飛田新地の成り立ち・歴史と魅力


大阪にある飛田新地(とびたしんち)は、日本でも歴史の長い風俗街です。ここは大正時代に飛田遊郭(とびたゆうかく)として誕生しました。

現在でこそ名目上料亭街としての扱いを受けていますが、もちろん実質的には風俗街として有名です。付近の住民ならば、中学生ですら料亭街ではないことを知っています。そんな飛田新地は、数ある風俗街の中でも、レベルの高い女性が集まるところです。

飛田新地はやや特殊なシステムで成り立っています。そのシステムゆえに、レベルの高い女性は残り続けることができるのです。一体どのようなシステムなのでしょうか。

また、飛田新地は1918年に設立されました。ただ、その歴史は1912年までさかのぼります。飛田新地が設立されるまでには、複雑な経緯がありました。ここでは、飛田新地の歴史や仕組みについて紹介します。

「料亭」としての飛田新地

飛田新地は、趣のある長屋が軒を連ねて形成された町です。その長屋に入居する店のほとんどは、料亭として営業届を出しています。これは、売春防止法によって遊郭が撤廃された際に、「飛田料理組合」と名を変更したことに由来します。

料亭と名乗っておきながら風俗店を経営するためには、いくつかの建前が必要でした。そのため、今でも飛田新地のシステムは独特です。

まず入店すると、2階に案内されるのですが、そこで少しばかりのお菓子がふるまわれます。これがここでの「料理」に該当します。

そして、その料理を給仕するのが「仲居」さんです。「仲居」は接客していくうちに、お客さんと恋に落ちてしまいます。そこで、「仲居」とお客は行為に及ぶのです。

お分かりの通り、ここでの「仲居」は嬢を指します。つまり、飛田新地の料亭の中で行われているのは、お客と仲居との個人的な自由恋愛なのです。

この建前は、ソープランドなどの他の店でも用いられている手法ですが、料亭だという点で少々特殊です。

飛田新地で働く女性

高レベルな女性が在籍する飛田新地ですが、彼女たちはもともと関西以外の地方に住んでいた人が多いです。彼女たちはさまざまな理由で借金を負い、風俗で働くことを決意するのですが、その際に知り合いの少ない関西へと行くケースがほとんどです。

特に飛田新地の場合、古くから身を売ることでしか生活ができなかった女性を受け入れてきた歴史を持つ町です。それは現在でも同じことで、この地には借金を肩代わりしてくれる代わりに、住居などを与え、風俗での仕事をくれる業者が多くあります。

女性のレベルが高い理由

ただし、借金を返済するためには仕事で活躍することが条件です。稼げるか稼げないかは、その人次第です。そのため、身を売ることで借金返済の目途が立つ女性ならいいかもしれませんが、売れない女性の場合、ここでの生活は厳しいものとなります。

悲しいことに、稼ぎが芳しくない女性は、実力主義社会の飛田新地から淘汰(とうた:競争に負けて、排除されること)される運命にあります。

その一方で、稼ぎがいい女性は指名されやすいため、言い換えればレベルの高いルックスを有しているといえます。つまり、飛田新地は、レベルの低い女性は早々に去り、高い女性は長くとどまりつづける社会構造なのです。これが飛田新地にレベルの高い女性が多い理由です。

「素人」っぽい女性が多い

彼女たちの多くは、借金のためにここで働きます。そのため、そもそも性サービスにとりわけ関心があったわけではなく、仕方がなく働いていることが多いです。

ただ、仕事なのでしっかりと奉仕しなければなりません。この心の中の葛藤を見て、利用者は彼女たちを初々しく思います。これこそが、彼女たちを素人っぽく感じてしまう原因です。

ちなみに、飛田新地における店でのプレイ時間は15分から30分ほどと、かなり短めです。これは、「見ず知らずの男性と触れ合う時間はできるだけ短いほうがいい」という、嬢たちの持つ気持ちの表れだといえます。

ソープランドでも同様に本番行為をしますが、このときは一緒にお風呂に入ったりマッサージをしてくれたりと、さまざまなサービスがあります。一方、飛田新地ではそのようなサービスはなく、すぐに性行為へと移ります。そのため、短い時間でも問題ないシステムになっています。

飛田新地はレベルの高い女性が多いので、それだけで客としてはうれしいことです。ただ、その上で飛田新地のバックグラウンドを知ると、その背徳感からかさらに興味がわいてしまいます。

飛田新地の前に存在した難波新地乙部遊郭

さて、飛田新地が誕生するきっかけは、飛田新地の誕生前に存在した「難波新地乙部遊郭(なんばしんちおとべゆうかく:遊郭は風俗街のこと)」が1912年に火事で全焼したことによります。

難波新地乙部は、湯屋(ゆや)と呼ばれた「女性が風呂で男性客の身体を洗ったり、背中を流したりしてくれる店」からの出火によって全焼してしまいました。

難波新地乙部で楼(ろう)と呼ばれた風俗店を経営していた楼主(ろうしゅ:風俗店の経営者)は、火事が収まった跡地での再営業の許可を取ろうと大阪府に申請しました。

しかし、大阪府は難波新地乙部での楼の営業を「周辺地域の風紀が悪化する可能性があるため、許可するべきではない」として、申請を却下しました。難波新地乙部は火事がきっかけとなり、その存在の見直しが行われたのです。

楼主たちは代替地を要求

警察に再営業の申請を却下された楼主たちでしたが、「楼を営業できなくなるのは困る。同じ場所で営業ができないなら、代替地を用意してほしい」と再度申し出ました。大阪府は申し出を受け入れようとしましたが、1912年に世間からの批判により見送られることになりました。

一方、国の法律では1900年に「18歳以上の女性で、警察の名簿に登録すれば風俗の仕事をすることができる」という「娼妓取締規則(しょうぎとりしまりきそく)」という法令が発令されました。娼妓(しょうぎ)は現代でいう風俗嬢のことを指します。

楼主の代表であり、当時の市会議員でもあった上田忠三郎(うえだたださぶろう)氏は、「法律に則って適切な楼の経営をする」と約束し、大阪府や内務省との掛け合いに尽力しました。その結果、大阪府は1916年に現在の飛田新地を遊郭として指定しました。

大阪府は飛田新地を設置した理由を「難波新地乙部が消失したことで失業した楼主の救済のため」としています。ただ、火事で焼失した難波新地乙部の跡地ではなく現在の場所に飛田新地が遊郭として選ばれた理由は明らかにされていません。その裏には利権が絡んでいたと見られています。

飛田新地が遊郭に指定される前に、大阪府の議員が飛田新地の土地の一部を購入していたことが、当時の大阪朝日新聞によりスクープされました。そのため、「議員の資産を増やすために飛田新地が遊郭として指定されたのではないか」と考えられています。

遊郭が設立される前の飛田新地

遊郭に指定された飛田新地ですが、遊郭が設立される前は畑が広がっており、「飛田墓地」と呼ばれた墓地が広がっていました。その後、「阿倍野墓地(あべのぼち)」という墓地が新設され、飛田墓地にあったお骨は阿倍野墓地に移動されることになりました。

飛田墓地の近隣には罪人に極刑を行うための仕置場(しおきば)という場所がありました。白骨が山のように積まれており、一般的な街とは異なる雰囲気を持つ地域でした。そのため周辺には人はあまり住んでおらず、遊郭を設置するには適した場所でした。

こうして場所が決まった飛田新地は遊郭設立のための工事が行われ、1918年から営業がスタートしました。

この間、難波新地乙部で楼を営業していた楼主は、大阪や京都などのほかの遊郭に移転して細々と楼の営業をしていました。1912年の火事による難波新地乙部の消失から飛田新地が設立されるまでには6年間の期間がありましたが、生活するために楼主はその期間に楼を営業する必要があったのです。

飛田新地が設置されたころには、そのまま飛田新地に移転せずに京都などで営業を続ける楼主がいれば、飛田新地で新たに楼を営業する人もいました。

飛田新地設立の前に行われた反対運動

このように飛田新地は、それまで存在した難波新地乙部遊郭の代替地としてのスタートでした。歴史を誇る人気の風俗街は、こうして誕生したのです。

しかし、設立の際には反対意見が多数寄せられました。大阪府には反対運動も行われるほど厳しい意見が寄せられていましたが、飛田新地は反対で立ち消えになることなく誕生しました。

飛田新地設立の反対運動が激化

飛田新地の設立に反対していたのは、主にキリスト教を信仰する団体でした。当時の風俗嬢を娼妓(しょうぎ)と呼びます。娼妓廃止の運動を行っていた「大阪矯風会(おおさかきょうふうかい)」と「郭清会(かくせいかい)」という2つの団体が中心となり、飛田新地設立の反対運動を始めました。

大阪矯風会の会長は林歌子(はやしうたこ)という人物でした。乳幼児の養護施設であった「博愛社」や、女性の保護や救済を行う施設である「婦人ホーム」を設立した経歴を持っていました。

林歌子氏は「飛田新地を設立する必要性がない。娼妓が増えてしまい、世間の風紀が乱れる」として、強く反対しました。

林歌子氏は郭清会の会長であった島田三郎(しまださぶろう)氏とともに、大阪府知事であった大久保利武(おおくぼとしたけ)や警察の新妻駒五郎(にいづまこまごろう)警察部長のもとを訪れて、飛田新地を設立する宣言を撤回するよう求めました。

さらにそれだけでなく、2人は大阪朝日新聞社に行き、反対運動への協力を依頼しました。大阪朝日新聞社も「協力する」と約束し、反対運動は大きな動きになっていきました。

大阪府はかたくなに反対に応じなかった

大阪朝日新聞社が飛田新地設立の反対運動のために動いたことで、ほかの新聞社も動き始めました。新聞社が問いつめをする対象になったのは、前述の新妻駒五郎警察部長です。

大阪朝日新聞社からの「なぜ飛田を遊郭として指定したのか」という問いに対して、新妻警察部長は「難波新地乙部という遊郭が火事でなくなってしまい、失業した風俗店経営者の救済のため」、「大阪市内の遊郭に存在し、無断で営業している風俗嬢を整理するため」と回答しました。

また、大阪朝日新聞社は大久保利武知事にも問いつめを行いました。しかし大久保知事は「前任者から引き付いた業務」と回答し、責任を逃れました。

こうして飛田新地の設立に関する責任を誰に追求するべきかがあいまいになり、反対運動は収束するかに見えました。しかし大阪朝日新聞社は、「大阪府の議員が飛田新地の土地を購入していたこと」をスクープしました。

飛田新地が遊郭に指定されれば、土地の値段は上がることが予想されます。そのため、市民の中にも「大阪府は利権のために飛田新地を設立しようとしている」として反対する人が増え始めました。

このころには新たに「飛田新地遊郭設置反対同盟会」という団体が結成されました。そして大阪府には、飛田新地の設立に反対する陳述書が提出されました。

飛田新地遊郭設置反対同盟会は弁護士や医師、市会議員、学校長、衆議院議員などに向けて、同盟会の意見を述べたはがきを送りました。そのはがきの中で「飛田新地設置に賛成」の声があったのは、920通の返事の中でわずか10通だけでした。

飛田新地は、世間のたくさんの人から設立を望まれていなかったのです。

大阪府知事の辞任とともに、飛田新地が認可された

さらに、1917年には高知県の中川藤太郎(なかがわふじたろう)という商人が飛田新地の設立予定地にやってきました。そして、自分の小指を切り落として流れる血液で「祝融(しゅくゆう)来」という文字を書きました。

祝融とは「火の神様」のことを指し、そこから「火事・火災」を意味する言葉として使われていました。そのため、祝融来の文字には「この地に火よ来たれ」という呪いの意味が込められていました。

また、アメリカ人飛行士のアート・スミスという人物も飛田新地の反対運動に共感し、ヘリに乗って上空から「飛田遊郭設置反対」と書かれたビラを大量に撒きました。

このように飛田新地設立の反対運動が激化する中で、運動に対抗していた大久保利武知事が辞任することになりました。しかし、代わりとして飛田新地の設立を正式に決定しました。反対運動は成功せず、ついに飛田新地は1918年に設立されることになったのです。

現在では日本最大の遊郭として人気が高い飛田新地ですが、設立までにはこのような激しい反対運動があったのです。

設立初期からセックス専門の街として手軽に遊べた

なお、飛田新地は1918年の設立当初から「セックスをすぐに楽しめる風俗街」としてスタートしました。

飛田新地と比較されることが多い風俗街に、東京の「吉原」があります。吉原は江戸時代から歴史があり、伝統と格式を重んじる風俗街でした。

吉原では当時「遊女(ゆうじょ)」と呼ばれた風俗嬢とプレイをするのに、3回は風俗店に通う必要がありました。店に通うことで女性との関係を深め、親密になったところでセックスをするのです。それまでは店で宴を行い、食事やお酒を楽しむ必要がありました。それにはもちろん別途の費用が必要でした。

また、吉原では「ひとつの風俗店を利用したらほかの店は利用できない」、「男性は風俗嬢や店のスタッフに祝儀(しゅうぎ:チップのこと)を支払う必要がある」などの独特のルールもありました。

吉原に対して飛田新地では、こうした風習はありませんでした。いわゆる堅苦しいルールはなく、お金を支払えばすぐにセックスをすることができました。吉原のように宴で余計なお金を支払う必要もありませんでした。シンプルで分かりやすいシステムが評判となり、「東の吉原、西の飛田新地」と有名になったのです。

当時の飛田新地の風俗店の料金

東京の吉原のように伝統と格式を重んじる風習がなかったため、飛田新地は吉原よりもワンランク下の風俗街に見られることがありました。

現在に残されている資料として「東成郡最近発達史(ひがしなりぐんさいきんはったつし)」という文献があります。この文献によると、1925年の飛田新地での風俗嬢とのプレイ料金は「4円27銭」だったという記録があります。このうち12銭は消費税でした。また、プレイ時間は150分(2時間30分)でした。

この金額は当時の価格で比べると、眼鏡フレームと同等の金額にあたります。また、米でいうと約15kg分、タクシー初乗り料金の4回分にあたりました。

現在の飛田新地の風俗店は15分や20分の短時間でプレイを楽しむのが一般的です。しかし、昔は2時間半や6時間などのいわゆる「長時間コース」もありました。そして、長時間割引が適用される店もありました。当時の飛田新地は、大阪にあったほかの風俗街と比べても平均的な相場でした。

飛田新地で働いていた女性

飛田新地の設立当初に働いていた女性は、大阪出身の人以外にも全国各地から女性が仕事をするためにきていました。その中でも多かったのが、東北地方の女性でした。

飛田新地が設立された1918年は、第一次世界大戦が原因の「米騒動」が起きた年です。戦争で戦に出る兵士の食料として米が必要になり、一般市民が購入できる米の価格が2倍に急騰しました。東北地方では生活が苦しくなる家庭が続出し、生活をしていくために取られた最後の選択が「娘を売る」ということでした。

このときに「娘買い」を行ったのが女衒(ぜげん)と呼ばれる人物です。女衒は「人身売買を仕事とする人」のことを指し、生活が苦しくなっている家庭に交渉を持ちかけました。女衒の交渉に応じた家庭は娘を女衒に売り渡し、大金を得ました。そして女衒は、飛田新地の風俗店に娘を売り渡しました。

このときに女衒が家庭と行っていた交渉は、「仕事が風俗嬢であることは伝えない」、「娘は華やかな着物を着て良い暮らしができて、収入も得られる」、「娘は2~3年で豪華なお土産を持って故郷に帰ることができる」という内容でした。

女衒は、このような「セールストーク」により女性を集めていました。その結果、飛田新地には全国各地から女性が集まっていたのです。

設立当時の飛田新地は現在と同じく手軽に女性とのプレイを楽しめる街として人気を博しました。ただ、プレイの金額や働きにきていた女性の事情は、当時の時代を反映したものでした。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。