deli-honban

女の子をホテルや自宅にデリバリーできるサービス「デリヘル」は、いわゆるヌキのサービスが基本です。つまり、本番行為(セックス)は禁止となっています。しかし、実はデリヘルでも本番行為をできる場合があります。

本来、日本の風俗店においてセックスは禁止されているサービスなので、デリヘルでは「本番行為あり」などの表記をしている店はありません。そのため、女性と直接交渉をして本番行為をすることになります。女性が自由な意思で本番行為をする場合は店のサービスではないため、黙認されているのです。

デリヘル嬢との交渉次第で本番行為が可能なことがある

基本的に、デリヘルの風俗店は例外なく本番行為(セックス)のサービスを提供していません。これは「法律に違反するため」です。風俗店が本番行為を提供している場合、警察に見つかると摘発されてしまい、営業停止に追い込まれます。ただし、ソープランドでは例外的に「自由恋愛」という形で本番行為が認められています。

このように、基本的には禁止されているのですが、デリヘルは店ではなく「ホテルや男性客の自宅」で女性とプレイをします。そのため「女性と二人きりで話しているうちに親密な関係になった」という建前で、デリヘル嬢が本番行為を許してくれることがあるのです。

デリヘルの店も、ホテルや自宅で女性が本番行為をしたとしても、「女性が男性客に好意を持ち、個人の判断で本番行為を許した」とします。「店のサービスではない」という言い訳が利くのです。また、デリヘル嬢自身も禁止されているサービスのため、本番行為をしたとしても店に話すことはありません。店に話すと叱られてしまい、場合によっては仕事ができなくなるためです。

デリヘル嬢が本番行為を許してくれるのは、「男性に直接追加料金を支払うと交渉された場合」もしくは「男性客に対して情が湧いた場合」です。どんな男性にも本番行為を許してくれるわけではなく、女性と仲良くなり、さらには交渉が必要です。

デリヘル嬢と直接交渉をするときのポイント

デリヘルで本番行為をするためには「交渉の仕方」がポイントです。デリヘル嬢を呼び、会話や通常のプレイを楽しんだところで、女性に話を持ちかけます。

「すごく可愛いね。追加で1万円払うから挿れていい?」という流れで誘います。ここで大切なのが「追加料金を支払う」と伝えることと、「女性が自分に対して悪い印象を持っていないか」という点です。

デリヘル嬢は自分にメリットがないと本番行為をさせてくれません。1万円などの追加金額を伝えることで、検討してくれる場合があります。もちろんこれは女性が店のサービスとして行なうのではなく、個人的に行なってくれます。

また、清潔感がない・会話が盛り上がっていない・明らかに女性が無愛想な態度を取っている、という場合には、交渉をやめておくことをお勧めします。

女性が「この人なら本番を許してもいいかな」と考える場合、交渉しても大丈夫です。しかし、女性が男性客に対して抵抗感を感じる場合、「本番行為をされそうになった」と容赦なく店に連絡されてしまいます。その後は店から注意がされたり、最悪の場合は罰金や警察への連絡をされたりします。

強引に言い寄るのは絶対に禁止

また、強引に言い寄るのは絶対に禁止です。強引に言い寄った時点でサービスは中止され、店に連絡されることになります。

基本はデリヘル嬢と良い雰囲気になり、冗談が通じる仲になっていることが確認できてから交渉するのがお勧めです。風俗店やデリヘルで遊び慣れていない男性の場合、失敗してしまう可能性があるので十分気をつけましょう。

交渉しやすくなるポイントとして、「身だしなみを整えている」「女性が場の雰囲気を楽しんでいる」「積極的にプレイを楽しんでくれる」ということを確認しておくと良いでしょう。

また、デリヘルは「自宅」と「ホテル」のどちらにでも女性を呼ぶかを選ぶことができます。自宅にデリヘル嬢を呼ぶと、デリヘル店に住所が把握されることになります。本番行為をしたとしても、デリヘル嬢が店にそのことを話すことはありません。ただ、万が一のトラブルの可能性を避けるためにも、ホテルでの交渉をお勧めします。

このように、デリヘルでの本番行為(セックス)は基本的に禁止ですが、交渉次第で実現できる可能性があります。あくまでも自己判断の上で、女性と交渉してほしいと思います。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには