ベトナム・ホーチミンにはさまざまな種類の風俗店が存在します。そうした風俗街の中でも、非常に安い値段で抜きサービスを提供してもらえる場所として冷気床屋があります。

冷気床屋は偽装床屋とも呼ばれ、表向きは床屋となっています。しかし、実際は置屋みたいにキレイな恰好をした女性が中に何人もいて、性サービスを提供してくれるようになります。当然、髪を切ることはありません。

ホーチミンにある偽装床屋の中で最も有名な場所がホーチミン1区にある冷気床屋となります。

ただ、事前にどのような夜遊びを実現できるのか理解しておかなければいけません。そこで、ホーチミンの偽装床屋で女遊びをするための方法や料金相場、場所・地図を含めて解説していきます。

ピンサロ街である冷気床屋

アジアの風俗では、女性との本番行為を楽しめる店が非常にたくさんあります。これはベトナム・ホーチミンも同様です。安い値段で美人のベトナム女性とセックスすることができるのです。

それでは、偽装床屋ではどうかというと残念ながら女性とセックスすることはできません。

ホーチミンの場合、エロマッサージ店であったとしても本番できないことがたくさんあります。これについては床屋も同様であり、手コキなどによる抜きサービスはあったとしても性行為まではできないのです。

そのため、いわゆるピンサロだと考えてください。女性とセックスしなくても、射精を楽しめる場合として有効な風俗だといえます。

冷気床屋のある場所・地図

それでは、どこに冷気床屋があるのでしょうか。これについては、ホーチミン1区のヌンピーカイン通り(Nguyen Phi Khanh)に何件もの偽装床屋が存在することになります。

実際の地図(マップ)としては、以下のようになります。

ここに出向けば、セクシーな服装をした女性がたくさんいるようになります。また、店の前には呼び込みの人がいるため、歩いていたら必ず声をかけられます。そのため、どこにピンサロがあるのか簡単に見分けられるようになります。

基本的にここにある床屋で真っ当な床屋は存在せず、どの店舗も性サービスを提供する偽装床屋だと考えるようにしましょう。もちろん、建前は床屋なので以下のように髪を切るための施設は一応存在します。

ただ髪を切られることはなく、中にいるのは女性だけという店舗になるのです。

料金・値段の相場は2千円ほどと安い

それでは、いくらの値段で女性による性サービスがあるのでしょうか。これについては、ヌンピーカイン通り(Nguyen Phi Khanh)にある冷気床屋だと40万ドン(約2,000円)ほどの金額になると考えてください。

基本的には、ほとんどの店舗で40万ドンです。ただ、私が出向いたとき店によっては50万ドンの値段を提示してきたケースもありました。店によって料金相場が異なるようです。

ただ、いずれにしてもわずか2,000円ほどの価格でベトナム女性に抜いてもらえます。

エロマッサージの場合、手コキで抜いてもらうには通常のマッサージ代に加えて、スペシャルマッサージへのチップ(手コキ代)を支払う必要があります。手コキのスペシャルマッサージだと100万ドン(約5,000円)を平気で要求してくる女性がいますし、安くても50万ドン(約2,500円)にはなります。

それに比べると、抜きサービスの金額だけで考えると冷気床屋の方が優れているといえます。

セックスできるかは女性次第

このとき、やはり気になるのは本番行為が可能かどうかという点です。既に記した通り、ピンサロ街で女性とセックスすることはできません。偽装床屋に出向いて「Bunbun, OK?(セックスできますか?)」と聞いても、「ノー」といわれるだけです。

表向きはセックスを提供している店ではなく、実際にほとんどの女性でセックスまではできません。

しかし、女性によっては部屋に入った後、こっそり本番させてくれる子もいます。このときは店に支払う正規料金に加えて、女性へのチップ(セックス代)を要求されることになります。

エッチ代の料金相場は200万ドン(約10,000円)です。また、セックスを前提とした店舗ではないので女性はコンドームを用意していません。コンドームについては、あなたが事前に用意しておく必要があります。

女性の容姿レベルや愛想は悪い

ただ、冷気床屋では最大のデメリットがあります。それは、そこまで女性の容姿レベルが高くないという点です。

一般的には、ライトな風俗になるほど女性の容姿レベルは高くなります。日本でも、エッチのないキャバクラで最も女性がかわいくなり、セックス可能なソープランドになるとブス率が高くなります。そしてこれは、世界共通の流れになります。

しかし、単なる手コキをするだけにも関わらず、なぜかホーチミンのピンサロ街はブス率が高いです。容姿だけでいうと、女性と本番行為が可能な置屋の方が圧倒的にレベルは高いです。偽装床屋にいる女性で美女を期待しすぎてはいけません。中には、100kgを超えているのではというような巨漢の女性もいました。

さらにいうと、愛想の悪い女性が多くなります。例えば私が出向いたとき、女性が立って並ぶわけではなく「寝転がったままの女性」「座ったままで携帯電話を眺めている女性」など、いろんな女性がいました。

確かに価格は安いですが、質の高い女性を求めて出向く場所ではありません。女性の容姿や愛想がそこまで高くないことを理解したうえで出向く必要があります。

ベトナム・ホーチミンの偽装床屋へ出向く

ホーチミンにある偽装床屋は市街ではなく、空港方面にあります。そのため、ホーチミン1区に存在するとはいっても、タクシーやバイタク(バイクタクシー)などに乗ってそれなりの時間を走らせる必要があります。

そうして、目的地に到着すると人気の少ない道に到着します。ここが偽装床屋街になります。

道の両脇には、ネオンの看板がかかっていることがあります。これらはすべて偽装床屋です。上の写真でいえば、右側の明るい店舗はどちらも風俗店になります。

また、入り口には呼び込みのスタッフがいます。こうしたことからも、どの店が偽装床屋なのか100%の確率で理解できるようになります。ひとまず、こうした店舗を見つけたら遠慮なく店内に入っていくようにしましょう。

それにしても、総じて女性のレベルは高くありません。中には明らかなデブも混じっています。確かに値段は安いですが、果たして指名してもいいものか迷ってしまうほどです。

さらに、総じて女性たちからはやる気が感じられません。ここは、そういう風俗街なのだと思います。熱烈な歓迎や笑顔はなく、女性たちは座ったままの状態で対応します。

しかし、一店舗だけ私たちが店舗に入るなり全員立って迎えてくれた店がありました。本来ならこれが普通なのですが、冷気床屋の中では非常に珍しいです。

女性の容姿についても、他の偽装床屋に比べると問題ありません。特別に美人というわけではありませんが、多少は選ぶことができます。そこで、ひとまず一人の女性を指名することにしました。

ピンサロで抜いてもらう

そうして女性を指名した後、店の2階へ通されるようになりました。部屋には簡単なベッドがあるだけで、特に特徴はありません。おそらく、どの店舗も同じようになっているのだと思います。

一応は床屋でもあり、マッサージ店でもあります。床屋なのにマッサージ台でマッサージを受け、さらには髪を切られることなく性サービスだけ受けるという店舗です。そこで、服を脱いでマッサージ台に寝転がることにしました。

素っ裸の状態でマッサージを受けます。特別に気持ちいいわけでもなく普通です。ただ、わりと頑張ってくれます。

そうしていると、ペニスに女性の手が伸びてきました。刺激に耐えることができず、ちんこは徐々に肥大化していきます。その後、フェラチオをされることになりました。同時に玉も攻めてくるため、テクはすごいです。

「ブンブン?」と聞いたところ、ノーといわれました。ブンブンはセックスの意味ですが、やはり本番は無理なようです。女性によっては200万ドン(約10,000円)くらいプラスすることでこっそりエッチできますが、今回の女性についてはダメだったわけです。

そうして、手コキに移ります。女性によってシコシコと刺激され、私も負けじと女性の服を脱がします。おっぱいを堪能し、同時にキスも奪うことになりました。そうして高速で手コキをされていくと射精感が高まっていき、果てることになりました。

スッキリした後、服を着て退店です。特にチップを要求されることはなく、40万ドン(約2,000円)が総額でした。

安く抜きたいなら偽装床屋がおすすめ

ホーチミンにある風俗街の中でも、非常に安い値段で射精できる場所が冷気床屋です。偽装床屋として運営されており、髪を切られることはなくピンサロとして女性に抜いてもらう場所になります。

基本的には本番行為が前提ではなく、あくまでも手コキなどによる射精が基本となります。女性によってはこっそりセックスさせてくれることもありますが、それなりに値段は高いのでエッチしたいなら他の風俗街に行った方がいいです。

また、女性の容姿レベルはそこまで高くないことは理解しましょう。愛想の良い女性も少ないので、正直選ぶのは迷うかもしれません。

ただ、安く抜きたいのであればおすすめです。格安で女性によって射精へと導いてくれるため、ピンサロとしてベトナム女性とイチャイチャできる場所が偽装床屋になります。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認