多いです。そこで、少し悩んでスタイルの良いベトナム女性を指名しました。

このとき、160万ドン(約8,000円)だと受付で言われます。「130万ドンではないの?」と聞いたところ、いまは部屋が空いておらずVIPルームだけのようです。普通の部屋は130万ドンであり、VIPルームが160万ドンです。

10分ほど待てば、普通の部屋が空くようです。そこで、10分ほど待機して普通の部屋へ出向くことにしました。

そうして、部屋に通されることになります。

半裸のベトナム美女とセックスする

部屋には小さめのベッドが一つあるだけの簡素な造りになっています。

聞いてみたところ、女性は22歳のようです。ホーチミン出身です。そうすると、女性は「シャワーを浴びてね。2分後に戻ってくるから」と言い、部屋を出ていってしまいました。どうやら、自分でシャワーを浴びるスタイルのようです。

仕方ないのでシャワーを浴びますが、なんと水しか出てきません。「少しだけお湯が混じっているかもしれない」というレベルの冷たい水です。何ともガッカリしながら、ペニスや脇など必要最低限の部分だけ洗うことにしました。全身で冷水を浴びるのはさすがに無理です。

そうして体を拭いて待っていると、女性が戻ってきました。シャワールームへ行った後、何かごそごそしていましたが、ベッドルームに戻ってきてエッチが始まることになります。

一応はマッサージ店です。ただ女性からのマッサージなどはなく、すぐにエッチすることになりました。

女性はズボンの下にパンツをはいておらず、ノーパンの女性です。そこから服をズラし、半裸の状態のままエッチをすることになりました。ピンク色で形のいいCカップほどのおっぱいが露出され、私を魅了してきます。

乳首をなめられ、フェラチオをされ、勃起したペニスにコンドームを被せられて女性と性行為することになります。

最初は正常位からスタートです。リズミカルに腰を女性に打ち付けることにしました。ただキスをしようとすると、拒否をされました。これについては残念です。

そうして、今度はバックに移ります。女性は非常にスタイルがよく、くびれがあります。腰のくびれに手を添え、後ろから突いていきます。そうしていると徐々に感度が高まり、射精することになりました。

エッチ後は冷たいシャワーでペニスを洗い、服を着替えます。なお、女性に服を全部脱がない理由を聞くと「VIPルームでは全部脱ぐけど、普通の部屋では全部は脱がないシステムになっている」と教えてくれました。

また、「VIPルームならキスもしてくれる?」と聞くと、「もちろん」と答えてくれました。今回の女性については、VIPルームならキス可能なようです。

そうした会話をした後、1階に降りてセックス代金の130万ドン(約6,500円)を受付で支払います。その後、店を後にしました。

ホーチミンで美女のいる風俗店が置屋

その国によって置屋の質はまったく異なりますが、ホーチミンの置屋については非常に美人の女性がそろっています。もちろん、行くべき置屋は選ばなければいけません。若くてスタイルの良い女性がたくさんいる置屋へ出向くようにしましょう。

どのような場所の置屋街が適切かというと、韓国人街の置屋と空港置屋の2か所が該当します。どちらに出向いても問題なく、実際に私はコリアンタウンでも空港置屋でも女性とのセックスを楽しみました。

置屋は誰でも気軽に出向くことのできる風俗スポットの一つです。時間が空いたとき、美人女性とエッチするためにフラッと立ち寄るようにしましょう。

ベトナム・ホーチミンではいくつもの種類の夜遊びが存在します。その中でも主要な女遊びが置屋であり、美人がたくさんいるのでホーチミン滞在中は必ず出向くといいです。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認