タイ風俗初心者がタニヤの日本人カラオケを楽しむ方法と実際の体験談


タイの首都バンコクに存在する風俗店のひとつとして「日本人カラオケ」という店があります。日本人カラオケは日本にある「キャバクラ」に似た店で、お酒を飲みながら女性と会話を交わしたり、カラオケを歌ったりすることができます。さらに、店にいる女性とエッチを楽しむこともできます。

日本のキャバクラでは基本的に、キャバ嬢(キャバクラに勤務する女性スタッフ)とエッチをすることはできません。これに対してタイの日本人カラオケでは料金を支払えば、店に勤務する女性とエッチをすることができるのです。

タイの首都バンコクには日本人カラオケが数多くあり、たくさんの日本人観光客が訪れています。ここでは、タイ・バンコクにある日本人カラオケについて紹介します。

日本人カラオケの特徴

日本のキャバクラでは、女性を指名せずにキャバクラへ入店することができます。これに対してタイの日本人カラオケでは、最初に女性を指名する必要があります。

タニヤ通りなど、日本人カラオケが密集している地域では店内に入ると多くの女性が並んでいるため、その中から顔を見ながら気に入った女性を選ぶのです。

たとえ店に入ったとしても、女性を選んで店内で過ごさなければ料金は取られません。そのため、日本人カラオケでは「入店する店をあらかじめ決めていても問題ないが、ある程度ランダムに入って良い女性がいる店で過ごす」ようにするのがコツです。

また、店内だけでなく店外に女性が座っていてそこから女性を選び、一緒に店内に入るというスタイルもあります。いずれにしても、女性を指名しないと料金は発生しないという非常に優れたシステムです。

たとえランダムに入店したとしても、新宿・歌舞伎町のようにボッタクリに合うことはほぼないので安心して利用できます。

女性を指名した後は店内の個室に入り、女性とお酒を飲みながら会話を交わしたり、カラオケを歌ったりして過ごします。多くの日本人カラオケはキャバクラにあるような「ボックスシート(一般的な座席)」と「個室」が設けられています。

複数人のグループで店に入る場合は、個室を利用すると良いです。個室であれば、他の男性客を気にすることなく過ごすことができます。

日本人カラオケにいる女性は、日本語をある程度話せる女性が多いです。そのため、女性と楽しく会話を交わすことができます。また、女性の多くは「日本の曲」をカラオケで歌ってくれます。

タイの女性が日本の曲を歌う姿には、驚く人が多いです。ただ、タニヤ通りを含め日本人カラオケを利用する客の99%は日本人です。ほぼ日本人だけで成り立っている風俗であり、欧米人や中国人、韓国人などはいません。そのため、日本人カラオケに在籍する女性の多くは日本語を勉強しています。その一環として、日本の曲を歌うのです。

日本人カラオケの店内で過ごしたあとは何もせずに店を出ることもできますが、指名した女性とホテルへ行き、エッチをすることもできます。日本人カラオケは、「女性とセックスを楽しめるキャバクラ」というイメージをもつと良いでしょう。

バンコクにはたくさんの日本人カラオケがあり、店によっては「独自の特徴」を打ち出していることがあります。このような店では、在籍する女性が日本にいる女子高生のようなコスプレを着たり、ホットパンツという、非常に丈が短いパンツを履いたりしています。

日本人カラオケは冒頭に「日本人」とついているように、日本人男性客をターゲットとして営業されています。そのため中国人や韓国人の観光客グループなどは、入店を拒否されることがあります。タイでこのような日本人向けの店が営業されている理由は、「タイが親日(日本に好感をもっている)であるため」です。

かつての日本にはいわゆる「バブル時代(1986~1991年)」があり、好景気が続いていました。この時代の日本人は高収入な人が多く、海外旅行へ出かけて買春をする男性がたくさんいました。

多くの日本人男性は旅行の行き先として、タイへ向かっていました。かつての日本人男性はタイの風俗店でお金をたくさん使っていたため、タイでは現在でも「日本人向けの風俗店」がたくさん営業されているのです。

欧米人や中国人、韓国人に比べて、たとえ風俗であったとしても日本人男性は女性に対して優しく接します。これが中国人や韓国人になると、女性に対して横暴な態度を取る人が比較的多くなります。

また、日本人であると満足度合いに応じてチップの量を増やす人が多いです。しかし、これが他の国の人となるとチップの上乗せどころか、お金を渡す場面になって値切ろうとする人が多くなります。

タイで日本人向けの風俗街が発展し、私たち日本人が安心して夜遊びをすることができるのは、「かつてタイで遊び、強引な値引き交渉をせず、女性に対して優しく接してくれた同じ日本人の先輩方」がいてくれたおかげなのです。

また、タイでは「日本ブーム」が起きており、「日本に行きたい」「日本食が好き」と考えるタイ人がたくさんいます。タイの日本人ブームは、「タイが国として実施している」と考えられることがあります。

上記のように、「タイの風俗店で買春をしたい」と考える日本人男性はたくさんいます。つまりタイは国として、「日本人男性にタイの風俗店を利用してもらい、より大きな税収を得たい」と考えています。そのためタイは国として「日本人ブーム」を引き起こし、タイ国民全体に親日感情を植え付けている可能性があります。

また、タニヤの日本人カラオケは、前述の通り「ぼったくりの店」がほとんどなく、安心して遊ぶことができます。これは「日本人男性に安心して買春を楽しんでもらえるよう、タイが国として日本人カラオケに『料金のルール』を設定している」と考えられます。

以上のような理由から、タイでは日本人カラオケという「日本人向けの店」がたくさん営業されているのです。

日本人カラオケ街は、客引きがしつこい

日本人カラオケ街は客引き(キャッチ)がしつこいです。

日本人カラオケ街は複数の店が密集している傾向にあります。日本人カラオケがたくさん集中している場所として知られる「タニヤ(Thaniya)」という歓楽街へ出向くと、キャッチが男性客へ積極的に声をかけてきます。冒頭の動画でも、キャッチが声をかけてくる様子を確認することができます。

日本では「キャバクラにいる女性の容姿を確認したい」と思ったら、店に入店する必要があります。これに対してタイの日本人カラオケの場合、店内に入店するパターンだけでなく、店先に女性スタッフが座っていることがよくあります。そのため男性客は、入店前に女性を確認できるようになっています。

キャッチは男性客に声をかけて「お客さん、カラオケはどうですか? 可愛い子ばかりいますよ! 遊んでいってください! 良い店を紹介しますよ!」と日本語で誘ってきます。

男性客が日本人カラオケに興味を示すと、キャッチの男性は常についてくるため気をつけてください。キャッチによる紹介で日本人カラオケの店に入店しても、利用料金は安くなりません。キャッチがついてきたら話を聞き流すか無視して、店のスタッフと直接話しましょう。

キャッチではなく、店を営業しているスタッフと交渉するのが日本人カラオケを利用するときのコツです。

そうして店内や店外で自分の好みである女性を見つけたら、日本人カラオケのスタッフに「この女性を指名したいです」と伝えます。するとタッフが料金システムなどを説明して、店内に案内してくれます。

日本人カラオケの料金相場

タイの通貨は「タイバーツ(THB)」です。時期によって日本円とタイバーツの換算レートは変動しますが「1タイバーツ=3円」を目安に考えると良いです。以下ではタイバーツを単純に「バーツ」と表記します。

日本人カラオケの料金相場は、「1時間の利用あたり600~1,000バーツ(1,800~3,000円)」です。

上記の料金は「基本料金」で、男性は「飲み放題」「カラオケを歌い放題」となっています。ただ、指名した女性のドリンクを注文するときは多くの場合、1杯あたり200バーツほど(約600円)の料金が加算されます。

さらに日本人カラオケは、「個室」が用意されていることもあります。友人などと一緒に複数人で日本人カラオケに行く場合、個室を利用すると良いです。この場合は「個室の利用料金」として、500バーツ(約1,500円)ほどが加算されます。また、お酒を「ボトル」で注文する場合も、追加料金が発生します。

日本のキャバクラは1時間5,000円ほどであるため、タイの日本人カラオケは比較的安いといえます。女性とお酒を飲むだけであれば、1時間あたり1,000~1,500バーツ(3,000~4,500円)ほどで日本人カラオケを楽しめることができます。

日本人カラオケで女性とエッチをする場合の料金

日本人カラオケでは、指名した女性とエッチをすることもできます。この場合は上記の利用料金に加えて、「女性とのプレイ料金」と「女性の連れ出し料金(ベイパー(略称BP)と呼ぶ)」がかかります。

日本の風俗店と異なり、タイの風俗店では「セックスできることが前提」です。余談ですが、タイでは基本的に売春が禁止されています。しかし風俗店がひそかに売春を行うことで得ている利益は、非常に大きいです。そのためタイは風俗店から莫大な税収入を得ており、風俗店の売春を黙認しているのです。

タイの日本人カラオケでは大きく分けて、「ショート」と「ロング」という2つのコースが設けられています。

ショートは「1時間や90分などの時間で、女性とセックスをすることができるコース」を指します。ただ、上記の時間は「最長時間」であり、男性が1度射精を終えた時点でエッチは終了となります。

ロングは「女性と朝まで一緒に過ごすことができるコース」を指します。この場合は1度射精をしても、続けてセックスをすることができます。また、ホテルへ向かう前に女性と食事をしたり、バーなどでお酒を飲んだりすることができます。翌朝に女性と早朝セックスをすることも可能です。

ロングの場合、交渉次第(支払う料金の上乗せ)によっては次の日の昼や夜も一緒に過ごすことができます。

日本人カラオケに在籍する女性は、人によって「エッチできるかどうか」が異なります。

日本人カラオケに在籍する女性を指名する際には、女性の胸に「色のついた番号札」がつけられています。例えば「赤色の番号札がついている女性はショートとロング、どちらも対応可能。青色の札がついた女性はショートのみ対応可能、白色は会話のみ」のように、店ごとでルールが決められています。

「エッチは行えず、会話のみ」という女性は少ないです。日本人カラオケにいる女性のほとんどは、エッチをすることができます。

日本人カラオケで女性とエッチをする際の料金相場は、ショートで2,500~3,000バーツ(7,500~9,000円)、ロングの場合は3,500~5,000バーツ(10,500~15,000円)です。初心者の場合、まずはショートを利用すると良いでしょう。そしてタイでの風俗遊びに慣れてきたら、ロングの利用をお勧めします。

また、女性とホテルへ向かう場合には、上記のプレイ料金に加えて「ベイパー(BP)」と呼ばれる連れ出し料金を店に支払う必要があります。ベイパーの相場は500~600バーツ(1,500~1,800円)です。

このように日本人カラオケでは、女性との会話やお酒、エッチなど、さまざまなことを楽しむことができます。目的に応じて利用してください。

ちなみに私は頻繁にロングで朝までコースを楽しんでいます。日本の風俗店(デリヘルなど)で女性を朝まで連れ出すとなると、何十万円ものお金が必要です。それをわずか1万円ちょっとの費用で行えるため、普通では味わえない非日常を過ごすことができます。

日本人カラオケが多い場所

前述したようにタイの首都バンコクには、日本人カラオケが密集している「タニヤ」という地域があります。タニヤには日本人カラオケが非常にたくさんあります。「日本人カラオケで遊びたい」と思ったら、まずはタニヤへ向かうことをお勧めします。

タニヤはたくさんの観光客や客引きで賑わっており、日本人カラオケの店先には在籍している女性がずらりと座っています。タニヤの路地を歩いていると、女性が笑顔を振りまいてくれたり、「遊んでいってください」と声をかけられたりするため、驚く観光客は多いです。

タニヤへ向かうには、タクシーを利用すると良いです。タクシーの運転手に「タニヤ」と伝えれば連れていってくれます。もしくは運転手に、スマホで「タニヤの場所を示した地図」を見せると良いです。タイのタクシー料金は非常に安く、初乗り料金が35バーツ(約105円)ほどです。バンコク市内の移動であれば、1度のタクシー利用でかかる料金は100~200バーツ(300~600円)ほどです。

タイには「メーター付きのタクシー」と「メーターが付いていないタクシー」があります。メーター付きのタクシーに乗ることができると、タクシー料金を安く抑えられることが多いです。

電車でタニヤへ向かう場合は、スカイトレインという電車の「サラディーン駅」という駅が最寄りです。ただ、上記のようにタイはタクシー料金が安いため、タクシーを利用するほうがスムーズにタニヤへ向かえます。

日本人カラオケはタニヤの他に「トンロー」や「スクンビット」という地域にも存在します。しかし店の数はタニヤのほうが圧倒的に多く、賑わっています。そのため初心者が最初に日本人カラオケを利用するのであれば、タニヤをお勧めします。タニヤは「タイで最も日本人カラオケが多い地域」といえます。

タニヤは通称「タニヤ大学(Thaniya University:タニヤユニバーシティ)」と呼ばれることがあります。「日本人男性が女性と会話を交わすことで、タイ語や英語を学べる」ということから、このように呼ばれるようになったと考えられています。

日本人カラオケにいる女性の多くは、タニヤ大学(タニヤユニバーシティ)という言葉を理解しています。そのため会話中に「タニヤユニバーシティへ勉強しにきたよ」と冗談を言うと、女性に笑ってもらえることがあります。

またタニヤで働くタイ人にとって、日本人カラオケは生の日本語を学べる絶好の機会です。 風俗店で働く女性で日本語を話せる人は、タニヤの日本人カラオケに在籍していた(タニヤ大学で学んでいた)という人が多いです。そのため、女性に「何で日本語がうまいの?」と聞くと、「Tanya University!(タニヤ大学で学んだからだよ)」という返答されることはよくあります。

ちなみにタニヤの治安は、非常に良いです。タニヤにはたくさんのタイ人が歩いていて、人によっては「トラブルに巻き込まれるのではないか」と心配になるかもしれません。しかし夜に歩いていても危険な目に逢うことはほとんどないため、安心して日本人カラオケを楽しむことができます。

また、タニヤの近く(約170m西側)には「パッポン」という地域があります。パッポンにはゴーゴーバーという「女性によるセクシーなダンスを見ることができるバー」がたくさんあります。興味が湧いたら、パッポンにも足を運んでみると良いでしょう。

日本人カラオケの体験談

私はタイに観光へ行ったとき、タニヤで日本人カラオケを体験してきました。以下では、その体験談を紹介します。

タニヤへ到着後、店を見て回る

私は宿泊していたホテルから、タニヤへ向かいました。タクシーの運転手に「タニヤ」と伝えて、100バーツ(約300円)ほどで向かうことができました。タクシーの運転手に、チップを支払う必要はありません。

私はタニヤへ到着後、日本人カラオケの店を見て回りました。私が歩き始めると、早速キャッチのタイ人男性が声をかけてきました。この男性は「お兄さん、カラオケに行くの? 良い店があるよ。紹介するよ」と言いながら、私のあとをついてきました。

私はキャッチの男性と雑談を交わしながら、日本人カラオケの店先にいる女性を確認しました。

私がタニヤへ出向いたときは、ひとつの店につき20~30人ほどの女性が店先に並んでいました。そのためひとつの店に在籍する女性を確認するだけでも、好みの女性を見つけられる可能性が高かったです。

私は店先で座っている女性を確認していると、「可愛い」と感じる女性がたくさんいました。すぐに入る店を決めたくなりましたが、他の店にいる女性も気になったため、我慢してタニヤの街を歩き回りました。どの店にもたくさんの女性がいて、私は「日本とタイの風俗は全く違う」と感じました。

前述の通り、店によって在籍している女性の雰囲気は大きく異なります。「ギャル風の女性が多い店」「黒髪の落ち着いた女性の多い店」などです。こうした違いがあるため、前もって行く店を決めておくよりも、現地でさまざまな女性を見て、「自分の好みに合う女性がいる店」を利用するほうがお勧めです。

タニヤにはさまざまな日本人カラオケがあります。ただ、どの店も内装は似た雰囲気で、「日本の一般的なキャバクラ」という印象でした。

また、店内で女性を確認できるようになっている店の場合、店のスタッフが街頭に立っており、男性客に対して客引きを行ってきます。店のスタッフは「店の中で女の子を見ていってくださいね」のように話しかけてくるため、興味が湧いたら入店して女性を確認します。「入店して女性を見ること」に関しては、全てのカラオケ店で無料です。

私は女性を比較するために、さまざまなカラオケ店に入って女性を確認していました。女性を指名せずに店を出るときは、「ありがとう。他の店も見てきます」と伝えて退店していました。日本人カラオケのスタッフは非常に丁寧です。女性を指名せずに退店しても、スタッフに嫌な顔をされることはありません。

ちなみにタイには、同じ夜遊びでも「ゴーゴーバー」や「マッサージパーラー」など、さまざまな種類の風俗店があります。これらの店に在籍するタイ人女性は基本的に、「仕事」としてセックスをする意識が強いです。このような女性は多くの場合、ホテルへ入室するとシャワーを浴びて、すぐにセックスを始めてきます。

しかし日本人カラオケにいる女性は、比較的「疑似恋愛」を楽しみやすいように思いました。ホテルへ入室しても女性とゆっくり会話を交わすことができ、日本の風俗店に似た「女性との親密な雰囲気」を楽しむことができます。

好みの女性が見つかったら、店を利用する

私はタニヤの日本人カラオケをひと通り見て回った後、一番好みだった女性が街頭に座っていた店へ戻りました。そしてスタッフに「この子(女性)を指名します」と伝えて、入店しました。

私は友人を含めて合計4人で日本人カラオケを利用したため、「個室」へ案内してもらいました。個室は広々とした空間になっており、照明は比較的明るいです。日本のカラオケ店は、雰囲気を盛り上げるために照明が薄暗くなっている店が多いです。これに対してタイの日本人カラオケは、日本とは違った雰囲気のように感じました。

私が入った店の料金は、1時間の利用につき1人700バーツ(約2,100円)、男性が飲むドリンクに関しては飲み放題で、女性にふるまうドリンクは1杯あたり200バーツ(約600円)でした。また、「個室の利用料金」と「ベイパー(女性の連れ出し料)」がそれぞれ500バーツ(約1,500円)ほどでした。

私たちは店内で、女性と会話を交わしたり、カラオケを歌ったりして過ごしました。私が指名した女性は25歳で、日本語はあまり話せませんでした。

私が街頭でこの女性を指名した際には、スタッフから「この女性は日本語が少し話せますよ」と説明してもらいました。しかし実際に話してみると、この女性は「こんにちは」や「気持ち良い」など、カタコトの日本語しか理解することができませんでした。

私はカタコトの英語しか話せません が、文法むちゃくちゃのカタコト英語や英単語を使って何とか女性と楽しく会話を交わすことができました。

日本語が上手な女性はたくさんいます。「英語が話せないので、日本語が上手な女性を指名したい」という場合は、店のスタッフに前もって「指名したい女性が日本語を話せるかどうか」を確認するべきです。

カラオケで歌う曲に関しては、「10〜20年前に流行した邦楽」から選ぶと良いです。タイの日本人カラオケにいる女性は、最新の邦楽に関してほとんど知りません。タイの女性と一緒に盛り上がりやすい曲は「日本でしばらく前に流行った曲」です。

日本でカラオケを歌うとなると、マイナーな曲(多くの人が知らない曲)を歌う人がいます。ただ、遊ぶ場所は異国の地です。現地の女性と一緒に楽しむため、誰でも知っている有名な曲であり、少し前に流行った曲を選ぶようにしましょう。

このように私たちは、ときどきカラオケを歌いながら女性とお酒を飲み、会話を楽しんでいました。私は女性とだんだん仲良くなってきたため、女性の太ももや胸をさりげなく触っていました。

日本のキャバクラにおいて、いわゆる「おさわり(キャバ嬢へのボディタッチ)」は禁止です。しかしタイの日本人カラオケでは、ボディタッチをしても問題ありませんでした。

店を出て、女性とホテルへ向かう

私たちは日本人カラオケで楽しく過ごし、1時間で利用を終えました。そしてその後は、各自で女性をホテルへ連れて帰ることに決めました。

日本のキャバクラでは、知らないうちに時間が経過して高額料金になることがよくあります。ただ、日本人カラオケでは1時間が経過した時点で店のスタッフが「1時間経ちましたがどうしますか?」とわざわざ聞いてくれます。そのため、利用料金が思いのほか高額になることはありません。

ちなみに、私が遊んだ日本人カラオケで店側に支払った費用の会計は、「1時間の利用で1人あたり合計2,000バーツ(約6,000円)」でした。

この内訳は、1時間あたりの利用料金として700バーツ(約2,100円)、女性にご馳走した2~3杯のドリンク代が合計で400~600バーツ(1,200~1,800円)、さらに「ベイパー(女性の連れ出し料金)」と「個室の利用料金」が各500バーツ(約1,500円)含まれています。

また、「女性とエッチをする料金」はショートの場合で2,500バーツ(約7,500円)でした。ロングでは3,500バーツ(約10,500円)です。「日本人カラオケの利用料金」は日本人カラオケのスタッフに支払い、「女性とエッチをする料金」は指名した女性に直接ホテルで支払います。

私はタニヤから宿泊していたバンコク市内のホテルへ、タクシーを利用して帰りました。タニヤから宿泊先のホテルまで距離があるのであれば、女性が疲れないよう配慮して、タクシーでホテルへ向かうと良いです。

ホテルの部屋に到着してから、私は女性としばらく会話を楽しみました。会話を交わしていると、女性は「普段は学校の先生として仕事をしていて、3日間だけタニヤの日本人カラオケで働いていた。明日は実家へ帰らないといけない」と話していました。

しかしタイの風俗店で働く女性が「実家へ帰る」と話すとき、それは嘘であることが多いです。このように女性が話す場合は、「ショートからロングへの変更はできない」ということを意味していたり、すでに次の日に予約が入っていたりすることが多いです。つまり女性の「実家へ帰る」という言葉は、「男性客の提案を拒否する口実」なのです。

ただ、指名した女性が本当に好みで「ショートからロングに変更したい」と思う場合、女性に「実家へ帰る」と言われても、「一緒にいたいから、ロングにできない?」と交渉してみましょう。場合によっては、女性が交渉に応じてくれることがあります。

ちなみに、私の友人は女性とロングしていました。女性によってロングできるかどうか異なるため、確実にロングしたい場合は指名する段階で確認するといいで す。

また、私の場合、ゴーゴーバーやマッサージパーラーなどの女性にはキスを拒まれてしまうことがありました。しかし日本人カラオケで指名した女性は積極的にキスをしてくれて、私は疑似恋愛を存分に楽しむことができました。

ゴーゴーバーやマッサージパーラーの女性であっても、このように親密なプレイを行なってくれる可能性はあります。しかし私の友人も「ゴーゴーバーやマッサージパーラーより、日本人カラオケで遊んだ女性は愛想が良かった」と言っていたため、私は「日本人カラオケは疑似恋愛を楽しみやすい店」だと感じました。

また、私が指名した女性は「昼間に教師として仕事をしている」と話していました。日本のAV(アダルトビデオ)には「女性教師とのエッチ」をテーマに設定した作品がたくさんあります。私はタイ人とはいえ、「教師とエッチができること」に興奮を覚えました。前戯をしばらく楽しんだ後、私は女性にコンドームを装着してもらい、正常位でのセックスを始めました。

基本的にタイの風俗店で女性とエッチを行う場合、シャワーを浴びてからプレイを始めることが一般的です。しかし私は女性との前戯が盛り上がったため、シャワーを浴びずにエッチをしました。プレイ中に一瞬だけ「性病に感染するリスク」が頭をよぎりましたが、興奮からすぐに忘れてしまいました。

私は気持ち良く射精を終えて、女性と一緒にシャワーを浴びました。女性が浴室から出て着替えを終えたタイミングで、私はプレイ料金の2,500バーツ(約7,500円)を支払いました。私は女性の容姿にもプレイ内容にも満足できたため、「このエッチで2,500バーツは非常に安い」と思いました。そして私はセックスの余韻に浸りながら、女性をホテルのドアで見送ったのです。

なお、私は友人と一緒に日本人カラオケを利用しましたが、その友人は日本人カラオケでロングをした女性から「2週間後に東京へ行く予定があるのだが、一緒に夕食を食べないか?」と提案されていました。もちろん、その友人はバンコクで女性と過ごした後、2週間後に東京でも熱い一夜を過ごすことになりました。

普通に考えて、日本の風俗店で女性から一緒に過ごすことをその場で提案されることはありません。ただ、タイ風俗ではわりとこうしたことが普通にあります。連絡先を交換した後、店の外でも疑似恋愛を楽しむことができるのです。さすがに日本で一緒に過ごすまではいかなくても、タイ滞在中に女性から連絡がきて「今晩、会いましょう」「夕食を一緒に食べませんか」というメールをもらうことは珍しくありません。日本ではあり得ないことであっても、タイでは普通に起こります。

タイの日本人カラオケについては以上です。初心者が日本人カラオケを楽しむのであれば、「タニヤ」がお勧めです。私はタイの滞在中にゴーゴーバーやマッサージパーラーなども体験しましたが、日本人カラオケはこれらに比べて非常に満足できました。興味があれば紹介した情報を参考にして、日本人カラオケを利用してみてください。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。