yakei

出会い系サイト(出会い系アプリ)で女性と出会うためには、まず相手が自分に興味を持ってくれなくてはなりません。そのため、自分のプロフィールは女性ウケの良いものに整えておく必要があります。

ただ、いくらプロフィールを充実させたからといって、待っているだけでは女性は来てくれません。出会い系は魚釣りとは異なり、釣れるポイントでいくら針を垂らしていても効果的とはいえません。

出会い系で女性を釣るには、まず自分から相手に仕掛ける必要があります。つまり、自分から女性にメッセージを送るということです。

また、掲示板を活用することによっても女性と会うことができます。ここでは、メッセージの送り方や掲示板の活用方法について確認していきます。

ウケるメッセージの書き方

自分から仕掛けるといってもプロフィール同様、女性ウケの良いメッセージを送信することが重要です。

初めてかかわりを持つ女性にいい印象を持たれるためには、「テンプレートを使わないこと」「相手のプロフィールを踏まえること」「具体的な回答ができる疑問をつけること」の3点に留意しておくべきです。

テンプレートを使わない

「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」という言い回しがありますが、出会い系サイト(出会い系アプリ)でもこの手法で女性を落とそうとする方が多いようです。こういった方は、各女性に個別のメッセージを送るのが面倒なので、つい誰にでも当てはまるテンプレートを送信してしまいがちです。

しかし、テンプレートというものは、すぐ女性に感づかれてしまいます。そして、その女性がメッセージをテンプレートと気付いた時点で、それに応じてくれる可能性はなくなります。

テンプレートの意味するところは、「女性であればだれでもいい」という男性の卑しい心情です。こうしたことに女性はとても敏感なので、出会い系でテンプレートを使うことはよくありません。

相手のプロフィールを踏まえる

たとえテンプレートを用いていなくても、作ったメッセージが結果的に誰にでも当てはまるものになってしまうこともあります。心をこめて書いたとしても、このメッセージをもらった女性にとってはテンプレートと大差ありません。

そうした悲劇を回避するためにも、女性のプロフィールに書いてあることをメッセージの内容にとりこむことが重要です。

例えば、女性がプロフィールで「サッカー観戦が好き」と書いていた場合、メッセージの中にそれに関連した文言をとりこんでみましょう。その時点で、「自分あてに書かれたもの」だということがわかってもらえます。

また、自分の趣味に関して触れてもらえた女性は、その点に好感を持ちます。テンプレートでないことを証明でき、なおかつ好感度が上がるのですから一石二鳥です。

具体的な疑問で締めくくる

メッセージの締めくくりは大変重要です。なぜならば、それで返信をしてもらえるかどうかが決まるからです。もちろん、「さようなら」、「ごきげんよう」で締めくくるのは論外です。これらの言葉は会話の終了を意味するからです。

メッセージの最後では、疑問形をつけて終わらせることをおすすめします。こうすることによって、会話のキャッチボールが成立します。

ただし、「暇な時に絡んでくれる?」、「今度遊んでくれる?」などといった疑問は考えものです。なぜならば、人によって「絡む」の定義は違うでしょうし、「遊ぶ」というのも具体的に何をするのかわからないので、女性にとっては不安要素にしかなりません。

先ほどのサッカー観戦の例を借りれば、「ちなみに、どのチームが好きですか?」などといった、具体的に回答ができる質問をすることが望ましいです。女性もこれならば反応しやすく、話がはずめばサッカー観戦のデートに発展することもあり得ます。

ちなみに、最初のメッセージはできるだけ簡潔にまとめることをおすすめします。いきなり長文が送られても、女性は引いてしまいます。5行ほどで納めるのが無難でしょう。

女性から確実に返信をもらいたいのなら、以上の点に気をつけるべきです。メッセージのやり取りであれば、文章を考える時間は多くあるはずです。ゆっくりと納得のいく文章を練り上げましょう。

掲示板を用いてアプローチする方法

さらにメッセージを送るだけでなく、掲示板の活用まで考えましょう。出会い系サイトを利用して、手軽に女性と出会うには掲示板を使うのがおすすめです。

もちろん、個別にメッセージを送信して女性との出会いに発展することもあります。ただ、その日のうちに出会いたいという方にとっては、メッセージでのやり取りは若干冗長に感じられるでしょう。

一方で、掲示板を用いると、スレッドの内容に関して女性の側から書き込みをしてくれます。仮に「今日の夕方から新宿で会える女性募集したい」という内容のスレッドを立て、女性が反応を見せさえすれば、すぐさま出会うことができるのです。

ただその手軽さの反面、スレッドに援助交際目的の女性が現れることがあります。ここでは売春目的の見分け方を含め、どのように掲示板を用いるのが有効なのかを見ていきたいと思います。

掲示板に書き込む内容

掲示板では、自分でスレッドを立てて出会いの募集を掛けます。スレッド自体は簡単に立てることができるのですが、内容に関しては試行錯誤が必要です。

例えば、先ほどの例のように「今日の夕方から新宿で会える女性募集」という内容のスレッドを立てたい場合、まずはタイトルを考えることが重要です。

タイトルは、本文の内容が一発でわかるように、簡潔に述べましょう。また、タイトルの時点で「奢ります」の文言を入れておくと、女性の反応が良くなります。こうした要素からタイトルは以下のようなものがいいでしょう。

「17時新宿東口で飲める人? 奢ります」

上のように、具体的に場所と時間を指定すると、女性もスケジュールの確認がしやすくなります。

スレッドを立てる時間

確実に女性からの反応を得たいのであれば、より多くの女性にスレッドを見てもらう必要があります。そうした際に重要な要素となるのが、スレッドを投稿する時間帯です。

出会い系の掲示板は、最新の投稿が画面の上部に来るようになっていることが多く、古いスレッドは下の方に追いやられてしまいます。そのため、おそらく誰も見ていないであろう早朝や、仕事や学校がある昼間に投稿しても効果的ではありません。

投稿する時間帯としてベストなのは、平日であれば17~19時頃、休日ならば15時頃です。多くの女性が見る時間帯であるため、反応してくれる確率が上がるのです。

やり取りは簡潔にするべき

晴れて女性からの反応があった場合、速やかに待ち合わせ場所や時間などを決めていきましょう。

また、その際にどんな女性か気になるのはわかりますが、余計な詮索をするのはよくありません。女性が気分を害してしまっては、すべてがご破算となってしまいます。

掲示板でのやり取りは、できるだけ事務的なものにとどめておくのが無難です。

援助交際目的の女性の特徴

掲示板には、素人の女性ではなく、端から援助交際を目的とした女性が書き込んでくることがあります。純粋に女性と出会い、恋人やセフレにしたいと考える男性にとっては、援助交際で迫られたとしても嬉しくはありません。そうした女性は、なるべく掲示板のやり取りの中で判別すべきです。

援助交際目的の女性に顕著な特徴としては、なぜか「書き込みの一文がとても長い」というものがあります。こういった女性はどこの掲示板でも通用するテンプレートを用いて書き込んでいるので、律儀に対応する必要はありません。

先ほども述べた通り、掲示板では簡潔なやり取りが良しとされます。そのため、女性側の返信もそっけないものに感じられてしまうかもしれませんが、むしろ素人の女性であると喜ぶべきです。

掲示板は出会いをより気軽なものにしてくれています。ただ、その気軽さの半面、初心者には若干ハードルの高いものかもしれません。初めから成功しようと思わず、じっくり勉強しながら実践していくべきです。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには