タイは夜遊びが盛んな街として知られています。特にバンコクやパタヤであると、風俗店巡りをしなければ何のためにタイまで遊びに行ったのかわからないほどです。

それでは、リゾート地として知られているプーケットはどうかというと、プーケットも夜遊びが盛んな地域の一つとして知られています。リゾートだけではなく、タイ・プーケットに行ったときは必ず風俗遊びをするようにしましょう。

プーケットの夜遊びでは、メインになるものにバービアがあります。通常、バービアはサブになりがちな風俗店ですが、プーケットでは主な遊びになるのです。

ただ、バービアでは事前に遊び方を理解しておいた方が楽しいです。そこで、バービアのシステムや料金相場、女性をホテルへ持ち帰る方法を含めて解説していきます。

プーケットはバングラ通りがメイン

バングラ通りのバービアについては、以下の動画で概要をつかめます。

一般的には、タイではゴーゴーバーが風俗遊びのメインになります。ゴーゴーバーでは、店内で女性が踊っており、好みの女性がいれば指名することができます。指名した女性の胸を揉んだり、キスをしたりしても問題ありません。

その後、女性とセックスしたいと考えたのであれば、ペイバー(別名、バーファイン)します。ペイバーは連れ出しのことであり、バーファインと呼ぶこともあります。

ゴーゴーバーと似た形態にバービアがあります。ただ、ゴーゴーバーとは異なり、バービアでは女性を指名してホテルに持ち帰るというよりも、一緒にお酒を飲んで会話したり、ゲームをしたりして楽しむ風俗店になります。

日本でいう、ガールズバーのような形態がバービアです。

また、店舗の中に入らないと女性を見れないゴーゴーバーとは異なり、バービアでは外から女性が踊っている様子を見ることができます。

ゴーゴーバーでは女性客が店内に入るのは何も問題ないものの、それでも女性客の数は非常に少ないです。ただ、バービアはお酒を飲む場所であるため、女性客であっても普通に店内に存在します。

要は、「ピンクのネオンが輝き、セクシーな女性が踊ってはいること以外、単なるバーと同じ」と考えてください。

ただドリンクを飲むだけであれば非常に安いです。通常のレストランで飲むよりも、かなり安くビールなどのアルコール類を提供してくれると考えてください。

パトンビーチのバングラ通りが最大の繁華街

それでは、プーケットで夜遊びするためにはどこに行けばいいのでしょうか。これについては、パトンビーチのバングラ通り(Soi Bangla)へ行くようにしてください。

プーケットの中でも、パトンビーチが最も夜に盛り上がります。その中でも、一番の繁華街がバングラ通りです。バングラ通りへ行けば、そこには多くのバービアが立ち並び、さらにはナイトクラブやゴーゴーバーなども存在します。

バングラ通りの地図は以下になります。

夜遊びを考えるとき、プーケットでは何も考えずにパトンビーチのバングラ通りへ行けば問題ありません。そこでは、ピンク色のネオンで輝く世界があなたを待っています。

バングラ通りから離れた場所にいたとしても、タクシー運転手に「バングラストリート!」と言えば通じます。非常に有名な場所だからです。

バービアで遊ぶときの流れや料金相場

それでは、どのようにしてバービアでの風俗遊びを楽しめばいいのでしょうか。バングラ通りには非常に多くの人がいて、男性だけでなく女性もたくさん歩いています。女性もバービアでビールを飲んでおり、性別に関係なく遊ぶことが可能です。

バービアでは、以下のように女性が踊っています。

一か所に何店舗ものバーが存在し、それぞれ違う店として経営されています。バングラ通りを歩けば、必ず勧誘にあいます。

ゴーゴーバーなどに比べると、店でドリンクを飲むのは前述の通り非常に安いです。ほとんどの店がハッピーアワー(早めに店に入ると安くなる)という制度を設けており、80バーツ(約240円)などでビールを飲めます。

しかも、ハッピーアワーとはいっても夜23:00でもハッピーアワーが続いています。つまり、どの時間帯であっても自分が飲むだけなら料金相場は非常に安いと考えてください。かなり安心してお酒を飲むことができます。

値段は安いため、まずは道の周囲にいる店員から勧誘されるがままに席に着いてみましょう。

着席後、女性を隣につけるといい

飲み物を頼んだ後、そのまま席に座って女性たちを鑑賞してもいいし、友人と一緒に来ているのであれば話をしても問題ありません。

ただ、男性だけでパトンビーチに来ているのであれば、誰でもいいので店の女性を指名してあなたの隣につけるようにしましょう。レディースドリンクを奢れば、問題なく女性はあなたの隣についてくれるようになります。

レディースドリンクは200~250バーツ(約600~750円)です。通常のドリンクよりも高いのは、女性にドリンクバック(お客さんに飲み物を奢ってもらったことによって手にできるお金)があるからです。

実際、飲み物を頼むとレシートが更新されますが、レシートの端を女性がちぎって自分の胸にしまっている姿を見ることができます。これは、「レディースドリンクを獲得した」という証明になる紙となります。

女性については、許してくれる範囲でセクハラをしましょう。私の場合、女性と普通にキスをしたり胸を揉んだりしていましたがまったく問題ありませんでした。

・迷ったらTiger Night Clubへ行けばいい

なお、海外風俗の素人であれば、どの店舗で飲めばいいのか迷ってしまいます。なかなか席に着けず、ウロウロしてしまうのです。

そうしたとき、バングラ通りにあるTiger Night Clubへ行きましょう。

虎がメインシンボルであり、非常に大きな施設なのでバングラ通りを歩けば必ず見つけることができます。

Tiger Night Clubの一階には多くのバービアが密集しています。それぞれのバービアは違う店であるため、ここに入るとあらゆる店舗から勧誘を受けます。その中でも、美人女性が踊っている店に腰を下ろしましょう。

時間制で女性は踊ることになる

なお、事前に理解しておかなければいけない点として、バングラ通りのバービアでは「女性は、ある時間になると踊り場に立って踊っておく必要がある」ということです。

ゴーゴーバーであれば、あなたが指名した女性はずっと隣の席に着いてくれます。あなたが女性にドリンクを奢り続ける限り、トイレ以外で席を立つことはありません。

ただ、バービアでは「20分間、2交代制で踊る必要がある」などのように決まっています。そのため、あなたが女性を呼んで隣に着けたとしても、時間になったら席を立ってお立ち台に上るようになります。ずっと女性が隣にいるわけではないため、これについては理解しておかなければいけません。

私もバングラ通りのバービアで飲んでいると「Wait 20 minute.(20分だけ待ってね)」といわれ、指名した女性が席を立って踊っていたものです。

気に入ったらペイバーする

そうして、指名した女性が気に入ればペイバー(バーファイン)するようにしましょう。要は、あなたのホテルまでお持ち帰りするのです。

当然、ペイバーした後は女性とセックスをすることになります。バービアで踊っている子は基本的にバーファインが可能であるため、タイ美女とエッチすることを考えましょう。

価格については、ペイバー代が1,000バーツ(約3,000円)です。バーファインするため、店にお金を支払うのです。

これに加えて、エッチ代としてショート(一回だけのセックス)では3,000バーツ(約9,000円)が目安となります。エッチ代の3,000バーツについては、交渉で値下げすることができます。要は、女性の言い値なわけです。

なお、基本的にロング(朝までコース)はないですが、これも交渉次第です。女性をバーファインした後、ホテルに連れ帰ってセックスするようにしましょう。

もちろん指名した女性をペイバーせず、一緒に飲むだけでも問題ありません。

・生理の女性もいる

ゴーゴーバーと大きく異なるのは、バービアでは必ずしも連れ出しを前提とはしていないことです。どちらかというと、女性と一緒に飲んで楽しむスタイルです。

そのため、バービアで踊っている女性の中には生理中の子もいます。そういう女性であると、ペイバーしようとしても「生理中だから」という理由で断られます。これについては、仕方ないので諦めるようにしましょう。

営業時間は19:00から後になる

夜に盛んとなるパトンビーチですが、バービアの店は19:00からチラホラ開店し始めます。20:00などに出向いてもいいですが、まだ盛り上がっておらず21:00以降が夜の本番になります。

夜がふけるに従ってバングラ通りでは人が多くなり、以下のように大道芸の人がそこらへんでパフォーマンスをすることになります。

また、バービアは深夜26:00や27:00などかなり遅い時間であっても営業しています。基本的には27:00(早朝3:00)までが目安となる営業時間です。

写真撮影は問題ない

なお、タイ風俗の中でもプーケットのバービアは他とは大きく異なることがあります。それは、写真撮影です。

通常、写真撮影(動画撮影)は禁止されています。風俗店で写真を撮ろうとすると、猛烈な勢いで怒られます。当然、その場で写真を消去するように言われます。

しかし、バングラ通りのバービアでは写真を撮っても何も文句を言われません。むしろ、以下のようにニコッと笑顔を振りまいてくれます。

堂々と写真や動画を撮影できるのは大きなメリットです。日本へ帰国後、豪遊してきたことを証明するため、プーケットへ出向いたときはパトンビーチのバービアへ必ず出向くようにしましょう。

バービア美女をバーファインするまでの記録

私がプーケットを訪れたとき、タイ女性とセックスすることを当然ながら考えます。このとき、プーケットで最も大きな歓楽街であるパトンビーチのバングラ通りへ行き、バービアで豪遊することにしました。

夕食を済ませた後にバングラ通りへ向かい、時間は21:00ごろです。それなりに人が多く、かなり賑わっていました。

やはりバービアが主であり、右を見ても左を見てもバービアが連なっています。白人男性によっては、お立ち台に上がってタイ女性と一緒に踊っているほどでした。

ひとまず、バングラ通りを歩くようにします。どのような街なのか、把握しなければ概要をつかめません。

女性が微妙で他の店へ移る

ゴーゴーバーのある路地裏やナイトクラブ、ロシア女性のいる店など、バングラ通りにはさまざまな形態の店があります。

そうした中、わりと美人女性が踊っている店を発見しました。ひとまず、ここで腰を落ち着かせることにします。

席に着くと、すぐに踊り子の二人組の女性が席の近くに寄ってきました。通常、こちらが指名しないと女性は来ないのですが、なぜか席に着いた瞬間にドリンクを奢ってもらうために来たわけです。

ただ、一人の子は顔が微妙です。好みでもない女性にお酒を奢りたくありません。私は心が狭いため、容姿が微妙な女性がやってきて「お酒を奢ってよ!」と近寄ってきても跳ね返す性格の持ち主です。

しかし、もう一人はわりと美人です。くびれもあり、目もパッチリしています。二人組女性は「両方に奢ってほしい」と言ってきましたが、諦めて「どちらかにする?」という感じで聞いてきました。そこで、くびれのある美人女性にレディースドリンクを奢ることにしました。

ただ、奢ったはいいものの、そこまで会話が楽しくありません。通常はお酒を奢ると隣の席について話をするのですが、女性は「あっちの友達と会話したい」「ちょっと席を離れる」などのように言っては、ちょくちょく席を立ちます。

そうしていると、お立ち台で踊る番になったので「20分だけ踊ってくる」と言い、踊り始めました。

しかし20分が経過し、女性はお立ち台から降りるわけですが、私の座っている席には戻ってきません。少し離れた場所に立っているだけです。どうやら、私と話す気はないようです。

これ以上、ここにいても無駄だと考えた私はそのまま席を立つことにしました。

女性と親密になるも、エッチを逃す

そこで、次のバービアを目指します。先ほどの女性のことは忘れることにしました。バングラ通りでは夜遅くでもハッピーアワーが続いているため、安くお酒を飲むことができます。

そうしていると、男性店員が必死の勧誘を仕掛けてきました。どの店なのか不明でしたが、店の近くまで来ると何人かかわいい子がいます。そこで、ひとまずそこでビールを飲みなおします。

目線を上にあげると、至近距離で美女が踊っています。私の最も近くにいる女性を見つめていると、ニコッと笑顔を返してくれました。先ほどの女性とは違い、愛想がいいです。

そこで、踊っている最中に女性へドリンクを奢ることにしました。女性は踊りながらアルコールを飲み、時間が来たらお立ち台を降りて私の隣で飲むことになりました。このとき、先ほどとは違って非常に楽しいです。

なお、女性がゲームをしようと言い始めました。以下のゲームですが、バービアではどの店でも置いてあるJAKPOT(ジャックポット)です。

ルールは簡単です。サイコロを振り、出た目をめくるというものです。例えば、「2と5」が出た場合は「2」「5」「7(2 + 5)」のどれかの数字をめくれます。「3と6」であれば、「3」「6」「9(3 + 6)」のどれか一枚の数字をめくれます。

そうして、最後の札をめくった人が勝ちになります。

私と女性がこのゲームをしていると、なぜかお立ち台で踊っている他の女性二人も参戦してきました。そうしてサイコロを振っていると、参戦してきた女性たちが二連続で勝ち、結局私は踊っている女性二人に対してもドリンクを奢ることになりました。

ただ、女性にドリンクを奢るとなぜか私の分のテキーラも運ばれてきました。そこで、その場で乾杯します。

こうして仲良くなっていき、女性を抱き寄せてキスをするなど楽しい時間はどんどん過ぎていきます。そうなると、隣にいる女性をペイバーしたくなるのは当然です。今晩、目の前の女性とのセックスを想像して下半身もムクッと膨れ上がっていきます。

そこで、女性にバーファインできるかどうか聞いてみました。すると、女性は「Oh my god!(なんてことだ)」と言います。なぜ、そのようにいうのか理解できませんでしたが、私に対して何か英語で伝えようとしてきます。

ただ、私は英語力に乏しいので何を言っているのかわかりません。そこで、私は翻訳アプリを取り出して会話を試みました。すると、そこには「私は月経を持っています」と翻訳アプリに書かれていました。

要は、生理のようです。あれだけキスをして胸を揉んでいる仲だったのに、「Oh my god!」と言われたのはこのためのようです。しかし、こればかりは仕方ありません。女性を尊重し、お礼を言った後に店を出ることにしました。

ゲームに負け、テキーラ地獄を味わう

生理だったとはいえ、「あの女性とセックスしたかった!」と私は非常に悔しい気持ちでいっぱいでした。ただ、文句を言っても仕方ないので今度はバングラ通りのバービアで最も有名なTiger Night Clubへ出向くようにしました。

建物の中へ入り、適当に歩いてみるといろんな場所で勧誘を受けます。

ただ、これだけの店があればその中にかわいい子はいるものです。踊り子というわけではなく、どちらかというと店の勧誘係をしている女性にかわいい子がいました。こういう店では、踊り子でなくてもバーファインは可能です。

その子はウインクしてくれて笑顔がかわいかったため、その店に座ってドリンクを頼むことにしました。

時間は既に24:00を過ぎていましたが、遅くであっても問題なく営業しているのがバングラ通りの良いところです。そのまま受付の女性にレディースドリンクを奢り、一緒に飲むことにしました。

やはり、非常に会話は楽しいです。ただ、基本的な流れは先ほどと同じであり、ゲームをすることになりました。今度は四目並べです。

交互にコインを入れていき、「たて・横・斜め」のいずれかで同じ色のコインが4つ並べば私の勝ちです。

負けたら私が女性にドリンクを奢ります。それに対して、勝ったら私はテキーラを無料で飲めます。要は、勝っても負けても地獄が待っているという、どう考えても不公平なゲームを受けて立つことになりました。

そうしていると、なんと3連勝してしまいます。3連続テキーラです。さすがにフラフラで頭が働きません。四目並べは知能戦であり、先ほどのジャックポッドのように運ではありません。そのため、今度は4連敗して女性に奢ることになりました。

ただ、今度はなぜかカウンターの男性スタッフが参戦してきました。男性スタッフと四目並べです。このときは2勝1敗で勝ち越しましたが、2杯もプラスでテキーラを飲むことになり、男性スタッフにレディースドリンクを一杯奢ることになりました。

ゲームをやりすぎたため、レシートの金額は意外と高額になってしまいました。

ただ、これだけゲームをしてレディースドリンクを奢っていてそのまま帰るわけにはいきません。私の下半身は目の前の女性を欲しがっています。既にキスを何度もしており、関係性は良好です。

そこで女性にペイバーしたいことを告げ、お持ち帰りすることにしました。

バーファイン代は1,000バーツ(約3,000円)です。これにショートでのセックス代が加わり、女性の言い値は3,000バーツ(約9,000円)でしたが、2,500バーツ(約7,500円)にまで値引き交渉することに成功しました。

バービア嬢の自宅でセックスする

いよいよ、お待ちかねのタイ美女ともエッチです。最初は愛想のない女性にドリンクを奢ることから始まり、生理中の女性にペイバーを断られてしまいましたが、最後が良ければ何も文句はありません。

時間は既に26:00を過ぎていましたが、そのまま女性を連れ出すことに成功しました。

そうして外に出たところ、女性は「家に来る?」と言ってきました。タイ女性の家に行くのは初めてであり、非常に興味があります。そのため、私は女性についていくことにしました。

バングラ通りのすぐ近くにある建物に入り、階段を上っていきます。

階段を登っていった3階に彼女の部屋があります。どうやら、同じバングラ通りで働いている女性3人で同じ部屋に寝泊まりしているようです。

ワンルームの非常に狭い部屋です。この部屋で3人は異常なほど窮屈です。

女性は普段、バンコクの化粧品店で働いているようです。ただ、一週間の限定でプーケットに来ていると話してくれました。そのためにこうした部屋で寝泊まりしているのでしょう。タンスの上には旅行用スーツケースが3つあり、同じように出稼ぎに来ている子たちの荷物のようです。

他の女性たちはまだ働いており、帰ってこないのでセックスしていても大丈夫と言われました。その言葉を信じ、ひとまず服を脱いで女性と一緒にシャワーを浴びることにしました。

タイ女性の部屋で体を洗った後、タオルを貸してもらいます。その後、部屋を暗くしてエッチに移りました。

先ほどまでたくさんキスをしているため、ディープキスも許してくれます。たくさんキスをした後、生でフェラチオをされ、そのままコンドームを装着して正常位でセックスが開始されました。

ただ、テキーラを何杯も飲んでいるので思考回路はよろしくありません。しかし、女性の中は非常に気持ちいいです。頭がクラクラするなか、腰を女性に打ち付けるように激しく動かします。ただ快楽だけを求めながら正常位で腰を振り、さらには女性の唇を奪うことになりました。

そうして感覚が若干マヒしている中であっても、ペニスへの快感は伝わっているのか射精感が高まってきます。そのため、そのまま果てることになりました。

コンドームを外した後はシャワーを浴び、服を着替えます。先に私がシャワーから出て、服を着ることになりました。

女性が服を着替えた後、チップを渡すことになります。100バーツ(約300円)を手渡し、女性の部屋から出ることになりました。

やはりフラフラの状態でしたが、財布や携帯電話を確実に持っていることを確認した後、私は宿泊先のホテルまで帰ることになりました。戻った後、シャワーなしでそのままベッドに倒れこんで爆睡したのは言うまでもありません。

プーケットではバービアで遊ぶべき

タイではバンコクやパタヤが夜遊びスポットとして有名なものの、プーケットでも同じように風俗遊びが可能です。パトンビーチのバングラ通りへ出向き、女遊びをするようにしましょう。

バングラ通りのメインとなる風俗店はバービアです。女性が踊っているため、良さそうな女性がいたら積極的に店の中に入って飲むようにしましょう。

また、女性を指名して隣につけるといいです。このときはゲームをすることもありますが、ゲームの内容自体は非常に簡単なので問題ありません。ただ、ゲームでは勝っても負けても地獄を見ることになりますが、細かいことは気にしないようにしましょう。

そうして女性が気に入ればペイバーするといいです。中には生理で断られることもありますが、基本は連れ出しが可能になっています。

プーケットはリゾート地であるものの、夜も楽しいです。プーケットへ立ち寄ったとき、必ずパトンビーチで夜遊びをするようにしましょう。

【バンコク風俗ガイドの案内】

最高の夜遊びを実現するため、バンコクに住む現地の日本人ガイドを紹介します。ガイドを利用することで、最高の夜遊びを実現できます。

バンコクガイドの募集ページ

風俗ガイドの案内ページ

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認