資本主義の地域であり、風俗遊びが盛んな場所の一つに台湾があります。台湾で夜遊びをするとき、一般的には本番行為が可能な風俗店に出向くことになります。ただ、中にはそうした風俗店ではなく、「おっぱぶ」として楽しむライトな風俗も存在します。

こうした形態の風俗店をセクシークラブ(制服店)といいます。中身はおっぱぶとほぼ同じですが、手コキによる抜きサービスまで楽しむことができます。

しかし、台湾で夜遊びをするときに自らおっぱぶの店舗を探そうとしても確実に見つかりません。そのため、正しい手順でセクシークラブへ出向く必要があります。

そこでセクシークラブ(制服店)で台湾美女と騒ぐための方法や料金相場、システムについて解説していきます。

本番できないが、楽しめるピンサロの制服店

日本には手コキなどによる抜きサービスが可能なピンサロがあります。ただ、ピンサロは本当の意味で抜くだけであり、かなり素っ気ないです。そうではなく、カラオケなどで女性との親睦を深めながらも抜ける「ピンサロの上位版」がセクシークラブだと考えましょう。

台湾にはKTVという風俗カラオケ店があり、この店では女性をお持ち帰りしてセックスすることができます。ただ、セクシークラブの場合はそうした本番行為をすることができず、あくまでも店内で手コキまでになります。

そのためライトな風俗店であり、夜遊びに必要な全体的な値段を抑えることができます。ただ女性たちのノリはよく、どんちゃん騒ぎをしたい人に向いている風俗店だといえます。

・手コキなしも可能

ちなみに、日本のおっぱぶでは特に抜きサービスはありませんが、同じように抜きなしで制服店を楽しむことも可能です。必ずしも手コキで抜いてもらう必要はなく、純粋に裸の女性と楽しむ目的で出向いても問題ありません。

もし手コキなしの場合、その分だけ料金は少なくなります。

夜遊びするときのシステムや流れ

それでは実際にセクシークラブに入店したとき、どのような流れになるのでしょうか。事前に台湾でのおっぱぶのシステムを理解しておくとスムーズです。

このとき、以下のような流れになると考えましょう。

・入店後、女性を指名する

カラオケ店でもあるため、入店後はカラオケルームに通されることになります。このとき、日本のおっぱぶのように問答無用でブスのババアが隣に着くことはありません。そうではなく、女性を指名して選ぶことになります。つまり、確実に自分好みの女の子を付けることができます。

店に在籍している女性がズラッと並ぶため、この中から選ぶことができます。多くの女性がいるため、断って他の女性を見ても問題ありません。当然、気に入った子がいなければ退店して他の店に出向いてもいいです。

・女性と一緒に楽しむ

実際に好みの女性を指名したら、後はお酒を飲みながら楽しむだけです。女性は裸になり、あなたも裸にされます。お互いに裸の付き合いをしながら、台湾美女のおっぱいを堪能しましょう。

このときは一緒にゲームをするかもしれませんし、カラオケ店なのでひたすら歌うことになるかもしれません。時間制にはなっていますが、時間がくるまでセクハラを楽しむといいです。そして最後、クライマックスとして抜きサービスがあります。

実際に店に入ってしまえば、そこまで難しいシステムではありません。女性と一緒に騒ぎましょう。

在籍人数や営業時間などの注意点

なお、台湾の制服店でセクハラをするとき、他に理解しておくべきこととしては何があるのでしょうか。まず、一店舗の在籍人数はそれなりに多いです。一つの店につき、30人ほどの女性がいると考えましょう。

中にはおばさんもいますし、若くて美人な女性もいます。そうした中から、好みの女性を指名しましょう。

・言葉は英語も日本語も通じない

ただ、言葉については基本的に通じないと考えたほうがいいです。現地人向けの夜遊びであり、日本人を対象にしているわけではないからです。そのため、日本語は通じないと考えたほうがいいです。

それどころか、英語についても話せない子が多いです。台湾風俗では英語が通じないことが非常に多く、これについてはセクシークラブも同様です。ただ、言葉が通じなくてもボディータッチとノリで何とかすれば問題ありません。

やることはセクハラだけなので、風俗店で言葉の壁はそこまで重要ではないのです。

・セットとなる時間は確認する

台湾のおっぱぶでは時間制となっています。「1時間〇円」のようになっているのです。そのため、何分がセット時間になるのか事前に確認するようにしましょう。

セット時間が60分のことがあれば、90分のときもあります。いずれにしても、この時間内で楽しむことができます。もちろん、追加でお金を支払ってもいい場合は時間を延長しても問題ありません。

・営業時間は夜20:00から

営業時間については、台湾のピンサロは20:00からになります。セクシークラブは昼に開いていないため、夜でなければいけません。

ただ、朝6:00など非常に遅い時間まで営業しています。そのため深夜であっても問題なく夜遊びを楽しめるようになっています。

ポン引きを利用する制服店への行き方・見つけ方

それでは、どのような場所に制服店があるのでしょうか。これについては、繁華街として知られる林森北路の周辺に存在します。林森北路が台湾風俗の主戦場になりますが、これについては制服店も同様なのです。

しかし、残念ながら林森北路の周辺をいくらうろついてもセクシークラブを発見することはできません。看板すら出ておらず、一見すると普通のビルの中でひっそりと運営されているからです。つまり、自力でセクシークラブを発見するのは不可能だと考えましょう。

そこで現地のポン引きを利用します。ポン引きの場合、「セクシークラブ」「立ちんぼ女性」「エロマッサージ店」など、いくつもの種類の店を紹介できるようになっています。そこで、必ずポン引きを利用するといいです。

以下の場所をうろついていると、ポン引きから日本語で必ず声をかけられるようになります。

ポン引きとはいっても「事前に料金を確認しておく」「女性を指名するまでお金は支払わない」など、基本的な注意点を守っていれば特に騙されることはありません。

参考までに、台北(台湾)には無料案内所もありますが、実際に出向いた感想としては微妙です。提携先の1~2店舗くらいしか紹介できず、特に値引きもありません。それなら、いろんな店を知っているポン引きにいろいろ連れて行ってもらい、あらゆる選択肢の中から遊ぶ店を選んだほうがいいです。

セクハラするときの料金相場

ただ、気になるのは値段です。おっぱぶで女性にセクハラをして、手コキまでしてもらうためにはどれくらいの金額になるのでしょうか。

これについては紹介してもらう店舗によって料金相場は異なりますが、基本的には2,000~2,500台湾ドル(約7,000~8,750円)になると考えましょう。これがセット料金になります。

セット料金の時間は60分や90分など店舗で異なります。このとき、例えば「1時間2,000台湾ドル」であれば、滞在が2時間のとき4,000台湾ドルになります。セット時間(1時間など)が経過したとき、そのまま女性と遊んでもいいし、別の女性を指名しても問題ありません。

場合によっては、2人の女性を指名して「1時間2,000台湾ドル × 2人 = 4,000台湾ドル」という遊び方も可能です。

またルームチャージを取られる店舗もあるため、こうした値段は事前にポン引きから細かく聞いておくといいです。参考までに、私が連れて行ってもらった店は「1時間2,500台湾ドル、ルームチャージなし」という条件でした。これに手コキによる抜きサービスをしてもらう場合、女性にチップとして500台湾ドルを手渡しします。

・クレジットカード払いも可能

ちなみに、制服店ではクレジットカード払いも可能になっています。現金ではなく、カード支払いが可能だと両替をしなくてもいいので便利です。

ただ、クレジットカード払いでは10%の料金上乗せとなります。そのため、両替して支払ったほうが安くなることもあるため、どの支払方法がいいかは考えるようにしましょう。

台北のおっぱぶでセクハラしてきた

日本にはない形式の店舗がセクシークラブです。日本のおっぱぶだと女性を選ぶことができず、ブスが隣に付くのは日常茶飯事です。しかし、台湾ではそうした心配がありません。

そこで、台北(台湾)の林森北路にあるピンサロとして有名な制服店を利用することにしました。夜遊びをするため、林森北路の周辺を出歩くようにします。林森北路は面積が広いものの、歩いていれば100%の確率でポン引きから声をかけられます。

この日、KTVが密集している地域の周辺を歩いていると、すぐおじさんのポン引きから「お探しですか?」と日本語で声をかけられました。話を聞いてみると、おっぱぶや立ちんぼ女性、エロマッサージのどれでも紹介できるようです。

ただ、今日はおっぱいを楽しむ日です。そこでおっぱぶを紹介してもらうようにお願いしました。ポン引きに案内され、以下のように付いていきます。

そうして、看板も何もないビルに入っていきました。一人で行くとなると、確実に店を見つけることはできません。

そうしてエレベーターに乗って、上の階へ行きます。店内に入ると、そこにはいくつものカラオケルームがありました。目的地へ到着です。

いつもなら店員とシステムについて聞き出すのですが、このときはポン引きと一緒です。そのため、ポン引きに値段やセット時間など店の仕組みを日本語でいろいろ聞き出します。前述の通り、このときは一人で「1時間2,500台湾ドル、ルームチャージなし」という内容でした。

女性を指名し、台湾美女を隣につける

部屋に入って数分後、女性が部屋の中に入ってきます。ズラッと女性が並ぶため、この中から選ぶことになります。

ただ、かわいい子がいません。そこで一巡目はパスして、二巡目をお願いすることにしました。制服店には、この日に30人ほどの女性がいるらしいので、何度かパスしても特に問題ありません。そこで、他の女性を見ることにしたのです。

二巡目には美人の台湾女性がいました。ただ、うつむいたままで目を合わそうとしてくれません。こういう店では愛想が重要なので、今回もパスしました。次の三巡目には、一人かわいい子がいます。目も問題なく合わせてくれるため、その子に決定することにしました。

女性を指名し、これからおっぱいを楽しむことになるわけです。

巨乳のおっぱいを堪能する

隣に美人の巨乳女性を付けたわけですが、ここから会話を楽しむようにします。ただ、女性は英語も日本語もまったく理解してくれません。しかし、前述の通りおっぱぶとしてセクハラを楽しみながら会話すればいいため、特に大きな問題にはなりません。

ひとまず服の上から胸を揉みながら、翻訳アプリで会話をすることにしました。女性は26歳であり、ここにはわりと日本人もやってくるようです。

ただ、会話してすぐに「ショータイム!」と言って女性が立ちあがりました。何かイベントが始まるようです。そうして女性は部屋を暗くして、カラオケルームの音量を大きくした後にダンスをしながら私に近づいてきます。

このとき私は、パンツ以外の服やズボンを脱がされて裸の状態にされてしまいました。また、同時に女性も服を脱ぎ、パンツだけの状態になります。

お互いに裸になったあと、女性は私の股の上に乗っかってきます。目の前には巨乳が丸出しになっており、そのまま女性を引き寄せながらおっぱいを堪能することになりました。

そうしているとショータイムが終了します。女性との会話を再開することになりましたが、巨乳美女はジェンガを取り出しました。裸のまま、ジャンガによるゲームを始めます。しかもジャンガを積み上げるとき、以下のように難易度の高い積み上げ方をし始めます。

非常にレベルの高いジェンガなのですぐに決着がつくようになりますが、負けたほうがビールを飲むシステムとなります。そのため、ビールが急速に減っていくようになりました。

ただ、ビールばかり飲んでいると体がもたないのでカラオケを提案します。台湾で有名な曲を女性に歌ってもらうなど、ここでも盛り上がります。

しかし、楽しい時間はすぐに終わります。時間が来たことをスタッフに知らされ、クライマックスに移ります。照明が消え、部屋の音量が大きくなって手コキとなりました。

本番行為ではないものの、それまでセクハラしまくって仲良くなっているため、女性による抜きサービスは気持ちいいです。そして数分後、女性の手の中で射精することになりました。

ペニスを拭いてもらったあと、互いに服を着替えます。そうして女性にチップとして500台湾ドルを手渡し、部屋の中でお別れすることになりました。また、スタッフには1時間のカラオケ代金を支払い、その場をあとにします。

台湾のセクシークラブは大人数で騒げる

数人でどんちゃん騒ぎすることを考えるとき、台北・林森北路の周辺にあるおっぱぶを利用することを考えましょう。女性をお持ち帰りしてのセックスはできませんが、手コキによる抜きサービスであれば可能です。

KTVはかなりの高額になりますが、それよりもライトで手軽に夜遊びできる風俗が制服店になります。

ただ、セクシークラブの店舗を自力で見つけるのは不可能に近いです。看板すらないからです。そこで、林森北路にいるポン引きを利用しましょう。日本語で声をかけてくるため、誘いに応じるようにするのです。

紹介してくれる店のシステムを事前に聞き、女性を指名すればポン引きであっても安全に夜遊びできます。どれだけポン引きをうまく利用するのかが台湾風俗を制する決め手となるため、夜遊びのときはポン引きを使ってセクシークラブへ出向くようにしましょう。

台湾での夜遊び方法をまとめた完全ガイドを販売中。台湾へ行くとき、持っておけば夜遊びの方法に困らなくなります。

台湾の夜遊び情報販売

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

【案内可能な都市】
  • タイ・バンコク
  • フィリピン・マニラ
  • 韓国・ソウル
  • ミャンマー・ヤンゴン
  • カンボジア・プノンペン(シェムリアップ)
  • メキシコ・ティファナ
  • ブラジル・サンパウロ

Twitterで最新エロ情報を確認