フィリピンは風俗遊びで有名な国ですが、売春は法律で禁止されています。ただ、日本にソープランドがあるのと同じように、フィリピンでも売春は黙認されています。

フィリピンにはセブ島という有名なリゾート地があり、セブ島も同様に夜遊びを楽しむことができます。

ただ、マニラやアンヘレスに比べるとセブ風俗の質は一気に落ちます。女性とエッチするときの値段が異常に高く、それでいて女性の質は悪いです。風俗旅行をするとき、セブ島に価値はありません。

しかし、KTV(カラオケ)については唯一楽しむことができます。おそらく、セブの夜遊びで最も楽しいのはKTVではないかと思うほどです。ここでは、フィリピン・セブでのKTVの様子を踏まえて遊び方を解説していきます。

KTV(カラオケ)はお持ち帰りできない

大前提として、フィリピンの風俗店であるKTV(カラオケ)は女性をお持ち帰りすることができません。つまり、女性を指名してエッチすることを前提とはしていないのです。

日本でもキャバクラは風俗店として知られていますが、女性と性的行為を楽しめるわけではありません。セックスすることはできず、あくまでも会話を楽しむだけとなります。

こうした日本のキャバクラとほぼ同じ形式をとっているのがKTVです。アジアにある他国のKTVではカラオケを楽しめると同時に、指名した女性をホテルへお持ち帰りしてセックスできるのが普通です。ただ、フィリピンのKTVではそうしたことになっていないのです。

お持ち帰りを狙うにしても、AM3:00など深夜まで店に残り、その後のアフター(働いていた女性を閉店後に誘うこと)を頑張るしかありません。また、アフターに成功したとしても、あなたのホテルに連れ帰ってエッチできるかどうかは不明です。

このため、KTVで働いている女性をお持ち帰りしてセックスするのは非常にハードルが高いです。現地に住んでいる人なら何度も通うことができるものの、短期旅行者がKTVでセックスを狙うのは難しいのです。

格安で遊べ、非常に楽しいKTV

女性とエッチすることはできないものの、セブへ出向いたときはKTVへ行くことをお勧めします。理由は単純であり、非常に楽しいからです。また、格安で遊ぶことができます。

会話は英語になりますが、中学英語さえできれば問題ありません。「I’m baby.(俺、赤ちゃんだから)」と言って胸にしゃぶりつくなど、適当な英語を発しながらじゃれあうといいです。

フィリピン女性は非常にノリがいいです。個人的な感想ですが、日本のキャバクラよりも圧倒的に楽しいです。このとき私は数人の男性でKTVへ行ったのですが、その中には中学英語すら話せない友人がいました。ただ、その友人も「日本のキャバクラより楽しい」と言っていたので、言葉の壁は問題ありません。

そもそも、フィリピン女性は日本人が英語を苦手としていることを知っています。それでも、何も問題なく楽しむことができます。

日式のKTVへ出向くといい

セブのKTVは大きく二つに大別することができます。それは、日式と韓国式です。行くのは日式にしましょう。

日式KTVは前述の通りお持ち帰りできません。ただ、非常に美人な女性がそろっています。体を売る必要がないため、美人女性は日式KTVに集合するのです。

また、日式であることからわかる通り、多くは日本人オーナーが経営していて日本人客が多いです。在籍しているフィリピン女性の多くは日本語を学ぼうとしている人がたくさんいて、日本語で話しかけてくる女性は多いです。

必ずしも英語である必要はなく、むしろあなたから日本語を教えてあげましょう。卑猥なエロ用語から真面目な単語まで、会話やスキンシップをしながら女性との距離を縮めていくといいです。

KTVを利用するときの流れや料金相場

それでは、どのようにしてKTVを利用すればいいのでしょうか。まずは行く店を決めるようにしましょう。マニラとは違い、セブのKTVは点在しています。そのため、タクシーで目的の店まで行く必要があります。

セブに降り立った後、Googleマップなどを開いて「KTV Japanese」などで検索すれば、日式KTVが地図上に表示されます。こうした店舗へ出向けば問題ありません。

タクシーで店の前まで乗りつけたら入店するようにしましょう。スタッフが店の席まで案内してくれるはずです。

その後、ショーアップ(女性がズラッと並ぶこと)があります。ここでは必ず女性を指名しましょう。キャバクラである以上、むしろ女性を指名しないと楽しむことができません。

女性を指名後、一緒に会話するだけです。基本は60分の時間制であるため、その中で女性にセクハラをしながら夜遊びを満喫するようにしましょう。

非常に楽しいKTVですが、値段は格安です。テキーラボトルを頼むなど、女性からの要求をきちんと断って飲むようにすれば60分で一人800ペソ(約1,800円)ほどです。日本なら60分で一人1万円以上になるのが普通なので、破格の値段だといえます。

参考までに、私の友人はセブ滞在中に日式KTVに5時間ほど入り浸っていましたが、支払った金額は4,000ペソ(約8,800円)でした。異常に安い金額で楽しめる風俗店が日式KTVだといえます。

ゴーゴーバー(ビキニバー)とKTVの違い

セブ島で風俗遊びをするとき、理解しなければいけないものとしてゴーゴーバー(ビキニバー)とKTVの違いがあります。ゴーゴーバーとビキニバーについては、名前が違うだけで同じものだと考えてください。

セブのゴーゴーバーでは、お立ち台に女性が1~2人ほど踊っています。踊り子は風俗嬢であり、お持ち帰りすることができます。

ただ、当然ながら1~2人の中から選ぶわけではありません。店の人にショーアップをお願いすれば、在籍している女性全員がズラッと並びます。この中から好みの女性がいれば指名し、隣の席につけて飲むことができます。

女性と飲んで会話した後、バーファイン料を支払えばあなたが滞在しているホテルへお持ち帰りできます。その後、セックスを楽しみます。

・ゴーゴーバーは見るだけでも問題ない

日式KTVとゴーゴーバーの一番の違いは女性とエッチできるかどうかですが、他にも違いがあります。日式KTVはキャバクラであるため、女性を指名しないことには話が始まりません。ただ、ゴーゴーバーでは女性を指名せず、お酒を飲んで鑑賞しているだけでも大丈夫です。

ちなみに、ゴーゴーバー(ビキニバー)で女性を指名したとしても、バーファインせずそのまま帰っても問題ありません。バーファインするかどうかは個人の自由です。

・セブのゴーゴーバーは質が劣る

しかし、セブのゴーゴーバー(ビキニバー)はマニラやアンヘレスに比べると値段が非常に高く、それでいて女性の質が劣ります。ここに、セブが風俗遊びに向いていない最大の理由があります。

KTVについては女性の質が非常に優れており、さらには格安で遊べて楽しいです。ただ、ゴーゴーバーについては無駄に値段が高いだけであり、女性の容姿レベルも高くないのです。

なお、それでもセブでセックスしたい場合、マンゴストリートという有名な歓楽街があるのでそこへ出向くといいです。マンゴーストリートにはゴーゴーバーがいくつも存在します。セブに出向いたのであれば、マンゴーストリートで女性をバーファインしても問題ありません。

韓国式KTVはエッチできるが質は劣る

なお、先ほどKTVには日式と韓国式があると説明しましたが、日式と韓国式ではKTVの形態が大幅に異なります。

カラオケや女性との会話を楽しむこと自体は同じですが、日式ではお持ち帰りできないものの、「HANABI」という店など韓国式のKTVでは女性をお持ち帰りすることができます。要は、バーファイン(女性を連れ出すこと)によるセックスが可能です。

私も実際に出向いてみましたが、ショーアップをお願いすると非常に多くの女性が並びました。

ただ、身体を売る女性たちなので当然かもしれませんが、日式KTVに比べると圧倒的に在籍している女性のレベルは落ちます。これについては、ある程度は仕方ありません。

また、女性を指名して個室に入ったのですが、スタッフの人がまったく現れません。部屋に入り、ドリンクの注文を取りに来るまで15分以上も待たされました。

それだけでなく、男性数人で来ているのでそれぞれが女性を指名するわけですが、女性の愛想が悪く、さらには女性同士でずっと会話をしています。女性たちだけで話をされても、こっちとしてはまったく面白くありません。

そのため、女性は指名したものの入店して20分後には全員で退店することにしました。女遊びをするとき、女性の愛想や店の質は非常に重要であるため、この点をまったく満たしていなかったからです。

韓国式KTVで遊ぶことを検討しているのであれば、他の店に出向くといいです。どうせなら、ノリの良い女性と楽しい時間を過ごしたいものです。エッチがなくてもいいので美人女性と格安で時間を過ごしたい場合は日式KTV、フィリピン女性とセックスしたいならゴーゴーバーへ出向きましょう。

日式KTVでセクハラを楽しむ

私がセブへ出向いたとき、当然ながらKTV(カラオケ)へ行くことにしました。

ゴーゴーバーで有名なマンゴーストリートは21:00でも早いなど、時間を持て余してしまいます。そのため、たとえセブでエッチしたいと考えていたとしても、まずは日式KTVなどで時間を潰すことをお勧めします。ただ、純粋に日式KTVは楽しいためずっとここで過ごしても問題ありません。

セブに到着後、私たちが最初に出向いた店は小町(KOMACHI)という店です。名前からして日本人向けの店だとわかります。どのKTVが良いのか事前情報がまったくなかったため、Googleマップの評判を確認しながら適当に店を決めることになったのです。

店の外観は非常にキレイです。ひとまず入店した後、着席したらショーアップとなります。セブでのKTVはこれが初めてだったのですが、非常に美人ぞろいです。

指名後、席についてお酒を飲みます。

私が指名した女性は21歳で日本語が非常に上手でした。18歳で高校を卒業後、日本語学校で働いていましたが、いまはこの店メインで勤務しているようです。

学校教師だったわけですが、こっちの方がいろいろな人が来店して刺激になり、さらには日本語も学べるので良いようです。将来、日本に来て働きたいと言っていました。

基本はカラオケ店であるため、たまにカラオケを歌う人がいます。カラオケは全フロアで一か所のため、私たちは女性との会話に集中することにしました。

楽しい時間はすぐに終わります。60分が経過したところで延長するかどうかを聞かれました。当然、女性たちは「延長!」と日本語で言ってきますが、他の店も見たかったので退店することにしました。一人800ペソ(約1,800円)の支払いです。

他の日式KTVも優れていた

小町(KOMACHI)を出た後、次に向かったのはCLUB KINGです。ここも日式のKTVです。タクシーで向かうことになります。

到着したのはビルの前であり、どこに店があるのかわかりませんでした。ただ、ビルの奥に行くとようやく店の入り口を発見することができました。

店の中に入ったところ、店内は非常にキレイです。後になったら他の団体客も入ってきましたが、入ったときは私たち借りきりの状態でした。

着席後、ショーアップがあります。ここで好みの子を選ぶといいです。この店も女性のレベルが非常に高かったです。

私が指名した女性は25歳の女性であり、韓国美女のような容姿をしています。一ヵ月ほど前に入店したばかりですが、日本語を勉強しているからか多少は日本語を話せます。

ノリも良いため、下ネタを交えながら楽しく会話を進めていきます。

ただ、途中で私が指名した女性が席を立ち、他のテーブルへ着くことがありました。フィリピンのKTVでは指名被りを生じることがあり、これは馴染み客が来店したときに発生します。

馴染み客が「いつものあの子」を指名したとき、他の客を接客していたら一時的に席を離れることになるのです。これが指名被りです。どうやら、私が指名した女性は指名被りになったようです。

指名被りになったとき、代わりの女性が一時的につくことになります。ただ、これまでの経験上、代打女性と会話が盛り上がることはありません。

指名した女性は「好みのタイプである」とわかったうえで接客してくれるので会話が弾んで楽しいですが、代打女性はそういうわけではないため、接客のやる気がどうしても低いのです。指名被りがあるかどうかは運次第ですが、これについては仕方ありません。

20分ほどしたら私が指名した女性は私のいる元の席に戻り、再び楽しい時間を過ごすことになりました。ただ、フィリピンではマニラでもセブでも指名被りがあることは理解しておいた方がいいです。

そうして時間を過ごした後、退店することにしました。60分で一人800ペソ(約1,800円)です。

他にも日式KTVを巡りましたが、どの店も安くて楽しい時間を過ごすことができます。セブのゴーゴーバーは高いため、セブでコスパよく女遊びをするのに最適な場所がKTVだといえます。

セブ島での風俗はKTVに行くべき

フィリピン・セブ島に出向いたとき、必ず立ち寄るべき風俗店がKTVです。このときは韓国式ではなく、日式KTVへ行くようにしましょう。

マンゴーストリートにあるゴーゴーバーで遊ぶにしても、21:00以降に出向くのが適切なので夕食を食べたとしても時間が余るはずです。そのため、まずは日式KTVで夜遊びをするようにしましょう。

日式KTVに在籍するフィリピン女性は非常にノリが良く、美人でかわいいです。さらに、値段は非常に手ごろです。お金や時間を気にすることなく、日本のキャバクラよりも圧倒的に楽しい時間を過ごせることは間違いないです。

もちろん、ずっとKTVにいても問題ありません。気に入った女性がいた場合、ずっと指名してアフターを狙う人もいます。セックスできるかどうかは運次第ですが、そうした遊び方もできます。

お持ち帰りによるエッチは基本的にできないものの、格安で楽しい時間を過ごせる場所がKTVです。セブに出向いたとき、KTV(カラオケ)で女性と濃密な時間を過ごすようにしましょう。

日本人ガイドにより、最高の海外夜遊びを実現するには

Twitterで最新エロ情報を確認