スキンシップの行い方を習得すると、恋愛のさまざまな場面で役立つ


男女の仲を深める方法のひとつとして「スキンシップ」があります。スキンシップは「相手の身体に直接触れることによって、お互いの親密度を深めること」を指します。スキンシップは親が子供に対して行うことがありますが、男女関係でも積極的に行われることがよくあります。

スキンシップは恋愛のさまざまな場面で役立ちます。「交際前にお互いの距離を縮めるため」や「交際後に、2人の関係をより深めるため」などに有効です。さらに、セックスをしない状態が続く「セックスレス」に陥っているカップルや夫婦が、エッチを再開するためにも役立つことがあります。

このようにスキンシップをさまざまな場面で取り入れることで、恋愛関係や結婚生活をより楽しむことができます。ここでは「スキンシップをする上で気を付けるべきこと」と「具体的なスキンシップの方法」について紹介します。

スキンシップをする上で気をつけるべきこと

スキンシップをするときに、「とにかく女性の身体に触れれば良い」と考えると、逆に女性との関係を悪くしてしまうことがあります。女性の身体に触れる際には「スキンシップについての注意点」を理解しておく必要があります。

下心から女性の身体に触れないよう注意する

女性の身体を触ろうとするときに「下心」をもってしまうと、女性に敬遠されやすいです。

女性は男性の下心を敏感に感じ取る習性があります。女性は日常生活の中で、さまざまな男性が下心からボディタッチをしてくることを経験しています。そのため下心がある男性に対しては、警戒心や不快感を抱くことが多いです。

女性の胸を揉んだり、背中側に手を回してお尻を触ったりすることはやめましょう。男性は女性の身体を見ていると、ついエッチなことを想像して興奮してしまうことがあります。このような性的興奮からボディタッチをしてしまうと、女性から「下心がある」と感じられやすいです。

女性が好意をもっていたとしても、あなたが下心からボディタッチを行いすぎると、女性は嫌がってしまいます。具体的な方法は後述しますが、あくまでも「下心からではなく、自然にスキンシップをすること」が大切です。

言葉を投げかけながらスキンシップをする

スキンシップをするときには、女性の身体に触れると同時に言葉を投げかけると良いです。

例えば男女で道を歩いていて、前から自転車に乗った人が近付いてくるとします。このとき男性が女性の手を引っ張る際に、女性を危険から遠ざけようとすることがあります。ここで女性の手を引っ張りながら、「危ないよ」のようにひと声をかけながら女性の手を触ると良いです。

また、女性の冗談を聞いているときに「またまた、冗談を!」のように言いながら、女性の肩をポンと叩くようにします。

このように女性に言葉を投げかけながらスキンシップをすると、女性は「身体に触れられていること」だけに意識が向かず、「男性が話す言葉」にも注意を払うようになります。そのため女性の「ボディタッチに対する抵抗感」を軽減することができます。

特にスキンシップを行い始めた段階では、言葉の投げかけとボディタッチを合わせて行うように気を付けましょう。これを続けていると女性があなたから触れられることに抵抗を感じなくなり、受け入れてくれるようになります。

スキンシップをする際には「堂々とした態度」を保つ

女性にスキンシップをする際には、「堂々とした態度」で行うことが大切です。男性によってはスキンシップをするときに、「身体に触れることで、女性が嫌がったらどうしよう」のような不安を感じることがあります。しかしこのような気持ちで女性の身体に触れると、逆に女性から嫌がられる可能性が高いです。

女性は「男性にリードされたい」と考えています。しかし上記のような気持ちからボディタッチをすると、男性の不安が女性に伝わってしまいます。おどおどした態度の男性は、女性から見て魅力的ではありません。そのため女性から「勝手に身体に触らないでよ!」のように反発されやすいです。

また、緊張しながら女性の身体に触れる場合、「ボディタッチがいやらしくなってしまうこと」も女性が敬遠しやすい理由です。

おどおどしながら女性の身体に触れると、女性に「エッチな気持ちから触ろうとしているのではないか」と思われてしまいやすいです。女性は先に述べたように「下心のある触り方」を嫌います。堂々とした態度で自然にスキンシップをすることが大切なのです。

以上の「下心を見せない」「言葉をかけながら女性に触れる」「堂々とした態度を保つ」という3点を心掛けると、女性に効果的なスキンシップをすることができます。女性の身体に触れるときには気をつけてください。

スキンシップの具体的な方法

以下では、スキンシップの具体的な方法を紹介します。自分が行いやすいと思う方法を、生活の中で実践してみましょう。

女性と身体が触れるような距離で歩く

女性と交際する前の段階では、あまり積極的にボディタッチをしすぎると女性から敬遠されやすいです。そのため、「女性と近い距離で歩くこと」が効果的です。お互いに近い距離で歩いていると、「女性に触ろう」と意識しなくても自然に肩が触れるようになります。これを繰り返していると、より積極的なスキンシップを行いやすくなります。

心理学において、人には「パーソナルスペース」という空間があることが知られています。パーソナルスペースは「他人に近付かれたときに、不快に感じる空間」のことを指します。

パーソナルスペースは種類があり、自分を中心として45cm以内の距離は「密接距離」と呼ばれます。密接距離に入っても女性が不快に感じない人は、家族や恋人など、「特に親しい関係の人」です。

逆に言うと、45cm以内の距離に入っても嫌がられないように振る舞うと、女性との親密度を高めることができます。女性と肩が触れ合う距離で歩いていると、自然にパーソナルスペースの密接距離に入っていることになります。そのため、女性があなたに対して親近感を覚えやすくなります。

以上のことから「女性にボディタッチをするのが難しい」という場合は、まずは女性に近い距離で歩くようにしましょう。

会った直後に肩をポンと叩く

自然な形でスキンシップをすることができる方法として、「女性と会った直後に、女性の肩をポンと叩く」という方法があります。

お互いに顔を合わせたタイミングは、「相手を見つけた!」という気持ちが高まりやすいです。そのときに肩をポンと叩くのは、自然な行為であるといえます。

そのため女性を見つけたときに、笑顔で「元気?」のように声をかけながら肩を軽く叩きましょう。このようにすることで、「親しい関係」であることを示すことができます。

また、最初にこのようなスキンシップをしておくことで、デート中にも女性の身体に触れやすくなります。会った直後のスキンシップで女性の抵抗感が薄れるため、身体に触れても女性が受け入れてくれやすくなるのです。

女性の頭や髪の毛に触る

女性の頭や髪の毛に触れることも、効果的なスキンシップの方法です。

女性は男性に頭をなでられると、嬉しく感じる人が多いです。女性は頭をなでられるときに、「男性の優しさ」を感じているのです。また、髪の毛に触れることでも、女性が嬉しがることが多いです。

また、頭や髪の毛は他の部位よりも触れやすいです。そのため「スキンシップに慣れていないとき」や「女性との関係を保ちたいとき」など、さまざまな場面で取り入れやすい方法です。

女性に振り向いてもらうときにポンと軽く頭に触れるようにすると、自然なスキンシップをすることができます。この方法であれば、女性との関係が浅い段階でも行うことができます。

また、女性が身体を近付けてきたり、自分にもたれかかってきたりするときには、女性が「男性にもっと触れてほしい」と考えていることが多いです。このときに頭や髪の毛に触れると、女性が喜んでくれることは多いです。

ただ、あまり強引に頭や髪の毛に触れると、女性が整えている髪型が崩れてしまいます。そのため女性の髪型が崩れないように、優しく触れましょう

女性とハイタッチをする

ボウリングなどをするときに効果的な行動が、「女性とハイタッチをする」という方法です。ハイタッチは「頭くらいの高さで、女性と手の平をパン! と合わせる動作」です。「やったね!」ということを表現するために使われることが多いです。

ハイタッチであれば、応援する気持ちをもって女性に触れることができます。ボウリングでは「スペア(2度目で全てのピンを倒すこと)を出したとき」や「ストライク(全てのピンを倒すこと)を出したとき」など、ハイタッチをする機会がたくさんあります。これを利用して女性とスキンシップをすることができ、その後の関係をより良くすることができます。

ハイタッチをするときには、「元気よく行うこと」が大切です。緊張を感じていたり、「女性の手に触れることができる!」と意識したりしていると、その気持ちが女性に伝わりやすくなります。そして女性が、あなたの下心を感じ取ってしまいます。

そのためハイタッチをするときには「ゲームを楽しむこと」に集中しましょう。そして、「純粋に女性と喜びを分かち合う気持ち」で手のひらを合わせると良いです。また、勢い良くハイタッチをしすぎると、女性が痛みを感じてしまうことがあります。そのため女性に合わせて、少し優しくハイタッチをするようにしましょう。

飲み会で足を触れ合わせる

飲み会や合コンで女性と仲良くなったときに効果的な行動が、「テーブルの下で女性と膝や足を絡ませるスキンシップ」です。複数人での飲み会において、女性とテーブル越しに向き合って会話をすることがあります。正面にいる女性と仲良くなってきたら、女性の足に自分の足で触れてみます

このとき同時に、女性の表情を見ると良いでしょう。自分が女性に対して少し微笑むようにすると、女性も微笑みを返してくれることがあります。この場合、女性はスキンシップを楽しんでくれているため、より積極的に足を絡ませるようにして触れると良いです。

ただ、だんだんエスカレートしてくると、女性が座っている体勢を崩してしまうくらい積極的なスキンシップになることがあります。このようになってしまうと、一緒に飲んでいる他の人たちに迷惑をかけてしまいます。そのため、2人でひそかにスキンシップを楽しむようにすると良いです。

このようにして良い雰囲気になったあとは、2人だけで飲みに出かけたり、ラブホテルに誘ったりしても良い場合があります。

間接キスをする

いわゆる「間接キス」をすることも、効果的なスキンシップの方法です。関節キスは、「自分が口をつけた飲み物を、女性にも飲んでもらう方法」です。

「このお酒おいしいよ。飲んでみる?」のように言いながら女性にグラスを渡すと、自然に間接キスをすることができます。間接キスは「自然な雰囲気」で行うことが大切です。「自分のドリンクを女性に飲んでもらうことについて、特に気にしていない」という気持ちで、女性にグラスを渡しましょう。

このように自然な雰囲気でグラスを差し出しても、女性は「間接キスであること」を意識します。そのため女性の気持ちを少しドキドキさせることができ、効果的なスキンシップになります。

女性は男性が行うことに対して「目的」を気にしやすい性質があります。間接キスはそれ自体が目的ではなく、「飲み物や食べ物のおいしさを分かち合う」という目的があります

自分のドリンクを女性にも飲んでもらうとき、女性は「この男性は間接キスをすることが目的なのではなく、おいしいドリンクを私にも楽しんでほしいのだ」と考えます。そのため、間接キスを抵抗なく受け入れてくれます。

また、カップルになったときには2人で「食べさせ合い」をすると、より親密な雰囲気を楽しむことができます。女性に食べ物を食べさせてもらうと、恥ずかしいながらも幸せな気分に浸ることができます。

女性の安全を守る目的でスキンシップをする

女性と道を歩いたり、お店の中に入ったりするときには、「女性の安全に配慮すると良い場合」があります。

エスカレーターに乗る際には女性が体勢を崩した場合に備えて、上りのエスカレーターでは男性が女性の後ろに、下りのエスカレーターでは男性が女性の前に乗ると良いです。

上りのエスカレーターでは、女性の背中に手を添えるようにすると良いです。また、下りのエスカレーターでは、女性が体勢を崩さないように手をつなぎます。このような行為は下心からのスキンシップではなく、「女性の安全を守ろうとする行為」です。そのため女性は「この男性は私を守ろうとしてくれている」と感じて、スキンシップに好感をもってくれます。

前述した「自転車や歩行者が近付いてきたときに女性の手を引っ張る行為」も、女性の安全を守るための行為といえます。

また、「車に乗っていてブレーキを強く踏んでしまったときに、助手席に乗っている女性の前に手を差し出すこと」も自然な行為です。もちろんドライブでは安全運転をすることが第一です。ただ、もしも急ブレーキを踏む必要がある場合には、このような自然なスキンシップをすることができます。

さらに「混雑している場所へ行くときに、女性とはぐれないよう手をつなぐこと」も自然な行為です。女性との距離が離れそうになったときに、「こっちだよ」のように声をかけながら手をつなぐと良いです。

このような女性に配慮した自然なスキンシップは、女性から喜ばれることが多いです。女性に触れながら自分への信頼感を高めることができるため、女性と親密になりたいときは行ってみましょう。

女性と隣同士で座る

デートをするときには、女性と隣同士で座ることがあります。隣り合って座ると、前述した「女性のパーソナルスペース」に入っているため、親密な雰囲気になりやすいです。

居酒屋やバーなどには、「カウンターに横並びで座ることができるお店」があります。こうしたお店に行くと、女性と隣同士で座ることができます。特に横並びでお酒を飲みながら女性と会話をしていると、良いムードになることが多いです。そして女性がお酒による酔いとときめきから、男性の肩にもたれかかってくることがあります。

また、電車でも隣同士で座ることができます。電車は他の人が座れるように密着しそうな距離で座るため、スキンシップを自然にすることができます。座った直後は女性が少し緊張していても、徐々にリラックスして身を委ねてくることは多いです。このときに肩に手を回したり、女性の頭をなでたりすると良いです。

また、女性によっては眠くなったふりをして、男性にもたれかかってくることがあります。これは「男性にもっと触れてほしい」という合図です。下心を見せないようにして頭をなでるなど、優しく女性にスキンシップをしましょう。

女性と手をつなぐ

女性と手をつなぐことは、一般的なスキンシップの方法として知られています。女性と外を歩くときにはなるべく手をつなぐようにすると、女性との親密度を深めることができます。

手をつなぐタイミングは、女性と楽しい雰囲気になったタイミングが良いです。あまり2人の仲が深まらないうちに手をつなごうとすると、「なぜあなたと手をつなぐ必要があるの?」と思われてしまいます。楽しい雰囲気になってきたところで女性の手を取れば、女性が抵抗を感じることなく受け入れてくれることが多いです。

また、「あなたが女性の手を握ったときに、女性がどの程度握り返してくるか」によって、「女性があなたをどのように思っているか」を判断することができます。あなたが女性の手を握ったときにあまり握り返してこない場合は、女性はあなたに対して、あまり親近感を覚えていません。まだ緊張していたり、あなたを信頼しきれていなかったりするのです。

これに対して女性があなたの手を握り返してきたり、指を交差させるように握ったりしてくる場合は、女性が「この男性をもっと大切にしたい」と考えていることが多いです。女性が手を握り返してくる行為は、「男性が示した好意への反応」といえます。

交際前のデートで、「女性が自分のことをどのように思っているか」が気になる場合は、手をつないだときの反応を確認してみましょう。

女性と親密な関係になってからは、積極的に手をつなぐと良いです。手をつなぐことは、手軽に行いやすいスキンシップの方法です。定期的に行うことで、2人の親密度を保つことができます。

冗談を言いながら女性に触れる

女性との会話に慣れている場合や、女性との関係が深まっている場合は、冗談を言いながら女性に触れると良いです。

言葉を投げかけながらスキンシップをすると、女性に抵抗を感じさせることなく身体に触れることができます。そして投げかける言葉が「女性の笑いを誘うもの」である場合、よりスキンシップが自然になります

例えば女性の会話に対していわゆる「ツッコミ」を入れるように、「なんでやねん!」と言いながら女性の身体をポンと軽く叩くようにします。また、女性が嬉しい話をしているときに「やったじゃん!」と言いながら肩を軽く叩くことも良いです。このようにスキンシップをすると身体に触れても女性から冗談と思われるため、抵抗されにくいです。

また、女性とかなり仲良くなってきたときには、「ほっぺたが柔らかそうだよね。触っていい?」「正直に言うけど、巨乳だよね。触っていい?」のように、ストレートな言葉を伝えることも効果的です。このときには冗談であることが分かるように、軽い雰囲気で伝える必要があります。

女性は見知らぬ男性に身体を触られることは嫌がります。しかし親密な関係の男性に触れられることに対しては、むしろ嬉しく感じるのです

上記のようなスキンシップができるようになると、女性のわき腹や太ももなど、さまざまな部分に触れることができます。女性とのやり取りにあまり慣れていない場合は難しく感じるかもしれませんが、仲良くなってきたときには挑戦してみると良いでしょう。

「占い」や「マッサージ」を口実として女性に触れる

「占い」や「マッサージ」を口実として、女性に触れることもできます。

占いを利用する場合は「実は手相占いをすることができるから、手相を見てあげるよ」と言いながら女性の手を取り、占ってあげるようにします。女性にマッサージをする場合は「僕はマッサージが得意なのだよ。どこか身体で凝っている所はない?」のように言いながら女性に触れます。

このように占いやマッサージを「口実」として使い、女性にスキンシップをすることができます。これらの方法で女性の身体に触れる場合には、前もって占いやマッサージを勉強しておく必要があります。基本的な技術は書籍などで学ぶことができるため、身につけておくことはお勧めです。一度習得すれば、長く活用することができます。

占いやマッサージを使ってスキンシップをする場合は、下心が見えないように気を付けましょう。あくまでも「女性を占ってあげる」「マッサージで身体の凝りをほぐしてあげる」という気持ちで、これらの行為を行う必要があります。いやらしい手つきで占いやマッサージをしてしまうと、女性が「この男性はエッチなことを考えている」と思われてしまいやすいです。

以上のようにスキンシップには、さまざまな方法があります。「女性と一緒にいる状況」「女性との関係がどの程度の深さ」などによって、行うべきスキンシップの方法は異なります。適切な方法で女性の身体に触れることができれば、より女性との仲を深めたり、関係を維持したりすることができます。スキンシップを活用して、恋愛を楽しみましょう。


出会い系サイトを活用すれば、良い出会いを実現できる

住んでいる場所(都会、地方など)や求めているもの(真面目な出会い、一夜限りの仲など)によってピッタリの出会い系サイトが異なります。これについては実際に活用してみたり、登録している女性を検索してみたりしなければ分かりません。

このとき、2つ以上の出会い系サイトに登録している女性は稀であるため、自分が求める女性と出会うためには自ら2~3つほどの出会い系を使う必要があります。

もちろん、最初は一つだけの登録で問題ありませんが、慣れてきたら徐々に他の出会い系サイトも活用するようにしましょう。

また、出会い系サイトによって性質が大きく異なります。「ポイント制 vs 定額制」「若い子が多い vs 年齢層高め」「アダルト可 vs 真面目な出会いのみ」「プロフィール検索で自分が検索結果に表示されないようにする機能がある」「地方の出会いにも強い」など、出会い系によって特徴があるのです。

これらを見極めたうえで、自分に適した出会い系サイトを活用するようにしてください。


PCMAXでの出会い

aaサブカル女子をお持ち帰りしてその日にヤレた!

恋愛コンプレックスの27歳OLが彼女に

広告を扱うIT関係女性と飲み、その日にヤレた

セックスレスの援交人妻と不倫エッチ体験談

PCMAX体験談はこちら

ラブサーチでの出会い

aa2清楚な小柄女子と出会い系で遠距離恋愛に

ディズニー好き女性と夢の国デートするまで

秘書女性と二回目デートで大人の関係に

旅行デートで23歳エステサロン店員が彼女に

ラブサーチ体験談はこちら

ワクワクメールでの出会い

aa3大阪で会った客室乗務員(CA)とセックス体験談

アパレル店員と出会い系で純愛へと発展する

色黒ギャルとラブホテルで裸エプロン

コスプレ好きな女性美容師とセックス体験談

ワクワクメール体験談はこちら

ハッピーメールでの出会い

aa418歳女子大生ギャルと自宅で生本番エッチ

仙台の女性教師と大人の関係へ!

貧乳の歯科衛生士をホテルに連れ込んだ

25歳キャバ嬢をセフレにした経緯

ハッピーメール体験談はこちら

注目の人気記事

出会い系サイトでセフレを作る
workセフレを作りたいと思ったとき、どのようにすればいいのでしょうか。実は、恋人を作るのもセフレを作るのも方法はまったく同じです。

知らない人にとってみれば、この事実は驚くべきことかもしれません。ただ、セフレの正しい作り方を知れば、意外とのその方法はシンプルであることに気づきます。


女性をホテルへお持ち帰りし、セックスを楽しむ
女性とデートをするとき、単に食事を奢るだけの「いい人」になっては意味があります。お持ち帰りして、セックスをする必要があります。

ただ、その方法が分からないという人は多いです。そこで、どのようにしてホテルや家に連れ込めばいいのかについて解説しました。


社会人が彼女を作るときに必要な3つのポイント
gdahjyr彼女を作りたいと思ったとき、「告白」をしようと考えてはいないでしょうか。実は、これは大きな間違いです。

モテる男性であるほど、告白をすることはありません。この固定概念を崩すだけで、格段に彼女を作りやすくなれます。


社会人男性が女性とデートするときの3つの注意点
josei1居酒屋デートをしておごったあと、そのまま別れる「いい人」を繰り返している人は多いです。ただ、これでは何も進展がありません。

ここでは、社会人男性が女性と正しくデートをするコツを記載しています。この手順を守るだけで格段に女性と親密になれます。


出会い系で女性と会うために必要な6ステップ
iku最も効率的に一般女性と会うための方法として、出会い系サイトがあります。合コンや街コンに比べて、圧倒的に安価で多くの女性と出会うことができます。

ただ、やみくもに利用してもダメです。そこで、出会い系を活用して異性と会うために必要な最重要事項について述べていきます。