dannjo

初風俗であれば誰もが不安です。ベテランでも慣れないことにチャレンジする際は、少々の緊張を伴うのですから、初心者はなおさらです。

そんな初心者の方の悩みのひとつに、「その店が本当に合法的な店なのかどうか」というものがあります。知らず知らずのうちに、違法店でサービスを受けてしまい、自分も犯罪者として扱われてしまうのではないかと思い悩んでしまうのです。

しかし、結論をいえば、たとえ違法店で遊んだとしても、客が逮捕されることはほとんどありません。なぜならば、売春防止法の中には、売春をした者、買春をした者に明確な罰則が設けられていないからです。

つまり、法には抵触するものの、捕まって前科がつくということは大抵の場合ないのです。では、違法風俗において、どのようなケースで逮捕されるのでしょうか。また、どのような人が捕まるのでしょうか。

違法風俗店のオーナー

風俗店や、風俗サービス全般などの業界を縛る法として有名なのが、「売春防止法」です。

売春防止法とは、かつて日本が貧しかった時代、身を売ることでしか生計を立てられなかった女性を守るために生まれた法律です。そのため、基本的には女性に罰則はなく、救済される対象として定義づけられているのです。

この法律で処罰されるべきは、女性たちを束ね、売春の場を斡旋(あっせん:仕事などを提供すること)した者です。つまり、現在の感覚でいうと、風俗店のオーナーです。

合法店であれば、風俗店としてきちんと届け出が受理されているため安心ですが、届け出ていない違法店で摘発があった場合、その際に逮捕されるのがオーナーなのです。

時には女性も逮捕される

社会的に弱かった女性を守る法である売春防止法も、ある場合には女性を検挙することが可能です。それは、女性が道端で男性を誘惑し、買春を促した場合です。

町にたむろして、直接客引きを行う娼婦のことを、「街娼(がいしょう)」、もしくは「立ちんぼ」といいますが、彼女たちの存在は日本の法律では許されていません。

実際に逮捕されたケースもあります。新宿・歌舞伎町の健康プラザである「ハイジア」の裏路地は街娼が多い地域です。警察も時々一斉摘発をすることで秩序を守っていますが、ほとぼりがさめるとすぐに街娼が現れてしまうため、イタチごっことなっているのが現状です。

警察の取り締まりが進み、ある程度鎮静化された時期であっても、再び盛り上がりを見せる可能性も多いにあり得ます。

ちなみに、かつてこの地域では中国、韓国などから来た女性が大半でしたが、価値観の変容からか、近年では日本人女性の姿も見られます。

年齢詐称に気をつけるべき理由

風俗で働く女性の多くは、年齢をサバよみ(実年齢よりも若干若い年齢を自称すること)しています。ただ、ケースによってはその逆もあり、風俗で働きたい児童(18歳以下)が、年齢を詐称している場合があります。

こういった女性と行為に及んでしまった場合、女性ではなく買春をしてしまった男性の立場が危うくなります。

司法は、1999年に施行された「児童買春・児童ポルノ禁止法」に基づき、児童は守られるべき存在であるため、たとえ年齢を詐称していたとしても、彼女たちには罪がないという判断を下します。

ところが、そんな児童に手を出してしまった男性に関しては厳しい処罰が設けられており、騙された挙句、犯罪者としての烙印が押されてしまうのです。

児童自身には何も処罰がないという現状から、児童が身分を詐称して性的サービスや売春をしたり、その事実を突き付けて強請ったり(ゆする:相手の弱みに付け込み、金銭などを脅し取ること)するケースが後を絶ちません。

基本的には男性が違法店で遊んだとしても、処罰されることはありません。ただ、だからといって違法風俗店で遊ぶということは、推奨できる行為ではありません。そうしてリスクを考えると、きちんと営業許可が出ている店を選ぶ方がよっぽど賢いやり方です。

風俗で遊ぶ前に知っておくべき危険

風俗は楽しい反面、危険な要素も含まれている娯楽です。そもそも、風俗店自体が社会的にグレーな存在なので、遊ぶ前には覚悟をしておくべき点が何点かあります。

特に気を付けるべきは、客が嬢にふるまう態度です。自分がそうとは思っていなくとも、店側から態度に問題があるとみなされた場合、ブラックリストに載ってしまう可能性も否めません。ブラックリストに載ると最悪の場合、暴力団から圧力がかかることもあります。

また、客側に何も非がなかったとしても、嬢が未成年であるにも関わらず、年齢を詐称して風俗店で働いていた場合、児童ポルノ禁止法に抵触してしまう可能性もあります。あるいは、嬢の人格に問題があるケースだと、窃盗、暴行などのリスクを負いかねません。

風俗には思いもよらぬ落とし穴が待ち構えています。「知らなかった」では済まされないケースがほとんどなので、しっかりと風俗での危険防止策を講じておく必要があります。

ブラックリストに載る理由

ブラックリストとは、店にとって迷惑であるとみなされた客が列記されているリストを指します。このリストに名が乗ってしまうと、その風俗店でサービスを受けることができなくなってしまいます。いつ連絡しても「予約がいっぱいです」という返答しか受けられず、実質的に遊ぶことは不可能になります。

また、店同士でブラックリストの情報をやり取りしていることも多いため、他の店舗でも断られてしまう場合はブラックリストに名が載っていると考えたほうがいいでしょう。

ブラックリストに載ってしまう最大の原因は、嬢への強姦です。嬢にサービス内容とは異なるプレイを強要するなどして、実際の行為に及んでしまった場合、ブラックリストに記載されてしまいます。

また、強姦までいかなくても、嬢への執拗な求愛もブラックリストに載る原因となります。求愛を断るか、はたまた受け流すかは嬢の采配に任されますが、求愛がエスカレートして脅迫まがいになってしまった際には、危険人物として扱われることになってしまうのです。

基本的に風俗は嬢と一対一での状況がほとんどです。そのため、自分のしている行為が異常かどうかを自ら判断することが難しくなってしまうのです。性的興奮のみに支配されず、冷静になることが重要です。

知的障がいを持つ嬢

近年、軽度な知的障がいを持つ嬢が、風俗で働いているという問題があります。

人道的な面から、「障がい者を風俗で働かせるのは人権に反する」との声も上がるようになっています。無論、この主張を発信している人物も、意識の底で風俗を見下しています。ただ、それに同調する世論が優勢であるのも事実です。

ただ、風俗店を経営する側からしても遊ぶ側からしても、知的障がい者を採用するメリットはそれほど大きいとはいえません。

もし知的障がいを持つ嬢が、S嬢であった場合どうでしょうか。SMの場合は特に、力加減によっては人体に多大な損傷を残すこともあります。SMに限らずとも、力の加減などは嬢への信頼によってのみ保証されるものです。

もちろん店を経営する立場としても、上記のように客とトラブルになることは極力避けたいと思っています。

しかし、気づかない程度の知的障がいを持った嬢が働いている店があるのも事実です。人道的な面、危機管理的な面からも、この問題はよりクローズアップされるべきです。

ブラックリストに載るほどの人物は、相当な異常者という印象を持ってしまいがちです。だからといって、自分がならないとは限りません。年齢詐称などの危険要素を回避するのは難しいかもしれませんが、ブラックリストに載ることのないよう努めましょう。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新情報を確認