kyukei

風俗店の中でもマニアックな店として知られる「SMクラブ」は、風俗遊びに慣れてきた方や、独自の性癖を持つ方に好評の店です。あまり利用した経験がない方は、「訪れると店の女性が女王様となり、さまざまな恥ずかしい仕打ちをされる」というプレイをイメージすることが多いと思います。

もちろんこうしたプレイは行われていますが、それ以外にもSMクラブの多様な楽しみ方が存在します。SMクラブには主に3つのコースがあり、それぞれで違った楽しみ方を経験することができます。

3つのコース

以下にSMクラブでの3つのコースの特徴を紹介します。

Mコース

SMクラブで最も一般的なのが「Mコース」です。多くの方がSMクラブと聞いてイメージするプレイに近く、このコースのプレイは「男性客が風俗嬢から辱めを受けるプレイ」のことを指します。

女王様である風俗嬢は男性客の要望に応じて、さまざまなSプレイを行ってくれます。ムチで体を打つプレイ、ローソクを使ったプレイ、縄で体を縛る緊縛(きんばく)プレイなど、Sプレイには多くの種類があります。こうしたプレイをSMクラブの女性たちは熟知しています。

実はSプレイは、風俗店のプレイの中でも高度な技術として知られています。Sプレイは行い方によっては男性客を傷つけてしまう可能性があります。そのため、細心の注意を払って行う必要があるのです。

SMクラブでは、女性がSプレイを習得するための研修が行われています。店によっては、研修で女性が一度「Mの男性客」としての役割を担って、自分の身をもってSプレイを体験するところから始める店舗もあります。

SMクラブではSとMのお互いの役割がとても大切です。SMクラブでこれから遊ぶ方は恥ずかしいかもしれませんが、店の女性に「どんなプレイをしてほしいか」をしっかり伝えることをお勧めします。これにより店の女性は男性客がどんなプレイを希望しているのか分かりやすくなり、望み通りのプレイを行ってくれます。

あなたがMの役割を楽しむ際には、リアクションをしっかり取ると良いです。女性のSプレイに対して「お願いだからやめてください!」、「それだけは勘弁してください、女王様!」などの言葉を発することで、女王様はさらにやる気になってくれます。

Sコース

SMクラブでは「男性客がSの役割を行い、店の女性がMの奴隷役としてプレイを楽しめるコース」が設けられていることも多いです。この場合、男性客はご主人様・王様・お兄ちゃんなど、さまざまな役でSプレイを楽しむことができます。

SコースではMコースとは逆に、店の女性にローソクを垂らしたり、ムチで打ったりすることができます。女性が抵抗を感じている姿に興奮を覚える方には、最適なコースといえます。

ただ、気をつけたいのが「プレイの加減」です。前述のように、SMプレイには危険が伴うことがあります。Sプレイの加減がきつすぎると女性を怖がらせすぎてしまったり、女性に怪我をさせてしまったりすることがあります。

また、ヒモや手錠を使って手や体を縛るプレイでは、女性が身動きできないことを良いことに禁止されている本番行為(セックス)をしようとする男性客がいます。SMクラブでは本番行為をしようとする男性客には厳しく対応しており、「危険なお客様」として認定されたり、もしくは警察を呼ばれたりする可能性などもあります。きちんとルールを守ってプレイを楽しむ必要があります。

「Sプレイを楽しみたいけれど、初めてで上手くできるか分からない」という方は、SMクラブに在籍するプロのM女性を指名すると良いでしょう。Mの役割が得意な女性がおり、男性のSプレイをスムーズに誘導してくれます。どのようなプレイがしたいかを聞いてくれて、そのプレイができるように声を上げたり、仕草を工夫してくれたりします。

ハイクラスコース

一般の風俗店に平均的な料金の店や高級店があるように、SMクラブでも高級店が存在します。SMクラブの高級店では、「ハイクラスコース」というコースが存在する店があります。これは「24時間、もしくは48時間以上などの長時間、女性と一緒にプレイを楽しめるコース」です。コースのプレイ時間中、女性がずっとSやMの役割を演じ続けてくれるのです。

ハイクラスコースは女性といる時間が長いだけではありません。「SやMの極み」ともいえるようなプレイを楽しむことができます。

高級ホテルのスイートルームで、男性客が「女王様の便器」として、さまざまな排泄物を堪能することができたり、複数人の女性を調教するハーレムプレイが楽しめたりと、一般的な風俗店ではまず味わえないプレミアムなSMプレイを楽しむことができます。

コース料金のほかにかかるホテル代や食事代などの料金は全て男性客持ちです。ハイクラスコースの料金は店によって異なりますが、100万円以上する店も比較的存在します。ハイクラスコースは店の女性にとって、非常に大きな負担がかかるサービスなので、それ相応の料金が必要なのです。

また、ハイクラスコースはお金を支払うだけではプレイを楽しめない場合があります。ハイクラスコースのプレイは男性客と女性、お互いの信頼関係が大切になります。そのため、店も男性客にハイクラスコースを案内して良いか、見極めを行います。まさに上級者のためのコースといえます。

SMクラブでは「本当の主従関係」になることがある

SMクラブの3つのコースはどれも個性に溢れています。まずはMかSのコースから始め、その上で興味のある方はハイクラスコースも検討してみると良いでしょう。

SMクラブでは一般的な風俗店では味わえないハードなプレイを体験することができます。一般の店では、場合によって男性客と風俗嬢が深い関係になることがありますが、それほど多いわけではありません。

しかしSMクラブの場合、プレイ内容がハードなだけに、相性が合うと非常に深い関係に発展することがあります。ここでは、SMクラブでの女性との関係性について紹介します。

SMクラブで働く女性はSM大好き

SMクラブで行われるプレイでは、一般的な性癖の方からすると驚きを隠せないような行為が行われることが多いです。ムチでのしごき、ローソクを垂らすプレイ、さらにハードなものになると連続浣腸や野外露出、小便・大便を味わうといったプレイまであります。

仲の良い本当のカップルでさえ行わないようなプレイが、SMクラブでは日常的に繰り広げられています。

ただ、こうしたプレイはインパクトがあるだけでなく、店に在籍している女性に大きな負担をかけるものです。正しい知識と技術がないと、男性客に怪我をさせてしまう可能性があります。また、女性がMの役を演じる際にも、怪我や体調に気を付けないと仕事を続けることができません。

したがってSMクラブで働く女性は、一般的な風俗店よりもレベルが高い技術を身に付けているといえるのです。

しかし残念ながら、こうした技術を身につける前にSMクラブを辞めてしまう女性は多いです。また、体が持たずに辞める女性もいます。SMクラブで長く働いている女性は、単に技術が高いだけでなく、SMプレイ自体を好きな方が非常に多いです。好きだからこそプレイをさらに追求し、SMのプロフェッショナルとして活動しているのです。

プレイを通して確固とした主従関係が築かれる

一般的な風俗店の場合、風俗嬢は多くの男性を相手にします。そのため、プロ意識を持って仕事をしている女性ほど、男性客に恋愛感情を持つことが少ないです。風俗嬢は感情を切り離すことによって、質の良いサービス提供に徹することができるのです。

これに対してSMクラブの場合、プロフェッショナルな方ほどSMにさらにのめり込んでいくケースが多いです。そして、レベルの高いSMプレイに応えてくれる男性客とは、信頼できるパートナーとして「主従関係」が築かれることがあります。

これは女性が「女王様」としてSの役割をするときも、「奴隷」としてMの役割をするときも、その両方に当てはまります。

SMクラブでのプレイは強い「痛み」や「恥ずかしさ」などの要素が不可欠です。こうした刺激を共有すると、ほかの風俗店では築かれないような、深い信頼関係に発展するのです。一般的な人間関係でも、つらい時期を一緒に過ごした人とは、その後長く付き合う仲になりやすいです。これと同じことがSMクラブにもいえるのです。

男性客とプライベートな関係になることがある

SMクラブで「女王様」としてSプレイをするのが得意な女性の中には、Mの役割をしっかりとこなしてくれる男性客を「専属奴隷」にする方がいます。店に来店した際だけプレイを楽しむのではなく、プライベートな時間も一緒にSMプレイをする仲になるのです。

また、Mの気質が強い女性も同様に、いわゆるドSなプレイをしてくれる男性客を、「本当のご主人様」として考える方は多いです。場合によってはプライベートの時間でプレイを楽しむだけでなく、女性が男性客に惚れ込み、恋愛関係になることもあります。

もちろんこうした確固とした主従関係は、初めての来店ですぐに築かれるものではありません。徐々に時間をかけて築かれるものといえます。

SMクラブの女性と親密な関係になりたい方は、まずはソフトなSMプレイから始め、そこから徐々にプレイのレベルを上げていくと良いでしょう。SMクラブにはプレイを丁寧に教えてくれる女性がいます。こうした女性で経験を積み、ハイレベルなプレイができるようになれば、目当ての女性と「本当の主従関係」を築ける可能性が見えてきます。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認