「吉原」の記事一覧

東京・吉原にあるソープ街の街並み

江戸時代から存在する由緒正しい風俗街として東京・吉原があります。吉原ではソープランドが数多く存在し、女性と本番行為(セックス)することができます。 吉原には毎日、多くの男性客が訪れます。ただ、近くに駅がなくへんぴな場所に […]

江戸時代の風俗街に通っていた人々

江戸時代(1603~1867年)の吉原にあった妓楼(ぎろう:風俗店のこと)には「張見世(はりみせ)」という場所がありました。通りに面した場所で壁は格子となっており、男性客は張見世の中をのぞくことができました。 張見世の中 […]

江戸時代・遊女はお金に苦労していた

江戸時代(1603~1867年)における吉原の遊女(ゆうじょ:現代でいう風俗嬢)は男性客の相手で忙しい日々を送っていましたが、合間に自由時間がありました。その時間を有効活用して、遊女は日々の生活を楽しんでいました。 ただ […]

江戸時代・吉原の遊女と遊ぶための料金

現代の風俗店では、プレイ料金が店や女性のルックスによって異なります。風俗店は、高級店・一般店・格安店というように料金ごとで分かれています。また、店の中でも女性のランクが分かれており、よりルックスが良く、プレイの技術が高い […]

吉原の遊女の階級制度

吉原の遊女には階級がありました。階級が上位の遊女はルックスや気立てが良く、男性客から非常に人気がありました。遊女の仕事ぶりは妓楼(ぎろう:現代でいう風俗店)での女性の待遇にも反映され、上位と下位の遊女で待遇には歴然とした […]

吉原遊女の呼び方と吉原内部の場所

現代でいう風俗嬢は、昔は遊女(ゆうじょ)と呼ばれていました。ただ、江戸時代は遊女よりも女郎(じょろう)という呼び方をするのが一般的でした。さらに、特に吉原の遊女は傾城(けいせい)という呼ばれ方もしました。「美人な女性は国 […]

ページの先頭へ