kaorisan

エッチの際に行うプレイにはさまざまな種類があります。その中のひとつとしてよく知られているものに「シックスナイン」があります。シックスナインは「男女が重なり合い、お互いの性器を舐め合う行為」を指します。

シックスナインはアダルトビデオ(AV)で見ることが多く、「彼女とのエッチで取り入れたい」と考えることがあると思います。シックスナインを単純に「お互いの性器を舐め合えば良いのだろう」と考える人がいますが、行い方にはポイントがあります。

ここでは、シックスナインの基礎的な知識や行い方について紹介します。

「舐めながら舐められる」のが大きな特徴

シックスナインは「男性が相手の女性の性器を舐めながら、女性も相手の性器を舐める」のが大きな特徴です。ほかのセックステクニックは「相手を刺激する」か「相手に刺激される」かのどちらかに集中するものが多いです。これに対してシックスナインは、男女がお互いに刺激し合う「共同作業」といえます。

ただ、シックスナインは好みが分かれやすいプレイです。自分が気持ち良くなりながら相手を責めることは、人によっては大変な場合があります。とくに女性の場合、男性器を舐めようとしても女性器への刺激が気になり、上手くペニスを舐められないことがあります。

そのため初めてシックスナインをする場合はお互いが気持ち良くプレイできそうか、確認し合うようにしましょう。

シックスナインを行うときには、体勢が大切

シックスナインを行うときには「体勢」に気を付ける必要があります。シックスナインの体勢は大きく3つのパターンに分かれます。3つの体勢はそれぞれ「男性が仰向けになり、女性が上から重なる体勢」、「女性が仰向けになり、男性が上から重なる体勢」、「男女がお互いに横向きになり、向かい合う体勢」です。

これらそれぞれで、シックスナインの行い方に差が生じます。

男性が仰向けになるパターン

男性が仰向けになり、女性が上から重なってシックスナインを行うのは、最も一般的な体勢です。女性がフェラチオで男性器を舐めやすく、男性はちょうど顔に女性器がくるため、お互いを刺激しやすいです。

ただ男性にとっては、上半身を少し起こした状態で女性器を舐めることになります。そのため腹筋に力を入れないと、体勢を保つことができません。さらに女性にとっても、性器への責めに耐えながらペニスを舐める必要があり、体重を支えている腕が震えてくることがあります。そのため、あまり長い時間プレイするのは難しい体勢です。

69

女性が仰向けになるパターン

女性が仰向けになり、男性が上から重なる体勢は、なるべくやめておくべき体勢です。

男性が上から重なると、女性は口にペニスを押し込まれる状態になります。そのため男性の腰が少し動いただけでも、女性の口の中は非常に苦しい状態になってしまいます。この体勢でシックスナインを行うときには、男性は女性の様子を見ながらペニスを舐めてもらう必要があります。

694

また、男性は身体を少し浮かせながら女性器を舐める必要があるため、体重を支えるのが大変です。そのため初心者は行いにくいことがあります。

互いに横向きになるパターン

男女がお互いに横向きになってシックスナインをするのは、最も行いやすい体勢です。身体を浮かせたり持ち上げたりする必要がないため男女ともに身体への負担が少なく、無理なく刺激し合うことができます。

693

以上のように、体勢によってシックスナインの行いやすさや、気持ち良く感じることができるかが異なります。初心者は「男性が仰向けになる体勢」か「お互いが横向きになる体勢」で行うことをお勧めします。

シックスナインの行い方

シックスナインでは、男性は女性の性器を舐めるのが基本です。最初は少しずつ舐めるようにして、徐々に舐める度合いを強くしていくと効果的です。

最初の段階では舌の先で女性器に触れる程度で刺激します。女性はこうした弱い刺激に敏感です。軽く舐めても十分に感じてくれるため、しばらく舐めるようにします。そして、女性のあえぎ声が大きくなってきたら「ベロベロ」というように、舌を広く使って舐めましょう。

男性が仰向けになり、女性が上に重なっている場合、男性は女性のお尻を両手で開くことができます。女性器周辺を両手でぐっと開き、顔をしっかりと近付けて舐めるようにすると、よりエッチな雰囲気になります。

このとき男性のペニスも女性に舐められています。そのため自分も気持ち良いことを示すために、「気持ち良いよ」と女性に伝えたり、あえぎ声を出したりするようにしましょう。つい女性器を刺激することに集中してしまいがちですが、シックスナインでは相手に気持ち良さを伝えることも大切です。

さまざまな責め方で刺激する

シックスナインのときには女性器を舐めるだけでなく、指で触るのも効果的です。恥ずかしい体勢で性器を触られることで、女性はさらに興奮しやすくなります。

指で女性器を触るとき、ペニスを舐めている女性に配慮して優しく触るようにしましょう。強い刺激を与えると、女性はフェラチオに集中できなくなってしまいます。

シックスナインのときに女性器をしっかり刺激しておくと、その後に行うセックスがより興奮するものになります。ペニスを挿入する前の準備として、じっくりとシックスナインで責めておきましょう。

アナルを触ったり舐めたりするのも良い

また、アナル(お尻の穴)を責めるのも効果的です。シックスナインでは女性器とともに、アナルも男性の顔に近い位置にあります。そのため女性器と同時に、アナルも刺激してみましょう。アナル周辺を指で触って刺激したり、抵抗がなければアナルを舐めたりするのも良いです。

ただ、アナルは前もってお風呂に入らないと、雑菌がついている場合があります。そのため必ず女性がお風呂で身体を洗ったあとに、アナルを責めるようにしましょう。

アナルへの責めは、女性によっては抵抗を感じる場合があります。シックスナインでは性器を責め合っているため、お互いの顔が離れた位置にあります。そのため女性の表情を見て、気持ち良いかを判断することができません。代わりとして女性に「気持ちいい?」のように声をかけてあげて、その返事で気持ち良いかを確認すると良いです。

お尻や背中、胸を刺激する

さらにシックスナインにおいて、男性は手を自由に動かすことができます。そのため女性のさまざまな部分を手で刺激するのも効果的です。男性が仰向けの状態や、お互いが横向きの状態では、女性のお尻や背中をフェザータッチでなでるように刺激すると、女性はゾクゾクとした快感を覚えます。

女性の胸も刺激することができますが、男性が仰向けの状態だと手を伸ばしにくい場合があります。無理なく行えそうであれば、女性器を舐めながらも乳首を触ったり、乳房を揉んだりしましょう。女性器と胸は女性の中でも中心的な性感帯です。2点を同時に責めることで、女性の快感はさらに大きくなります。

シックスナインは以上のようにして行います。シックスナインを上手に行えば、男女が同時に気持ち良くなることができます。また、2人で性器を刺激し合って興奮を高めておくと、その後のセックスがさらに気持ち良いものになります。シックスナインの行い方を習得して、エッチをさらに楽しみましょう。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認