アジアには各地にマッサージ店があります。こうした健全マッサージがあるということは、エロマッサージも存在することを意味しています。

ベトナム・ホーチミンにも当然ながらエロマッサージ店が存在します。エロマッサージでは、通称スペシャルマッサージがあります。スペシャルマッサージでは女性に手コキで抜いてもらったり、セックスできたりするようになります。

ただ、ホーチミンのエロマッサージに出向くときはコツがあります。場所によっては本番行為ができないことがあるのです。

そこで、どのようにしてホーチミンのエロマッサージ店で女性と熱い一夜を過ごせばいいのかについて解説していきます。

ベトナム・ホーチミンのエロマッサージは優れている

ベトナムで夜遊びすることを考えるとき、特に理由がない限りはホーチミンへ出向くことを考えなければいけません。ホーチミンが夜遊びの主戦場となり、遊びの種類も多いからです。

そうした中の一つにエロマッサージがあります。健全マッサージとエロマッサージの見分け方は簡単です。それは、入り口にキレイな格好をした女性がいるかどうかです。

健全マッサージで熱烈な勧誘をしてくることはないですが、エロマッサージではキレイな服装をした女性が勧誘してくれます。そのため、雰囲気からエロマッサージであることを簡単に推測することができます。

セクシーなお姉さんに勧誘され、中に入るとマッサージを受けることになります。その後、女性からのスペシャルマッサージの提案を受けるのが基本になります。

・女性の容姿レベルはそれなりに高い

ホーチミンにあるエロマッサージの特徴として、女性の容姿レベルが非常に高いことがあげられます。巨乳の女性は普通にいますし、当然ながら顔もかわいいです。

そのため、女性を選ぶことについて苦労することはないと思います。エロマッサージ店は非常に多いため、たくさんいる候補の中から好みの女性を選べば問題ありません。

スペシャルマッサージのおすすめは事前の値段交渉

一般的には、エロマッサージでは店先でマッサージ料金だけを支払った後、部屋で女性にエロマッサージの提案を受けることになります。

このときの金額(スペシャルマッサージのチップ)については、女性と交渉することになります。納得できなければそのまま断ればいいし、値下げ要求をしても問題ありません。

風俗マッサージ店にいくとき、値下げ交渉のコツは強気に行くことです。「別にスペシャルマッサージを受けなくてもいい」という雰囲気を出し、「その料金なら高いので、スペシャルマッサージは別にいい」と伝えると値段がどんどん下がっていきます。

もちろん女性によって値段の下限はありますが、スペシャルマッサージの提案を断り続けることで適正価格を引き出すようにしましょう。女性にとって、多少は値段が安くなってもエロマッサージを提供した方が稼げるので簡単に料金を下げてくれます。

ただ、おすすめは事前交渉です。つまり、店先で勧誘を受ける段階から「Bunbun, How much?(セックスの値段はいくら?)」などのように聞くのです。ベトナムでは本番のことをブンブンといいます。

セクシーな女性に勧誘されて店に入るということは、100%の確率で風俗の提案があることを意味しています。それなら、最初から入店する前に料金を確認して交渉すれば問題ありません。交渉決裂すれば他の女性を探せばいいだけなので、実際のところ女性を指名する前の交渉が最も効率がいいです。

営業時間は昼からであり、深夜まで開いている

また、エロマッサージの良い点は昼からでも営業していることです。通常、風俗店は夜から活発になります。ただ、エロマッサージ店は「建前はマッサージ店」となっているため、昼でも当然のように店先に美人女性が立っているようになるのです。

昼からでも女遊びを楽しめるという点では、エロマッサージは優れています。1日2発以上を頑張りたい場合、昼にエロマッサージへ出向き、夜に他の風俗店へ出向いても問題ありません。

また、エロマッサージの店は深夜まで開いていることも大きな特徴です。深夜27:00(朝3:00)など非常に遅い時間まで問題なく営業しているため、他の風俗店を巡った後に最終地点としてエロマッサージを目指しても大丈夫です。

非常に柔軟性の高い夜遊びを実現できるのがエロマッサージです。風俗遊びのメインでもあるため、風俗マッサージ店で性サービスを受けるようにしましょう。

風俗マッサージを受けられる料金相場や場所・地図

それでは、実際にホーチミンで風俗マッサージを受けることを考えた場合、料金相場はどのようになっているのでしょうか。また、どこに行けばいいのでしょうか。

場所によって値段は違ってきますが、ホーチミンでエロマッサージを受けることを考えている場合、基本は以下の2つの場所になります。

  • レタントン通り
  • ブイビエン通り

それぞれ、特徴が大きく異なります。そのため、どのような違いがあるのかを理解したうえでこれらの場所へ行くようにしましょう。

日本人街のレタントン通り

ホーチミンにある日本人街として、レタントン通りが知られています。日本人街であることから、ここには日系カラオケがいくつも存在しています。それと同時に何店舗ものエロマッサージ店があるのです。

レタントン通りは日本人街であると同時に風俗街でもあります。レタントン通りの地図(マップ)は以下の通りであり、この場所を歩けばいくらでもエロマッサージの店を発見できるようになります。

特に行くべき人気店を調べる意味はなく、まずはレタントン通りに出向くのが基本です。店によって在籍女性が違いますし、実際に女性を見なければ好みの子がいるかどうか分からないからです。

レタントン通りに行けば裏路地を含めてたくさんエロマッサージ店があるため、こうした女性たちの勧誘を受けながらいろんな店舗を巡るようにしましょう。女性を見るだけなら無料なのでランダムに入店し、好みの女性がいる店に入店するのが基本になります。

1万円ほどでセックスできるレタントン通り

ホーチミンでエロマッサージを考える場合、必ずレタントン通りに出向くようにしましょう。理由は美人女性とセックスできるからです。

ホーチミンでスペシャルマッサージを受けるとき、多くのエロマッサージ店は本番行為が禁止となっています。つまり、店でスペシャルマッサージの提案を受けるにしても、手コキくらいになってしまうのです。そのため、満足度は低いです。

ただ、レタントン通りであればほぼ100%の確率で女性とエッチできるようになっています。そもそも、エロマッサージ店にも関わらず店内にはシャワーがあるため、初めからセックス可能な店となっているのです。

このときの金額については、店によって異なります。私の場合は入店時に前述の通り、「Bunbun, How much?(セックス代の料金は?)」と必ず聞くようにしました。事前交渉が基本です。

料金は店によって異なります。マッサージのみなら60分50万ドン(約2,500円)ですが、私の場合は本番をする代金を含めて聞いたところ、エッチ代(マッサージ込み)で220万ドン(約11,000円)の店舗があれば、240万ドン(約12,000円)の店舗もありました。

また、断って店を出ようとすると200万ドン(約10,000円)にまで値下げしてくれた風俗店もあります。いずれにしても、マッサージ込みの1万円ほどで美人女性との性行為を楽しむことができます。

・女性たちの愛想はいい

私が実際にレタントン通りのエロマッサージを利用したとき、女性たちの愛想は非常に優れており、さらには最高の濃厚セックスを実現することができました。

また、このときは複数の友人と一緒に出向いたのですが、それぞれ違う店舗を利用したにも関わらず全員が大満足していました。そのため、最もおすすめできる風俗スポットの一つがレタントン通りのエロマッサージなのです。

ブイビエン通りのエロマッサージ

外国人が非常にたくさんいる街としてブイビエン通りが知られています。ブイビエン通りは風俗街でもあり、バービアやエロマッサージの店が混在しています。マッサージ店については、健全マッサージがあればエロマッサージもあります。

このうち、キレイな格好をした女性が勧誘してくる場合は100%の確率でエロマッサージのある店だと考えるようにしましょう。

ブイビエン通りでのエロマッサージについては、本番行為はできません。スペシャルマッサージがあるにしても、手コキによる抜きサービスくらいだと考えましょう。

このときの値段相場については、マッサージ代とは別に女性へのチップ(手コキの料金)として100万ドン(約5,000円)を要求されます。もちろん、これは女性の言い値なので70万ドンや80万ドンなどに値下げするのは問題ありません。

なお、ブイビエン通りの場所・地図は以下のようになります。

ちなみに、私が試しにブイビエン通りにいる女性の誘いに乗ってみると、以下のような普通の店舗の上に通されました。

エロマッサージでは、女性による勧誘が基本になっているので、店の場所がとんでもないところにあることはよくあります。今回はそうした例の一つでした。

階段を上った後にマッサージ代の15万ドン(約750円)を支払い、薄いカーテンだけで仕切られたベッドに通されることになります。ここでマッサージを受けます。

最初の20分ほどは普通のマッサージをしてくれましたが、途中で私のペニスをまさぐりはじめました。そうして、小さい声で「ちんちんマッサージ」と日本語で語り掛けてきます。私は首をずっと横に振り、ノーと言い続けました。単なる手コキに100万ドン(約5,000円)も払うのがバカらしかったからです。

そうして、本来は1時間のマッサージだったはずなのに30分で終わり、服を着替えて外に出ることになりました。女性にはチップを要求されましたが、時短になったし、そこまでマッサージを受けたわけではないため、無視してチップを払わずに退店しました。

レタントンでセックスするためエロマッサージ店を巡る

ベトナム・ホーチミンは夜遊びの主戦場です。その中でもエロマッサージは非常に優れた夜遊びであることを実体験として経験しました。そのため、このときの経緯について記していきます。

その日、最初はブイビエン通りに出向くことにしました。夕食後、ブイビエン通りのバービアで女性と一緒に飲んだり、エロマッサージに入ってみたりしたわけです。ブイビエン通りのエロマッサージ体験については、先に記した通りです。

その後、日本人街で知られるレタントン通りへ出向くことにしました。レタントンは日本人街ではありますが、中国人や韓国人、欧米人を含めて多くの人が夜遊びを楽しむために出向きます。

そうしてタクシーを降りると、目の前には何店舗ものエロマッサージ店が存在し、タクシーから出た瞬間に女性たちによる熱烈な歓迎を受けることになりました。

出向いたのは深夜25:00くらいです。この時間でも問題なく開いているのがエロマッサージの優れている点です。最初に入った店では、セックス代(マッサージ込み)で最初は220万ドン(約11,000円)を提示されましたが、200万ドン(約10,000円)まで値段が下がりました。

そこで、ひとまずいくつもの店舗を巡ります。220万ドンのときがあれば、240万ドン(約12,000円)の店舗もありました。また、エロマッサージ店によっては他の系列店からも女性を呼び寄せたのか、3分ほど待っていると店内に30人くらいの女性がズラッと並ぶケースもあります。

なお、今回は男性4人で店を見て回ったのですが、人によって当然ながら好みが異なるので良い女性がいる店舗で別々に指名しようということになりました。

そこで、私は一番最初の店舗に戻ることにしました。巨乳で美人のベトナム女性がその店にいたからです。

今回の店の値段はセックス代込みで200万ドンです。マッサージ代が含まれて10,000円であり、この値段で非常に美人のベトナム女性とエッチできるので非常に優れているといえます。

小柄のベトナム美女と濃厚なエッチをする

指名後、先に200万ドンをママさんに支払います。そうして、女性に連れられて階段を上り、個室へ移動することになりました。狭い部屋に簡単な布団だけが敷かれてある、非常に簡素な部屋です。

女性からは先にシャワーを浴びるか聞かれ、シャワーを浴びることになりました。ただ、私一人だけでシャワーを浴びることになります。このとき、なぜかシャワーでお湯が出ませんでした。「マジかよ」と思いながら、脇や乳首、ペニスと必要最低限の場所だけ洗うことにしました。

そうして、部屋に戻ろうとすると女性も服を着替えていました。

アオザイ(ベトナムの民族衣装)で性サービスを提供するのはさすがに無理なので、このように事前に着替えるようです。

そうして、マッサージが開始されました。本格マッサージではないため、当然ながら質は劣ります。ただ、40分くらい頑張ってマッサージしてくれます。

一通りのマッサージが終わった後、美女の手が私のペニスに伸びてきました。また、女性は同時に顔を近づけてキスをしてくれます。風俗店ではキスNGの女性が多い中、この子については自ら積極的にキスをしてくれます。

お互いに抱き合い、前戯を開始することにしました。私だけが責められる、よくある一方通行のエッチではなくこちらも前戯を頑張るようにしたのです。このとき、手マンをすると女性の膣はかなりの湿り気を帯びています。どうやら、ヌレヌレのようです。

女性のクリトリスを刺激していき、ベトナム女性からは甘い吐息が漏れるようになりました。

そうして、コンドームを装着して正常位で合体します。それまでの前戯で盛り上がっていたため、セックスの快感はかなりいいです。女性の中もそれなりに狭く、腰を前後するためにペニスの神経から快感が全身を駆け巡るようになりました。

お互いに胸を揉み、キスを含めて強く抱き合いながらピストン運動をしていきます。射精感が少し高まると腰の動きを遅くして、何とか耐えるように頑張りました。ただ、あるとき限界点を超えてしまい射精することになってしまいました。

射精後、女性と一緒に寝転がるようになります。女性からはどうやら気に入られたようであり、「ベトナム滞在中にまた来て!」と熱烈アピールをされました。こちらとしても、かなりの濃厚セックスを実現できたので満足です。リピートするのはまったく問題ありません。

ただ、ベトナム滞在中は予定がある程度、詰まっていたので「時間ができたら行くね!」と伝えることにしました。90分の時間をフルで過ごした後、服を着替えて退店します。女性と最後のキスをしてお別れすることになりました。

ホーチミンのエロマッサージは圧倒的におすすめ

ベトナム・ホーチミンに出向いたとき、必ず行くべきエロスポットがレタントン通りの風俗マッサージです。正直、ホーチミンに行ったときにここを経験しないのは非常にもったいないといえます。

このときは私を含め、前述の通り4人で出向きました。店舗が違ったにも関わらず、4人とも大満足の濃厚セックスを実現できました。

例えば、ある友人は90分の時間内に女性と2回戦までしたようです。普通はエッチ一回ですが、2回のセックスまで実現したのでかなりスッキリした様子でした。しかも女性の容姿レベルは高く、値段は1万円ほどです。

ブイビエン通りのエロマッサージは行かなくてもいいですが、レタントン通りのエロマッサージは必ず体験しましょう。そこでは、非常に優れたベトナム美女とのセックスを実現できるようになります。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認